お金は銀行に預けるな、が出版されたのが2007年11月です。

仮に、それを読んで、2008年1月末から月々1万円ずつドルコスト平均法で積み立てたらどうなったのか、簡単なシュミレーションを作ってみました。

なお、配当と信託報酬は考慮していませんが、配当の方が何倍も信託報酬より大きいので、入れた方がより有利になります。

Ws000094

平均持ち値が1.2万円くらい、投資額108万円に対して、時価174万円で、60パーセントほどのリターンになります。

参考まで。

元ファイルはこちら
「nkx_m.xlsx」をダウンロード

ページの先頭へ

こんにちは、勝間和代です。

断捨離がほぼ完了して数週間、もう、快適すぎて、前のうちがどんなんだったか、忘れてしまいました(苦笑)。

仕事部屋もすっかり片付けて、これまで、ものがじゃまで、ろくに下りなかったスクリーンが下りるようになり、原稿を書きながら、ガンガンとライブや映画をDVDで見ることができるようになりました。うれしいなぁ。

921455_10204060539113851_4612786492

さて、本題です。記憶が薄れないうちに、何を今感じているか、ランダムにですが、メモ書きしていきたいと思います。

1. 捨てすぎて困ることはめったにない。捨てなくて困ることはある。

山のように洋服や電気コードなど、処分しましたが、あーーー、あれとっておけばよかった、というのは、数週間たって、ほとんどありませんでした。あったとしても、ほんの1つか2つです。なので、捨てすぎ、を心配することはないと思います。最初の内はおそるおそる捨てていたのですが、途中から、加速して、追加で何回か捨てる量を増やしました。

2. 断捨離後、家が掃除しすくなるので、家が清潔になって、家にいるのが超快適になる。

ものがなくなると、床も棚も見えるので、さすがに、見えると掃除したくなります。で、毎日、ルンバとブラーバ、それに手で掃除していると、ピカピカです。ホテルが快適なのは、プロが掃除してくれるからで、家がホテルのようになります。

3. 本当に好きだったものが復活する。

ブルーレイもDVDもCDも大半を処分しましたが、本当に好きだったものは残しているので、それをいま、ヘビロテでデッキでかけています。とてもデッキも使いやすくなっているので、出し入れも簡単です。

4. レイアウト変更が簡単になる

居間から使っていないラグを外したり、仕事部屋から使っていないライトを外したりしたところ、家具を動かすのが簡単になりました。なので、いろいろと、

いまにベスト

の配置を考えることができました。

5. 食事やお茶がおいしくなる

目の前に不要なものがないということが、これくらい、気が落ち着くのかとびっくりします。コーヒーを飲む量が激減しました。もっぱら、ハーブティーがメインです。


今考えているのはカロリー管理と同じで

・家に来るモノ+入ってくる埃

というインカムに対して、

・家からせっせとモノを出す+埃を掃除する

というバランスをどうとろうか、ということです。これまでは完全にメタボの家だったのが、すっかりダイエットしましたので、あとは食生活ならぬ、モノ生活の改善ですね。

年末年始、少しずつ、透明な収納ボックスなどで、仕組みも作っていきたいと思います。

ページの先頭へ

こんにちは、勝間和代です。

断捨離でリモコンがいくつか、電池の液漏れなどで壊れているものが発見され、2つも専用リモコンを買い直すことになりました。けっこう、1つ5000円とかするので、懐痛い。

で、この話をfacebookでしたら

「学習リモコンつかったら?」

とアドバイスを受けました。

リモコンのほとんどは赤外線ですから、それを学習させて、いろいろなボタンに割り当てるわけです。コピーをつくっておけば、純正の電池外してとっておけるし、なくしても安心です。

で、私が統合したかったのが

・テレビ
・HDDレコーダー
・スカパー!のチューナー
・BOSEのアンプ
・ビクターのプロジェクター
・スクリーンの上下

でした。まぁ、机に6つリモコンがあるのが美しくない!!

で、買ってきて、統合はじめたら、テレビは順調にいったのですが、いきなり

「HDDレコーダー」

で躓きました。えーーー、初期不良?なぜ? リモコンの学習も全くできないし、パナソニックのプリセット使っても、まったく動かない。

えーーー、販売店にいくのかなぁ、めんどうだなぁ、なんて思いながら、気を取り直して、違うのをやりはじめたら、スカパー!とか、BOSEとかは、サクサク登録できました。でも、スクリーンの上下はだめ。

ふたたび、学習リモコンを勧めてくださった方にfbで登録できないリモコンの型番をみせて相談したら、理由がわかりました。なんと、統合できなかったリモコンは、理由は簡単で

「赤外線方式でない!!!!!」

なんです。私と同じ型番を使っている人が同じリモコンにつなげようとして、まったく同じ現象が起きていて、で、何がポイントかというと、私のHDDレコーダーリモコン、

「トラックパッド」

がついていて、確かにこれ、赤外線で通信できるわけがない!!!!! だから、別の何かの方式な訳ですね。

で、悩んで、これ、検索していたら、さすがにHDDレコーダー本体の方で、設定で

「無線→赤外線」

に切り替える機能、ついていました。これで、さくっと解決です。無事、登録できました。

スクリーンを上下するリモコンだけは、どうしても登録できなかったのですが、いずれにしても、机の上のゴロゴロがなくなって、うれしいです。

そして、一番うれしかったのは

「マクロ機能」

で、これまで、スカパー!やHDDに録画した映画を見ようとしたときにも、山のようにボタンを押さないといけなかったのですが、これがマクロ登録で、

「4つくらい、順番に押してくれる」

ようになって、一気につくようになりました。

いや、これ、マジお勧めです。

ちょっと設定がめんどうですが、その後のメリットを考えたら、ものすごくいいです。

いやぁ、Tさん、ありがとうございました。私の仕事場QOL急上昇です!!

で、コピーをとったので、鍵と同じで、オリジナルのリモコンは、電池を抜いて大事にしまっておくことにします。

ページの先頭へ

ここ最近、いろいろ仕事のトラブルでパソコンがなくて困ったことがあったので

(Google Driveの同期がうまくいっていなくて、マウスでそれをポチするためだけに、ゴルフ場から1時間以上かけて戻ったり)

久々にパソコンを持ち歩くことにしました。なんせ、ふだんの用事、ちょっとしたメールの返信や、カレンダーの確認はほとんどスマホでできるため、パソコン、家に置いておくことが多かったのです。

そして、パソコンを持ち歩かなくなったことで、一番犠牲になっているものは何だろうと思っていて、気づかなかったのですが、なんと、なんと

「ブログの更新」

でした。もちろん、メールでも、スマホでも、更新しようと思えばできるのですが、やはり、もともとが例えばここのココログの場合、PCの画面で更新することが前提になっていますから、いまいち使いづらい。

で、いま、このブログは、国土交通省の最上階の喫茶室で、

ご説明→本会議

の合間のすきま時間にアップしているのですが、こういうときに、パソコンがあれば、このようにさくっとブログを書くことができるわけです、なるほど。

ちなみに、こういう会議です。

社会資本整備審議会:基本政策部会 - 国土交通省

こういう所で、一応コツコツと、国の政策が決まっていきます。

ページの先頭へ

腰痛と首痛から反省して、毎日

-ジョーバ
-振動エクササイザー
-ぶら下がり健康器

を使っています。1日15~20分くらいでしょうか、合計。

そして、1週間ぶりくらいにジムに行って、いろいろとアウターとか骨盤回りとか、肩胛骨を伸ばしたら、あれ、意外と痛くない。というか、これまでは1週間あけると、体がピキピキという感じで伸びたのですが、なんか、すごくスムーズに動きます。

「おーーーー、おうちジムがかなり効果を上げているんだ」

と気づいてびっくりでした。よく考えたら、

-7日に1回1時間

より

-毎日15分

のほうが、よほど長いんですよね、運動時間。

なので、思い切って、1ヶ月行きたい放題の契約を、1回いくら、にしてきました。これで、わざわざジムにいかなくても、おうちで運動すればいいことになります。

あれ、ひょっとして、この前ゴルフで突然、思ったことができたのも、ひょっとして体が動いているせい? とも気づきました。

とりあえず、すきま時間にチョコチョコ運動することにします。

ページの先頭へ

今日は、ここ1年ちょっと通っているゴルフのオンコースレッスンでした。そこで、突然まともにゴルフができるようになったので、忘れないうちに、気づきをブログにまとめます。

こちらのオンコースレッスンには、だいたい月に1~2回のペースで行っているのですが、少人数に複数のコーチについて、いっしょにコースを回りながら、丸一日、いろいろな打ち方を習うものです。

レッスンに使っているコースが、石川遼プロの家があることが有名なブリストルヒルという難しいコースで、もう、昨日までの私の腕だと、簡単にダブルボギーとかトリプルボギーとかが出るコースです。なので、最近は、平均的な難易度のコースならなんとか100前後で回れているのですが、ブリストルだと簡単に110とか120になっていました。ボールもだいたい、池や谷やブッシュにいれて、1日に6個はなくしました。

さらに、今日は、朝一番からゴルフ場集合だったのですが、なんと、ゴルフ場に行ってから、私の有料メールの配信トラブルに気づいて、片道1時間かけていったん帰宅、無事、配信を終了して、お昼にまたブリストルに戻りました。なので、レッスンは1日のはずが、半日になってしまいました。

そしてお昼を食べてから、午後は、生徒4人にコーチが3人付いて、インコースを回りながら、グリーン回りなどでレッスンをしてもらいました。その時に、インの最初の10ホール目を回ったときには、まだ開眼前で、いつもの通りの4on 2パットのダブルボギーペース。まぁ、あいかわらずのスタートだったのですが、そこのグリーン回りで

「アプローチの打ち方」

をコーチが徹底的に教えてくれました。平たくいうと、

「腕を動かすのではなく、クラブヘッドを動かしまょう」

という話です。ほとんどの人のほとんどのミスは、

「ゴルフクラブではなく、クラブを操作する方の腕だけを積極的に動かしてしまって軌道がずれる」

という説明をていねいにしてくれました。だから、重力加速度を使って、腕はクラブが加速するのを待たないといけないという説明です。それは、アプローチだけではなく、パターもドライバーも同じです。この原理原則を守ることが、正確なショットを打つための大前提なわけです。

私、この説明、1年前にこちらのスクールに通っている頃から、おそらく、何十回、何百回と聞いていたと思うのですが、そして、その重要性もそれなりに理解していたつもりだったのですが、どうしても

「言われたとおりにできない」

という悩みがあって、相変わらず、自分でクラブ操作をしまくって、右に左にと飛び散りまくっていました。

と、ところが、なぜかそのあと、11ホールから回り始めたときに、できるようになっていたのです。この、言われていたことが!! 重力加速度を中心に、自分の力をなるべく加えずにクラブを振る、というそのやり方が、です。

ほんと、なんか、唐突に、腕やグリップを積極的に動かすのではなく、グリップを中心にクラブが重力で落下しながら回転するイメージがつかめて、そこから、ハーフラウンド、ショットがほぼ、私なりには

「ノーミス」

でした。

ノーミスというのは、ダフりやトップがないのはもちろんのこと、ほぼ、クラブの番手通りの距離が出て、右や左もだいたいねらったところに行くようになったのです。それも、傾斜地とか難しいところでも、ねらった場所にきもちよく飛びましたし、そもそも、フェアウェイを外れないので、ほとんどラフショットをしなくてすみました。もちろん、ボールも1個もなくしていません。

そうすると、だいたいのホールはパーオンか、ボギーオンしますので、だいたいパットはさすがに1打では入らないけれども、それなりに寄って、次にOKをもらって楽にボギーあがり、大きなパターミスを1打して3パットになると、何ホールか1回ダブルボギー、みたいな感じで、ふつうにボギーペースで回れるのです。

ちょうど、スキーを自由にどこでも滑ることが出来るようになったり、英語が突然聞こえるようになったのと同じ感じなのですが、ほんと、ぽーーん、ぽーーーんとねらった方向にボールがちゃんと上がって飛ぶのです。私自身、キツネにつままれたようでした。

もちろん、まだちゃんと飛ぶことに慣れていないので、つい本来の距離より大きな番手を持ってしまってオーバーさせたり、3パットが出たり、まだまだ安定してパーとかボギー完璧とかいう感じではないのですが、それでも、方向はほぼ、ドライバーも含めてねらった場所に飛んでいきます。やっと、コースの中になぜ「フラグ」があるのか、理解しました。フラグの右とか、左とかねらうと、本当にそこに飛んでいくのです。

私もびっくりしていましたが、見ていた回りの人たちもびっくりしていました。

このスキルが定着すれば、なんか、やっと

「ゲームとしてゴルフをする」

ということのスタート台に立てるような気がします。どこに打つ、というのを決めて、そこに打てるようになるからです。

で、なんで、私が唐突にできるようになったんですか、とコーチに尋ねたところ、

「ああ、やはり、教えられた知識がたまっていって、そのような中で、自分で試行錯誤を繰り返していって、最後はそれらが合わさって知恵に昇華するんですよ」

と説明してくれました。なるほどーー。

確かに、勝間塾でも、自分の塾生にはずーーーっと、さまざまなスキル習得について、そうやって説明してきていますが(笑)、自分で体験すると、やはり新鮮です。そして、レッスンに行くたびに、ずーーーっと同じこと説明してくれているのなぁ、と申し訳なく思っていたし、多少飽きていたのですが(先生、ごめんなさい)、それでも、繰り返し説明すること、されることの重要性が骨身に染みてわかりました。

ほんと、長い間、ずーーーっと説明を聞いていて、試行錯誤を繰り返すと、どこかで、唐突に、できるようになるのです!! あとは、この感覚を忘れずに、定着させたいと思います。

ゴルフ科学研究所の佐久間馨先生、永江プロ、TEAM SAKUMAのみなさま、いっしょに習っているみなさま、本当にありがとうございました。

引き続き、定着するまで、がんばります!!

ページの先頭へ

フジテレビの視聴率がふるいません。もともと、デジタル化になるときに、私は、全国視聴者市場の半分を占める首都圏のチャンネルで、フジが「8」を選んだときから、経営コンサルタントの視点からは

「まずいなぁ」

と思っていました。というのは、テレビ局を商店街に例えると、1チャンネルが入り口みたいなもので、そして、4や5が中央の広場で、そこからみんなが、うろうろ、うろうろして、いろいろショッピングをして、右の店に行ったり、左の店に行ったりするわけで、そうすると、フジテレビはこれまで

「アナログ時代には、ほとんど中央広場の一等地」

だった8番から、

「デジタル時代には、一番端の商店街のどんずまり」

に店を構えることになるわけで、これはきついです。逆に、端気味の10から5という中央の一等地になったテレ朝や、ほぼ中央をキープしている4の日テレが視聴率がよく、最近は12から7に移ったテレ東の視聴率が上がってきているのも頷けます。

実際、自分がチャンネルをザッピングするときにも、だいたいニュースを見るときには1にすることが多く、民放を選ぶときには、4から始まって流し始め、途中でおもしろいものがあると止まってしまうため、なかなか8にいかないのです(リモコンは、送るを押す方が楽だから)。

EPGでも、新聞のテレビ欄でも、フジテレビは端っこになって、見づらくなりました。

やはり、

「どれだけ、アイボールを集めるか」

がメディアの勝負ですから、いろいろな意味で、端っこになってしまったフジにとっては、いくら、裏側で裏道が1につながっているとは言え、勝負しづらいと思っています。

番組の劣化があるのでは、と推測する向きがありますが、私はもし、例えばフジのチャンネル番号が4とか5とかで、同じ番組を提供していたときにも同じ視聴率なのかどうかについては、比較しないとわからないし、あと、どうしてもやってもやっても結果が出ないと、スタッフも迷いが生じる、という悪循環が生まれているのではないかと思います。

そういう意味では、昨年末の大晦日、高視聴率だった紅白の裏で、フジの特番が低迷したのは当たり前です。NHKからのチャンネル距離が一番遠いからです!! (チャンネルの送るを何度も押さないといけないし、決め打ちで8を押さないといけない)

麻雀では、牌を集めるときには原則、5を中心に残していきます。1から9まである数牌の中で、5が特別、両面化しやすいからです。

麻雀の比喩から考えると、やはりデジタルTVでの1-8であれば、4か5をとるのが一番いい戦略だったのではないかと後知恵で考えたりしてしまいます。

そうすると、デジタル化に伴い、一番得をしたのが「テレ朝」、次が「テレ東」ということになり、この2社に大きく、知らず知らずに視聴率を8はかすめとられたのではないかというのが私の仮説です。

どなたか、定量分析した方いたら、教えてください。

5/24付記

こちらに補足記事も作りましたので、合わせてご覧ください。

フジテレビの番号の並びと視聴率への影響についての補足- 勝間和代公式ブログ: 私的なことがらを記録しよう!!

ページの先頭へ

ちょうど、腰痛になったことで、整形外科のお医者さんと、友人と、同時にこちらを紹介してもらいました。

“立ったまま”のデスクワークが実は効率が良いらしい - NAVER まとめ

実は昨日も、たったままキーボードを打っていたのですが、確かにふだんからこれ、するといいかも。

ありあわせですが、とりあえず、キーボードの高さを高くして、やってみることにします。

どんなイスにしようかなぁ、なんて考えていたのですが、立ったまま仕事をするというのは、目からウロコのアイデアでした。

ページの先頭へ

あと、ブログを復活するにあたって、毎日書いているメルマガとの違いを考えてみました。

メルマガの方は、ある意味、

「強制的にメールボックスに届く」

迷惑な奴ですから、多少なりとも、お役に建てる情報を意識します。

一方、ブログの方はどちらかというと

「勝間和代はどんな人か」「何をしている人か」

みたいなことを不特定多数に知らせるための掲示板みたいなものですから、より、個人色が強くなるわけですね。

そうすると

-メルマガはより、マーケットイン
-ブログはより、プロダクトアウト

になるのかなぁ、なんて勝手に思っていますが、とりあえず、ためしてみます。

ページの先頭へ

というわけで、まめにブログを更新することにしましたので、メルマガと違って、あとに残るので、ちょっと覚え書き風に。

麻雀復活から半年、そして、社会人競技麻雀リーグに参加するようになってから2ヶ月余り、ようやく、すこーーーしずつ、コツがわかってきました。オンライン麻雀だったら、Maru-janあたりで、平均順位が2.2~2.3位をうろうろ、という感じです。

社会人競技麻雀リーグでも、はじめのころはボロ負けでしたが、最近はようやく、1位から4位をまんべんなく取るようになってきました(苦笑)。

で、プロのみなさんから習ったことで、これまでやっていなかったこと(たぶん、上級者には常識の範囲)をまとめておきます。

1. 不要牌は早めに捨てること

4メンツ+1雀頭の候補が揃ったら、不要なものは振り込み防止のため、早め早めに切っていくこと。余裕があれば、「お守り」という、誰にも通る牌を1つ抱えておくといい。

2. 場況から、優先順位を決めること

すべての人に振り込まないようにするのは難しいので、場況、場況で誰に振ってはいけないか、判断しながら打つこと。通常は、親か、リーチをかけた相手

3. 押しすぎてはいけないが、下りすぎてもいけない

私はちょっと下りすぎる傾向があるので、テンパイしているときには押すときには振り込みを恐れずに、ちゃんと押すこと

4. 順位を2順位は変動させないような範囲でリスクを取ること

順位点が大きいのと、ただぼーーっとしていると人に上がられて順位が下がるので、適度にリスクを取りながら打っていくが、特にオーラス付近では、順位が2つ下がるような打ち方はしないこと

私は特に、1を実行するようになってから、いわゆる

「手詰まり」「うっかり振り込み」

が激減しました。もちろん、振り込むことはありますが、勝負に行って振り込んでいるわけで、それはOKです。

もともと、いわゆる

「牌効率」

といわれる、最短でうまくテンパイまでもっていく技術はそこそこ合格点だったそうなので(牌効率は、確率計算で一意に決まるから、けっこう得意です)、あとは上記の特に2から4のような

「押し引き」

の勉強をもっと重ねましょう、ということになりました。

近代麻雀の最強戦の予選がもうすぐ、5/17にありますので、それまで、まだしばらく修業します!!

最強戦予選スケジュール

ページの先頭へ

(毎日のメルマガから、twitterなどで、読者の方の評判のいいものを転載しています。 購読はこちらからどうぞ。 メルマガ購読 )

こんにちは、勝間和代です。今日は、学習効果における「負の転移」への気づきのお話しです。

通常、学習というのはすればするほど、次の学習に役立つと思われていますが、場合によっては「負の転移」というものがあるのはご存じでしょうか?

典型的なのは、例えば、日本語発音の英語における負の転移です。私たちは、日本語の発音になれすぎていて、学習しすぎているため、英語の発音をしようとすると、どうしても無意識のうちにそれが日本語に引きずられるのです。

また、バスケットボールとハンドボールのルールは似ていますが、バスケでは2歩までしか歩けないのに、ハンドボールは3歩まで歩けるのでバスケの選手がハンドボールをやってもあまり反則にならないのですが、ハンドボールの選手はバスケに行くと、トラベリングという反則ばかりしてしまうそうです。

私はゴルフをやっているときに、最初の頃、なぜシャンクと言われる、根元で打ってしまうのか、悩んでいましたが、それは20年間やっている「スカッシュ」の影響でした。野球とか、テニスとか、スカッシュとか、柄の先に重心があるスポーツをしている人は、ゴルフのシャフトとずれたところにあるクラブの重心に合わせることが難しく、シャンクしまくるそうです。

おもしろかったのが、友人で、ゴルフのうまい女性がスカッシュを体験したところ、逆に重心のイメージがゴルフの延長で、本来ある場所よりも遠くに思ってしまって、その負の転移でラケットにあたらないか、あたっても、ラケットの先端ばかりだったそうです。これは、私の逆ですね。

いずれにしても、今何か新しいものを学習しようとしたときに、その「負の転移」がないかどうか、考えてみると、学習効果が高まるかもしれません。そして、「正の転移」といわれる、これまでの経験が生かせるものがないかどうかも。

正の転移の例でいうと、私はエレクトーンをずっとしていたので、親指シフトを覚えるのはまったく苦になりませんでした。10本の指を、それぞれ別の動きをするということについて自然に出来たのです。おそらく、鍵盤楽器を演奏している人は、親指シフトの習得は早いのではないかと思います。

自分のコアスキルをどのように磨いて、それを正の転移に生かすのか、あるいは負の転移の時にすぐに気づけるのか、おもしろい課題ですね。ぜひ、考えてみてください。

---------------------------
「勝間塾」説明会のご案内(無料)
---------------------------

勝間塾に興味ある方に、無料説明会を月1回のペースで浜松町駅付近で開催しています。
次回は1月30日(木)です。申し込みURLはこちらです。
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=50815&m=170183&v=38f763a8

ぜひ、いらしてください

ページの先頭へ

キンドルは、最初にダウンロードした後に、版が改訂になることもあります。私もたまに、誤字を修正したり、表紙やフォーマットをきれいにしたりしています。

しかし、一度ダウンロードしてしまうと自動では変わらないので、そういうときには、KDPのサポートにメール連絡をすると、無料で最新のものにクラウド上のデータを置き換えてくれるそうです。

参考まで。

ページの先頭へ

昨日、1コインキンドルシリーズに新刊を追加しました。題して

「あなたも本を書いてみよう」

です。

で、びっりくするくらい、数回、TwitterとFacebookに投稿しただけで、みなさんが

「ポチ」

ってくれました。

現在、Kindleの有料部門で3位です。

すみません、私実は、そんなにこの本、売れると思っていませんでした。もちろん、ある程度は売れると思っていましたが、ほかの1コインシリーズと同じくらいかと思っていました。

で、なぜだろうと考えたのですが、単純です。

「私がこれまで、たくさん本を書いているし、売っているから」

ですね(笑)。

もちろん、クッキング系も、アベノミクスも、まじめに書きました。でも、やはり実績として

-本

が圧倒的なわけです。だから、100円なら、とりあえず、買ってみようということになるのかと。

ふむ、やはり、一番の販促要因は「実績」ですね。

なんか、妙に納得してしまいました。

本を書いてみたい方、ぜひ、ポチッとしてみてください。

ほかの本も好評発売中です。

1コインキンドル文庫

ページの先頭へ

(毎日のメルマガから、twitterなどで、読者の方の評判のいいものを転載しています。 購読はこちらからどうぞ。 メルマガ購読 )


こんにちは、勝間和代です。

昨日のじゃんけん必勝法に続いて、ゴルフの確率のお話しです。

まず、ゴルファーが目指すのは、PAR4では4打、すなわち、4回でカップインまですること。この時のパターンは以下の通り

-ティーショット1回、ショット1回、パター2回
-ティーショット1回、ショット1回、アプローチ1回、パター1回

もちろん、チップインとか、まぐれもありますが、その辺は除きます。

で、バーディーとは

-ティーショット1回、ショット1回、パター1回

ですね。

そして、PAR4であがるための鉄則はシンプルで
「4回連続して、ほぼ、自分が想定した場所に『大けがなく』打てること」
になります。

1回でも、変なところに行くと、そのあとが1打増えますから。

そうすると、例えば70パーセントの確率で自分が思ったところに飛ばせる人、これがいわゆる

「アベレージ・ゴルファー」

というやつですが、そうすると、

70%×70%×70%×70%=24パーセント

すると、4ホールに1ホールくらいは、PARが取れることはありますが、残りはだいたい、ボギーかダブルボギーになります。全18Hでは、PARは4つくらいです。で、そうすると、全ホール回るとだいたい90~100。計算がぴったりです。

では、ちょっとうまい、シングル後半というのはどういう人かというと、これが例えば、80パーセントの確率で思ったところに打てる人で、
80%×80%×80%×80%=41パーセント
こうなると、全部で7ホールくらいは、PARで上がれます。

シングル前半の人は、90パーセントの確率で
90%×90%×90%×90%=66パーセント
これでやっと、12ホールがPARです。

プロはもちろん、限りなく100パーセントに近いし、失敗してもリカバリーできるのが、
100%×100%×100%×100%=100パーセント
となります。

そして、ちょっと前の私のように、60パーセントくらいしか、思ったところに行かない人。この初心者たちは、
60%×60%×60%×60%=13パーセント
となり、せいぜい、2ホールでPARとるのが限界です。

すなわち、
「どこに、どのくらい飛ばす」
というのを、ある程度正確に打てるようにならない限り、

「どんなにラウンドしても無駄」

ということなのです。なぜなら、ラウンドしても、確かにある程度確率は上がりますが、それでも、やり方に問題があれば、せいぜい7-8割といったところでしょう。

だから、ものすごーーーーくたくさんのゴルファーが何十年もゴルフをやっていても、みんな90前後でちょろちょろ、ちょろちょろするわけです。

例えば、私はチッパーと、ロングパターを導入してから、だいたい始めて5年目くらいの女性たちとは同じくらい(ボギーからダボペース)で回ることができるようになりました。

私はまだ、ドライバーもショットもチョロしますし、彼女たちほど飛びませんが、それでも、エラー確率がグリーン周りでは、私の方がチッパーとロングパターのおかげで、低くなっているからです。

すなわち、ゴルフのスコアアップというのは

「いかにエラーを少なくするか」

ということであって、そのために、どんな工夫をできるのか、考え抜くことだと1年ちょっとたって、ようやくわかってきたのです。

例えば、私、先々週から、ドライバー、まったく曲がらなくなりました。理由はとっても単純

「シャフトを長さを1インチ縮めた」

のです。

他の初心者のみなさん同様、右にいくのに1年間悩んでいたのですが、ふと思ったのが

「あれ、でも、私、ドライバー以外曲がらないぞ」
「しかも、私のドライバー、フェアウェイウッドと飛距離変わらないぞ」

ということでした。

では、ドライバーだけ何が違うのか、そう

「シャフトが長い」

のです。特に、私のような低身長・初心者には長すぎる!!

短く持ったら普通に飛ぶことに気づいたのが今年の4月、そして、縮めたのが5月頭です。ゴルフショップで1000円で縮められました。

結局、調理科学を見つけたときとまったく同じで、シグナルとノイズが乱れる中で、自分で一つ一つ、見つけていかないといけないのだなぁ、とわかってきました。

長くなってしまいましたが、ちなみに、最後の発見。どういうときにミスをするかというと

「コントロール・ショット」

と呼ばれる、フルショットでないときにミスが出やすくなっています。

なのて、私はクラブの本数を14本ギリギリまで揃えて、かつ、チッパーを3本いれて、

「ウッドとアイアンとウェッジのフルショットか、チッパーのハーフショット以下しかしない」

というカバーをしています。

技術が繰り返し練習や、新しい方法を見つけて向上してきたら、もう少し少なくできるのでしょうけれども、とにかく、

「できる限りの頭を使うゴルフ」

をいま行いつつ、まだまだ試行錯誤中です。

なんとか、今年の秋か冬には、本を書き上げたいですねーーー。

あーーー、今日のメルマガは長かった。お付き合いいただいて、ありがとうございました。

ちなみに、勝間塾では「勝間塾杯」を定期的に開催しています。次回は6月9日土曜日を予定しています。ぜひ、ゴルフファンの方、これを機会に勝間塾もご考慮ください。初心者大歓迎です。もちろん、私も参加します!!

勝間塾へのご入会は→ http://krs.bz/katsumaweb/c?c=42695&m=164063&v=49f9b3e9

--おまけ画像

無事、ドライバーで200ヤード、たまには飛ぶようになりました!!

---------------------------
勝間塾をお試し受講してみませんか?
勝間塾バックナンバー購読入会特典のご案内
---------------------------

このメルマガでもたびたびご案内する勝間塾ですが、このたび、バックナンバーを一般の方向けに販売させていただくこととなりました。

・勝間塾の塾生でないので、バックナンバーを購入できなかった
・入塾を考えているけど、まずは、どんなコンテンツか、試しに受講してみたい
・新規入塾に際してキャンペーンを利用したい

という方々におすすめです。

勝間塾バックナンバーの代金は7,200円税込ですが、その後勝間塾に新規ご入会される場合、初月受講料から2,400円割引させていただきます。
(2ヶ月目以降は、月々4,800円の受講料となります。)
この機会に是非、勝間塾バックナンバーをご利用ください。

バックナンバーのご購入はこちらから

オフィシャルメールマガジンのみをご購読中の方
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=42666&m=164063&v=abf9ce1d

サポートメールまたはケーススタディアーカイブをご購読中の方
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=42667&m=164063&v=4ce4688a

ページの先頭へ

(毎日のメルマガから、twitterなどで、読者の方の評判のいいものを転載しています。 購読はこちらからどうぞ。 メルマガ購読 )


こんにちは、勝間和代です。

いろいろなこと、じゃんけんで勝ち負けを決めたり、順番を決めたりする機会が私たちには一生の間に無数にありますよね。

で、この、じゃんけん、三すくみだからうまくできていると思われがちですが、実は、びみょーーーーうに確率論から言って、

「この方法なら、勝つ確率が上がる」

という方法があることを知っていましたか?

興味がある人は、「じゃんけん必勝法」で検索してもらえば、いろいろでてくるのですが、例えばこんな感じです。

-3つの手は、それぞれ33.3%ずつではなく、実はグーが35パーセントちょい、パーが33パーセントちょい、チョキが31パーセントちょいくらい。なぜなら、チョキの手はしづらいから。

従って、「パー」を出すことが、じゃんけんに勝つ確率を微妙に上げる
(より多く出るグーに勝て、よりでないチョキに負けるから)

-また、あいこになったときには、相手が同じ手を出す人なのか、違う手を出す人なのか、判断する。その上で、

--手を変える人には、「いま、あいこになった手に負ける」手を出すと勝ちやすい。というのは、心理的に、あいこになった時には、まず手を変えようとすることと、変えるときに、いま見た手に負ける手を出すのは心理的に躊躇するので

「今あいこになった手」

に多くの人は勝とうとするから、いまあいこになった手に負ける手を出すと、その、勝とうとする手に勝てる確率が上がる

--手を変えない人には、当たり前ですが、「いま、あいこになった手に勝てる手を出す」

--手を変えることと、変えない割合が混じる人は、変えることが多ければ変える対策を、変えることが少なければ、変えない人対策の手を出す

-ちなみに、相手が同じを出すタイプか、違う手を出すタイプか、わからなかったら、違う手を出すタイプと考えた方がいい。なぜなら、あいこで同じ手を出すのは、22パーセントくらいしかない

と言うわけで、実は私、じゃんけん強いです(笑)。

というか、じゃんけんに勝ちたいときには勝てるように、負けたいときには負けるように、手をコントロールします。

難しいのが、こういった法則を知っている人同士のじゃんけんです。その場合は裏読みのまた裏読みみたいになってくるので、法則が役に立ちません。

ランダムだと思っているものは、実は完全にはランダムではなく、私たちのバイアスが入るのです。ぜひ、

じゃんけん必勝法

職場や家庭で、試して見てください。もちろん、最初は種明かしをせずに、ね!!


---------------------------
勝間塾をお試し受講してみませんか?
勝間塾バックナンバー購読入会特典のご案内
---------------------------

このメルマガでもたびたびご案内する勝間塾ですが、このたび、バックナンバーを一般の方向けに販売させていただくこととなりました。

・勝間塾の塾生でないので、バックナンバーを購入できなかった
・入塾を考えているけど、まずは、どんなコンテンツか、試しに受講してみたい
・新規入塾に際してキャンペーンを利用したい

という方々におすすめです。

勝間塾バックナンバーの代金は7,200円税込ですが、その後勝間塾に新規ご入会される場合、初月受講料から2,400円割引させていただきます。
(2ヶ月目以降は、月々4,800円の受講料となります。)
この機会に是非、勝間塾バックナンバーをご利用ください。

バックナンバーのご購入はこちらから

オフィシャルメールマガジンのみをご購読中の方
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=42666&m=164063&v=abf9ce1d

サポートメールまたはケーススタディアーカイブをご購読中の方
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=42667&m=164063&v=4ce4688a

ページの先頭へ

(毎日のメルマガから、twitterなどで、読者の方の評判のいいものを転載しています。 購読はこちらからどうぞ。 メルマガ購読 )

こんにちは、勝間和代です。

先日、友人からの紹介でご縁があって、カトープレジャーグループのオーナーである、加藤友康さんとお食事をさせていただく機会がありました。カトープレジャーグループは、みなさんに一番身近な飲食店だと

「つるとんたん」

の経営をされていて、他にも、旅館やSPA、料亭やホテルなど、さまざまなレジャー事業を展開されています。つるとんたんは、エンジン01の会合でもよく集合させていただいていますし、中谷彰宏さんがお食事をお誘いくださるときには、ほとんどつるとんたんです。

ちなみに、私はずっと、この六本木のお店、「『つる』と『たん』」だと思っていましたが、それは余談ですが・・・。加藤さん曰く、けっこう、みなさん

「つるたんとん」とか「つるとたん」とかと覚えているそうです(笑)。

さてさて、本題に入ります。加藤さんは20代の若い頃から、家業を継がれてオーナーで仕事をしているのですが、

「毎日の仕事が楽しくてしかたがない」

とおっしゃるのです。その一番の理由を聞いたら、すぐに出てきたのが

「いやな人と会わないから」

でした。

なんでもこれは、デザイナーのコシノ三姉妹のお母さんである、小篠綾子さんからの教えだそうで、

「運気が悪い人と会うと、自分の運気も逃げるし、エネルギー吸い取られるから、やめときなさい」

ということを、かなり高齢になっても綾子さんはおっしゃっていて、加藤さんはなるほどと思って、その教えにより従うようになったら、毎日がとても楽しくなったそうです。

なんか、それ、わかりますよねーーー。せっかく人生短いのですから、会いたい人とだけ会って、うれしいところにだけいたい、我慢してまでつきあいの席に出かけて、そして、運気を落とすのでは、確かにばからしいです。

こちらは、先日の石毛さんから教えていただいた

「選球眼」

の話にもつながるのかもしれませんが、ついつい私たちは全能感を持って自分を磨けば、自分が努力すればなんとかなると考えがちですが、もっともっと、つきあう人や、環境を考えた方がいいのかもしれません。

ぜひ、身近にカトープレジャーグループのお店があったら、訪ねてみてください。

ページの先頭へ

(毎日のメルマガから、twitterなどで、読者の方の評判のいいものを転載しています。 購読はこちらからどうぞ。 メルマガ購読 )

こんにちは、勝間和代です。

先日、元オリックス監督で、名選手の石毛さんとゴルフを回らせていただく機会がありました。ゴルフはもちろん、シングルでものすごーーーーくお上手だったのですが、それよりも、なによりも、お昼や、その後のお茶の談義のときにお伺いした、野球の話が最高でした。

その中でも、なによりも感銘を受けたのが、

「2割5分バッターと、3割バッターの違い」

です。野球でバッター、そもそも、なんでどんなにすごい人でも、3割くらいしか打てないか、ご存じですか?

野球に詳しい人は知っていると思いますが、私はからきしだったので、へー、へー、へーだったのですが

「厳しいコースのボールや、変化球など、そもそも、どんなにがんばってもヒットにできない球がたくさんある」

からなのだそうです。特に、最近は投球技術が発達してきて、どんどん、バッター受難の時代になってきているとか。

では、それでも、なぜ難しい中で、一流の3割バッターと、平凡な2割5分バッター、あるいは2割しか打てないバッターがいるのか。

それはなによりも、なによりも

「選球眼」

だそうです。ピッチャーも、すべての球がいい球が入るとは限らないので、どうしてもたまに甘い球が入ります。あるいは、そもそも、ボールは見逃せば四球もとれるわけです。

すなわち、よいバッターとは

・ボールを見極められる
・ストライクのうち、打ちやすく甘い球を見逃さない

のだとか。

みな、バッティング技術や、振り方、筋力などに注目しがちですが、それよりもなによりも、

「何を打つか、打たないかの戦略」

が一番、結果を分けてしまうのです。

ストライクも、「真ん中のセンター返し」が基本で、それ以外は応用編で、それができないのに、ほかのことをやってもうまくいかないそうです。

ちなみに、ゴルフは基本的にはボールが止まっているので「センター返し」なので、石毛さん、ほとんどゴルフの練習はしたことないそうです。それでも、自由自在に、距離も、方向も打ち分けていました。

いやもう、なるほど、なるほど、なるほど、でした。

翻ってみると、自分はちゃんとボールを見逃しているだろうか、そして、打てるストライクはちゃんと打っているだろうか、悩んでしまいました。

ぜひ、このメールを受け取った方、一度、

「自分にとって、パフォーマンスを左右してしまう選球眼とは何なのか」

確認してみてください。

ページの先頭へ

(毎日のメルマガから、twitterなどで、読者の方の評判のいいものを転載しています。 購読はこちらからどうぞ。 メルマガ購読 )

こんにちは、勝間和代です。

最近、うちの近所のスーパーチェーンの「オオゼキ」がすごい、ということをメルマガなどでたくさん書いたら、友人がオオゼキの代表取締役、八十川さんを紹介してくださいました。

そこで、会食する機会があったのですが、オオゼキのすごいところは

「NPS」= Net Promoter Score

と呼ばれる、

「あなたは自分の知り合いに、そのお店や商品・サービスを勧めるか」

というベインというコンサルティング会社が開発した顧客満足度の指標があるのですが、ベインの世界中の小売りの調査の中で、唯一、50%を超えている企業だそうです(52%の顧客が、ぜひ、オオゼキを友人に勧めたいと評価しています)。

私もこのNPSは好きで、よく自分でも意識していますので、もしNPSについてより詳しく知りたい場合は、下記の書籍を参考にしてください。

顧客ロイヤルティを知る「究極の質問」 (HARVARD BUSINESS SCHOOL PRESS) [単行本]
フレッド・ライクヘルド (著), 鈴木 泰雄 (著), 堀 新太郎 (著)

そして、なぜオオゼキだけが、世界中の小売りの中でNPSについて50を超えているのかという理由について、八十川さんの話しから分かったところ、その仕組みはここに書き切れないくらいたくさんあるのですが、特になるほどと思ったのが、とにかく

「うちはお客さんの一番近くにいるお店の従業員が、サイコロをどんどん振って、当たり目が出るまで現場で試せる仕組みになっている」(=一人一人の社員が、数多くの試行錯誤を自分の判断で繰り返すことができる仕組み)

ということでした。

まず、オオゼキ、マニュアルがありません。そして、レジや仕入れ、ほとんどが正社員です。そして、正社員の使命は

「(顧客満足度を上げて、)今日来たお客さんが、また明日も来てもらえるようにすること」

です。

なので、小さなお子さん連れのお客様は、レジ係の人が袋詰めをしてくれますし、魚も、肉も、野菜も、日配品も、総菜も、菓子も、すべて担当者が自分で仕入れを決めて、値段を決めて、自分で売り上げを管理するそうです。だから、店によって仕入れた内容も、値段も、ある意味、バラバラです。

そして小売りですから、すぐに、売り上げと粗利という形で結果が出るので、毎日、毎日、担当者は工夫を繰り返します。

大手のスーパーチェーンがPOSデータを見て、本部で方針を決めて、そして新しい仕入れを決めて、売り上げが上がるまでのサイクルをたとえば1ヶ月だとしたら、オオゼキはそれを毎日、しかも店舗単位でやっているわけですから、サイコロを振る回数が全く違ってくるわけです。

また、オオゼキは商圏をだいたい1キロと考えており、特に500メートル圏内のお客様は100%、自分のお店に来てもらうことを方針としているそうです。私は3キロなので圏内より遠いのでそうするとどうしても「毎回」とはならないのですが、500メートルだったら、必ず毎回にしたいとか。

いやもう、すごすぎです。私、次に引っ越すとき、オオゼキの500メートル圏内にしようかと思ったくらいです。

実は、大阪で橋下さんが行った改革も、まったく同じ仕組みでした。これまで1年に1回しかレビューがない、すなわち、サイコロを振らないのを、1週間単位に変更して、52回、振るようにしたのです。

私も、メルマガをこれまでの2週間に1度から、毎日にするようになって、確かにサイコロを振りまくるようになり、ぐーーーっといろいろなレスポンス、学びが増えました(もちろん、勝間塾の会員も(笑))。

ぜひ、サイコロをたくさん振る仕組み、考えてみませんか? そして、自分がサイコロを振っているかどうか、あるいは、自分の組織がそういう仕組みになっているかどうかも。

私もサイコロ、当たり目が出るまで振り続けたいと思います。

ページの先頭へ

(毎日のメルマガから、twitterなどで、読者の方の評判のいいものを転載しています。 購読はこちらからどうぞ。 メルマガ購読 )

こんにちは、勝間和代です。

さまざまな社会実験やSNSの調査で、人間関係は、だいたい

「6次の隔たり」の範囲であり、

すなわち、知り合いの知り合いの知り合いの知り合いの知り合いの知り合い、くらいまでたどると、ほとんどの人がつながってしまう、ということがわかってきています。

実際、facebookなどで、へーー、この人とこの人が知り合いなのか、とびっくりすることがありますよね?

また、以前、このメルマガで、つきあう相手が利他的な人なのか、利己的な人なのか、区分をできる能力を持っていると言うことを記しましたが、そのことについての知識も積み重なってきます。

すると、さまざまなボランティア活動などを行っていたり、飲み会に参加したりすると、ついつい、私たちはその情報を人と共有するため、自然といろいろな人の評判が耳に入ってきてしまいます。

そうすると、自然と私たちはますます、「利他的」と評判がある人はつきあいを厚くするようになるし、「利己的」という評判がある人とは近寄らないようにするし、つきあいを制限するようになります。

そうなると、利他的な人はますます情報や人脈、チャンスが集まるようになるし、利己的な人はますます、人が遠ざかり、人脈やチャンスが減ってしまいます。

エンジン01のオープンカレッジを開いているときにも、とにかく、利他的な人はびっくりするくらい、ボランティアで参加してくださっている地元の方々一人一人に声をかけ、笑いかけ、お礼を言って歩きます。

一方、有名人には一目散に近づいて挨拶するけれども、そのほかの人はまったく目に入っていないのではないか、というような行動をとる人もいます。

しかし、その一つ一つを、私も観察していますし、また、活動をしていて「あれっ」と思うことがあると、その「あれっ」を他の人に問い合わせてみると、やはり、その人の過去の行動も、「あれっ」があったりするわけです。

すなわち、私たちは相手に対してどのくらい自分の時間を投資していいのか、常に情報を収集しているし、その結果に基づいて、相手に対してつきあおうとするから、運がいい人と運が悪い人は、どんどん、差が開いていってしまうことになります。

とにかく、私たちの行動は絶えず、誰かが見守っているし、そして、一つ一つをその場において、自分勝手な行動ではなく、周りとの調和を考えて、一人でも多くの人が

「この人と一緒にいてよかった」

と思ってもらわないといけないし、そのためにはやはり、当たり前のことですが

-相手との約束を小さなことでも必ず守り
-相手によって態度を変えず
-相手のためにできることはできる限り行う

という繰り返しこそが大事です。また、そのような人には、周りの人がどんどんその人に集まってくるため、ますますその人は利他的に振る舞うことが当たり前になっていくんだなぁ、と感じました。

6次の隔たりの意味は、人は6次しか隔たっていないと言うことでもあり、とにかく、「自分一つ一つの行動は、いつも誰かにばれている」という気持ちで、規律正しく行動し、考えることなのだなぁ、と感じました。

すなわち、「お天道様が見ている」というのは、「6次しか隔たっていない人たちが誰か見ている」ということなのかもしれませんね。

ただ、そんなことをいちいち意識をしなくても、いずれにしても、上に書いた3つは当たり前のことだし、それをやることで自分が気持ちいいのだから、評判をよくするため、などと気負わずに、自分がそうしたいからそうしよう、と思う方がいいのかもしれません。

今日はちょっと抽象的な表現が多いメルマガでしたが、なんとなく、言いたいこと、わかっていただけたでしょうか?

感想、#katsumaタグや、コミュでお待ちしています!!


---------------------------
冬期講習リモート受講2月9800円+勝間塾40日無料体験に参加する
---------------------------
勝間塾冬期講習を受講して勝間塾に入会すると、最初の40日が無料になるお得なキャンペーンのお知らせです。

一昨年夏から始まり、毎回大好評の勝間塾の季節合宿。一泊二日の合宿形式のコミュニティーラーニング。今回のテーマは「起業」。

詳細、お申込みはこちらからどうそ

---------------------------
「勝間塾」説明会のご案内(無料)
---------------------------

勝間塾に興味ある方に、無料説明会を月1回のペースで開催しています。
次回は2/27(水)です。申し込みURLはこちらです。夜19時半から、浜松町付近です。

ぜひ、いらしてください

お申し込み

ページの先頭へ

(毎日のメルマガから、twitterなどで、読者の方の評判のいいものを転載しています。 購読はこちらからどうぞ。 メルマガ購読 )

こんにちは、勝間和代です。

最近、意志力をどうやって鍛えるか、ということにはまっています。「スイッチ!」や「スタンフォードの自分を変える教室」のメインテーマでもありますし、私の本で言うと「起きていることはすべて正しい」に「メンタル筋力」という言葉でまとめをしています。

平たく言うと、私たちの「やる気」「意志」の力は有限だから、いかにそのキャパシティを高めるかと言うことと、それをなるべく使わずに、自分の目標を達成するにはどうしたらいいか、という2本立てになります。

まず、意志の力のチャージの方法は、割と単純で
-良い食事
-適度な運動
-休息
-良いコミュニケーション
-楽しい趣味
などで、いわゆる

「ワークライフバランス」

を整えることが必要です。ホルモンでいうと、なるべく、セロトニンを出せ、ということですね。

そして使う方は、たとえば
-我慢をする
-新しいことをする
-やりたくないことをする
-ストレスがかかることをする
などです。

で、つらつらと思うのは、なぜ、自宅にさまざまな人がエクササイズ機器を買っても、続かないのか。あるいは、一部の機器は続くのかと言うことです。

で、やはり、ポイントは
「意志力を何分使う必要があるか」
ということだと思うのです。

たとえばレッグマジック。年初の新年会で勧められて、けっこうこれ、つらいのですが、それでもほぼ、買ってから毎日続いています。それはなぜかというと

「1回1分だから」

ですね。1分だったら、あまり意志力使わない。

一方、あまり使わなくなってしまった機器は、10-15分かかるものが多いので、このレッグマジックの学びから

そうだーーーー

と思って、JOBAも、振動エクササイザーも、1-3分くらい、こまめにのるようにしました。そうしたら、確かに続きます。

とにかく、毎日だと5分でも至難の技です。10分はまず無理です。だから、とにかく、いろいろなもののコストを

「意志力を使うのをできれば1分以内、長くても3分以内にする」

にしています。

だから、鍋は原則、全部タイマーで管理です。

そろそろ書き下ろしの本の原稿もはじめようと思っていますが、これもぜんぶ、5-10分単位で書いてみる、というのを今回、やってみようかと思っています。

じっさい、このメルマガが続くのは、細切れで書いているからです。

ぜひ、みなさんも、とりあえず何か続けたいと思うことがあったら

「1分以内でできること」

から始めて見てはいかがでしょうか?

レッグマジックからの学びでした!!

(例によって注釈。レッグマジックもJOBAも振動エクササイザーも自腹で買っております(笑))

---------------------------
冬期講習リモート受講2月9800円+勝間塾40日無料体験に参加する
---------------------------
勝間塾冬期講習を受講して勝間塾に入会すると、最初の40日が無料になるお得なキャンペーンのお知らせです。

一昨年夏から始まり、毎回大好評の勝間塾の季節合宿。一泊二日の合宿形式のコミュニティーラーニング。今回のテーマは「起業」。
以下の3部構成で2月16日~17日の二日間に渡って実施致します。

詳細、お申込みはこちらからどうそ→ http://krs.bz/katsumaweb/c?c=39944&m=164063&v=d4fbafbd

---------------------------
「勝間塾」説明会のご案内(無料)
---------------------------

勝間塾に興味ある方に、無料説明会を月1回のペースで開催しています。
次回は2/27(水)です。申し込みURLはこちらです。夜19時半から、浜松町付近です。

ぜひ、いらしてください

http://krs.bz/katsumaweb/c?c=39945&m=164063&v=33e6092a

ページの先頭へ

(毎日のメルマガから、twitterなどで、読者の方の評判のいいものを転載しています。 購読はこちらからどうぞ。 メルマガ購読 )


こんにちは、勝間和代です。

相変わらず、水泳もこつこつと週に2-3回、習っています。もともとはトライアスロン挑戦の準備で始めたものですが、先日お送りしたとおり、一生のスポーツになりそうなので、いいものに出会ったなぁ、と思っています。

ただ、未だに、連続して泳げるのは、平泳ぎなら300メートルくらい、クロールなら50メートルくらいしかないので、まだまだ、「30分で1キロ泳ぐ」という最終目標からは遠いので、がんばっています。

まぁ、1年前に、ほとんどおぼれそうになりながら、ようやくクロールで25メートルしか泳げなかったのが、少なくとも25メートルならすいすい泳げるようになったので、こつこつと進歩していると言えば進歩しています。

そして、せっかくなので、私のコーチはいろいろな人にプライベートレッスンを主に経営者の人たちにしているので、どんな人が、水泳がうまくなるのか、聞いてみました。

「まず、一番先に言えるのは、普段の仕事などでも成功している人ほど、水泳でも『教えてもらう』という姿勢があるということです」

私が、その一言を聞いて「?」だったのは、あれ、だって、教えてもらうために行っているのに、なぜそれが基本、と思ったら、

「いや、そうでもないんですよ。僕が言ったトレーニングのうち、教えてもらうという姿勢が薄い人は、きついものはやりたがらなかったり、メニューに文句言ったり、できないいいわけを重ねたりする人、多いんです」

ということでした。

「それに比べて、教えてもらうという姿勢がある人は、大変なトレーニングでも、まず、僕を信用して、やってくれるんです。また、僕の指示がわかりにくいときには、『それはどういう意味ですか』ということをしっかりと聞いてくれて、あとから文句をいうことはありません。とにかく、よく質問します。だから、僕も真剣になります」

えーーーー、なぜ、教えてもらっているのに、文句言う人がいるのですか、と聞いたら

「なんか、教える、教わると言うよりは、正直『お金を払っているんだから、どんなにわがまま言ってもいい』と勘違いしているような気がするんです。だから、やりたい、やりたくないを気分で決めてしまうのです」

ということでした。すなわち、

-うまくいく人は、謙虚に教えてもらい、しっかり実行するけれども、一方で、たくさん質問する
-うまくいかない人は、教えてもらうと言うよりは雇っているという姿勢であり、実行しないし、質問もしない

ということでした。

さらに衝撃だったのは

「そうそう、あと、うまくならない人って、レッスン時間に遅刻しても、謝らないんですよ」

と言っていたことです。

「えーーーーー、なんで、遅刻しているのに謝らないんですか? そんな人、いるんですか?」

と聞いたら、

「結構多いですよ、謝らない人。たぶん、遅刻した分も、お金を払っているんだから、ちょっとくらいいいだろう、と思っているからではないですか?」

とまたまた、目から鱗の話。

ずっと、私のテーマである

「継続的に成功する人(定番)と、たまたままぐれで成功した人(一発屋)」

の違いが、ここでも垣間見えたような気がします。要は、キーワードは、継続的に成功する人は、ほかの人との関係が

「対等」かつ「謙虚」

ということなんです。

コーチと教わっている人ですから、極端に自分を誇示して威張る必要もなければ、コーチの言うことをわからないのに従う必要もないわけです。すなわち、「対等」、です。

加えて、明らかに水泳についてはコーチの方が、経験が深いですから、「謙虚」に自分との違いを理解して、相手のコーチに従う気持ちがある、ということですね。

一方、一発系の人たちは「上下の関係」であり、「傲慢」なわけです。もちろん、だから、成功が継続しないのかもしれませんが・・・。

実は、知り合いのワインバー経営者に、同じ質問をしました。

「常連さんの中で、長年の変化で、よりよくなる人と、そうでない人、どこが一番違いますか?」

すると、少し考えて

「一番大きい違いは、うちの従業員からのお礼メールにも、継続して成功する人たちは必ず返事をします」

ということでした。

経営者からのメールだけには返事をする人、経営者からでも従業員からでも返事しない人、両方返事する人、といるわけですが、どのパターンの人が、一番その人の味方を作っていくか、ということについては火を見るより明らかですよね?

ある意味、「学習欲」とか「向上心」、あるいは、「人への思いやり」みたいなことを、総合して表した言葉が

「謙虚」

なのかもしれないと、お二人の話を聞いて思いました。また、「レッスンに遅刻して謝らない人がいる」というのは、正直、ものすごく驚きました。

わたしたちは、知らないことがたくさんあるし、多くの人に支えられないと生きていられないし、できることとできないことがたくさんあります。

きっと、そういったことを補うため、また、成長を継続するためには、

「謙虚でいること」

が必須なのかもしれません。

今年の生き方のキーワードの一つとして心に刻みたいと思いました。

ページの先頭へ

昨日、読売新聞に興味深い記事が載っていました。新聞記事を鵜呑みにしてはいけない、という好例なので、ぜひ、このブログの内容をご一読ください。

低炭水化物ダイエット、死亡率高まる可能性 : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

--引用はじまり
ご飯やパンなどの炭水化物の摂取が、長期にわたって少ない人は、多い人よりも死亡率が高まる可能性があるとする調査結果を、厚生労働省の研究班がまとめ、科学誌プロスワンに発表した。 炭水化物の摂取を極力控えるダイエット法に一石を投じる成果として注目される。
--引用終わり

どうも、この記事だけ読むと、

「すわ、低炭水化物ダイエットは体に悪い、だからやめるべきだ。糖質制限はやめて、ご飯やパンをもっと食べよう」

などという、短絡的な結論になりそうです。

しかし、.ほんとうかと疑って、原論文を詳しく読んでみました。こちらが、原論文です。
PLOS ONE: Low-Carbohydrate Diets and All-Cause Mortality: A Systematic Review and Meta-Analysis of Observational Studies

確かに、いくつかのStudyをレビューすると、低炭水化物な食事は、全体の統計上有意に死亡率を上げ、かつ、もともと効くと言われていた心臓疾患系にも、中長期にはあまり意味がなかった、という結論になっています。

しかし、ではなぜ、

「低炭水化物ダイエットは死亡率を上げるのか」

という仮説なのですが、Introductionのところに、その仮説がしっかりと書いてありました。

以下、引用

In fact, low-carbohydrate diets tend to result in reduced intake of fiber and fruits, and increased intake of protein from animal sources, cholesterol and saturated fat, all of which are risk factors for mortality and CVD.

そうなんです。

「低炭水化物」

が悪いのではなく

低炭水化物にした結果、

-「食物繊維」「果物」の摂取が少なくなり
-「動物性タンパク質」「コレステロール」「飽和脂肪酸」が多くなる

ことがリスクなのです。

したがって、低炭水化物ダイエットが体に悪いからといって、たとえば炭水化物を繊維やフィトケミカルの少ない、読売の記事にあるようなご飯やパンなどでばりばり食べても、その人の死亡率はちっとも下がりません。

実際、discussionの方でも、サブグループに分析すると、植物ベースならリスクを下げるかもしれない、とありました。すなわち、新聞記事とはまったく逆の結論で、

「植物ベースの低炭水化物ダイエットは死亡率を下げるかもしれない」

ということになります。

Subgroup analyses suggested that low-carbohydrate diets might increase the risk of mortality and CVD in animal-based dietary patterns whereas they might decrease the risk in plant-based diets.

ついでに言ってしまうと、

炭水化物=糖質+食物繊維

ですから、低炭水化物ダイエットは、低食物繊維ダイエットになる可能性があり、それが一番大きなリスク、と読み替えればいいのだと思います。

なお、死亡率を下げるのに確実に効くのは

-運動習慣があること
-野菜・果物をたくさん食べる習慣があること
-たばこを吸わないこと
-お酒を過度に飲まないこと

の4つがほぼ明確にどんな研究でも示されています。

ある意味、この論文は、その変形バージョンなのかもしれません。

いずれにしても、ぜひ、読売新聞の記事を読んだ方は、へーーーー、とそこで止まるのではなく、論文の方も読んでみてください!! ちなみに、原論文では一言も、記事にあるような

「『ご飯やパンなどの』炭水化物をよく食べる人は、低炭水化物ダイエットをしている人よりも死亡率が低い」

とは言っていませんから。炭水化物、を分析しているだけで、その成分がご飯やパンかは、特定していません。ここの部分を付け加えたのは、読売の記者さんですね。原論文をよく読んでいれば、論文の趣旨から、付け加えられないと思います。

英語が苦手な方は、ページ翻訳を使っても、だいたいのことはわかりますよ!!

こんな感じになります。
英語翻訳 ウェブページ翻訳 - エキサイト 翻訳

--追記

そして、ググると、この報道に対して、いろいろな人が検証しているので、そのリンクもあげておきます。

朝日新聞に糖質制限を5年続けると命が危ないって出てたよ(笑)。|低糖質ダイエットは危険なのか?中年おやじドクターの実践検証結果報告

ドクター江部の糖尿病徒然日記  朝日新聞記事、「糖質制限ダイエット、長期は危険?」に反論

また、朝日新聞の記事全文では、動物性タンパク質による弊害が原因かも、ということが指摘されていました。
糖質制限ダイエット、長期は危険? 死亡率高まる恐れ - ニュース - アピタル(医療・健康)

ページの先頭へ

最近、サラダを食べることが増えてきました。なぜかというと、とにかく
「調理が早い」
から。

たとえば写真のサラダ、これは今朝作ったものですが、材料は、トマトひとつ、アボカドひとつ、それにブルーベリー少々ですが、なんせ、トマトとアボカド切って、それに塩・こしょう・バルサミコ酢・フラックスオイルを加えて混ぜて、そこにブルーベリー散らしただけ。

作成所要時間、5分ちょっとです。これで、1日に必要な野菜の分量といわれる350gの8割くらいは満たせています。

では、なぜ、それでもインスタント食品を買ったり、サラダを市販のものを買ったりするかというと、やはりほんとうに、習慣の問題だと思います。

それが楽、と一度学習してしまえば、後戻りできなくなるのですが、これを作るだけでも
-トマト
-アボカド
-塩
-バルサミコ酢
-フラックスオイル
-まな板と包丁
-サラダボール
などの初期投資が必要なので、そこが面倒なのでしょうね。

私はもう、加工食品を買う方が面倒だし、外食をする方が面倒になってしまったのですが、ぜひ、手作りのもの、特にローフード系は、買いに行くよりも、作ってしまった方が早くておいしくて楽だと言うこと、もっと広まるといいと思っています。

楽しく食べましょう!!

ページの先頭へ

(毎日のメルマガから、twitterなどで、読者の方の評判のいいものを転載しています。 購読はこちらからどうぞ。 メルマガ購読 )


こんにちは、勝間和代です。

秋元康さん提案の「1年で100を切るゴルフ」、あいかわらす、コツコツと続けています。おかげさまで、1月6日のラウンドでは「初バーディー」を記録しまして、トータルスコアもだいたい120台になるようになり、少しずつ、人並みゴルファーになってきました。

ラウンドにはだいたい、月に平均2回くらい行っているのですが、やはり、調子がいいときと、悪いとの差が激しいです。特に、私は意外とパターが得意なので、調子いいときにはどんどん1~2パットで沈むのですが、調子が悪いと、3パット連続します。そうすると、スコアが崩れます

そして、どんなときに調子が良く、どんなときに調子が悪いのかを分析しました。ご存じの通り、ゴルフというのは、ものすごく上手に、本人の精神状態が反映するようにできているメンタルスポーツです。だからこそ、はまる人が多いのだと思いますが、メンタル状態が安定しているときにはうまくいき、だめなときにはうまくいかないのです。

で、悪いときには、当然、メンタルがぼろぼろなのですが、そうなるときの共通点を一つ見つけました。それはなにかというと

同行しているプレーヤーに、

「ちょっと上手な教えたがりアマチュアがいること」

だったのです。

もちろん、なんせ初心者ですから、ミスショット、ミスパット、頻発します。そのときに、そういった方々は、親切心から、私がパットを打った瞬間

「あーーー,強い!!」

とか

「あーーー、弱い!!」

とか言われるわけです。そしてもちろん、その通り、ホールを超えたり、手前で止まるわけです。

しかし、そういって毎回「ダメ出し」をされると、どうなると思いますか? そうなんです、

「萎縮」

するんです。加えて、どうしたら強くならないか、どうしたら弱くならないか、というアドバイスはできません。そうすると、私はますます混乱することになります。もう、どう打っていいか、わからなくなります。

さらに、ショットを打つときに、ミスショットになると

「体がスウェイしている(左右の体重移動がある)」とか

「クラブがインサイド・アウトではなく、アウトサイド・インでたたきつけている」とか

教えてくださるわけです。

しかし、こういったアドバイス、実は私の愛読書、「スイッチ!」では

「True But Useless」

と呼んでいるアドバイスなんです。TBUは、正しいのですが、解決方法がないので、言っても無駄なんです。私がたかだか言われて、自分で気をつけて、数回の試行で、ラウンドでできるようでしたら、直っています。できないから、そうなっているんです。私だって、知識では、そんな2つのこと、よーーーーく知っています(笑)。

それよりは、ブライト・スポットと呼ばれる、

「とりあえず、ここだけ気をつけたら、そういった問題点の一部でも解決する」

というソリューションにフォーカスした方がいいのです。

実は、私はゴルフや水泳を習っていて思うのですが、プロのコーチたちは、決してTBUのアドバイスをしません。しても無駄だし、必要以上に生徒を萎縮するとわかっているからです。それよりは、全体構造の中で、

「とりあえず、ここだけでも直せば、かなりよくなる」

というところを、個別具体的にこつこつと教えてくれます。それは、コーチがもっている200くらいのブライト・スポットの中で、合いそうなものを提供してくれるのです。グリップがつよくなっちゃっているから、弱く握った方がいいよ、とか、スイングがはやくなっているから気をつけてね、とか、比較的、すぐに着手できることばかりです

なので、同じアドバイスでも、ラウンドレッスンでコーチと一緒に回ると、みるみるうちにスコアが上がります。ふだんより、10-20くらい、小さなスコアで回れます。

また、アマチュアでも、本当にうまい人たちは

「相手が求めない限り、けっしてアドバイスはしない。相手が混乱するから」

というのが鉄則だそうです。

これ、私、わかるんです。経営コンサルティングとか、あるいは出版戦略とか、自分がほんとうにプロの分野は、たとえば、見れば私もそれぞれかなりの時間やっていますから、人がやっていることを見ると、すぐに10も20も、直すべきところ見えます。

しかし、私はそれぞれ、相手から求められない限りアドバイスはしません。直すことは容易でないとわかっているからです。だからこそ、あえてアドバイスを求められたときにも、一番きくところ一つ、あるいは、多くても三つまで、それも、問題点の指摘だけではなく、そのソリューションの提供を必ずセットでするようにします。ある意味、それがプロの自意識です。

では、アマチュアのプレーヤーがなぜアドバイスをしたがるのか。それは、選択理論で言う「力・価値」の欲求です。自分の存在があることを確認し、そして、相手から感謝されて満足したいのです。

しかし、プロはわざわざそんなことをしなくても、自分の価値はわかっていますから、あえて相手を混乱させてまで、そういうことをしようとしないわけです。あるいは、プロほど、問題解決が難しいことを知っていますから、よけいなお節介をしないわけです。

もちろん、アマチュアのプレーヤーのアドバイスでTBUでも、いいことはたくさんありますから、今度はそれを自分が引き取って、考えるメンタルがあればいいわけです。

明日は、そんなメンタルの話を続けたいと思います。

さて、どんな分野でも、下手に知っている分野で、ひょっとして相手にTBUなアドバイスをしてしまっていないか、ぜひ、確認してみてください(笑)。

---------------------------
エンジン01文化戦略会議、浜松オープンカレッジのお知らせ
---------------------------

2月9日~11日、私が幹事を務める、文化人によるボランティア団体「エンジン01文化戦略会議」の年の一番大きなイベント、オープンカレッジが浜松市で開かれます。

浜松周辺の方、100人以上のあんな名前、こんな名前のみなさんがよくテレビ、新聞、著作、雑誌などでしった顔が大集合しますので、ぜひ、いらしてください。

浜松大会の詳細はこちらです。私が実行委員長を務めていて、私が出るプログラムも5つほどあります。
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=39190&m=161573&v=9d423ca6

エンジン01文化戦略会議にどんなメンバーがいるかは、こちらをご覧ください。秋元康さんや、林真理子さんがメインのメンバーで、今回は、秋元さんが小室哲哉さんも連れてきます!!
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=39191&m=161573&v=7a5f9a31

---------------------------
勝間塾の冬期講習、勝間塾40日無料体験の受付中です
---------------------------

一昨年夏から始まり、毎回大好評の勝間塾の季節合宿。一泊二日の合宿形式のコミュニティーラーニング。今回のテーマは「起業」。
以下の3部構成で2月16日~17日の二日間に渡って実施致します。

特典1
冬期講習から勝間塾に入塾されますと、勝間塾の受講料月額4,800円が、最初の40日間無料になります。

特典2
会場に来られない方も、リモート受講から勝間塾に入会すると、特典1(40日間無料)が適用されます。

概要、冬期講習から勝間塾へのお申し込みはこちらから
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=39192&m=161573&v=880877c9

現在勝間塾生の方のお申し込みはこちらから
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=39193&m=161573&v=6f15d15e
※コミュニティにログインした状態でごアクセスください

前回の勝間塾 冬期講習の様子
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=39194&m=161573&v=b7d6aa78

---------------------------
「やせる!&iPhoneダイエットセミナー」まだリモート受講できます!!
---------------------------
このセミナーを聞けば、やせられないわけがない!!
太っていた私達が語る「まっとうすぎて、メディアが扱ってくれないやせる方法」

あの大好評のセミナーが1月末までお申込みできます。
当日聞き逃してしまった人は是非!!

講師:
勝間和代(経済評論家、『やせる!(光文社新書)』著者)
立花岳志(『西麻布バブルダイエット(インプレス)』、『iPhoneダイエット(サンマーク)』著者)

○いま勝間塾生でない方 (勝間塾への加入が前提となります。ただ、勝間塾が気に入らない場合には、当月解約すれば、セミナー代金のみになります。勝間塾生の方は、下に申し込みが別にあります)
お申込み&開催の経緯
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=39195&m=161573&v=50cb0cef

○現在、勝間塾生の方
お申込み&開催の経緯
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=39196&m=161573&v=a29ce117

---------------------------
「勝間塾」説明会のご案内(無料)
---------------------------

勝間塾に興味ある方に、無料説明会を月1回のペースで開催しています。
次回は1/30(水)です。申し込みURLはこちらです。夜19時半から、浜松町付近です。

ぜひ、いらしてください

http://krs.bz/katsumaweb/c?c=39197&m=161573&v=45814780

---------------------------
「勝間塾」及び「サポートメール」のご案内
---------------------------

こちらのメルマガは無料ですが、さらに、みなさんのコミュニケーションと成長をサポートするための、定期・有料のプラットフォームを2種類、用意しています。

-サポートメールに入る(月額980円、当初1ヶ月は無料体験あり)
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=39198&m=161573&v=c86b111a
毎日届くサポートメールのサービスです。1週間に1つのテーマを扱っています。これまでの数年分のバックナンバーも読めます。また、コミュニティでみなが集うことで、1人1人の成長をサポートし、ペースメーカーとなります。

-勝間塾に入る(月額4800円、含むサポートメールサービス)
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=39199&m=161573&v=2f76b78d
毎日届くサポートメールに加え、毎月ごとに決まる課題や課題図書と月例会で、みなさんの仕事のスキルアップ、起業や出版、やりたい気持ちの維持、コミュニティでの仲間作りをサポートします。

オフ会や合宿も盛んです。学びたい仲間に出会うことができます。セミナーも、私以外にもさまざまな講師をお招きしています。

特に、ストレングスファインダーで「最上志向」「学習欲」「内省」「収集」などが多い方が多数集まっています。

ドリームキラーのない環境で、一緒に支え合って、成長していきましょう。

---------------------------------------------------
勝間和代オフィシャルメールマガジン
---------------------------------------------------

このメールは転載歓迎です。ただし、下記のメールマガジンが出所である旨、必ず、URLを明記してください。
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=39200&m=161573&v=3392f64a

よかったら、感想をTwitterで #katsuma タグで教えてください。必ず見ています。
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=39201&m=161573&v=d48f50dd

感想、要望はこちらへもどうぞ
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=39202&m=161573&v=26d8bd25

プライバシーポリシー
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=39203&m=161573&v=c1c51bb2

配信先変更
https://krs.bz/katsumaweb/m?f=22&m=161573&t=83eo&v=a927139f

配信解除
https://krs.bz/katsumaweb/m?f=23&m=161573&t=83eo&v=51f07388

バックナンバー
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=39204&m=161573&v=19066094

お問い合わせ先
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=39205&m=161573&v=fe1bc603
helpdesk@katsumaweb.com

ページの先頭へ

(購読はこちらからどうぞ。 メルマガ購読  )
こんにちは、勝間和代です。

ついでに、調理の話から、なぜ私たちは、単にオーブンで待っているだけ、といった料理よりも、フライパンにつききりで、かき回し続けるような料理を作るときも好むし、食べるときもその方が美味しいと思うのか、ということを考えました。

実はこれは、「選択理論心理学」というグラッサー博士が提唱した心理学でうまく説明ができています。

選択理論心理学では、理想の姿と現状を比べて、そこに違いがある、バランスが崩れているときに、私たちはどうしても、

「何か行動を起こすことで、例えそれが、意味の無い行動でも、欲求を満たそうとする」

という傾向があると言うことです。

例えば、カレーを作ろうと思ったときにも、いま目の前にあるまだ煮えていない野菜と冷たい水があって、本当は、それが沸騰するまで、じっと我慢をして、蓋を開けない方が結果的には早く仕上がるのですが、つい、気になってしまって蓋を開けたり、あるいは、必要も無いのにかき回してしまうような行動です。

以前、私は北見に米国製のコーヒーメーカーを持っていったら、110V仕様なので、100Vで動かなくて、困ったことがあります。そこにはギャップがあるから、行動を起こそうとするわけです。そして、近所のベスト電器に買い物に行きました。

私が必要なのは、変圧器の中で、日本のものを外国にする「アップトランス」といわれるタイプなのですが、北見のベスト電器で売っていたのは、すべて「ダウントランス」とわれる、海外旅行用の、日本の電化製品を外国で使うためのものばかりでした。

その時に自分でおもしろいなぁ、と思ったのは、ダウントランスが役に立たないとわかっているのに、

「万が一動くかもしれない」

と思って、ダウントランスを買っていくわけです。で、もちろん、ダウントランスでは動かないで戻ってがっかりするのですが、それでも、動かないコーヒーメーカーを目の前にしているよりは、無駄だと思っていても、行動する方が、安心する、というわけです。

だからこそ、料理も、なるべく無駄かもしれませんが、手足を動かすタイプの方がレシピも受けるし、企業の中でも、明らかに顧客価値にならないような仕事も、本人が作ってしまって、増殖していくわけです。

これを防ぐためには、やはり、理想の姿と現実の姿のギャップを埋めるために、どのような行動が本当に効果があって、どのような行動が意味が無いのか、学習していくしか無いわけですね。

怒り、もこのようなギャップの充足行動の1つだと思います。望む姿と現実が違うから、

怒る

ことで、気持ちを埋めようとするわけです。しかし、この怒り、怒れば怒るほど、望む姿と現実が離れていくことは、みなさんもご存じの通りです。

上手に自分の欲求とつき合っていきたいですね。選択理論心理学をより学びたいという方には、私の選択理論心理学の先生でもある、下記の渡邊奈都子さんの入門書が大お勧めです。

「人間関係をしなやかにする たったひとつのルール はじめての選択理論」
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=39055&m=161573&v=f2bd4c3d

ぜひ、今日のメールを読んで、なるほどーーーっと思った方、手に取ってみてください。勝間塾の夏合宿では、奈都子さんを招いてのより深い学習も予定しています!!

---------------------------
エンジン01文化戦略会議、浜松オープンカレッジのお知らせ
---------------------------

2月9日~11日、私が幹事を務める、文化人によるボランティア団体「エンジン01文化戦略会議」の年の一番大きなイベント、オープンカレッジが浜松市で開かれます。

浜松周辺の方、100人以上のあんな名前、こんな名前のみなさんがよくテレビ、新聞、著作、雑誌などでしった顔が大集合しますので、ぜひ、いらしてください。

浜松大会の詳細はこちらです。私が実行委員長を務めていて、私が出るプログラムも5つほどあります。
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=39057&m=161573&v=e7f70752

エンジン01文化戦略会議にどんなメンバーがいるかは、こちらをご覧ください。秋元康さんや、林真理子さんがメインのメンバーで、今回は、秋元さんが小室哲哉さんも連れてきます!!
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=39058&m=161573&v=6a1d51c8

---------------------------
勝間塾の冬期講習、勝間塾40日無料体験の受付中です
---------------------------

一昨年夏から始まり、毎回大好評の勝間塾の季節合宿。一泊二日の合宿形式のコミュニティーラーニング。今回のテーマは「起業」。
以下の3部構成で2月16日~17日の二日間に渡って実施致します。

特典1
冬期講習から勝間塾に入塾されますと、勝間塾の受講料月額4,800円が、最初の40日間無料になります。

特典2
会場に来られない方も、リモート受講から勝間塾に入会すると、特典1(40日間無料)が適用されます。

概要、冬期講習から勝間塾へのお申し込みはこちらから
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=39060&m=161573&v=8ca051b7

現在勝間塾生の方のお申し込みはこちらから
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=39062&m=161573&v=99ea1ad8
※コミュニティにログインした状態でごアクセスください

前回の勝間塾 冬期講習の様子
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=39064&m=161573&v=a634c769

---------------------------
「やせる!&iPhoneダイエットセミナー」まだリモート受講できます!!
---------------------------
このセミナーを聞けば、やせられないわけがない!!
太っていた私達が語る「まっとうすぎて、メディアが扱ってくれないやせる方法」

あの大好評のセミナーが1月末までお申込みできます。
当日聞き逃してしまった人は是非!!

講師:
勝間和代(経済評論家、『やせる!(光文社新書)』著者)
立花岳志(『西麻布バブルダイエット(インプレス)』、『iPhoneダイエット(サンマーク)』著者)

○いま勝間塾生でない方 (勝間塾への加入が前提となります。ただ、勝間塾が気に入らない場合には、当月解約すれば、セミナー代金のみになります。勝間塾生の方は、下に申し込みが別にあります)
お申込み&開催の経緯
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=39065&m=161573&v=412961fe

○現在、勝間塾生の方
お申込み&開催の経緯
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=39066&m=161573&v=b37e8c06

---------------------------
「勝間塾」説明会のご案内(無料)
---------------------------

勝間塾に興味ある方に、無料説明会を月1回のペースで開催しています。
次回は1/30(水)です。申し込みURLはこちらです。夜19時半から、浜松町付近です。

ぜひ、いらしてください

http://krs.bz/katsumaweb/c?c=39067&m=161573&v=54632a91

---------------------------
「勝間塾」及び「サポートメール」のご案内
---------------------------

こちらのメルマガは無料ですが、さらに、みなさんのコミュニケーションと成長をサポートするための、定期・有料のプラットフォームを2種類、用意しています。

-サポートメールに入る(月額980円、当初1ヶ月は無料体験あり)
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=39068&m=161573&v=d9897c0b
毎日届くサポートメールのサービスです。1週間に1つのテーマを扱っています。これまでの数年分のバックナンバーも読めます。また、コミュニティでみなが集うことで、1人1人の成長をサポートし、ペースメーカーとなります。

-勝間塾に入る(月額4800円、含むサポートメールサービス)
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=39069&m=161573&v=3e94da9c
毎日届くサポートメールに加え、毎月ごとに決まる課題や課題図書と月例会で、みなさんの仕事のスキルアップ、起業や出版、やりたい気持ちの維持、コミュニティでの仲間作りをサポートします。

オフ会や合宿も盛んです。学びたい仲間に出会うことができます。セミナーも、私以外にもさまざまな講師をお招きしています。

特に、ストレングスファインダーで「最上志向」「学習欲」「内省」「収集」などが多い方が多数集まっています。

ドリームキラーのない環境で、一緒に支え合って、成長していきましょう。

---------------------------------------------------
勝間和代オフィシャルメールマガジン
---------------------------------------------------

このメールは転載歓迎です。ただし、下記のメールマガジンが出所である旨、必ず、URLを明記してください。
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=39070&m=161573&v=e22c4af6

よかったら、感想をTwitterで #katsuma タグで教えてください。必ず見ています。
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=39071&m=161573&v=0531ec61

感想、要望はこちらへもどうぞ
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=39072&m=161573&v=f7660199

プライバシーポリシー
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=39073&m=161573&v=107ba70e

配信先変更
https://krs.bz/katsumaweb/m?f=22&m=161573&t=83co&v=ad556e9e

配信解除
https://krs.bz/katsumaweb/m?f=23&m=161573&t=83co&v=259aab1c

バックナンバー
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=39074&m=161573&v=c8b8dc28

お問い合わせ先
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=39075&m=161573&v=2fa57abf
helpdesk@katsumaweb.com

ページの先頭へ

Windows8にして、メインのマシンがレッツノートからVAIOになりました。

で、そのときに、親指シフトのエミュレーターに使っている、親指ひゅんQと、Windows8のネイティブ系のソフトの相性が悪かったので、親指ひゅんをやまぶきRに変えました。

そして、VAIOのキーボードで使っているときにはそれで問題ないのですが、家や仕事場で、外部キーボードHHKBをつないで入力すると、入力スピードが上がるため、どうも、私の打鍵スピードにやまぶきRがついてこられないようなのです。

なので、動作がもたもた、もたもたするので、あきらめて、エミュレーターを親指ひゅんQに戻しました。そうしたら、やはりぱーーーっと軽くなりました。

なんせ、毎日、毎日、書きますから、少しでもストレスがあると難しいんです。しかし、親指ひゅんQはもうサポート停止だし、今後、ますます対応が難しくなっていくかも。

うーーーん、これは40の手習いで、自分でもう一度プログラムを学び直した方がいいのかなぁ。プログラムを自分で組んでいたのは20年前までですから(^_^;)。

とにもかくにも、それでも親指シフトを続けて使いたいんです。がんばります!!

ページの先頭へ

ちょうど、1/15に私が出たクイズ番組が2つ、連続して放映されました。

片方はリンカーンで、

「しから始まる名作映画」

みたいな問題が出て、それに対して6名の解答者がそれぞれ、自分の答えを書いて、その6人が答えを見せ合って、どれを正解するか決める

「話し合い」

形式。

もうひとつは、ソモサン・セッパというフジ系の新番組で、論理クイズを中心に出る問題です。

「日々、新しくなるという企業理念を現すため、脱皮という言葉を意味にいれた企業名を当てなさい」

みたいなもの。これは、一人で答えます。

で、私、リンカーン、予選落ちで、ソモサン・セッパは昨年の通常大会で優勝、今回の、優勝者だけを集めたチャンピオン大会の予選でも優勝でした。成績が違いすぎる。

これって、おもしろいと思いませんか? なぜなのか、つらつら考えました。

そしてわかったのが、

「そうかーーーー、私、人と価値観やものの見方の枠組みが、えらーーーく違うんだ」

といういまさらながらの結論です。

リンカーンは、「他の人が納得する答え」を言わないといけない。だから、外しまくる。

ソモサン・セッパは、「他の人が常識にはまってしまうと答えられない問題」を制限時間内に答える問題。だから、ほとんど答えられます。

ちょうど、ストレングス・ファインダーでも、上位の資質が

・学習欲
・着想

で、下位の資質が

・共感性
・公平性

などですから、まぁ、当然と言えば、当然です。

なので、いまさらながら、「できないことはやめよう」と決意した2つの番組でした。

再来週、ソモサン・セッパのチャンピオン大会のさらに決勝戦がありますので、ぜひ、ご覧ください。

金曜深夜です。

ページの先頭へ

私は結構運動好きですが、その割にいまいち、締まっていない体型をしていて

「どうしてあれだけ自転車乗って、スカッシュやって、あの太さなんだ?」

と???マークを周りに振りまいていました。

その理由の1つはおいしいものに目がないせいなのですが、周囲におなじくたくさん食べても太っていない人たちはいくらでもいます。

そしてやっとやっと、だんだんわかってきたのが

「体幹」

を鍛え

「丹田」

で呼吸することの大事さです。

実は友人の木村友泉さんが私に会う度に口を酸っぱくして、ここ9ヶ月説明し続けてくれていたのですが、あるいは親友の一人が10年以上、会う度に注意されていたのですが、なかなか「頭でわかっても行動が伴わない」状態でした。

そこで一念発起、関連の書籍を何冊も何冊も読んで、自分で実際にトレーニングをしてみたらおもしろいようにウェストや体脂肪が落ちてきて、ようやく

「あーーーー、そういう意味だったのか」

と少しずつ体感してきました。

>> 続きを読む...

ページの先頭へ

今朝は仕事でニッポン放送に来ていました。そのあと、原稿をディスカヴァーさんに渡すため待っていたのですが、時間になってもいらっしゃいません。

あれ、と思って留守電を確認したら、もう待機しているとのこと。でも、いないよぉ・・・。

そう、タイトルに書きましたが、場所が違ったのです。

夕べ、社長の干場さんと電話で打ち合わせをしていて

「朝一番は日比谷のニッポン放送にいますので、そのあとで渡しますので」

ということで、干場さんが

「わかりました、誰かに取りに行かせます。ヒビヤのニッポンホウソウですね」

ということになりました。

そして、仕事が終わって待ちあわせ場所に向かったら、D21の入社2年目の社員、Tさんの留守電が「シブヤのニホンホウソウ(=すなわちNHK)にいるのですが、勝間さんが見つかりません」と入っていました。

な、なるほどーーーー。ニッポン放送をニホンホウソウ(キョウカイ)と間違えたのか。そして、場所がヒビヤとシブヤ、ややこしい・・・。

というわけで、Tさんが渋谷から日比谷まで移動するのを待機中です。

教訓
「どんなに大丈夫だと思っても、地名と待ちあわせ場所、できれば時間は文書で確認すること」

---

さらに追伸

今回、そう思って確実に文書で送ろうと、Tさんに私が待っているプロントの住所と店名と電話番号を携帯にメールしましたが、それでもまた、すぐには会えませんでした。

私が待っていたのは
「プロント有楽町電気ビル店」

そして、Tさんが行ったのは
「プロント有楽町店」
だったのです。

駅を挟んで向かい、確かに駅前のプロントが2軒あるとは考えないですからね。

第2の教訓
「文書で確認しても、迷いそうな店や場所が何件もある場合は、さらに周辺情報の注意書きをいれること。できれば地図もつけよう!!」

そう、新しい場所に人を案内するときには最新の配慮が必要でした!! そして予定の時間から遅れること40分、無事、Tさんに会えました。いや、Tさん、焦ったことと思います、ごめんなさい。

「ズルい仕事術」の原稿、校了に間に合うようよみなさん、祈ってください!! 12/15発売です。

ページの先頭へ

こちらのアマゾンの議論の考察の続きです。

ネット上で「義憤」を表明するときに使う4つの手法をまとめてみました- 勝間和代公式ブログ: 私的なことがらを記録しよう!!

せっかくなので、詭弁のより詳しい専門家の本と私がまとめたものを比較してみました。

論理病をなおす!

論理病をなおす!
著者:香西秀信
価格:735円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

すると、私がまとめた以下の4つですが、

1. 自分の考えを、「一般の人」「知性のある人」「男性」など、他の大きなカテゴリーに置き換えて、その代表であるかのようにコメントする
2. 全ての行動の中から、1つでも多くのミス・まちがいを指摘して、その人の信用力全体を否定する
3. 自分たちでルールを作り、相手がそれに従ったかどうかで行動を評価する
4. 最終手段として、「(カルト的な)宗教」になぞられて、ファンについては教祖とそれに従う人、そしてだまされている、という文脈で話す

香西さんのまとめでは、以下の3つでも説明できそうです。そして、間違いなく私も(そしてほとんどの人が!!)そのような詭弁を多くの場所で犯しているということがよくわかります。

以下、上述の本から引用します。

詭弁その1 「性急な一般化」

性急な一般化とは、少数の、あるいは不適切な事例の観察から、それらの事例に見られる性格を、それらを含む母集団全体の性格と決めつけてしまう詭弁である

これは、私のまとめの1とほぼ同じです。

詭弁その2 「人に訴える議論」

人に訴える議論とは、ある人物の議論に対して、その議論の妥当性を問うのではなく、その人物の人格、発言の動機、実際の行動や過去の発言との整合性を問題にすることで、その議論そのものを否定しようとする詭弁である

これは、私のまとめの2とほぼ同じです。あとは、4もこれの変形だと考えます。

詭弁その3 「藁人形攻撃」

藁人形攻撃とは、相手の主張を、こちらが反論しやすいように(故意に)歪めて表現する詭弁である。

これは、私がまとめた3に近いのですが、より広範に使われていると考えます。互いに相手の内容を言い直して、言葉の言い直し、歪曲化、文脈との切り離し、単純化、誇張、拡大、一般化などを行うことです。

☆ ☆ ☆

これらの詭弁を学ぶ効用を、香西さんは相手の議論の中に潜む詭弁を指摘し考えることができるし、自分自身の意見が詭弁でないか、自己チェックをすることができる、そして、さらに、人間そのものがもつ非合理な思考の癖を考えることができる、としています。

いずれにしても、詭弁討論には、それを明確に指摘するか、あるいはスルー、というのが正しいネット上の議論の手法なのかもしれません。

このテーマは引き続き、検討していきたいと思います。

ページの先頭へ

先日のアンチの方々は「義憤」というキーワードから相手を攻撃する、いや、情報開示をする、というエントリーを書きました。

「まじめの罠」でまじめにアンチの方たちと会話をして、そのモチベーションは「義憤」だということがわかりました。- 勝間和代公式ブログ: 私的なことがらを記録しよう!!

その後もまだ、amazonでのやり取りは続いています。
Amazon.co.jp:クチコミ:一般の読者はどう思うのか

これまでの考察を一歩進め、「義憤」をどのように表現するのか、代表的な具体的な4つの手法をまとめてみました。

1. 自分の考えを、「一般の人」「知性のある人」「男性」など、他の大きなカテゴリーに置き換えて、その代表であるかのようにコメントする

ポイントは、自分はこう思った、で終わるのではなく、自分かそう思ったのだから、みなもそう思っている、と切り替えるところです。あるいは、自分の感じ方は、多数の人にそうである、という類推を表明します。

例:
あなたは本当に共感力や社会的常識のない方なのですね。「有名人」となった今ではそれで許されるのでしょうが、有名人になる前の時代はさぞかし周囲の人から顰蹙を買っていたことでしょう。

2. 全ての行動の中から、1つでも多くのミス・まちがいを指摘して、その人の信用力全体を否定する

このようなミスを行う人間なのだから、全てにおいて信用力がないだろう、と断定します。その時のポイントは、ひたすらネガティブなことだけをクローズアップすることです。

例: 著者の日本語の”乱れ”(例:福島原発被災者への”黙祷”、母親の年齢80歳を”喜寿”。その他枚挙に暇がありません。)。そして、決定的なのは文筆業としての文章力が絶無なこと、専門性はもちろん一般常識が皆無なことでしょうか。

>> 続きを読む...

ページの先頭へ

まじめの罠のクチコミにおけるディスカッション、まだ続いています。

Amazon.co.jp:クチコミ:一般の読者はどう思うのか

もともとの論点は、一部の方がここ2年、私の本を読まないと断言しながら、下記のようなタグをつけたり、

まじめの罠 (光文社新書) 表示順 勝間和代
××のタグ: 責任取ったら負けだと思っている, 炎上マーケティング, 売ることが大事, 一度だって責任は取りません, 金になれば何でも利用します, 電事連提供番組のパーソナリティをした人, 中部電力からお金を貰った人, 表紙の写真を修整した人

勝間和代責任編集 すごい女子会 (#デキビジBOOKS) 表示順 勝間 和代
今週つけられたタグ
××のタグ: 中電に金貰いました, 金に物言わせて名人気取り, 震災直後にtwitterで国際救助隊ごっこ, 金になれば何でも利用します, 責任取ったら負けだと思っている, 一度だって責任は取りません, 鼻の穴に入るスカッシュのボールの直径は4cm, 電事連から

あるいはネガティブなレビューにはその通りとつけ、

5つ星のうち 1.0 重症化 , 2011/10/24
△△さんのコメント:
貴殿のご意見に全面的に賛同します。

ポジティブなレビューには、お金もらっているの、ということをつけている

5つ星のうち 1.0 「まじめの罠」の存在を気づかせてくれた, 2011/10/19
□□さんのコメント:
まさにその通りですね。
札びらで頬をひっぱたかれたのでしょうか??

とつけることについて、なぜ、という思いから話しかけ、Ustreamでの公開討論を申し込み、そしてそれも断られたので、非公開、かつ、日本全国、どの時間でも先方の都合のいいところに出向く、といい、それも断られました。

>> 続きを読む...

ページの先頭へ

相変わらず、こちらの電子書籍端末を使っています。
Raboo(楽天の電子書籍ストアと端末)始まりました。端末も、電子書籍も、事前に想像していたよりいい感じです- 勝間和代公式ブログ: 私的なことがらを記録しよう!!

ここ数日、自炊を試していました。PDF Readerがついているので、一応PDFは読めますが、本棚には並びません。なので、ソニーの端末の方が便利そうなのですが、個人的にはこっちのPanaのほうがそれでも使い勝手がよかったです。

理由は簡単で、なんといっても
「反応速度が速い」
ことです。

電源のon/offとか、その本を読みたいときにタップをしたときにどのくらいのスピートで立ち上がるかとかが、ソニーの端末だけ使っているときには気がつかなかったのですが、それなりにちょっとタイムラグがあります。

それに対し、Panaのこの端末だと、さくっと立ち上がります。これは結構違う。

ただし、電池は保たないので、毎日充電が必要です。毎日充電が必要でも、それでも、やはりCPUは賢い方がいいです。

あと
「丈夫」
というのも必要です。

ソニーの端末はカバンの中に生で突っ込んでおいたら、けっこう傷だらけになって、1台は一度、液晶交換になってしまいました。なので今はケースに入れているので、いちいち出すのがちょっと面倒です。

ところが、今回の端末はiPhoneやiPad並みにはじょうぶなので、そのままカバンに突っ込んでいます。

>> 続きを読む...

ページの先頭へ

3月に普通二輪免許、5月に大型二輪免許を取得し、そしてさっそく、6月に自損事故で右手首を骨折して以来、反省して、せっせとライディングスクールに通っています。

よく、なぜそこまでがんばるんですかと聞かれますが、単純に「新しいことを知ること、学ぶことが好き」というそこに尽きると思います。

私がよく、さまざまな著書やセミナーでお薦めしている、自己分析のすばらしいツール「ストレングス・ファインダー」によりますと、私の強みは

1位 学習欲
2位 着想
3位 最上志向
4位 活発性
5位 目標志向

だそうです。すなわち、役にたっても、たたなくても、とにかく、新しいことを学ぶのが好き、知ることが好き、そして、その中で、新しいフレームワーク(=着想)を見つけられれば、もっと最高、ということなんです。

さらに、この手の強みがある人の中ではめずらしく「活発性」があるので、とりあえず、迷ったら行動してみる、ということがあるのだと思います。

よく、なぜそこまで、と聞かれるのですが、本当に単に「好きだから」「勉強したいから」それだけなんです。

このストレングス・ファインダー、自分がなぜそれが好きなのか、とても分かりやすく説明してくれますので、お薦めです。下記のいずれかの本を新品で買うとコードが着いてきますので、よかったら、ぜひやってみてください。

>> 続きを読む...

ページの先頭へ

私は、パソコンは親指シフト、携帯はT9入力です。

理由は単純で、一番早いし、ストレスが小さいから。特に、親指シフトは「しゃべるように入力できる」といわれている方式で、ローマ字入力の約6割で入力が可能です。

親指シフトにしても、T9にしても、問題は、その入力方式が複雑すぎて、メジャーにならないことです。そのため、パソコンも、携帯も、選択肢が狭まる中で探すことになります。

親指シフトの場合、無変換と変換キーの位置が鍵になります。これが、なるべく近づいていて、スペースが小さい方がいい。その視点から、レッツノートやHHKBは最適です。

T9入力は、もうNEC系の携帯しか残っておらず、NECはドコモにしか供給していないので、NEC+ドコモ縛り、という縛りに囚われることになります。N706iくらいからずっと、Nだけを乗り継いでいます。いまの携帯はN-05C。

これは自分が選んだ茨の道なんだから、仕方ないと言えば仕方ないのですが、たまに自分のこの妙なこだわりが恨めしくなることもあります。

しかし、優先順位をつけないと、全てを得ることはできない。きっと私はおばあちゃんになっても、親指シフトやT9にこだわっていると思います。

メーカーや開発者のみなさま、ぜひ、どちらもなくさないでくださいね!!

ページの先頭へ

短期間に骨折したり、携帯水没させたり、いろいろしていますが、なぜミスが多いかというと、要は、いろいろなことにチャレンジしているからのようです。

以下、親友の広瀬香美さんのコメント。

Twitter / @kohmi: 私がみている限り、和代さんの運の引き寄せ方素晴らしい ...
私がみている限り、和代さんの運の引き寄せ方素晴らしいのは、圧倒的なる打席数の多さ。あんだけ挑戦していたら、そりゃ、当たるでしょ。三振って、あんまり他者にはバレないしね。とにかく、激しくRPGしてる人。

確かに、いつでも、どこでも、なんでもチャレンジしています。同じこと、繰り返すの、苦手なんです。

だから、失敗も山のように積み重ねています。

そして、その失敗から学ぶのが大好きなんです。いまもこのキーボードを打っていると、右手首がしくしく痛みますが、それだからこそ、次を何しよう、とチャレンジ精神がわきます。

ぜひ、しょーーもないなぁ、と思いつつ、見守ってください。

ページの先頭へ

ずっと調整中の、レッツノートW8の画面乱れ解決問題。

ノートクーラー導入、ファン交換、システムを少し前のものに戻す、ドライバを最新版にする、グラフィックアダプターを買える、給電式のUSBにする、などしても、なかなか解決しませんでした。

そして、だんだんわかってきたのは、少し古いシステムの時にはかなり重いエアロテーマでも動いていたのが、Windows7を最新版にしたら、画面乱れがふたたび生じ始めた、ということです。

もともと、W8はVISTA時代のマシンで、2年ちょっと前の型番ですから、やはり、だんだんと非力になってきた、と考えるのが自然かと思いました。

そこで、画面表示のパフォーマンスを詳細設定して、余計なアニメーションや透明化を除きつつも、せっかくの綺麗なWindowsエアロの状況を残す、というギリギリのチューニングをしてみたら、なかなか美しく終結しました。

パフォーマンスとデザインのバランスは本当に難しいですが、こちらにすてきなテーマがたくさんあることもわかり、ちょっとずつ交換しながら、楽しもうと思います。

Windows 7 のテーマ - Microsoft Windows

楽しいです!!

ページの先頭へ

右手首が固定されていて使えないと不自由なことを、忘れないうちに書き記しておきます。正確に言うと、手首の回旋ができない他の動作は、だいたいできます。

不自由なこと
・洋服を着るのが難しい
・化粧はほぼできない
・食事は、右手で箸を使って、口を近づけるか、あるいは左手で使うしかない
・乗り物系が乗れない(自転車、バイク、自動車)
・髪の毛が上手に乾かせない、しばれない
・料理、洗濯は片手だとなかなか厳しい

意外と大丈夫だったこと
・マウスは左手で何とかなる
・キーボードは短時間なら、キーボードを斜めにすれば打てる
・カメラも意外と大丈夫

そしていま、たくさんしていること
・読書、読書、読書

紙の本は支障なく持てるし、読めるので、ありがたいです。

ページの先頭へ

今回の事故を受けて、積ん読だったこの本を読んで見ました。

なるほど、目から鱗。要は私達は「許容リスク水準」を

・リスクを取ることによるメリットとデメリット
・リスクを取らないことによるメリットとデメリット

の4つを常に計算しながら、許容リスク水準にあわせて行動しているということでした。

なので、衝撃的なのは例えばタクシーにABSをつけても事故率は下がらないとか、飲酒運転の取り締まりを強化すると、飲酒運転でない事故が上がってトータルでは事故が減らない、などです。

日本で交通事故が減っているのは、技術よりは厳罰化の効果が大きく、ただし、1人当たりの走行距離×走行あたりの事故率における事故の総数はさほど下がっていない、という分析もあります。

今回、私はけがでリスクをとることによるデメリットを体感したわけですが、許容リスク水準を見直さないと、ABSをつけても事故率は下がらないという教訓になりました。

興味ある方、ぜひ、ご一読を。

ページの先頭へ

昨夜8時頃、大型バイクに乗って帰宅中、あと自宅まで信号1つのところまできました。

そうしたら、ふと気づくと、目の前に至近距離にワゴン車がいました。そこから先は記憶がなく、気がついたら路上で右倒れになり、バイクは5メートル先くらいに吹っ飛んでいました。

恐らく、私は幹線道路だったので時速60キロくらい、そこに車線変更か、横道かわかりませんが、車が出てきたのだと思います。そして、急ブレーキをかけて、タイヤがロックして吹っ飛んだ、と言うことでしょう。単独事故です。

その時は不思議なことに、手足の擦過傷の痛み以外は感じず、周りの人にバイクを起こしてもらうのを助けてもらいながら、再びバイクに乗って家に戻りました。スクーターのおじさんが私がちゃんと発進するまで、側に付いていてくれました。

家に帰って、娘に事故ったという話をしたら、私の血だらけの様子と、あと、家について気づいたのですが、尋常じゃない痛みが右手首にあり、ほとんど意識を失いそうなくらい痛かったので、長女(21歳)がとにかく、病院に行くように勧めてくれて、タクシーを拾って自宅の前まで呼んできてくれました。なんでも、事故直後は興奮状態で痛みを感じないのですが、実は大けがをしているケースは多いそうです(これは中学生の三女の知識)。

そして、娘たちに連れられて、近所の1番大きな救急病院にいったところ、当直にけがを診る医者がいないのでと断られたのですが、近くの大きな病院のリストをわたしてくれたので、そこから順番に何軒も電話を長女がタクシーの中からかけてくれて、ようやく救急で診察してくれる病院をみつけました。

レントゲンを何枚か撮って、右手首、尺骨の先端がやはり骨折しているとのこと。あと、軟骨や靱帯もそれなりにやられているみたいです。

というわけで、手を固定されて、帰宅しました。今日また、専門医がくわしく診察してくれるそうです。
R0010012.JPG

>> 続きを読む...

ページの先頭へ

今年の頭から始まった、私のバイク狂想曲、今はここまで情報収集進みました。

1. 初めは、電動が乗りたいという理由から、電動原付スタート生活(1月)

2. もっと早い電動バイクないかとTwitterでつぶやいて、電動スクーターVX-1を紹介され、ついでに普通二輪教習(この時点ではATのつもり)も決意(2月)

3. 普通二輪免許取得。ATにしようと思ったのに、なぜか教習所に勧められてMT免許に。(3月)

4. VX-1試乗。購入検討したものの、230キロの重さと、航続距離70キロに購入は見送り。(4月)

5. VX-1の代わりに、せっかく覚えたMT操作を忘れないよう、Ninja250Rを購入(4月)

6. Ninja250Rの半クラッチ操作に慣れない中、まだ二輪操作に不安があるので、大型二輪教習受講を決意(4月)

7. 大型のスクーターはVX-1と同じく、大きさと重さがあり興味が薄かったのですが、DN-01やVFR1200Fのような、スポーツタイプのオートマの大型に強い興味を持ち始める(4月)

8. 大型二輪免許取得、4月、5月中は二輪練習のために毎日Ninja250Rに乗っていたところ、とうとう、長距離ツーリングの翌日に、これまでのつかれが貯まったのか、左手にバネ指発症(5月)

9. VFR1200FのDCT車をほとんど購入寸前まで考えたが、私の体格では300キロ近いバイクは無理と気づき、ネットを検索しまくったところ、アプリリアのMANA850を発見。ちなみに、VFRはまだ未練があり、1日だけレンタルで借りました(5月)

10. Ninja250Rを買ったお店にMANAの取り寄せを依頼したら、すでにメーカー在庫なく、流通在庫のみで取り寄せ不可といわれ、これもがっかりとtwitterで報告したら、フォロワーの方が、流通在庫を探して、お店を紹介してくれ、無事契約(6月)

11. MANA850で順調に都内や、ツーリングをこなすも、私の会社の側に借りている駐輪場には、MANA850は大きすぎて、区画からはみ出そうになるほか、何回も切り返さないと入庫・出庫ができないことが判明(6月)

12. しかたないので、小ぶりのスクーターを買おうかと検討したところ、私の希望するサイズ(長さ2000mm未満)では日本車は原付二種しかほとんどないことが判明。一応試乗したところ、やはり、ピンとこなくて見送り(6月)

13. 同じく、小ぶりのスクーターで電動のものを買おうかと、ウェブで検索しまくって、そこそこいいものを見つけて、何台か試乗したりしたものの、やはり、値段が高価なこと、ベンチャーが多くて耐久性やサポート体制がまだ十分ではないこと、そして、欲しかった1台のデザインが、facebookのコメントの指摘で、とあるメーカー品の許可なしコピーであることが判明し、電動計画は断念(6月)

14. ところが、13のことがセレンディピティーで、そのデザインの元となったスクーターをfacebookで教えてもらったので、そのバイクを検索してみたところ、なんと、私が望んでいた
・原付二種の大きさで、かつ、250cc
のバイクであることが分かり、そうか、海外メーカーならあるのだと理解(6月)

15. 候補の小サイズだけれども200~250ccあるスクーターを3台まで絞り、電話で海外スクーター輸入専門店に問い合わせてみたところ、とある1台を除いて、すべて足つきが厳しいことが判明。みな800mmをこえるシート高。アンコ抜きで20mm下がる程度ということ(6月)

16. 上記のうち、1モデルだけ、シート高が775mmの250ccスクーターをようやく発見し、現車がある販売店をネットで検索、明日の日曜日、現車を見に行こうと思います

この半年間で、おかげさまで知識0だったバイクについて、国内メーカー、国内メーカー、排気量、電動バイクの動向、免許制度などなど、さまざまな知識を得ることができました。しかも、要所要所でのtwitter/facebookでのフォロワーのみなさんのアドバイスや、販売店の電話でのアドバイスが最高に効きました。

とにかく、私は日常の移動距離が半端でないので、これまで自転車、車、公共交通という選択に加えて、小回りが利く上に、長距離移動できるバイクが追加されたのは、たいへんありがたい思います。

先日、MANA850で名古屋まで日帰りしてきましたが、ぐるぐると、ぐるぐると、いろいろなものを見て、聞いて、考えて、このプロセスが大好きです。

ページの先頭へ

無事、家にMANA850がやってきました。

純正だと800mmのシート高、足がほとんどつかなかったものを、778mmまでローダウンしてもらって、両足だとちょん・ちょん・状態。片足だと、片方をステップにしっかり乗せればなんとか大丈夫、という感じです。

そして私の身長は157.5センチ、意識して止まるときには問題がないのですが、ぐらっと来たときにさっと止まろうとすると、たまにぐらっときます。

それでも、790mmのシート高+カウルがあったVFR1200Fよりは、778mm+ネイキッドのMANAのほうがずっと安定します。Ninjaはそのままでは775mmですが、20mmほど下げてもらっていて、755mmだと、私の身長でも、そこそこ安定しています。

ほんと、あと足が1センチでも長かったら、といつも信号の度に思ってしまいます。それでも、ないものはしかたない。せっせと運転して、慣れることにします。

あれほど高いと思っていた755mmのNinjaだって、いまでは775mmのままでもよかったかも、と思うようになったくらいですから。

ページの先頭へ

IMG_0588

今日は午後にオフを取り、南房総のサンセットブリーズに行ってきました。

お目当ては、スカッシュの日本女子チャンピオンの小林海咲さんからコーチを受けること。サンセット・ブリーズのオーナーで元日本代表の丹埜倫さんも参加してくださって、お二人に、2時間みっちり指導をしてもらいました。

そして、このコーチング、ほんとうに、目からウロコの連続。以前の日本男子チャンピオンの福井さんの時もそうでしたが、アドバイスの中で、

「ラケットを上げておくのをわすれない」
「ストレートは身体の横で打つように」

などの動作に関する具体的なアドバイスは他の人とかわらないのですが、なんといっても、そのあとで、「なぜそのことが効果があるのか」について、論理的に的確に、説明してくれるのです。

これだけスカッシュをやっていて、私は今日まで、スカッシュの一連の振り上げて、振り下ろす動きが

「円運動」あるいは「振り子運動」

であり、その遠心力を使って遠くに力をいれずにリラックスをして振り切って飛ばす競技だということ、理解していませんでした。その説明を受けた途端、どこに腕をもっていって、どのように振り下ろせばいいのか、イメージが上手につかめるのです。

このことを説明を受けて、もともと比較的動きが好かったフォアは動かし方が自然になりましたし、フォアに比べて不得手なバックも、少しずつ、手打ちではなく、円運動で打ち返せるようになりました。

あまりにも感動したので、お願いして、毎週1回、南房総に通ってしばらく定期的に教えてもらうことにしました。高速道路を使えば片道1時間強、十分に行き来できる時間です。

その道に熟達したプロのアドバイスは、その本質をしっかりとついた説明となり、すばらしく、心から、感動しました。きっと、これから、南房総に行くたびに、またいろいろなことを発見することでしょう。

うれしい日々が続きそうです。

丹埜倫 (rontanno) さんのtwitter
小林海咲 (misaki_xx) さんのtwitter

ページの先頭へ

バネ指の発症- 勝間和代公式ブログ: 私的なことがらを記録しよう!!

こちらで書いたバネ指、TwitterでもFacebookでも反響大きかったです。自分自身、あるいは身近な人が発症している人が多かったほか、自分の症状が「バネ指」なんだとわかった方まででした。ほんと、現代病ですね。

今日は時間に余裕があったので、整形外科に行ってきました。まず、ググって一番近所の整形外科へ自転車で。そうしたら、何回探しても建物がなく、隣の自転車やさんに聞いたら、「もうなくなりました」だそうです。ショック。

自転車やさんのおじさんは、このへん、整形外科クリニックはほとんどないので、2つ信号先の大きな総合病院なら整形外科あるから、行ったら、とアドバイスしてくれたのですが、とりあず、総合病院は待ち時間が長くたいへんなので、見送り。

もう一度家に戻って、ググり直して、隣町に評判がよい整形外科を発見。気を取り直して、自転車で向かって無事到着、受付をしようとしたら、なんと、2時間待ちの上に、今日は先生が都合で早く退出するので、新規の受付は行っていないとのことでした。

うーーーん、なかなか整形外科にいけない。とりあえず、アレルギーの耳鼻科受診を優先して、終わったらもうお昼過ぎ。再びググって、お昼休みが遅いか、ない整形外科を探したら、新しいよさげなところがみつかったので、さらにまた自転車に乗って、今度は2つ隣町までえっちらおっちら、坂を上っていきました。

そして、ようやくその新しい整形外科で無事、診療終了。「痛いの我慢できるのなら、注射が一番ききますが、どうしますか?」と聞かれて、とりありず、我慢して注射を2箇所、打ちました。確かに、痛かった。なんでも、手は敏感なので、注射すると痛いそうです。

>> 続きを読む...

ページの先頭へ

以前、二輪と四輪の違いについて、視界の広さの違いをブログに書きました。
ここ最近、二輪ばかり乗っていて、久しぶりに四輪に乗ったらびっくりしたことが・・・- 勝間和代公式ブログ: 私的なことがらを記録しよう!!

今日は一日雨だったので、ふだんは原付やNinjaで通っている教習所まで乗用車で往復してきました。

するとやはり、さまざまなおもしろい気づきが。以下、忘れないうちに書いておきます。

その1 四輪の方が、(私にとっては)道がわかりにくい

二輪だと、交差点名や建物の雰囲気がすぐにわかるので、ナビをつけていなくてもあまり道に迷いませんが、四輪だと視界が限られるため、意外と案内板を見逃したり、間違った交差点を曲がりそうになりました。

その2 四輪の方が、駐車場への駐車が大変

二輪で駐車をするときには、だいたい手で押しているし、あまり入れ替えることはありません。よく見えるし、スペースもたくさんあるので、切り返しせずともさくっと入ります。

ところが、今日、教習所の乗用車用の駐車場がかなり狭くて、前後左右、何度も切り返しながら、なんとかスペースに収めました。右も左も後ろも、もうすぐぶつかるかも、という「ピーピーピー」というアラーム音を鳴らすので、もう、ドキドキでした。もう一度は正直、やりたくないです。

その3 ウィンカーを戻さなくていいのは四輪の方が便利

二輪はなぜか、左右のウィンカーを手でキャンセルします。四輪は、自動で消えます。あと、二輪は左でウィンカーを操作しますが、四輪は国産車なので右側です。そして今日も、朝一番、左に曲がろうとしてウィンカーを出そうとしたら、うっかり左手を操作して、元気にワイパーが回りました。うーーーん、やはり混乱します。

その4 渋滞疲れは、圧倒的に四輪の方が楽

なんせ、四輪は自立しますから、渋滞があっても、アクセルとブレーキを交互に踏むだけ。ところが、二輪は年中足を着かなければいけないし、クラッチ操作は頻繁に出てくるし、イメージでいうと、四輪なら4キロくらいの渋滞は何ともありませんが、二輪だと1キロなくても、疲れたーーーー、という感じです。だからみんな、すり抜けとかしたくなるのでしょうね。


そうはいっても、やはり悪天候の時は二輪は滑って危険。なるべく、安全を心がけて、交通手段を選びたいと思います。

ページの先頭へ

今日は、うちから6キロ弱のスポクラまで、ぶじ、白Ninjaで往復してきました。

行き帰りの道のりはなんともなかったのですが、問題は、車庫入れでした。なんと、車庫入れで2回も倒してしまいました。

1回目は、まず、うちの車庫だと、

・一度止めて、リモコンでシャッターを開ける
・坂道発進をして
・すぐに右折する

ということが必要なのですが、この、坂道発進→すぐ右折

というのが、あまりにも初心者にはハードルが高かった!! スピードが出ないうちに右折する羽目になり、最初はおっとっと、で足で押さえ、気を取り直してやり直したら、次は案の定、右側に転倒。しくしく。これが1回目の転倒です。

右ウィンカーのカバーがふっとび、フットブレーキがちょっと曲がりました(これは後で、どちらも自力で直しました)。

そこで考え直して、

「わかった。私の腕では、この距離で坂道発進右折は無理」

ということで、手で押して右折して、車庫の前にまっすぐにしてから発進。ようやく、駐車場に入れました。

そして、駐車場に入れようとしたときに、もともと、自分が借りている車用の駐車場に入れているのですが、たまたま割りあてられたところが、駐車場所の手前がちょっと坂になっているのです。

そこに、バックでいれようとしたら、そのまま、その斜めに耐えきれず、今度は左側にバイクを倒しました。これが2回目の転倒です。そして再び、ギアをシフトするペダルが曲がってしまい、これも、後でメガネレンチで引っ張って直しました。

まぁ、それでも今日は、一人で転倒したバイクを持ち上げられるようになったので、ちょっとだけ進歩です。

ちょっとずつ、進歩していきたいと思います。それまで、Ninjaくん、がんばってね!!

ちなみに、公道はエンストゼロ、あおられたのもゼロ、ちゃんと進歩しています。

ページの先頭へ

計画停電の東京を、午後5時から10時半くらいまで、外出しました。私の歩いた、出かけた範囲だけかもしれませんが、とにかく

節電の心が思った以上に浸透している

ということでした。

まず、表に出て、すぐに気づくのが、全体的に街がいつもより暗いことです。その理由は以下の通りでした。

・街灯が光量を落としていたり、ついていないものがある
・看板系がみんな消灯している
・お店が半分くらいしかやっていない
・コンビニの看板がほとんど消灯している
・家の明かりも半分くらいしかついていない

そして、地下鉄に入ると、やはり、少し薄暗く、ダイヤは「休日ダイヤ」運行になっていました。薄暗いのは、広告の看板と駅名看板がすべて消灯し、駅構内の自販機も休止していたためです。

電車はもちろん、いつもよりかなり混んでいました。人が一番移動する午後5時台、6時台、7時台に土日と同じ本数だったら、それはキャパシティが足りるはずありません。しかも、人が動くその時間帯が一番、電力も逼迫する、難しいです。とりあえず、私が乗った地下鉄は、それでもすし詰めではありませんでした。

>> 続きを読む...

ページの先頭へ

3/14の計画停電が、ほとんどなかったことについて、振り回されたという意見が多かったようです。

東電が発表した資料をみますと、想定需要を節電したとしてもこれくらい、と思っていたのが、それよりもかなり小さく、計画停電を少しですんだ、というのが状況のようです。

東電発表資料
Ws000017

私も、もともと自転車乗りなので、地震後も自転車で動いていますが、イメージで言いますと、自転車人口が急に2-3倍に増えたイメージです。交差点で、いつも一人か、せいぜい二人で信号待ちをしていたのが、いまは4-5人のことも少なくありません。

また、通りがかりのさまざまなお店、光を落としたり、休業していたりしました。ローソンは看板などをどのお店も消灯していて、好感が持てました。他のチェーン店では、落としていないところも多く感じました。

うちでも、家族で一部屋に集まるようにして、電気も最小限、他の電源もすべて落として、暖房も消して、という生活ですから、だいたいいつもの半分以下ではないかと思います。すべての家庭がそれくらいにしたら、きっと、家庭用もかなり下がっていることでしょう。

結局、省エネ、省エネといわれながら、私たちのやり方も、まだまだ甘かったのかもしれません。自分自身としても、反省をしています。

スリープモードとはいえ、多くの機器をつけっぱなしにしていました。いま、自分の仕事部屋に入ると、しーーーんとしていて、驚きます。

家の電球をLEDにしようかどうか、ずっと躊躇していたのですが、少し落ち着きましたら、みんな、取り替えようと思います。電気代の問題ではなく、エネルギーに対する配慮の問題ですね。

電気代を、今は1段、2段、3段料金になっていますが、いっそのこと、一家庭あたりの電力最大消費量とか、企業あたりの最大消費量にリミッターをかけて、それ以上はものすごーーーーく高くしてしまう、というのもあり得るかもと思いました。

とにかく、私も電化製品に埋もれて暮らしているタイプですので、まめな電源オフ、強く、強く、習慣にしたいと思います。

参考記事
計画停電が出来るのは最高級の配電技術があるということ

ページの先頭へ

大地震が起きてから3日がたちました。その時からの、いろいろな学びをまとめておきます。

学び1-情報が入るまでは、事態の深刻さはまだわからない

ちょうど、発生の時には、三田の「女性と仕事の未来館」で、内閣府の仕事で、村木厚子さんのあいさつのあとに、基調講演する予定でした。

村木さんのあいさつの最後の方ではすでに軽く揺れ始めており、交代の時間になった私のタイミングでは、いくら係の人に促されても、これは講演どころではないと感じました。なぜなら、揺れ始めてから大きく揺れるまでの時間が長くて、大地震であることが容易に想像できたこと、さらにホールのシャンデリアとスポットライトがいまにも落ちそうなくらい、揺れていたからです。

そして、となりの参事官と二人で「危ないから、避難しましょう」ということになり、ホールの扉を開けて、「みなさん、逃げましょう」と、会場内のみなさんに、避難を促しました。

それから、イベントを続けるかどうかといううち合わせをしながら、あまりにも地方の状況がひどいこと、交通機関の麻痺も考えてイベントを中止、余震がおさまるのを待って、徒歩でそれぞれ、帰ることになりました。

この時点では、実は私、自分のネイルの予約や、夜に同窓会のうち合わせなどを入れていて、「出席しようかなぁ、どうしようかなぁ」なんて、のんきなことを考えていたくらいです。

しかし、情報が集まれば集まるほど、状況が悪いことがわかり、どちらもすぐにキャンセル、twitterなどを通じた情報収集を開始、また、「帰宅難民」の受け入れも始めました。

それでも、この時点ではまだ、「節電」の重要さについても漠然としかわかりませんでした。

>> 続きを読む...

ページの先頭へ

原発に関するQ&AまとめScience Media Centre of Japan | Science Media Centre of Japan

上記のサイトは、今回の原発事故に関して、東京大学理学系研究科の早野龍五教授(@hayano)が、一般の方から寄せられた質問に対する回答を、有志の方が読みやすく編集したものです。

情報が錯綜している中、数値に基づくまとめになっています。不安な方も、情報を求めている方も、ぜひ、ご一読ください。

-追記-
つながりにくいようなので、3/13 午前11時現在の画面のPDFを添付します。直接サイトが見えない方は、こちらをご覧ください。

「qascience_media_centre_of_japan___science_media_centre_of_japan.pdf」をダウンロード

ページの先頭へ

今回の福島第一原発の推移について、考えることを記します。

まずは、再臨界や放射能漏出の防止について、不眠不休、命がけのチャレンジをしているみなさまに、心からの尊敬と感謝を表したいと思います。直接メールなどで連絡をとる機会がありますが、どれだけ真摯に対応されているか、自分の命よりもみんなの命、という優先順位で対応されているか、驚くほどの真摯さです。

それでは、なぜ、それでも今のような事態になっているのか。私は、リスク管理について、「人は事前に想像できる範囲のリスクしか前提に置けないこと」が理由だと考えています。福島第一原発を建設する当時に想定しうる、ありとあらゆるリスクを想定して、それを防ぐための施策を二重、三重にもかけたにもかかわらず、破られました。

もちろん、そのことにとついて、リスク管理が悪い、と当事者を責めるのは簡単だと思います。あるいは、だから原子力発電はダメなのだ、ということも簡単でしょう。

しかし、なぜ、いま原子力発電が発電の中で使われているのか。それは、今の私たちの電力量をまかなうことと、CO2の排出を抑えること、安定的な電力を供給することなどのバランスから、リスクリターンとして、それ以上のプロファイルをもつ発電方法をいまのところ、対案として見つけられていないからです。

火力を増やすと、コストが上がり、CO2も増えます。水力はダムと自然破壊の問題、そしてコストパフォーマンスの問題があります。再生可能エネルギー、例えば太陽熱や地熱、風力発電ですと、発電効率や、コストと安定性に問題が出てしまいます。

だからといって、それでは、想定外のリスクについて、原子力のリスクの大きさが本当に許容範囲かどうか、それは人によって感受性が違いますので、許容すべきと言い切れないでしょう。しかし、だからといって、全否定をしても、何も進まないと思います。

多様な発電方法を使いながら、リスクを管理していく方法を学ぶ以外の方法はないと考えます。すべての発電方法について、ラーニングを続けながら、リスク・リターンのバランスをとっていくこと、いまのところ、これしか私には言えません。

今は電力不足ですから、家で家族でダウンやコートを着ながら、暮らしています。一人一人ができることをできるかぎりやっていくこと、それが、いままでさまざまなリスクに対して、死の危険を冒してまで、私たちにエネルギーを供給してくれたみなさんへの貢献だと考えます。

ページの先頭へ

今日ちょうど、Twitterで下記のような質問を受けました。

Twitter / @浅田魔王: @kazuyo_k 勝間さんのそのポジティブさとブな原動力はなんですか?

そこで、こう答えました。

Twitter / @勝間和代: いろいろ知りたい、試したいという好奇心です。 RT ...

すると、さらにこのような質問が出ました。

Twitter / @浅田魔王: @kazuyo_k 好奇心は有るが失敗を恐れて一歩が踏み出せずにいる。そんな方に勝間さんだったらどうアドバイスしますか?

なるほど、と思い、このように答えました。

Twitter / @勝間和代: 失敗も楽しいと思えば、だいじょうぶですよーー。失敗こそ、いろいろ学びがあります。

これは以前から思っていたことです。

結局、何らかの行動を取れば、必ず失敗の可能性がありますので、新しい行動を取れば取るほど、失敗の「回数」は増えていきます。

しかし、そこでいちいち落ち込むのではなく、失敗の状況こそ、最高の学びの場であるということを一度理解してしまうと、失敗するとかえって

「ラッキーーー」

とすら思えるようになるというのが、わたしの経験則です。

>> 続きを読む...

ページの先頭へ

エジプトの夜明け〜新たな一頁へ|フィフィ オフィシャルブログ「All about FIFI」by Ameba

エジプト出身のフィフィさんの今回のエジプトの革命に対するコメントです。当事者でしかわからない視点、情報が盛り込まれています。ぜひ、ご覧ください。

Twitterで茂木さんが紹介していて、気づきました。そして、私もTwitter、Facebookで紹介して、RTが広がっています。さまざまな情報は、どんなに統制をしても、こうやって流れて行くのだと言うことを、体感することができました。

エジプト、チェニジアを含めて、時代の流れに、動きに、そしてこれからやってくる様々な変化に、考えるほど、身震いがします。自分がそれに準備ができているのか、しっかり考えているのかを含めて、です。

ページの先頭へ

電動原付が来て、半日たちました。まだ10キロくらいしか乗っていませんが、ロードバイクに比べて、別の乗り物だなぁ、と思いました。電動アシスト自転車は、当たり前かもしれませんが、かなりロードバイクに近い乗り物で、電動アシスト自転車と電動原付もまったく違うものでした。

そう感じたのは以下の理由です。

・なんだかんだいって、原付なら、車の流れに乗れる。自転車はどうがんばっても、乗れない。なので、道の端を走ることになるけれども、原付は車の仲間。もっとも、幹線道路だとやはり時速30キロだとついていけないので、一番端を走ることになりますが、それでも、坂道でも時速が落ちないのはいいです。自転車はあっというまに時速10-20キロになってしまうので。

・自転車に比べると、取り回しがやはりめんどう。なんといっても、本体が重いし、回転半径も大きいので、乗る前とか、停めるときに、比べるとかなり大変。

・体力的には、まずいくらい、原付の方が楽。原付乗り慣れると、これ、間違いなく、体重増えるなぁ、と思いました。その代わり、片道5キロとか10キロとかは、自転車よりもかなりまた、ハードル下がりますね。

とりあえず、自賠責に加えて任意保険も入りました。自転車の保険も、自動車の保険も別途入っているので、交通系の保険、いちどちゃんと全部整理をしないとわけがわからなくなっています。

ただ、整理をする前に事故を起こしたら元も子もないので、割高だとはわかっていても、とりあえず、バイクの任意保険、さっさと別個に入りました。最近はオンライン+クレジットカードでさくさくと入れるので、便利でいいです。

原付が楽しいので、自動二輪の小型の免許を取る誘惑にかられています。今後、電動バイクももっともっと大型化していくでしょうから、その時にまた、考えてみます。

とにかく、事故を起こさないようにします。

ページの先頭へ

相変わらず、本の自炊に凝っています。

そして、本はだいたい白地に黒インクですが、その場合

・白黒2値
・グレイスケール

どちらにするか迷いますが、個人的な感覚からいうと

・グレイスケール

の方が自然に感じました。

というのは、インクがにじんだところ、紙からピタっとなくなるわけではなく、微妙に、なんとなく、なくなるので、そこが2値だと、ちょっとカクカクするんです。

そこがグレイになると、きれいにスキャン出来ます。

さらにおもしろいのが、慣れてくると、自炊本の方が、下手すると、文字きれいです。600dpiなのですが、電子書籍の画面のフォントよりも、たぶん、細かいのでしょう。

毎日いろいろと、新しい発見があります。

ページの先頭へ

ここ1週間くらい、家で暖房をつけない生活をしています。

具体的には、上着にダウンや毛皮を着て、起毛つきのスウェットみたいなのを履いて、足にははく湯たんぽをつけます。場合によっては、湯たんぽのざぶとんを置きますが、置かないときも多いです。

寝るときは、抱き枕の湯たんぽを抱いて寝ます。

やってみてわかったのですが、何がいいかというと

・家の中の移動
・外にちょっと出かける

ということについて、ほとんど躊躇がなくなる、ということです。

なんせ、今いる場所も場所が暖かいわけではないので、ちょっと本を取りに行こうとか、ちょっと台所にお茶を入れにいこう、というときにも、向こうが暖かくなくても、気にならないです。

先ほど、郵便物をポストに出しにいったのですが、ここでも、なんせ、家の中がたいして暖かくないので、外に行くのもまったく躊躇なく、上着をきることもなく(もともと着ているので)、出かけることができました。

この生活、けっこう楽しいです。暖房の消し忘れ、もなくなりましたし。

夏は同じように、冷房をつけない生活、というのを何らかの形で試してみようと思います。おもしろい。

ページの先頭へ

ちょうど、親友のらみさんが、こんなTweetをしていました。

Twitter / @鍼灸整骨Yo-jou(ようじょう): 世間的には誤解が多いですが、 @kazuyo_k と ...
「世間的には誤解が多いですが、 @kazuyo_k という人は、呆れるほど気合や努力をしない人です。相当、参考になると思いますよ。 RT @aisu_dog: 気合で動いてないで生きてる人からコツきいて、観察して真似しよう。」

はい、ぴんぽーーーん、です。もう、10年来のつきあいのらみさんは、よくご存じ!!

なんせ、地道な努力とか、まったく続きません。決めたことも、気合いがすぐ切れるので、だいたい3日坊主で終わります。うちの親友も、うちの家族も、会社の人たちも、すごーーーくよくわかっています。

なので、なるべーーーーく、努力をせずにできる方法を追求します。だから、食洗機も、ルンバも大好きです。電子書籍の自炊も、なるべく楽な方法、楽な方法を探します。困ったときには、とりあえず、検索して試行錯誤をして、それでもだめなら、さっさと専門家のところに持ち込んだり、相談して、解決します。

運動も続かないので、トレーナーに頼ります。自転車もすぐ根性が切れるので、電動とふつうの自転車を使い分けています。そういえば、ネイルも続いているのは、ネイリストさんにお任せだから、ですね。

ゴミも、曜日指定のところに住んでいたときは、どんどん貯まってしまうので、いまはゴミが365日捨てられるマンションにしています。

携帯の電池もすぐに切らしてしまうので、USB給電の電池をいくつも持ち歩いています。

Twitterも、ふつうの画面ではめんどうで続かないので、HootSuite+Fix HootSuiteに頼ります。

自分がどれだけ、怠惰で、「地道な努力」が苦手か、ということを前提に、行動しています。待ちあわせも、私が時間通りに行くと、驚かれますから・・・。それくらい、実は時間管理もさほど得意でないので、仕組み作りに熱心になっています。

一事が万事、そんな感じです。

ページの先頭へ

ソニーの電子書籍端末、6型をシルバーにしたので、5型を紺にしました。

で、持ち歩いていたら、なんと・・・

「紺は傷が目立つ!!」

でした。

もちろん、カバーをつけて持ち歩けばいいのですが、そうすると、手軽さ半減なので。

とりあえず、傷の部分は、青いマジックで塗って目立たなくしましたが、枠にちょっとした傷があって、それが銀色に光ると、意外と目立ちます。

持ち歩くのはちょっと大きめですが、シルバーの方にしようかと思います。こちらは、多少傷ついても、塗装がないので、目立ちません。

買わないとわからないことですねぇ・・・。というか、ふつうの人はもっとていねいに扱うのかな?

ページの先頭へ

先日、仕事ででかけたときに、待ちあわせ時間まで、たまたま20分くらい時間があって、なじみの街だったので、少しぶらぶらと散歩をすることにしました。

ほんとうはドラッグストアにいこうと思っていたのですが、その数軒手前で「質屋」さんを発見しました。そして、理由はまったくわからないのですが、なんとなーーーく、店に入っていくことに。

すると、そこには、すてきなルビーの指輪が。
P1020512.JPG

値段も、ものすごく安いわけではありませんが、なんとか、予算として月に管理しているお金の範囲で買える範囲のものでした。

そこで買うことにしましたが、そんなに宝飾品に詳しくない私でも、さすがに、その指輪の値段が、少なくとも新品に比べると、直感的に、かなり安いということはわかります。

「すみません、この指輪、新品の時はいくらくらいのものだったのでしょうか?」
とお店の方に尋ねたところ

「そうですね。ざっくりとですが、今の売値の5倍はくだらないと思いますよ」
といわれて「ひゃーーーー」と驚いた私です。

>> 続きを読む...

ページの先頭へ

まだまだせっせと、自炊をしています。

悩んでいたのが、解像度。400dpiなのか、600dpiなのか。この二つ、それなりに読み込みスピードも変わるし、ファイルサイズも変わります。

しかし、多少時間がかかりますが、600dpiで読み込ませてみると、やはり、400dpiに比べて、見やすいですし、目に優しいです。

将来的に端末の性能が上がる可能性が高いことを考えると、できるかぎり、600dpiでスキャンをしておこうかと思います。

課題は、私のノートのSSDの容量ですね。年末に256GBに上げましたが、すぐに足りなくなりそうです。だいじょうぶかなぁ。

もちろん、バックアップをとって退避させればいいのですが、書棚をパソコンの中に、というのもコンセプトのひとつなので!!

ページの先頭へ

自転車にナビMio C325をつけています。そのブラケットがRixenのカゴに当たってしまうので、本来の角度よりもずいぶん手前に傾いていて、見づらいナビになっていました。ここの上部の先っぽのところです。

そしていま、C325は2台持っているのですが、最近、1台調子が悪いので買い換えようと思ったら、新品はもう製造中止でした。そこで、ヤフオクで買おうと思ったら、C325の出店者がオークションの中で

>> 続きを読む...

ページの先頭へ

こちらは、私の電動でないロードバイク、マドン君です。
マドンのかごが評判いまいちなのでかごをとった写真。自慢の配色です。

新年にあきらめたことがひとつあります。それはなにかというと、電動のエアーコンプレッサーでタイヤの空気をいれることでした。

業務用でないので、小型だと、結局、電源を引いたり、空気を抜いたり、コンプレッサーの口をしっかり押さえる手間の方が大きくて、手で入れた方が早くて正確でした。なので、あきらめました。

そして、マドンくんとフロドくんの違いも、考えます。少しの坂くらいだったら、やはり、マドンで十分。かなりきつい坂で、マドンだと時速10キロ前半くらいに落ちてしまう坂で、はじめてフロド君が優位になります。

逆に、平地は圧倒的にマドンの勝ち。重さ8キロと15キロの自転車の差です。しかたない。ただ、マドンだと、汗ばむので、真冬はともかく、真夏なんか、電動いいかもしれません。

あとは、渋谷・赤坂・六本木周辺など、坂が多いところは、やはり、電動が優位です。

とにかく、電動にするかしないかも、使い分けですね。

ページの先頭へ

いろいろな本を自炊していて気づきましたが、新書・文庫よりも、ハードカバーが自炊の効果が高いです。

やはり、ハードカバーは持ち歩きにくいので、ついつい、積ん読になりがちですが、それを防ぐことができます。

また、400ページ近いこともハードカバーは多いのですが、すきま時間に少しずつ読むのも楽になります。

なるほど、でした。フォトリー覚えたときにも、ハードカバーにいいなぁ、と思ったのを思い出しました。

ちなみに、電子書籍、思ったよりも、フォトリーできます。最初のパラパラはまぁ、自炊の時にいっしょにやっておきますが。

ページの先頭へ

電子書籍端末に、適当に手ともにある本を入れていますが、例えば、手許にあった高級チョコレートの本をいま、スキャンしています。

理由は、銀座その他のチョコレートショップの地図があるためです。

そしてふと気づいたのですが、この、手許に大量の蔵書を持ち歩く、ということの意味、実はけっこう、大きいのではないか、と。

私たちの知識はふだん、頭の中に入っていて、アクセスするのにはそれなりに骨が折れますし、細かいことは、何となくは覚えていても、正確には覚えていません。

しかし、自分の頭を創ってきた書籍を大量に持ち歩くということは、そこにいつでもアクセスできる、ということですから、イメージでいうと、自分ちの本棚を持ち歩くのと同じですよね?

しかも、OCRかけておけば、将来的には、自分の蔵書の全文検索とかも簡単にできますよね?

なんか、直感的には、単なる電子化以上の意味合いが、生まれるような気がします。

しかも、そこにまた、デバイドがうまれそうな・・。

パソコンでももちろん同じことができるはずなのですが、やはり、書籍を中心としたデータ専用端末というのは、意味あいが違ってくると思います。

もうちょっと考えてみます。これはけっこう、すごいことが起きているかも。

ページの先頭へ

今日は午後に出かけるときに、自炊本を入れた電子書籍端末持ち歩いてみました。

思ったよりもいいです。というのは、端末になってはじめてわかったのですが、紙の書籍は携帯時に、重さ以外にも、下記の点が面倒だったということです。

1. ページを開くこと。どこまで読んだのか、しおりを入れておく必要がある。
2. 両手が必要なこと。文庫でも、なかなか片手で読めません。

ところが、1と2とも、電子端末は解決しているのです。

特に、片手で読めるのは便利で、ほとんど携帯電話でメールを読む感覚です。1駅しか時間がなくても、取り出して読んでまたすぐにしまうことができるし、ちょっとしたレジの待ち時間なんかも、いい感じでした。

いま6型の端末ですが、今度、5型も注文してみました。こちらだとポケットにも入るし、100g台なので、また違ったおもしろさを発見できるかもしれません。

まだまだしばらく、楽しめそうです。

ページの先頭へ

元旦、牛乳が切れそうだったので、少し離れた、この辺ではいちばん大きなスーパーに電動アシスト自転車いきましたが、ここ最近ずっと悩んでいるきしみ音があいかわらずしていました。

駐輪場に自転車をとめて、そのまま店内に入ると、ちょうど駐輪場の隣が自転車売場でした。そうだ、と思って、自転車のきしみ音がする件を相談してみたところ、親身になってくださって、すぐに駐輪場まで来て、乗って確かめてくれました。

確かに、きになるきしみ音がするけれども、原因がすぐにこれだ、とわからないので少し預かっていいか、ということです。こちらはもう、ぜひ、ということで預けてきました。

そして丸1日たったころ、電話が来ました。いくつかの原因を見てみたけれども、どうも「これ」という決め手がなさそう。カバーがきっちり閉まっていないとか、チェーンが当たっているかとか、緩みはないかとか、一通り調べてみたけれども、ぴたっと来ない。

ただ、どうも、可能性が高いのは、音の場所や、ただ回しているだけではならないけれども、人が自転車に乗って運転するとなるので、シートポスト周りではないか、ということでした。

そこでさらにシートポスト周りを詳しく調べてくださって、仮説として出てきたのは

「カーボン製のシートポストと、チタンのフレームの相性が悪く、そこがどうも、滑っているような感じがする音である。一度、純正品に戻して確認してみてくれないか」

ということでした。

私もシートポスト周りは疑ってはいたのですが、これまで、カーボンに変えて異音が出る自転車などなかったので、まさか、とは思っていました。ただ確かに、カーボン×チタンは今回が初めてです。

そこで、純正品は処分してしまっていたので、別のアルミのシートポストを持っていって取り替えてもらったところ、確かに

「ピタ」

っとその異音が止まったのです。整備士さんによると、やはり、金属との相性があるので、必ずしもカーボンがベストとは限らない、ということでした。本当にプロのお仕事は、ありがたいです。

>> 続きを読む...

ページの先頭へ

さまざまな端末を使っていますが、私の日本語入力方法は、よく考えると、ばらばらでした。

パソコン・・・親指シフト
携帯・・・T9方式
iPhone・・・フリック式
iPad・・・ローマ字

本当は、親指シフトで統一できるといいのですが、なかなか難しいです。

T9は慣れると本当に早いです。おすすめ。でもいまは、NEC系の携帯しかついていないんですよね。

ページの先頭へ

昨晩、鼻のかみすぎで鼻の下が痛くなりすぎたので、メンソレを求めてコンビニに夜10時過ぎにいったところ、ふと眼に止まったのが、この本でした。

いや、これ、ツボでした。ここ1年、けっこう健康的にやせたのですが、どうやってやせたのですか、と聞かれますが、まさしく、Twitterでみなさんの経験談を聞いたところ、リバウンドもせず、楽にやせた人たちが口を揃えて
「ひたすら歩いた」
というのを参考にしたのです。

歩くために、靴をたくさん、NIKEiDで買って、あまり革靴も履かないようにして、歩数計付の携帯で1日1万歩を目指すようにしました。因果関係はわかりませんが、不思議なことに、食べ物の好みも変わったような気がします。

私の場合、歩くだけではなく、自転車も併用ですが、気分転換に自転車に乗って、少し遠くのカフェとかミスドとかサイゼリヤまでいって、そこで原稿を打つことも増えました。

この本では、医学博士である大島氏が自己の経験も踏まえて、歩くことの効用を教えてくれます。とにかく、歩く、というのは人間にとって、快楽のようです。

お試しください。

ページの先頭へ

この記事は、大人のための、インフルエンザを早期発見する方法(個人的体験より)です。実は最近の体調の悪さは、風邪ではなくて、インフルエンザA型でした。

熱を出して3日目になります。

初日は昼間に37度ちょっと越えてきて、でも咳や鼻水もほとんどなかったので、ああ、風邪のかかり始めかな、くらいに考えて、仕事に出かけました。そして、そのまま少しふらつきがあるくらいで、少し早めに寝れば直るだろう、くらいでした。

二日目、朝測ったら、37度ぴったりくらくいです。まだその時にも風邪だと信じていました。そして、その日の仕事は、堤幸彦監督のインタビューの仕事。この日しか日程がとれないと前々から言われていたので、37度ならなんとかなるだろうとの判断で行きました。

そして、午後くらいから、食欲もどんどんなくなってきて、頭ががんがんしてきます。明らかに熱が上がっている感じです。咳はほとんどありませんが、ひっきりなしに鼻水が出てきます。とにかく、早めに仕事を巻かせていただいて、夜の予定はキャンセル、家に戻って熱を測ったら、39度になっていました。

>> 続きを読む...

ページの先頭へ


勝間和代

Facebookのファンページを運用して、もうすぐ3ヶ月近くになります。

前回は、荒れにくい、ということを書きました。
Facebookのファンページを運用していて気づいたこと- 勝間和代公式ブログ: 私的なことがらを記録しよう!!

また、他にもTwitterとFBとブログの使い分けを書きましたが、今回、Facebookのファンページにおけるキラーコンテンツはなんだろうと思ったのですが、以下の3つかと思い、書き記します。

1. ほどほどの情報量
Twitterほどつぶやかれるとうっとうしい、でも、ブログくらいでは少ないかも。交流が気持ちよくできるくらい。

2. 写真、写真、写真
なんといっても、写真が一覧で見やすいので、画像によるコミュニケーションが簡単です。例えば、ブログで複数の写真をアップしようとすると、いちいちタグを貼りますが、FBでは複数が一気にアップできます。

3. いいね、とコメント欄での会話
まちがいなく、これが一番のキラーです。なんか、お互いに読んでいる、ということがつたわやりすい。ブログでもコメントは書けますが、いちいち名前を書いたりしなくてもいいので、楽々、です。
そして、みんなが本文にも、コメントにも「いいね」してくれる。うれしいですよね。

Facebookは、きもちのいい距離感とつながりが、絶妙な設計なのだと思います。

ページの先頭へ

フロド君のタイヤ、黒に戻りました。
NEC_0454

やはり、黄色は合いませんでした。新しいタイヤ、これまでで1番、乗り心地いいです。パナレーサーのリブモです。あとは、ハンドルが少し短くなれば完成、です。もう少しです。

ページの先頭へ


Facebook | 勝間和代

Facebookのファンページの運用をはじめて、約1ヶ月半になります。おかげさまで、もうすぐ、
「いいね」
を押して登録してくださった方が、3,000人です。

ずっと運用していて気づいたことの筆頭は、やはり
「荒れにくいこと」
これに尽きます。

>> 続きを読む...

ページの先頭へ

2010年も終わりになったので告白しますが、実はわたし、2009年、ミリオンセラーを作ろうと思って、四苦八苦しておりました。

おかげさまで、2007年から独立して、それからコンスタントに数万部~25万部くらいの書籍売り上げを上げることができるようになりましたが、最も売れた「お金は銀行に預けるな」で41万部と、まだハーフミリオンにも満ちません。

>> 続きを読む...

ページの先頭へ

無事、4日間の事業仕分けが終わりました。気づき、ハイライトは別途まとめますが、ワーキンググループBの主査を務めた藤田衆議院議員と、4日間の仕分けの感想、裏話、そして事実をまとめています。

ぜひ、ご覧ください。決して大手メディアには報道されない、私たちのびっくりするような税金の使われ方が満載です。

ページの先頭へ

今回、事業仕分けに参加する中で、事業仕分けは、アナリストが企業のIR資料や事業計画をレビューする業務に非常に近い性格であるということを感じながら実行していました。

すなわち、まずはプレゼンを行う側が用意をした大量の資料があり、事業計画や数値目標があり、これまでの実績があり、担当者が今後の計画について狙いと実現性を説明します。

うけとった大量の資料を即座に目を通した上で関連性を確認し、足し算・割り算・引き算・掛け算などをしながら、目標や政策の構造をMECEに分解、必要なデータやポイントを短時間に探り出し、バックアップデータとぶつけながら、矛盾点があるかないか確認し、その資料には隠れている論点を即座に検索をしたり、他の専門家と議論をしたりしながら、評価をする、そのようなイメージのプロセスです。

仕分け人はもともと、監査法人やシンクタンクから来ている人が多いし、議員の方々もビジネス畑の人がほとんどのため、説明を受けた内容については「critical(批判的)」にみることが出来ますが、そのような訓練を受けていない人を煙に巻くのは、やろうと思えばできることだろうなと感じました。

したがって、それを防ぐためにも、常に今後も、政府のプロジェクトは

びー・ばい・しー
(Benefit ÷ Cost B/C)

と呼ばれる成果指標から議論すべきでしょう。3倍や4倍など、そこの部分はかなりハードルを高くしておけば、数値に基づかない事業は排除されます。そして、数値目標が明確になりにくいものでも、極力、代替となる指標を置くべきでしょう。

政府は民間企業でないため、売上高目標や利益目標が設定されていません。だからこそ、B/Cの議論が重要になるはずです。

効率が悪かったり、まちがった政策が実行されるということは、単なる税金の無駄遣いにとどまらず、よりよい代替のサービスを実行するための機会をうしなっている、ということにも留意すべきだと思います。

ページの先頭へ

結局、今日一日のジェッターくんの移動距離は39キロになりました。

電池は一つ減ったくらいで、ほとんど減りません。ナビの方が、よほど電池が切れるのが早いくらいです。

そして、腰、膝もほとんど疲れていません。さすがに、太ももは少々つかれました。

わかったことは、ジェッターくんで一日何十キロとかを運転しても、問題ないということです。

ページの先頭へ

今日も自転車やさんで、あたらしい自転車のフレームを相談していたところ、目からウロコの話が。

「女の人がロードにあまり乗らないのは、フレームの種類も少ないこともあるんですが、そもそも、あの前傾姿勢、女性に向いていないんですよーーー」

あの前傾姿勢は男性の筋力・体力を前提としていて、女性があの姿勢を取ると、胸からでなく、腰から折れやすいそうです。

「だから、今度のロード、すこしハンドルの位置を高くしてもいいかもしれませんねぇ」

確かに、今日はジェッターで30キロくらい乗っていますが、前傾でないので、ほとんど腰や腕が疲れていません。

あと、私はいちおう、筋トレをそれでもしているのですが、ジムで持ち上げる重さが、男性と完全に同じとはいきませんからねぇ・・・。

新しいロードのフレームはBassoの2011年モデルを物色中です。正式に決まりましたら、また報告します。

ページの先頭へ

Twitterはまじめに使い始めてもう1年半になりますが、そのかなり前から登録だけしていたFacebookを、なんとなくちゃんと、3日前から使い出してみました。

まずは、状況の整理から。とにかく、ずっとほったらかしなので、わけわからなくなっているので、リクエスト整理とか、友だち探しとか、あとそもそも、操作方法の習得から。

便利だったのが、いまいるFacebookの友だちで、オンラインになっている友人たちとのチャット機能でした。すでにFacebookのヘビーユーザーが多いのでチャットで簡単に質問すると、答えもすぐ返ってきます。

友だちは、Gmailのアドレス帳からの検索が一番便利でした。あとは、知り合いをたどっていくと、かなりの確率で、たくさん知り合いがいます。また、ある程度登録していくと、この人も知り合いでは、というリコメンがけっこう正確でした。

そして雑感として、Facebookは、mixiのよりユーザビリティーやOpen性を洗煉させた感じのサービスだと感じました。したがって、かなり、Twitterよりはクローズな感じです。

特に、FacebookはTwitterと違って、リスト化などユーザー振り分けのためのきめ細かい作業は向いていない一方、写真やリンクの貼り方、「いいね」というボタンや、あいさつなど、コンテンツに関してはきめ細かいサービスがいろいろあるので、本当の知り合いの動向を垣間見て、なんか、その人の生活を疑似体験する、というイメージです。Privacy設定も、かなり細かくできます。

一方、Twitterは140文字のつぶやきとタグ、あとは検索とリストくらいしかスクリーニングの方法がないのと、細かいPrivacy設定もできないので、どちらかというと、広く大きく、Publicなつぶやき、という感じでしょうか。もっとも、Twitterのいいところは、リンクに相互承認作業がないことです。

ソーシャルサービスとは言え、どちらもコンセプトが違うサービスなので、使い分けかなぁ、と思います。とりあえず、Facebookを再開したことで、なつかしい4人のみなさんと会う約束をすることができましたので、それが一番の収穫です。

広くちょっとずつ(twitter) ←→ 狭く深く(Facebook)

というサービスのはやりすたりや、使い分けは、本人の中でも、あるいは全体でも、どんどんいったりきたりするのかもしれませんね。

ページの先頭へ

P1070602

テレビの取材で、ゲゲゲの鬼太郎のキャラクターのブロンズ彫像が多数か展示されていることで有名な、鳥取県の境港市に訪問してきました。

取材の中で、水木しげるプロダクションの中国支部の桑谷迪幸支部長と水木しげるさんの姪にあたる妻の桑谷啓子副支部長といろいろな話をさせていただきました。

そして、妖怪のパワーをもらえるという石を触っていたときに、桑谷迪幸支部長が

「勝間さんは妖怪いそがしに似てるよねぇ。」

としみじみおっしゃるので、ガイドブックbookを読んでみると・・・

【88】いそがし
「取りつかれると、やたらにあくせくとし、じっとしていると何か悪いことをしているような気分になる。
逆にあくせくしていると、奇妙な安心感につつまれる。」

と書いてありました。

う、当たっているかも。そこにいた一同、大爆笑happy01

ということで、妖怪いそがしのブロンズ像の前で写真を撮ってみました。ぱちり。

P1070603

どうでしょう、似ていますか? ちなみに、このブロンズ像に触ると、効用として

「充実した時間が過ごせる」

ようになるそうです。

うーーーーむ、やはり、私はいそがしにとりつかれている? ああ、それとも、私自身が妖怪いそがし本体でしょうかwobbly???

ページの先頭へ

昨日、高橋洋一さんとギリシャ危機について、対談しました。高橋さん、相変わらず、冴え渡っています。

近いうちに現代ビジネスに編集されて、掲載されます。その時にまた、お知らせします。

ページの先頭へ

結局、女はキレイが勝ち

おかげさまで、さまざまな理由から大評判(笑)の新刊ですが、この新刊をテーマに、広瀬香美さんが対談記事をブログにアップしてくださいました。ぱちぱち。広瀬香美さんの毎週1回の対談コーナーです。

ココトロ対談)勝間和代さんと新刊対談「結局女はキレイが勝ち。」

そしてこの本、さまざまな方から感想をいただくのですが、ほぼ全ての方がきまって引用するのが、この部分です。そんなにおかしかったかなぁ・・・。

---
P58 №8 キレイにはやっぱりHが大事。

Hはキレイをキープするためのスパイスであり、スキンシップはキレイの源。
結婚がいいのは、特定の相手といつでもHができる環境です。

1平米10,000円、ホテルに支払うとして、50平米のスイートが5万円だと仮定しましょう。結婚をして50平米で家賃が12万の家に住めば、2晩半で元がとれる計算です。


相手の確保と経済面を考えてもやっぱり、「誰かとホテルに行くより結婚」をお薦めします。

---

くわしくは本書をご覧ください!!

| コメント (12)

ページの先頭へ

ふだん、パソコンを何台か使い分けています。

仕事部屋に置きっぱなしのもの、リビングで家族と共用にしているもの、そして、持ち歩いているものです。

こうなると、一番困るのが、例えばメールの処理。どこまで読んで、どこまで返事をしたのか、さっぱりわからなくなります。

そこで、メールはふだん、Gmailを中心に使っているのですが、これまで、Thunderbirdが2.0までは、IMAPで接続するとローカルにコピーを作らなかったため、やや、動作が鈍かったのです。

ところが、Thunderbirdを3.0にしたら、一応選択ですが、ローカルにもコピーを置いておけるようになりました。すると、スピードが速くなるので、検索も楽だし、どこで返事を書いても、それがそれなりに状況が反映されるし、メールがシームレスに使えるようになりました。

また、Google Chromeも、GoogleのアカウントにBookmarkを同期できるようになっているので、これもちゃかちゃかと動機をさせたら、どこでブラウザを開いても、ほぼ同じ感覚で使えるのでこれまた便利です。

パソコン以外、iPhoneもふだんは、ほとんどGmailとGoogleカレンダー閲覧機です。しかし、こうやって、一歩、一歩、Googleに囲われる生活を続けていく、本当にこれでいいのだろうか、と思うところもあります。

以前、小飼弾さんと対談をしたときに、Googleはドラゴンボールに出てくる魔神ブウだから、という表現を使ったことをよく覚えていますが、まさしく、そうなっていって、自分自身は悪意はなくても、どんどん、どんどん、すごい情報量もっていくことになるのでしょう。

私は割り切って使ってしまう方ですが、ほんと、どうなることやら、と思う神戸の旅でした。

| コメント (6)

ページの先頭へ

このようなサイトがありました。

勝間和代出演の番組-Infoseek

地上波のみですが、便利です。

そういうわけで、今日は平成教育委員会スペシャル、火曜日に徹子の部屋に出ます。

他に、BS Japanのカツケンと、BS NHKが今日はあります。カツケンはいま放送中、BS NHKは夜の10:05からです。

→その後、BSも検索できるサイトをsumiさん、dotcomさんに教えてもらいました。
勝間和代出演の番組-Infoseek

木曜日は、知る楽の再放送と、4回目の本放送です。

添付は徹子の部屋の様子です。ぜひ、ご期待ください。

Photo

| コメント (11) | トラックバック (0)

ページの先頭へ

今日は、素敵なデザイナーお二人、山中俊治さん佐野研二郎さんのオフィスを訪ねる機会がありましたので、その気づきをビデオブログにしました。ぜひ、ご覧ください。

| コメント (16) | トラックバック (1)

ページの先頭へ

ビデオブログやりながら思いますが、これ、尋常な羞恥心ではできませんねぇ・・・。

自分の顔がどかーーーんと、画面に映って、しかも、いつでも、だれでも、いろいろな人が見られるわけです。

まぁ、でも、伝えたいことがあるので、がんばりまーーーす。

| コメント (16) | トラックバック (0)

ページの先頭へ

なんか、有名人ネタ三連続で恐縮ですが、最後は黒木瞳さんの話です。

オレンジ本に黒木さんのエピソードを複数引用させていただいていたので、本をお送りしていたのですが、さっそくお返事が来ていました。

そのお返事のしかたがユニークで、なんと

愛読者カード

でダイヤモンドに直接、お返事いただいてました。担当者が気づいたのも実は最近で、でも、お送りしてからすぐに読んで、12/1には投函されていたのです。

いやもう、本当にみなさん、行動力がある方々ばかりで、脱帽です。

| コメント (4) | トラックバック (0)

ページの先頭へ

今日は朝一番で新聞社、午後に美容院、そして夕方にラジオで、夜がサキヨミです。

日曜日なので、間間に家に戻って、なるべく子どもたちと時間を過ごすようにしています。

家から、自転車や地下鉄,車を使えば、都内の主要な場所は片道20分を越えることはありません。

都心住まいは、どんなに自然がなくても、ビルだらけでも、利便性は高いのですね。

美容院は2ヶ月行かなかったので、心配されていて、次は必ず1ヶ月以内に来るように,と釘を刺されてしまいました。

いずれにしても,さっぱりです。

| コメント (5) | トラックバック (0)

ページの先頭へ

スーダンから帰って2日目、すっかりいつもの日常に戻りました。

昼間は新潟の男女共同参画センターに講演に。行き帰りの新幹線は、日本ですから、ほとんど通信ができるので、仕事をしていました。

家に帰ってから、凍った玄米を電子レンジで温め、宇都宮の講演の時にいただいた冷凍餃子を焼いて、古いサラダは炒めて、こどもとご飯をいただきました。

でも、スーダンと違うところは、ざっとこの辺でしょうか

1. 公共交通の整備、特に新幹線
新潟まで、なんと二時間、しかもその間、揺れないし、仕事ができる。エアコンも効いていて、快適。当たり前ですが、車が泥でスタックすることもありません。

2. いつでも、どこでも、使える電子マネー、クレジットカード
東京駅まではSuicaで、東京駅から新潟はクレジットカードで切符を買っています。スーダンはすべて、現金精算です。

3. 通信の整備
スーダンはホテルのADSLですら、気が遠くなるほど遅く、もちろん、無線網はありません。東京で光ファイバーに比べて遅いと思っていたイーモバも、すごく早く感じるようになりました。

4. あたたかいお茶・お弁当
いつでも、どこでも、気軽な値段でお茶やお弁当があります。スーダンは衛生状況がよくないため、甘いつめたい飲み物が主流です。お弁当はほとんどみかけませんでした。

5. 飲める水でお皿を洗う???
家でぬるま湯で皿洗いをしながら、そもそもぬるま湯であることがすごい上、そうか、この水は飲めるんだよなぁ、と思うと驚きでした。

6. 冷蔵庫に電子レンジ
この2つも空気のようにあるので気になりませんでしたが、莫大な電気を必要とするため、ほとんどスーダンにはありません。そもそも、あんなに電圧が一定でないところでは、電子レンジはすぐに壊れそうです。

7. そして、エアコン
いつでも、どこでも快適な温度です。汗をかくことも、寒さに震えることも、特別な時間だけになりました。

とはいえ、なんか、日本、そして、東京の生活は肩が凝ります。開放感もゼロです。得るものもあれば失うものもあるわけですね。

しばらくは頭の中で、いろいろ比較が続きそうです。

| コメント (7) | トラックバック (3)

ページの先頭へ

最近、レッツノートのキーボードの調子がいまいちで、特に無変換キーを押しても反応しづらくなっていました。

ずっと、無変換キーに問題があると思って、外したり、掃除をしたりしていたのですが、ふと見てみると、毎回ではないのですが、たまに、変換キー側が押すと押されっぱなしで、上に上がらなくなっていたのを発見しました。

そうなんです。問題は無変換キーが押せないことではなく、変換キーが押しっぱなしになって、無変換キーを押してもキーボードが反応しなくなっていたことだったのです。

へぇ、へぇ、と思いつつ、変換キーを直したら、問題も解決しました。

そう、問題は探している部分の枠内にあるとは限らない。いい勉強になりました。

| コメント (1) | トラックバック (0)

ページの先頭へ

いつもサブウェイは持ち帰りなのですが、今日は時間が空いていたので、店内で食べていました。

そして、さすがサブウェイ、店内にいる人に太っている人はいません。

そして、そして、残念ながら、ガラガラです(苦笑)。収益性が高いドリンクも飲んでいる人は少なく、水とスープ派が大半です。ポテトも少ないです。

2件隣のスタバはギュウギュウです。斜め前のファーストキッチンもそれなりに混んでいます。

カロリーの高さや甘さと健康、事業者にとっては、とても、とても、バランスが難しいようです。

| コメント (9) | トラックバック (1)

ページの先頭へ

詳しくはBook Loversブログを参照ください。

トラックバックやコメントについても、わかりやすいように右のバーの上の方に寄せています。

| コメント (0)

ページの先頭へ

コツコツといろいろ改善していますが、前のパソコンでも、今のパソコンでも、IEでなぜか

mugi.com
bizstation

などでGoogleで検索をかけると、IEがフリーズします。

理由を探すため、いろいろ検索して試して、ふとヒントになったのは

・プレーンなユーザー環境を作って、バグが再現しなかったら、そのユーザー特有の環境が原因である可能性が高い

ということでした。というわけで、ニューユーザーを作ったら、確かに再現しません。

そこで、IEのアドインを思い切って全部抜いたら、確かに再現しなくなりました。なるほど、です。

古いパソコンも、使っていないアプリをすべて抜き、データも整理し、デフラグをかけて、すこし早くなりました。

| コメント (2)

ページの先頭へ

情熱大陸は、人ごとにページがあり、自分のブログをトラックバックできます。ほかの方の感想も見ることができますので、よかったら、訪問してみてください。

勝間和代 経済評論家

番組の感想の送り方もこちらにあります。

電子メール
タイトルに『番組の感想 XX月XX日』と書いてjtimes@mbs.jp宛にお送りください。

きっと、制作の方々も、たくさんトラックバックや感想が入ると励みになると思いますので、ぜひとも、ご協力ください。

| コメント (0)

ページの先頭へ

いろいろ試している中で、初めて知ったのですが、マイク入力をする時にもUSB端子で入力するのと、音声ボードのマイク端子で入力するのとでは、ノイズの大きさが違うようです。

と言うわけで、マイクをUSB端子入力に切り替えたら、もう少し精度が上がったような気がします。

とはいえ、カーソルを移動させるときに、「文章の最後に移動」と言わなければならないのですが、うっかり「文字の最後に移動」というと、そのままその文章が入力されて、結構まぬけです。

まあ、キーボードを打ちつづけて何十年になるわけですが、音声入力はたかだか数日しかしてないのですから。しばらく慣れるのに時間がかかっても仕方がないかもしれませんね。

| コメント (3)

ページの先頭へ

次女(中学生)が久し振りに、このブログを読んでみたようです。感想が

・長女(高校生)、三女(小学生)に比べて、自分の登場頻度が少ない

ということでした。

別に不満があると言うことではないのですが、接触時間が短いんだね、という感想です。

というわけで、これから、もう少し次女も登場すると思います。

p.s.
これらのブログのエントリーは右手だけでほとんど打っております(笑)

| コメント (3)

ページの先頭へ

G/Wは仕事で出張のはずでしたが、先方の治安不安定につきキャンセル、代わりに原稿書きをしようと思っていましたが、左手不調につきキャンセル、で、本当に何もしないことになりました。仕事をするな、という強い合図でしょう。

家の片付けをしたり、たまった本を読んだり、子どもとのんびりと都内をぶらぶらしたりしようと思います。

| コメント (7)

ページの先頭へ

あ、そうか。

先ほどはいちいち投稿し直してしまいましたが、日時を変更すればいいのですね。今度はそうします。

トップに表示、だとその日付のトップにはなるのですが、全体のトップにならなかったので。

| コメント (0)

ページの先頭へ

ミネソタのホテルで研修をしていますが、そこで休み時間に出てくるクッキー、お菓子の写真です。

太って当たり前ですね。お昼のデザートビュッフェはもっとすごいです。

私は誘惑に負けて、一番小さいクッキーを一つだけ食べました。

P1000079
P1000080
P1000081
P1000082

| コメント (4)

ページの先頭へ

お気に入りの電動パンナイフが、ほぼ毎日使っていたため、電池が充電しても動きが悪くなりました。

デロンギのサービスセンターに送れば有償ですが、電池を交換してくれるそうなので、プチプチの緩衝材がある封筒に本体を詰めて、切手を580円分貼って、さぁ、と家の近所のポストに入れようとしたら

・・・・・

は、入らない

・・・・・

ポストの口の前で間抜け顔をしている姿を想像してみてください。笑えますよ。何回かいろいろな角度から試しましたが、当然、ダメでした。

そう、ポストの口は意外と狭いのです。しかも、切手を貼ってしまったので、いまさらゆうパックへの切り替えはめんどう。しかも、今日は祭日だから、近所の郵便局はやっていないし。

仕方ないので、青山のネイルに行くついでに、赤坂郵便局まで行って、休日受付から出してきました。

いやぁ、まぬけでした。大きなものは手間を惜しまず、ゆうパックか宅配便でこれからは出すことにします。

| コメント (7)

ページの先頭へ

昨日から、スペースキーを叩くと、なぜか違和感がありました。

それが、Nキーにも波及して、なぜだろうとよく見てみたら、あ、当たり前、なんか、楊枝の折れたものがキーボードの間に入り込んでいました。

側で三女が何か作っていたので、それが飛んだのでしょう。

こういう、感覚的な違いというのは、「これまでと何かが違う」という動きの中で、わたしたちは判断するそうです。絶対的な点で判断するのではなく、何か違う、という相対的な判断なんだそうです。

おもしろいですよね。

| コメント (2)

ページの先頭へ

私は自転車を3台使っていますが、これまでメインの自転車にしかついていなかったナビのホルダーを、全台につけました。そして、なるほど、こうすると、いつでもナビが使えるようになるため、他の自転車を使う頻度も増えました。

ちょっとしたことなんですけれども、大きいですね。ちなみに、使い分けは

・折りたたみ式。輪行用。
・小型で小回りがきくロード。近所で細い道が多いときに乗る。
・大型のロード。幹線道路が多くて長距離の時に乗る。

という感じです。

今日は同じ区内だけしか走らなかったので、小型に乗っていました。

ただ、小型なのでハンドルも小さく、ナビをつけると、少々、ハンドルを持つ腕とナビの端っこが当たってしまいます。痛し痒しです。

| コメント (5)

ページの先頭へ

アマゾンでお金は~の在庫が不安定になってから約1週間の順位の推移です。

Photo

覚え書きで入れておきます。

やはり、如実に影響が出ました。昨日の夕方にようやく大量納品されて、ここ24時間くらい、再び在庫ありにもどっているので、順位が戻ってきています。

とにかく、人間、やはり我慢強くないと言うことですね。

| コメント (1)

ページの先頭へ

今日、自転車で新幹線に向かい、帰りも自転車で新幹線から次の場所に移動しましたが、どちらも時間ぎりぎりでした。特に、新幹線に出発時間の2分前にホームに着いたのは久し振りのギリギリさでした。

ふだんから、私は何かと時間がぎりぎりです。

そして、ようやくなぜ、時間ぎりぎりになるのか、腹落ちしました。

自転車は時間が読みやすい

からです。

最大時間と最小時間の変動幅が小さいため、余裕分を取ることをしません。そうすると、常に、数分前に着くような計算で無意識に設計してしまうのです。

一方、電車だと待ち時間、乗り換え時間があるし、タクシーは捕まらないリスク、渋滞リスクがあります。もちろん、自転車でもチェーンが外れるとか、道を間違えるとか稀にありますが、確率としては、かなり稀です。

というわけで、自転車で考えるときには、常に5分前を目標にしないと、と反省しました。プラス5分、ですね。

| コメント (4)

ページの先頭へ

最近、文芸書や小説があまり売れていません。今日は仕事で、小説家の堂場瞬一さんとの対談だったのですが、その理由をこう、教えてくれました。

小説はエンターテイメントが主目的で、で、いまはインターネットや携帯その他、エンタメものはいろいろと競合が多くなってきたから、売れないんですよ

なるほど、でした。目から鱗が落ちました。小説は確かに、楽しむために読みます。それに対して、ビジネス書を楽しむために読む人は稀でしょう。必要があるから、読むのです。

そう考えると、小説を読む暇もなくなってきている、と考えるべきでしょうか。行動生活時間の調査はいろいろありますが、読書、だけで、何を読んでいるかは書いていないんですよね。

もう少し、本に関する統計を集めてみたいと思いました。

| コメント (10)

ページの先頭へ

私がもっとも苦手とする事務の1つで、請求書処理があります。

なぜ苦手か、考えてみて、こういうことだとわかりました。

1.住所、名前、一字一句違わないように、入力したり、コピペするのに気を使うので疲れる
2.名前はともかく、住所はメールに書いていないことがあり、名刺を見ないといけないことが多い
3.金額についても、メールの奥深くに埋もれていることがある
4.品目も考えなければいけないことが多い

なので、メールを検索したり、名刺を検索したり、それをコピペしたりする手間が苦痛のようです。

したがって、
・送付先の住所氏名
・請求先の名称
・請求の理由・内訳
・金額
が1カ所に管理されていると、簡単なのだと言うことがわかりました。また、なるべく近いうちにエクセルのCSVをつくって、差し込み印刷ですむようにしたいと思います。

前処理でなるべくそれを捌いてから作り始めたいと思いますし、もし、これから私に請求書発行業務を望む方がいらっしゃいましたら、上記4要件をメールで教えていただけると、発行が早くなるかと思います。

お願いばかりで恐縮ですが、よろしくお願いします。

とにかく、今日はなるほど、そういうことか、とわかっただけ、一歩前進です。

窓飽き封筒でずいぶんよくなったのですが、まだまだ改善の余地ありです。コツコツいきます。

| コメント (1)

ページの先頭へ

2/11 AM 0:00から始まったアマゾントップバナーキャンペーンです。

21時間たった状況は、始まる前の順位と比べて、下記の通りです。

グーグル化 2位→1位
お金 4位→4位
勉強法 18位→11位
決算書 24位→14位
時間投資法 25位→21位

というわけで、以下の仮説が導けます。

1.レビュー・コンテンツの評判がよく、かつ、これまでさほど広告宣伝を売ってきていない2冊(決算書、勉強法)の売上増加が顕著
2.ただし、全体として確実に底上げに寄与している

特に、勉強法の順位上昇が顕著です。実は、週刊ダイヤモンド効果も、旧著の中では勉強法に最も顕著に効果が出ました。

引き続き、観察していきたいと思います。

| コメント (1)

ページの先頭へ

なんか、私の本を総称して、

勝間本

という表現が雑誌・ネットを飛び交っていて、おもしろいです。

語呂がいいのかな? 10倍本だけでなく、決算書とかお金があるから、10倍シリーズ+経済・会計シリーズの上位概念が勝間本、なのでしょう。

そして、ダイヤモンドでもプロローグが

必ず売れる勝間本の秘密

となっていて、勝間本、すっかり一般用語でしょうか(笑)。

| コメント (3)

ページの先頭へ

なぜ、年明けにお金は~がアマゾン1位になったのか、一晩寝たら、わかりました。

要は
年末年始で新しい本の発売がしばらくないため、定番系が上位になっているから
です。

12月はなかばまで、1月もなかば過ぎにならないと、新刊は出ません。新刊がないと、キャンペーンをかける人もいないし、ロイヤリティ・カスタマーの先行買いもないので、いわゆる定番系が上位に上がりやすいのです。

だからいまは、お金にザ・シークレット、ハリポタなどが上位です。どれも、息長く最近売れている本です。

なので、どんどん新製品が出てくるころには、また状況が変わるのでしょう。それまでは、じっくりと今のポジショニングを楽しみたいものです。

| コメント (5)

ページの先頭へ

今、データを見ながら気づいたのですが、「お金は銀行に預けるな」はここ1ヶ月、アマゾンの順位がほとんどずっと一桁で、一番下がったときにでも11位でした。

参考:amazon ranking tracer
(私はもうすこし細かいデータをもっていますが、それは非公開なので、公開情報として、こちらのURLを案内します)

新聞広告とか、特定の人の推奨、あるいはキャンペーンで大きく売れることはあるのですか、経験則から言うと、そういう売れ方はだいたい2-3日しかもちません。

どちらかというと、幅広い人が幅広い方法で口コミその他で推薦し続けてくれることが、本のように単価が小さく、あまり広告コストをかけられないものについては寄与するようです。

実は、ちょっと前に私の連載担当の編集者さんとお話しをしていたときに、教えていただいたのが「私が勝間さんの編集担当だと知らないのに、いろいろな人が『お金は銀行に預けるな』がいい本だから読んでくれ、と熱心に勧めるんです」ということでした。

また、広告をして売れる本と売れない本があるというのはいろいろな出版社の方がつくづく言うのですが、これも、広告でたまたま買った本がそのあと、ほかの人に勧めるかどうかという乗数効果があるかどうかによるのかと思っています。

では、どういう本だと乗数効果があって、どういう本だとないのか。おそらく、コンテンツは一定水準を満たしていて当たり前で、それに読みやすいこと、ツボを押さえていること、著者に共感できることなど、さまざまな要素の総合点で決まってくるのではないかと思っています。

本当はこういった話も単なるケース・スタディではなく、まとまった統計データを使った実証分析がしたいところなのですが、あいにくデータベースがないので、しばらくはコツコツと、仮説作りに励みたいと思います。

いくつか、どうやってベストセラーを作るかと言った本は読んでいるのですが、もうすこし深掘りしたフレームワークがほしいと考えているところです。もうすこし、頭の中で熟成してみます。

| コメント (2)

ページの先頭へ

自転車を漕ぎながら考えていて、丸善日本橋の私の棚についていたキャッチフレーズ、今、注目の女性、何が変なのかわかりました。

今、注目の男性

というキャッチは通常、ないからです。

男性だったら、

今、注目の著者

とか

今、注目の人物

ですよね。

女医さんとか、女教師と同じで、思いっきりジェンダーバイアスがかかっています(笑)。

| コメント (5)

ページの先頭へ

今朝も早くから仕事に出ていてパソコンを立ち上げていなかったのですが、ふとメールを見ると俺100の聖幸さんから「アマゾンでグーグル化が2位ですよ!!」との一報がありました。

あわてて、明日からの旅行の切符を取りに行っていた東京駅のみどりの窓口でパソコン立ち上げて見てみてると、確かに、グーグル化が2位です。ほかの本、4冊もPM 4:10現在、みんな25位以内でした。

(お金が5位、時間投資が14位、決算書が17位、勉強法が23位)

で、私はすぐに調子に乗るので、これはリアル書店でも飛ぶように売れているに違いない、と勝手に考えて、東京駅の側の丸善丸の内店に行ってみましたが

あれ、あれれれれれ

みたところ、私の本のコーナーは何カ所かありますが、手に取っている人は少なくとも、私が見に行った時点では0。一応、新書の1位、ビジネスの7位にランクインしているのでランキングのコーナーには飾ってあるのですが、それを手に取っている人も0。

もちろん、丸善丸の内では、1日で私の本はだいたい数十冊は売れるらしいのですが、よく考えたら、1時間に数冊ってことですよね。そうすると、よほど運がよくない限り、目の前で手にとって買っている人は見ることはできないわけです。

なるほど、世の中、そんなに甘くなかった。それでも、しつこい私は一応、コーナーにある冊数を数えてきたので、あとでまた仕事の帰りに寄って、どのくらい減っているか(あるいは減っていないか)、確認してこようと思います。

| コメント (2)

ページの先頭へ

今年買ったものの中で、もっともよかったと思うものの1つにホームベーカリーがあります。

昨日は子どもたちと年末の買い出しに行って帰ってきたのが遅かったので、はじめて

2時間で焼ける早焼き

というコースを試してみました。(通常のコースは4-6時間)

で、できあがったパンを食べて、あーーーー、この味知っていると思ったのは何かというと

工業的に作られたパン、コンビニで売っている袋入りの、ヤマザキとかパスコとかのパン

の味にそっくりだったからです。早焼きと普通の違いは、小麦粉とイーストを少し多めに入れて、発酵を早めに終わらせることです。

普通のコースだと、より、パン屋さんで売られているパンに近い味になります。

なるほど、確かに値段を下げようとしたら、手間を下げるのが一番、そのためには、発酵もさっさと終わらせるのが一番ですね。

どちらがいい、悪いということはないのですが、パンの味は課程で決まってしまうのか、ということがほーーーっと納得でした。

| コメント (3)

ページの先頭へ

今日は久しぶりに古巣の証券会社のメンバーと会食でした。その会食の際、ミシュランをいただいたのですが、あとでじっくり眺めてみて、いや、なるほどーーーーとびっくりしました。

何がびっくりって、紹介されている店のうち、約3割くらいが、私の長年の外資系サラリーパーソン生活で接待系の会食で訪問したレストランだったからです。どうりで、毎年、どんどん太ったわけです(笑)。

まぁ、このミシュラン自体、証券会社でお客さまに配って、「行きたいレストランがあったらご招待しますよ」というサイン付きの営業ツールですから、当然といえば当然ですが。

その3割の接待で行ったレストラン以外で、自腹で行ったのは片手くらいですかねぇ・・・。寿命を縮めてもいいから、こういったレストランの食べ歩きをしてみたいという方には、外資系で営業が必要な仕事についてみることをおすすめします。

ちなみに、「え、あそこが2つ星」「え、ここで星がつくの」というレストランが多数含まれていたことは書き添えておきます。

| コメント (0)

ページの先頭へ

日々の生活から起きていることを観察しよう!!のブログを久々に更新しました。

今回の題は、再現性あるベストセラーの作り方、です。忘れないうちに記録するために、エントリーしました。

4月のベストセラーの作り方から比べると、また別の切り口になっています。

少しずつ、深めていきたいと思います。

| コメント (0)

ページの先頭へ

いつまでもデブと思うなよ、で太っている人は無意識にカロリーの高いものを食べている、という話がありました。

で、私がよく行くスープストックで観察してみました。

まず、そもそもスープストックの客の80-90%が20-30代の女性です。男性だと、あんなのだと食べた気がしない、ということで嫌われているようです。で、スープストックに来ている女の人、ほとんど肥満体はいません。

それでも、スープストックは以下の3種類に分かれます。

・レギュラーカップセット スープ1種+パンまたはごはん だいたい300-400Kcalくらい。
・スープストックセット スープ2種+パンまたはごはん だいたい500-600Kcalくらい。
・カレーセット カレー+スープ1種+飲み物 だいたい700-800Kcalくらい。

で、で、おもしろいのが、やはり、よーーーく観察すると、注文と体型がしっかり相関していて

カレーセット>スープストックセット>レギュラーセット

なんですよ。

同じ女性でも、多少丸っこい人は、例外なく、カレーセットを頼みます。やせ形の人はレギュラーセットです。特に、カレーセットにビール、みたいな人は一番太っています。

ちなみに、私の好みはまん中のスープストックセットです。

やはり、体型は無意識の食生活習慣から来ているのですね。しみじみ。

この観察はファミレスのランチなどでも有効です。お試しください。

| コメント (5)

ページの先頭へ

アマゾンで、勉強法がまたよく売れています。このままで行くと、アマゾンのビジネスの年間ベストセラー1位をとれそうです。

で、なぜだろうと思うのですが、おそらく、ほかの本を買った人が、ついでにチェックしてみて、で、あれだけアマゾンのレビューがあると、これはなんだろう、と興味半分で買っているのではないかと思います。

店頭では、一番大きく展開しているのが「お金は銀行に預けるな」、で、次が「決算書の暗号を解け」でした。10倍アップシリーズは特に、勉強法はちんまりとしか置かれていないのですが、アマゾンは動きが違うのでおもしろいです。

時間投資法その他の本を発売して、一番宣伝効果があったのは勉強法だったかもしれません。

| コメント (4)

ページの先頭へ

私は教育者の田村哲夫氏の話を聞くのが大好きなのですが、今日も1時間ほど、お話を聞く機会がありました。

今日習ったなるほど、の概念は

読書尚友(どくしょしょうゆう)

です。

子どもたちに、そう教えているそうです。日本語にすると、

書物により、昔の良き人を友人として親しむこと

になります。

まったくその通りです。なるほどーーー、でした。

こういう、漠然と思っていることをすっきり概念でまとめてもらえると、うれしいですね。

| コメント (0)

ページの先頭へ

自転車に合わせて、自転車用ヘルメットとサングラスを新調しました。

今日初めて、両方を合わせて自転車に乗ってみましたが、いや、すごい快適です。

しかも、窓に映る姿が、ちゃーーーんと、自転車の人で、サングラス一つでなんか、自転車便っぽさがなくなりました。

ついでに、度入りのサングラスも新調してみました。

なーーんだ、初めからサングラスかければよかった。でも、夜はどうするんだろう。かけないのかなぁ、やっぱり。

| コメント (4)

ページの先頭へ

今日、1週間半ぶりに自転車に乗りました。

そして、わかったこと。どうも、ここ1週間ほど、私が結構、甘いものを食べたがったのは、

ふだんは自転車に乗ることで解消していたストレスがたまっていたから

ということがわかりました。

いま3台あるのですが、長距離用、中距離用、短距離用、です。今日は中距離用に乗って、片道4キロほどですが、走って気持ちがよかったからです。

というわけで、やはり自転車ダイエットはお勧めです。

| コメント (2)

ページの先頭へ

あいかわらずドイツです。

ドイツでは、自分で食べ物が選べません。仕事の合間にカフェで書き込んでいるので。朝も、ばたばたとホテルで食べます。夜は打ち合わせをしながらディナーです。

で、こういう生活だと、ダイエットどころではありません。サバイバルモードにスイッチが入っていて、食べられるときに食べておこう、ということになりますので。

そこで、炭水化物はだめだとか、お肉は、なんていっていると、いつ、何が次に食べられるかわかりません。昼は15分で、チーズのサンドイッチをかきこみます。

なんか、忙しい人が太る理由がよくわかりました。そのうちまた、まとめます。時間管理と労働管理とダイエットは、強い関係があるようです。

| コメント (2)

ページの先頭へ

朝はホテルでビュッフェです。

Lammyさん、なつぼうさんのコメントを読んで、朝からプルッツェルとライ麦パンをいただいてしまいました。

いやほんと、ドーナツを我慢しただけでも、まだましかも。

ドイツ中はダイエットは自動的にお休みになりそうです(笑)。

| コメント (2)

ページの先頭へ

日々の生活から起きていることを観察しよう、のブログを更新しました。

過体重について知っておくべきこと~過食と健康の関係

最近、わたしが夢中で分析しているテーマです。

ぜひ、ご覧ください。

| コメント (0)

ページの先頭へ

最近は毎日晴れているので、自転車に乗る時間が増えています。

そして、自転車に乗ってばかりいると、当たり前ですが、自転車に乗りながらパソコンは打てないので、ブログの更新も頻度が落ち、メールの返信も遅くなります。

なので、ブログへのコメント、みんな読んでいますが、レスが遅れていてすみません。そのうち、ちゃんとお返事しますので、もう少しお待ちください。天気はまだしばらくよいようですが・・。

新しい自転車の写真は、そのうち某雑誌に載りますので、そちらもまた、発売日前くらいにお知らせするようにします。

| コメント (7)

ページの先頭へ

先ほど書いたエントリーのように、スーツがほしかったので、ショッピングに行ってきました。

もうバーゲンの季節なのですが、なるほど、と思ったことが2点です。

1.売れ残っているサイズは7号または13号で、人口が多い中間サイズはほとんどない。
2.9号または11号が残っている服は、デザインが人気がないものばかり。

1については、品揃えが必要なので、どんなデザインでも7-13号まで取りそろえるのでしょうが、やはり、売れ残りが小さすぎるもの、大きすぎるものは多くなるようです。

また、2については、これは予測ができないのでしょうね。おもしろいくらい、同じスーツばかり残っていました。

もともと、そのブランドのショップにいったのは、このブログの写真にもなっている青いスーツが店頭にあって気に入ったので、それでぶらっと入ったことがきっかけだったのですが、その青いシリーズは少量のワンピースを除き、見事に完売していました(まぁ、ファッションにあまり敏感でないわたしが買いたいと思ったくらいですから、多数の人がそう思ったのでしょう)。

というわけで、せっかくセール中だったのですが、セール中の品では用途は満たされず、通常の値段のスーツを買ってきました。売れ残りには、売れ残りの理由があるようです。

ついでに気づいたことを忘れないように書いておきますと、そのブランドのシリーズ(米国系)は、これまで主として使っていたスーツのブランドのシリーズ(欧州系)よりも、全体的に安い価格帯になっています。

その理由は規模効果だと思います。これまでのブランドは、直営店が1店と、あと、デパート内店舗があるだけでしたが、今日行ったブランドは、比較的大きな直営店がいくつかと、あと、デパート内店舗、合わせて50店舗以上あるようです。なので、デザイン代その他の固定費の償却が小さいのでしょう。

欧州系のブランドの方が、比べてみればデザインは確かに洗練されていますが、わたしのように自転車で使ったり、大きなパソコンバッグと組み合わせて着こなす(?)には、そのプレミアムはもったいないようです。

そして、安い価格帯の方が買える人口が多く、ますます規模効果が働く、ということになるのでしょう。

うーーーん、これはどちらかというと、

日々の・・・

ネタでしたね。備忘録として書いておいて、そのうち時間があったら、向こうに移します。

| コメント (3)

ページの先頭へ

ついでに、ビックカメラで、例のCreative MediaのZEN Stone Plusがどういう扱いなのか、見てきました。

そうしたら、びっくりしたのが、デジタルオーディオ売り場、右向いても、左向いても、i-Podばかり。

申し訳なさそうに、一角にその他のメーカーはすべて押し込められていました。だいたい、i-Pod本体及びそのアクセサリが80%くらいの売り場面積。その他はCreative Media, Panasonic, i-River、Sundiskなどがちまっ、とおいてありました。

一応、それでもZEN Stoneはi-Pod以外では一押しの製品なのか、唯一、non appleの中で特別コーナー(販促Video+モックアップ)がありました。

こりゃ、さすがにみんな、i-Pod買うわけですね。例え、Creative Mediaその他のだいたい倍の値段でも。

ちなみに、子ども(中2)にもZEN Stoneの操作をさせたのですが、ソフトウェアをネットからDLするところ、DLした後のインストールの言語がよく英語が出てくるところ、に嘆いていました。

そう、これもものぐさバリューの一つで、値段の安いものは、自分で手間暇を多少、かけないといけないのでしょう。

それでも、i-Podの値段は、わたしは価格性能比で、他社と比べるとめまいがして買えません。そりゃ、Apple、もうかるわけですね。

類は友を呼ぶのか、特に打ち合わせをしたわけでもなく、わたしの周りはZenかMuVoユーザーが多いです。この人たちはたいがい、Let's noteRシリーズも持っています。淡々と、価格性能で選んでいるのでしょうね。

| コメント (8)

ページの先頭へ

新しい自転車は室内保管です。

自転車を室内保管すると、当然ですが、汚れに気を配るようになります。

なので、いつも磨くので、ぴかぴかです。チェーンの汚れも、マメに掃除するようになりました。

今日は雨なので、汚すのがいやなので、これまでの屋外保管していたロードに乗ったら、ジーパンの裾があっというまに汚れました。

やはり、何をコントロールするかで、いろいろな結果は変わるようです。

あと、これまで自転車を乗り換える度に、前の自転車がママチャリのような乗り心地だと思いましたが、今回も、これまで乗っていたロードが

・タイヤが小さい
・フレームも小さい
・動きがやわらかい

ので、ママチャリのように感じました。

しばらくは、雨がちなので、旧車が活躍するかもしれません。

| コメント (0)

ページの先頭へ

風邪を引くと、家にいる時間が長くなります。

家にいる時間が長くなると、家のアラが目に付きます。なので、掃除機をかけたり、ちょこちょこと片付けをしたりします。

おまけに、風邪でだるいので、外に出て行きたくないので(うちは半径700メートル以内にコンビニがない家なので)、食事もなるべく、家でつくるようになります。

結果、風邪を引くと、なぜか家事労働時間が長くなります。

こういうのを統計数値だけ取ると、

家事時間を増やすには風邪の人を増やすべきだ

みたいになるので、因果関係には気をつけないといけないですね。

| コメント (3)

ページの先頭へ

レビューへの反映時間について、アマゾンから返事が来ました。

まずは自動審査のロジックがあって、それでひっかからなかったもの(おそらく、いろいろなキーワードで重み付けをして、スコアリングをしているのではないかと考えます。過度にほめていないかとか、あおっていないかとか)は即時反映されますが、そうでないものは、いまサイト上では4-5日とありますが、実際には2-3週間かかっているそうです。

なので、私の本に限らず、書いたレビューが即時に反映されなかったときの解決方法としては、下記が考えられます。

・一度削除して、ロジックに通るよう、書き直してみる。
・内容はおそらく、中立的だが、根拠ある意見にする。

といったところでしょうか。実は、私はわりとレビューは自動審査で引っかからない方なので、なにか文章のクセとかが、あるのかもしれません。今度また、機会があったら、分析してみます。

| コメント (4)

ページの先頭へ

今日、無事、キャリア本の出版セミナーが終わり、人生を変えた本について、考え込みました。

おそらく、人生にいちばん影響があったのは、下記の3つの本です。

1.まずはビジネス・ゲーム。24歳の時に読みました。

このお礼の意味を込めて書いたのが、会社でチャンスをつかむ人が実行している本当のルールです。

2.次は、20代後半で読んだと思いますが、7つの習慣です。

これを、私なりにかみ砕いて、まったく違うライフスタイル、生活習慣として著したのが、7つの習慣には足下にも及びませんが、インディでいこうだと思います。

3.最後が、非常識な成功法則です。この本は30代の前半で読みました。

この中で、オーディオブックでの勉強法や、収入への考え方など、いろいろ学びました。ちょうど、神田さんが有名になる前のタイミングでしたが、夢中になって、神田昌典さんの本を読んでいたことを思い出します。

その時の考え方が、必ずしも同じような内容ではありませんが、無理なく続けられる 年収10倍アップ勉強法につながっていると思います。

きっと、私が書いた1-3の本を読んで、あと5-10年後に、同じように影響を受けて、誰かが本を書くのではないかと思っています。その本を読んでみるのが、とても楽しみです。

| コメント (12)

ページの先頭へ

いま、ネイルサロンでペディキュア中です。

スケジュールの都合で、フットとハンドのタイミングが合わず、フットだけやってもらっているので、こうやって、ラップトップでパソコンがうち放題です。

いままで、手も一緒だと、足の方が時間がかかるのですが、ネイルが乾かないのであまりたいしたことができなかったのですが、こうすると、ふつうに時間が使えるので、今回はけがの功名でしたが、次回からは分離して予約しようかと思います。

こういう、Tipsをコツコツと蓄えていくのが好みだったりします。

| コメント (0)

ページの先頭へ

よく、昔のSF映画とかで、コンピュータのついた服を来た人が出てきたと思います。ウェアラブル・コンピュータという概念ですね。

で、ふと思ったのですが、ふだんの私の姿はこんな感じです。

1. ポケットにはUSBでつながる万歩計
2. 腕にはUSBでつながるMP3プレーヤー
3. 背中にはノートパソコン
4. 自転車にはナビソフトと
5. 距離とスピードを測るサイクルコンピュータ
6. 腕には、運動消費量が図れるデジタル時計

そう、そこら中に、コンピュータだらけ。シリコンチップと液晶、バッテリーに埋もれて動いています。

カバンの中には、ほかに携帯電話もデジカメもICレコーダーも入っています。

まぁ、そんなに極端なの人は他にはあまりまだいませんが、きっと、同類がだんだん増えていくのだろうと勝手に思っています。

| コメント (7)

ページの先頭へ

家のポストを開けたら、物欲が一気に萎える郵便物が到着していました。それは、

住民税の納付書

です。

去年まで天引きされていた分ですね。ひゃーーーーー、という感じです。

| コメント (2)

ページの先頭へ

ふと気づいたのですが、自転車にナビをつけてから、体重の減少が加速したような気がします。

理由は簡単で、事前に調査する手間が無くなった+移動に自信が付いた、ということで、以前だと、初めて行く場所や、ちょっと遠い場所などについて、微妙に自転車と迷って、タクシーや地下鉄を使ったところも、自転車で行くようになったからかと思います。

自転車移動(あるいは自動車移動)から、

迷わない

という自信が付くことは、時間の無駄の排除になるだけではなく、健康にもいいのか、と実感した次第です。もっとも、未だかつて、自分の自転車以外でナビが付いているものは都内では出会っていませんので、まだマイナーなのかもしれません。

たまに、自転車に乗っている人に、交差点などで、

あーーー、GPSですか、いいですねぇ

と話しかけられます。

もっとも、ナビはナビで

・自動車しか通れないトンネル(ちゃんと自転車モード設定していても)
・絶対自転車があがれないような坂

などを平気で指定してくるので、頼りすぎは危険です。

| コメント (2)

ページの先頭へ

今日、昼に傘ポンの袋を使って、そのままビルから地下鉄に乗ったので、なんとなく、1日その袋を持ち歩いてしまいました。

で、これ、電車ですごい便利です。自分にもぬれないし、人にぶつかるときにも相手にも迷惑かけないし。畳むよりも楽だし。

けっこう、いつも持ち歩いてもいいかも、と思ってしまいました。

問題は、傘を入れていないときに、ちょっとじゃまだということです。

| コメント (2)

ページの先頭へ

1ヶ月ぶりに、日々の生活・・・、更新しましたので、よかったら、チェックしてください。

| コメント (0)

ページの先頭へ

勉強本の影響でしょうか、このブログの1日のユニークアクセス(違う人という意味)が、だいたいこれまで500人/日くらいだったのが、1,000人/日になりました。

新しくいらしてくださった方は、ぜひ、

日々の生活から起きていることを観察しよう!!

も遊びに行ってみてください。更新頻度は低いですが、コンテンツとしては、おもしろいものをつめたつもりです。

| コメント (0)

ページの先頭へ

ほっておくと、勉強本の話題で埋まってしまうので、別の話もします。

今日は棚卸資産の評価基準の変更について、大学院でディスカッションしてきました。私がプレゼンテーションの当番でした。

会計学には

-理論
-実証

の二つが大きく分けてありまして、日本は前者の学者が9割、後者が1割くらいです。アメリカは半々に近い割合です。

で、私がやっているのは実証で、少数派です。

プレゼンしたクラスは理論の教授のクラスです。いや、目からぽろぽろと鱗が落ちました。同じ会計学とは思えないくらい、視点が違います。

理論の先生はいかに理論的な整合性があって、そうでないところは何が課題か、そういう論点がすぐに目にとまっていました。

私は実証なので、実際に企業がどのように行動し、それが損益や株式にどう影響を与えるのか、そちらばかり気にしていました。

お互いに、ここまで視点が違うのかと言うことで、ほーーーっということになりましたが、いや、会計学の理論について、まだまだ勉強が足りないと痛感した次第です。私のマスターは会計学ではなく、ファイナンスでしたからねぇ・・・。

ファイナンスの中で、とれるだけ会計学は取ったのですが、ばりばりの理論は久しぶりなので、とても楽しいです。もう少し、理論書を読み込まないといけませんね。

| コメント (0)

ページの先頭へ

以前、オーディオブックのブログにblinkという本の紹介を載せました。

これは、人間の瞬時の判断能力がいかに優れているか、という本です。日本語でも第1感という名前で売っています。

さて、今日、出かけようとして、珍しく自転車ではなく、フォーマルな格好に大きな紙袋、そして急いでいたので、家の側の角からタクシーに乗ろうとしていました。

そうしたら、渡ろうとしていた向こう側の、向かいの道路を走っていたタクシーが、こっちにいくのか、と指さしながら、すっと止まるじゃないですか。私はまだ、手も上げていません。

乗ってから聞いてみると、そのタクシーの運転手さん、会社で10年間、売上トップだそうで、その秘訣は今回のように、「だいたい乗りそうな人はわかるから、先に捕まえること」だそうです。

確かに、私はそのタクシーが自ら止まらなかったら、次のタクシーに乗っていたでしょう。どういう人が乗りそうなのか、ということを聞いたら、だいたいわかる、ということで余り詳しくは教えてくれなかったのですが、例えば

・大きな荷物を持っている人
・きょろきょろしながら、じっと一方向を見つめている人
・あまりラフな格好をしていない人

などのようです。おそらく、その運転手さんは経験則からそういうものを頭の中でスコアリングしていて、私を見た瞬間に、

乗る人

という判断をしたのでしょう。

私も今、自分ではだいたいblinkでわかる財務諸表の読み方を、なんとか人にわかるように文字化しようとしているのですが、けっこうたいへんです。でも、その繰り返しでみんなで知恵が共有出るようになるのだから、がんばります。

皆さんも、何が自分の得意なblinkか、考えてみてください。

| コメント (0)

ページの先頭へ

うちに来たことがある人は知っていますが、我が家は、山手線内なのに、どの駅も遠い上、住宅街のまん中にあって、徒歩5分圏内に、住宅以外、何にもありません。コンビニ一つありません。

おまけに、家が坂の頂上近くで、どの店に買い物に行くにも5分以上かかる上、どの方向の店に行こうと、坂を下りて、また上らないといけません。

そうすると、いいことか、悪いことかわかりませんが、以下のような現象が起きます。

1. 家で作れるものは作るようになる

-パンが足りない
-小腹が減った
-甘いものが食べたい

などなど。例え3時間かかっても、食パン一つ買いに行くくらいだったら、作業自体は総計20分もかからないので、粉を用意して、作った方が楽です。小2の娘ですら、自分でマドレーヌだの、クッキーだのを作るようになりました。

2. 外食にいかなくなる

出かけるついでならいいのですが、わざわざとなると、かなりハードルが高いです。坂を上り下りしているうちに、自分でつくったらできてしまうので。

3. 食材が余ることが少なくなる

外に買いに行って、野菜やお水などは坂を上って持って帰るのがたいへんなので、ギリギリまで使い切る習慣ができます。

もともと、私は日常の買い物や外食が好きでないので、そういうものに拍車がかかるわけです。

なんか、書いていて、だんだん、「いったい自分はどんな僻地に住んでいるんだろう」と考え出しました。もっとも、出不精になっているというほどではないし、坂の上り下りで足腰は鍛えられます。

とはいえ、次に引っ越すときには、坂の上でないところにするのと、あと、手軽に買い物ができる店のそばにしようかなぁ、と少し考え始めているところです。

環境が生活を変えるのか、あるいはこのような習慣があるから、こんなところで車なしでくらせるか、どちらかでしょう。周囲の家はみな、車を1台または、複数台もっているようです。というか、車ですむことが前提になっている街の構造のような気もしてきました。

つくづく、インターネットができて便利になったと思います。インターネットがなかったら、さすがの車嫌いの私も、ここだと車を買っていたかもしれません。

| コメント (7)

ページの先頭へ

ちょっとおもしろいことがあったので、忘れないように、日々の・・・を更新しておきました。

ものぐさのコスト

ぜひ、ご覧ください。

| コメント (0)

ページの先頭へ

家でここ5年くらい、キヤノンの複合機を使っています。レーザープリンターとファックスが一体型のものです。

トナーがなくなりそうだったので、この前の取り替えは純正トナーを使ったのですが、今回は、試しに、リサイクルトナーを注文してみました。純正トナーとリサイクルトナーの価格差は4倍です。

今日、純正のトナーが切れたので、さっそく、リサイクルトナーに入れ替えてみました。で、印刷の続きをしたら、

あれ、
あれれ、

薄文字がかすれるのです。また、微妙なグラデーションは白黒では、うまく表現できません。色むらもあります。リサイクルトナーの説明書には、印刷していくうちによくなる、みたいなことが書いてありましたが、何枚印刷しても、状況は変わりません。

濃度に問題があったら、プリンターのプロパティから調整するように、みたいな指示もありましたが、あまり、いじりたくありません。

で、私はこういう品質は気にする方なので、あきらめて、純正トナーを再発注しました。理由はおそらく、ドラムが劣化していることと、あと、トナーの粉の品質がかなり違うのでしょう。

昔、インクジェットで同じ失敗をしたことを思い出してしまいました。まぁ、それくらい、品質差がなければ、だれも純正品なんて買いませんからねぇ・・・。

| コメント (1)

ページの先頭へ

今日も元気に自転車(ロードバイク)に乗っていたら、割と大きな交差点付近で、目の前のタクシーのドアが開いて、接触して、自転車ごと横転しました。

ぶつかった相手がいい人で、名刺もくれたし、何かあったら連絡を、といわれたので安心しながら、すりむいた右手・右足をかばいつつ、ハンドルの曲がった自転車をとぼとぼと押して、最寄りの自転車屋さんにもっていったら、悲しいことに、月曜日は定休日でした。

そこで、もうすこし歩いて、家の近所の、ふだん子どもの自転車を整備してもらっているところにもっていったところ、驚きの事実が。それは、私のロードが、かなり状態が悪かった、ということです。具体的には、ハンドルも、ブレーキも、締めるべきところがしまっていなかったり、ワイヤーの長さが足りなかったり。

とりありず、今日はほとんど閉店間際に行ったので、応急処置だけしてくれて、明日、もっと長く見てくれるそうですが、応急処置をしてもらっただけでも、「え、この自転車、こんなにブレーキが効いたの?」というくらいの変化です。

来たときから、妙にブレーキが効かないなぁ、これはMTBからロードになったせいか、と思っていのですが(一応、すぐに買ったお店にも電話をかけたら、そんなものだと言われた)、なーーーんだ、ちゃんと整備すると、効くじゃないですか。

すると、これまで、何回か事故っていた主因はブレーキが間に合わなかったと言うことなのですが、では、事故らなくていいものを事故っていた可能性アリ??

これまで、このロードは何回か、複数のお店に修理やその他の調整に出していたのですが、このような指摘は初めてで、ほんと、信頼できるお店は大事だと反省しました。

とりあえず、ハンドルの高さを上げてもらって、ブレーキを調整してもらっただけでも、ずいぶん楽になりました。いやぁ、ぶつかってみるものです(違うか)。

| コメント (2) | トラックバック (0)

ページの先頭へ


誘惑される意志 人はなぜ自滅的行動をするのか

最近久しぶりにおもしろいと思った本なので、紹介します。

いわゆる双曲割引、すなわち、人間は遠いことは思いっきり割引して考え、近くに来るとあわてて実感する、という仕組みを通して、なぜ、人間がお酒・タバコ・ギャンブル・甘いものなどに対し、自滅的な行動を行うのか、ということを示しています。

内容はやや冗長な部分もありますが、こういう話が好きな人には、とてもおもしろい本だと思います。

| コメント (0) | トラックバック (1)

ページの先頭へ

2月いっぱいに出す予定にしていた退職案内、まだ出せていません。

今晩、やってしまおうと思って、夜の11時くらいにはがきを買いに行きました。

まずは1.5キロ先の夜間郵便局からチャレンジ。ここは在庫は300枚。

あとは、コンビニを3軒。それぞれ、230枚、80枚、そしてあとは残りをGetしました。

だいたい、コンビニは100-200枚、夜間郵便局は300枚くらいしか在庫がないようです。

以上、いらない豆知識でした。

| コメント (5) | トラックバック (0)

ページの先頭へ

本を整理したので、ついでに並べ替えもしました。そうすると、何の本が多いかよくわかります。

圧倒的に多いのが、投資関係の本。まぁ、これは長年、仕事にしているので、当たり前といえば当たり前ですが。これで本棚が3-4段、埋まります。

会計の本や経済の本も、それなりに多いです。特に、会計関係の本は、かさばるので、スペースを取ります。事例集とか、実証研究書とか。

あとは、科学系の読み物とか、マーケティング関係の本とか、組織系の本とか。意外と最近増えているのが、労働系や人口学系の本です。

自分でも意外だったのが、心理学やカウンセリング系の本も、けっこうたくさんありました。あと、最近のマイブームである、統計学やデータマイニングの本も増えています。一応、育児書も少しはあります。

で、ないものはなんだろう、と思ったら、たぶん、以下のカテゴリーがほとんどないんですね。買わないわけではないのですが、買ってもとっておかないので、本棚に残らないのでしょう。

・小説
・新書
・美術関係の本(デザイン系は多少はありますが)
・エッセイ
・家事や裁縫、旅行などの実用書

あとは、本と同じくらいのスペースを、AuidobookやDVDのセミナーBookが場所を取っています。

夢は、本を捨てなくてもいいくらい、一フロアまるまるの、移動書庫本棚を作ることです。地下室か何かにして、ついでに、大きなプロジェクターで映画とか音楽とか映せるようにして、ぼーーーっと一日、本を読むわけです。

ちなみに、私のあこがれの人はピーター・バーンスタインです。証券投資の思想革命―ウォール街を変えたノーベル賞経済学者たちとか、リスク〈上〉―神々への反逆とか、こういうものが書けるようになったら最高ですね。

あと、マルコム・グラッドウェルも好きです。第1感 「最初の2秒」の「なんとなく」が正しいの原書の方のblinkとか、何回もうっとりと、読みました。

ちなみに、blinkのレビューは、Jさんからいただいて、CD、テープを聴いて勉強しよう!!の方にありますので、興味かある方は是非、どうぞ。

バーンスタインのriskはあいにくCDのAudiobookがなかったので、カセットの中古を輸入して、MDに落として、聞いていました。また久しぶりに聞いてみようかと思います。

日本人だと、こういうの、歴史やデータに基づく重厚な読み物を書く人って、あまり思い浮かばないですね。この系統で、なにかお勧めの本や著者がいたら、ぜひ、教えてください。

| コメント (0) | トラックバック (0)

ページの先頭へ

いったん片付け、掃除を始めると、他の汚いところが気になって、掃除の無限ループに入ります。

うっかり、一部屋片付けると、他の部屋の汚さが気になって、リビングに山積みになっていた、仕事の書類を処分しました。

あと、手元にすっかりたまっていた、各種論文のプリントアウト、レジュメなんかも、ほとんど捨てました。45リットルゴミ袋、だいたい今日のゴミが6つくらい。いったい、どこに詰まっていたのやら・・・。

とりあえず、広くなって、出現した書斎で、広瀬香美のDVD聞きながら、少しずつ、家の仕事環境もいい感じになってきました。

ちなみに、書斎の自慢は、少し高めのステレオコンポでして、テレビはまだ薄型ではなくても、DVDの音を、こちらのアンプ+大型のスピーカーを通すと、なかなかいい、臨場感です。

問題は、この部屋、冷房がないんですよねぇ。夏になったら、またそれはどうするか、考えます。

| コメント (2) | トラックバック (0)

ページの先頭へ

毎週日曜日は、スポーツクラブに行っています。

もう、この、たった1時間のスポーツクラブの運動に行くのが、それはまた、至難の業。毎回、寸前になると、いろいろいいわけを考え始めます。

「今日は疲れているから」「今日はおなかが痛いから」「今日はあとで用事があるから」
などなど

それでも、何とか行くのは、トレーナーの方の予約が入っているからです。そして、けっこう重いウェイトでサーキットトレーニング。1時間、みっちりです。

このときはいつも、「勉強しようと思うんだけれどもなかなか時間がとれない」とか「勉強しようと思うんだけれども、なかなか続かない」と嘆く人たちの気持ちが痛いほど、よくわかります。私にとっては、勉強とスポーツを入れ替えればいいのですから。

それでも、少しずつ、体重が減ったり、筋力が付いてきているのでなんとか続けていますが、そんな感じを勉強の方でも成果として見えるような仕組みがあればいいのでしょうね。

勉強本も書こうと思っているのですが、自分のスポーツの体験が本当によく役立ちます。しみじみ。ちなみに、自転車は、私にとっては合理的なので、運動のうちに入らないようです。うーーーむ。

| コメント (3) | トラックバック (0)

ページの先頭へ

ちなみに用事とは、

・ネイルサロンで爪を切ってもらう
・美容院で髪を染めて切って、眉カットをしてもらう

でした。

とにかく、それをしないと、とても社会復帰できるような状況ではなかったので。特に髪の毛・・・。さっぱりしました。

| コメント (0) | トラックバック (0)

ページの先頭へ

今回、もともと風邪気味だったところに悪化をさせてしまったのは、お葬式に間に合わせのポリエステルの喪服で参列して、寒かったからではないかと思っています。

風邪気味でなければたいしたことはなかったとは思うのですが、とにかく、ポリエステル素材のものは普段着ることが少ないので、「あーー、そうだった。寒かったんだ」と現地に着いてから気づいた次第です。

ここ数年、少しずつお通夜・お葬式への参列の機会が増えてきました。めでたい席と違って、だいたいせいぜい2日前、多くの場合は前日に知らせがあるので、知らせを聞いてから装いを整えるのは大変です。

これからまだ、参列の機会は多いと思いますので、自然素材のブラックフォーマルをコートと共に、しっかり用意しておこうと思います。風邪が治ったら、デパートに買いに行きます。

みなさんも、ぜひ、暖かめのブラックフォーマルはご用意ください。

| コメント (2) | トラックバック (0)

ページの先頭へ

ウィルス性の感染症は、熱の動きがあるようで

朝は低く
昼から夕方にかけて上がりだし
夜にピーク
翌朝はまた下がる

ということのようです。

どうりで、今日の午前中はコンビニまでてくてく行けたわけです。夕方くらいから38度以上に再びなり、そのまま沈没しています。

いろいろ検索しましたが、前から知っていましたが、ウィルスに効く風邪薬はありません。抗生物質・解熱剤・咳止めは害の方が大きい。強いて言えば漢方薬がいいらしいですが、これも、ちゃんと専門医の診断が必要です。

というわけで、何を置いても自然治癒が一番。枕元に、ティーポットにポカリ入れて、飲んでいます。

明日はクリスマスプレゼントを子どもたちと買いに行く予定だったのですが、高校生の長女と小学生の三女と二人だけでいってもらうことにしました。残念。

| コメント (5) | トラックバック (0)

ページの先頭へ

みなさん、温かいことばをありがとうございました。

昨日の夜が熱のピークだったようで、朝は少しすっきりして起きました。今日も、予定は全部キャンセルで、家にいることにします。

気分的なものかもしれませんが、38度台だと、寝てなきゃーーー、という気になりますが、37度台になった瞬間に、なんか寝ているのがもったいないような気がするのは、貧乏性でしょうか。

とりあえず、シーツと枕カバーを取り替えて、すっきりです。布団カバーも洗いたいところですが、もう少し、体力が戻ってからにします。

たいへんだったのは、ベッドの上にたくさん本を置いていたことでしょうか。20-30冊くらい、いつの間にか貯まっていました。極力本棚に戻しましたが、まだまだ寝室が本だらけです。

お正月用に、みかんをたくさん買ってあるので、ビタミンをとってから、また休むことにします。難しいのが、休んでいるとそのまましなければならないことがなくなるわけではなく、あとの日程に伸びるだけなので、正月明けがどうなるのか、いまから心配です。

でも、とりあえず、寝ることにします。肩胛骨の内側が痛むのは、どこか悪いんでしたっけ?

| コメント (0) | トラックバック (0)

ページの先頭へ

このブログ、けっこう短時間でデザインしたので、余りテンプレートが凝っていません。

で、ふと、自分のブログとmixiを行ったり来たりしているときに気づいたのが、

「あれ、このオレンジ、ひょっとしてmixiに似ている?」

自分の写真もおまけに同じものを使っているので、一瞬、どっちにいるのか分からなくなります。

うーーーん、mixiを変えるのは難しいので、自分のブログの色を変えましょうか。

それでも、多少、カスタマイズしているので、面倒と言えばめんどうなんですよねぇ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

ページの先頭へ

私の同級生のデザイナーの友人が開発したキャラクター、ヒコペンです。

そして、なるほどーーー、と思ったのが、このキャラに共感する人って、なぜか、思いっきり、同世代が多いそうです。たぶん、その世代ごとに、共感する雰囲気ってあるんでしょうね。

私が音楽では、比較的TK系を好きで、そして、TKの人気がだんだん落ちていったのも、よく音楽を聴いていた20代の頃の共感していた世代の人たちが、みんな結婚したり、子供が生まれたりして、J-POPを聞かなくなったせいではないかと思います。

これは、マーケティングではコーホート効果と言うそうですが・・・。ちなみに、私の好みは、年上の兄弟がいたせいで、やや上の世代に近いようです。

| コメント (2) | トラックバック (0)

ページの先頭へ

今日は出先で、一人でお昼でした。少しずれた時間帯だったのと、あまりなじみのない街だったので、訪問先の向かいのビルのレストランに入りました。

地下の感じのよいレストラン。前菜のお総菜は取り放題らしいです。そして、ランチメニューを見ると、魚、肉、カレー、ステーキなどのセット。

取り放題のお総菜、メイン、かやくご飯、汁、これにデザートと飲み物がついて、1,000円から1,300円。

私は説明を聞いたときに、真っ先に実は、しまった、と思いました。というのは、このフォーマットで、その値段で、しかも都心のレストラン。これで利益を上げる方法はただ一つ。

「食材の値段を下げること」

だからです。で、嫌な予感は的中で、久々に、全部食べきることができませんでした。

頼んだ瞬間に、ランチの魚は出てきました。つまり、かなり、大量に作り置きをしている、ということになります。加えて、魚はもっとも安い種類の白身を煮たものに簡単な味噌味。付け合わせはもやしとタマネギなど、原価が安い野菜ばかり。

かやくご飯も、おそらく業務用のできあいの混ぜ材料で炊いているものでしょう。スープも、リケンのわかめスープと同じ味でした(そのものだとも思えます)。分量を増やすためか、柔らかめに炊いてあって、お米はべしゃべしゃでした。

付け合わせの取り放題のお総菜もおいしくないので、山のように盛られていますが、誰も、積極的には取りに行っていません。

そして、あまりにも???だったので、なぜか、この店は無線LANはあるので、検索してみましたら、なるほどーーー、某大手のビール・居酒屋チェーン店の別フォーマットでした。いろいろ、目先を変えて試しているわけですね。

ちなみにオープンしてから2年半たっているそうです。まぁ、ランチだけではなく、夜と合わせて採算を取っているのでしょうから、昼だけでは判断できないかもしれませんが・・・。

もっとも、無線LANがあることだけは評価が高いので、今度は、カレーでチャレンジしてみましょうか・・・。

| コメント (2) | トラックバック (0)

ページの先頭へ

Small_100_0421

月曜日は、猪口前少子化担当相を囲んだランチでした。

先週、エイボンの授賞式で初めてお会いしたばかりなのですが、ランチが偶然、その1週間後でした。

少子化担当相時代の施策について、わかりやすくプレゼンを受けましたが、特に目鱗だったのが

「少子化の問題を主流化した」

と繰り返し、おっしゃっていたことです。

本当にその通りで、個別の問題を解決することも大事ですが、それが問題である、ということを広く社会に認識してもらうことの方が、より大事ですので。

まだまだこの主流化、深掘りする余地があると思いますので、微力ながら、この課題の主流化に向けて、せっかくメディアに発信していける機会が多いので、努力していこうと思いました。

以前、アエラのインタビューでそのようなことをお伝えしたことはあるのですが、その時には主流化、というわかりやすいキーワードは使っていませんでしたので、ぜひ、今後使わせていただきたいと思いました。

| コメント (0) | トラックバック (0)

ページの先頭へ

前に予告したとおり、ネイルを復活しています。

1週間に1度、主にスポーツクラブの帰り道に塗り替えていますが、以下の効用がありました。

1. パソコンがやや打ちにくくなる
→必要以上にパソコンを使わなくなるので、肩こりが多少良くなる

2. 話題が増える
→週に数回くらいは、男女を問わず、聞かれるでしょうか

デメリットはうーーーん、やはり手先が多少、不器用になります。

あと、自爪にしてはかなり伸びてきたので(指先+5mmくらい)、自爪というと、けっこうへぇ、と言われます。

これくらい伸びると、1週間で伸びるのはせいぜい1-2ミリなので、1週間たっても、ほとんど1週間前と塗っているところと塗っていないところのバランスが変わらないので、塗り替えるのはもったいないのでは、と言われます。

でもまぁ、気分転換にいいので、とりあえず、この週1ペースはしばらく保とうかと思っています。

もっとも、ネイルをしていても、すぐに自転車油で汚れてしまうのですが・・・。

| コメント (2) | トラックバック (0)

ページの先頭へ

タイトルは、最近私がよく、TRFを聞いていることに対して、次女が尋ねた言葉です。「そう言う音楽、よくあるじゃない」

まぁ、TRFがはやった頃、次女はまだ小学生にもなっていなかったので、当然の質問ですが、

「あのね、最近ありふれているのは、このTRFと小室哲哉が、このサウンドの形態自体をはやらせたんだよ」

と答えました。

「どのくらい人気あったの?」

というので、

「今のKAT-TUNとか倖田來未より売れていたんだよ」

といったら、

「ふーーーん」

という感じでした。

でも、芸能ネタが好きな次女、TRFの復活のニュースはそれなりに耳にしているようで、ただ、今ひとつ、新鮮みがなかった、という感想のようでした。

音楽はほんと、長く売れ続けるのは至難の業ですね。

| コメント (2) | トラックバック (0)

ページの先頭へ

さっきから、香港のホテルのホットスポットで仕事をしているのですが、指がタッチパッドだと疲れるので、マウスをつなぐことにしました。

で、光学式マウスなのですが、どうもよく、動かない。なぜだろう、と考えたら、そう、このテーブル、ガラスなので、光が突き抜けちゃうんですね・・・。

なので、下に本を敷いて動かすようにしたら普通に動きましたが、ちょっと、おかしかったです。ボール式なら関係ないんですけれどもね、ガラスでも、そうでなくても。

| コメント (2) | トラックバック (0)

ページの先頭へ

最近、気づいたのですが、なぜ、ワークアウトして、自転車乗って、やせないのか。

やはり、1週間に、3-6回、フルコースに近いランチ or ディナーがあるせいかと思います。

逆に、運動していない同僚その他は、同じ生活をしていると、どんどん太っていくわけで。

要は、仕事柄、カロリーの過剰摂取になりがちなんですね。

なので、カロリー摂取も減らさないといけないようです。とりあえず、フルコースのランチの日は、夕食を抑えるようにしようと思います。

え、当たり前だって?

今日は無事、スポーツクラブでワークアウトしてきました。昨日はダンベルもしたので、目指せ、今週はスポーツ皆勤賞(自宅 or スポーツクラブ)ということにしたいと思います。

| コメント (10) | トラックバック (0)

ページの先頭へ

今日は近所に買い物に行くのに、ロードバイクだと買ったものをかける場所がないので、ひさびさにMTBを引っ張り出して、空気を入れて、乗ってきました。

いや、何がびっくりかというと、久々にMTBにのると、いやぁ、これはママチャリか、と言うくらい、ロードと乗り心地が違う。

-前傾姿勢をほとんどしなくていい
-サスペンションがいいので、がたがたしない
-ブレーキがよくきく
-ペダルが軽い

その代わり、まぁ、スピードも出ないのですが、のんびりサイクルにはMTBもいいなぁ、なんて思いました。

| コメント (2) | トラックバック (0)

ページの先頭へ

今日もしつこく、スポーツクラブに行ってきました。

で、思ったのが、なぜ、スポーツクラブに太っている人がほとんどいないのか。

仮説1
運動していくうちにやせる

仮説2
太っている人は、すぐに脱落してこなくなる

仮説2に10票!!

| コメント (8) | トラックバック (0)

ページの先頭へ

月末に夏休みを取りますが、子どもたちに「北海道に行きたい」とせがまれていました。

で、あーーー、どこか予約取らなきゃなぁ、なんて思っていたら、いつも見逃しているJALマイレージのDMが来ていて、そこに一行、

【JMBツアー】まだ間に合う!8月~9月の海外旅行★レイトサマーセール★北海道リゾート/沖縄

だそうで、思いっきり、クリックして、そのまま予約してしまいました。

いや、おもしろい。こんな、メールDMなんて効果あるのかなぁ、なんて思っていたのですが、そういうきっかけ作りにはなるんですね。

というわけで、月末にニセコに行ってきます。2泊3日、飛行機とホテル、レンタカーだけの手配のツアーなので、あとはどうするか、自分で決めないと。

| コメント (5) | トラックバック (0)

ページの先頭へ

ヨーロッパにいるときにはなぜか髪がまっすぐでまとまりやすく、へぇ、カットが落ち着いたのか、なんて思っていました。

ところが、日本に帰ったら、あっというまにくりんくりん。

そう、単に湿度の差だったんですねぇ・・・。

というわけで、日本はくせ毛の人はたいへんです。

| コメント (2) | トラックバック (0)

ページの先頭へ

ネイティブの人には当たり前でしょうが、ついつい、ハーブティーください、といってしまって、???という顔をされるので、Herbal TeaとかCamomileとか言い直すと、わかってもらえます。

ちなみに、カモミールも日本語で、英語の発音はキャーモメーユという感じでしょうか。カタカナでカモミール、といっても、まず通じません。

というわけで、BAのラウンジはいろいろハーブティのティーパックがあって、なかなかGoodです。

そろそろ、飛行機に乗り込みます。

| コメント (3) | トラックバック (0)

ページの先頭へ

先週の金曜日、会社でおもしろいトレーニングがありました。

いつものようにプレゼンテーション・トレーニングなので、またか、という感じだったのですが、意外とおもしろかったのが、以下の二つです。

1. ゆっくり話す必要はないが、「間(Pause)」を積極的に活用すること。

要は、プレゼンをする方が、話し続けると、相手がものを考える暇がなくなり、厭きてくるそうです。

2. ポイントを絞って、極端なくらい、簡単にすること。

どうせ、頭に残らないのだから、言いたいことをものすごく絞って、そこだけ説明します。

簡単に実践してみたら、確かにわかりやすくなった、と受けがよかったです。

みなさんも、お試しください。

| コメント (8) | トラックバック (0)

ページの先頭へ

例の頭を鍛える・・・のソフトを子どもたちと競ってやっています。

子どもたちにかなわないのが、3分間、三文字の言葉を30個覚えて、それをまた再現する、というテストです。これは、圧倒的に娘たちの方が得意。単純数字系はいい勝負、複雑数字系は少しだけ私の方が得意。

というわけで、ただいま脳年齢21歳となりました。最高の20歳までは後一歩。娘たちは、長女(高1)が21歳、次女(中1)が22歳だそうです。

英語漬けの方は一応、S。あまり難しい単語も、ディクテーションもでないので、ちょっと物足りないかも。でも、前置詞とかの復習には役立ちます。

| コメント (0) | トラックバック (0)

ページの先頭へ

今朝は、どうも寝違えたのか、左の首筋から肩にかけて、痛みがありました。

金曜のPM 9:40、さあ帰ろう、と思ったら、今日は飲み会だから行かないか、という誘いがありました。で、ふだん、飲み会にはほーーーんとに出ないのですが、娘二人に電話して許可をもらって、出てみることにしました。

これが首の寝違えには大正解で、大声出して(店がうるさかったので、会話に声が必要)、いろいろな雑談して、いろいろ笑ったら、首の痛みがすっかり取れました。

というわけで、皆さん、調子が悪いときには是非、笑いが万能薬なので、試してみてください。って、自分でもそのこと、本に書いていたような・・・。

| コメント (0) | トラックバック (0)

ページの先頭へ

というわけで、トークショーの中で出た話の一部を日々の・・・のブログにまとめました。

なかなかまだ、これだ、という解がなく難しいのですが、少しでも多くの企業が、女性を活用することで、よりもうかるようになるお手伝いはしたいな、と思っています。

| コメント (4) | トラックバック (0)

ページの先頭へ

というわけで、自覚的には、ほぼ痛みがなくなりました。ここで油断すると、よくないことになると経験者の方々にさんざん脅されているので、あまり安心しないようにしたいとは思いますが・・・。

ぎっくり腰になって、よかったなぁ、と思ったのが、以下の2点です。

その1
肩こりは骨格のゆがみも結構あるので、マッサージとかの対処療法だけではなく、ちゃんとゆがみをとるような体操をするように、心がけること

その2
もっともっと歩かなければ、と思ったこと。やはり、自転車ばかり乗っていると、大腿筋は発達しますが、腰の筋肉が衰えるようです。これまで、雨の日もだいたい自転車に乗っていましたが、雨の日は積極的に徒歩に切り替えます。

ちょうど1年くらい前、自転車で転んで左手小指の突き指をしたときには、ちょうど右手の親指の腱鞘炎が同時に発見され、無事治すことができたので、今回もまぁ、怪我の意味がなにかあるのかなぁ、と思っています。

| コメント (2) | トラックバック (0)

ページの先頭へ

韓国は、PHSがないので、私のノートパソコンは日中はネットにつながらなくなりました。

で、通信機能がないパソコンを持ち歩いていると、なんか、重さの方が実用性よりも上回るので、あーーーこれは持ち歩かないかも、と思いました。

韓国も、香港も、アメリカも、日本のような、定額制の無線のカードのサービスはないと言っていましたし。

うん、ふだん日本でどっぷりとつかって、当たり前のようになっていたPHS定額制のありがたさを、いまさらながら、わかりました。

そう、携帯メールも携帯電話も滅多に使わない私にとっては、ノートパソコンが普通の人の携帯電話みたいなもんだったんですね。納得。

ちなみに、タイと台湾は、PHSが音声もデータも使えるようです。

また、韓国内では、ホテルの部屋に備え付けの携帯電話があって、これも日中便利でした。

| コメント (0) | トラックバック (0)

ページの先頭へ

今日のお昼、夜は食事をしながらのミーティングでした。

どちらも韓国なので、韓国料理でしたが、これが、おいしい。

まぁ、地元の人が選んでいて、地元の人を招待しているので、当然といえば当然ですが、なかなか感動です。

昼は、食べきれないくらいのキムチやサラダ、副菜と、ブルゴギにごはん、味噌汁。

夜は、コース料理だったのですが、辛いものも、そうでないものも、いろいろあって、みんなおいしい。

〆が、かに肉とかに味噌にまぶしたご飯で、ちょっと生臭いので、外国人は食べない(食べられない)人が多いということでしたが、香港の同僚と私がどちらも、ちゃんと全部食べたら、お店の人が喜んでいました。

しかし、一日車で移動して、昼も夜もこんなに食べたら、まずいなぁ、と思います。わはは。

| コメント (2) | トラックバック (0)

ページの先頭へ

パソコンにアトラス、という地図のソフトを入れているので、スポーツクラブと家の最短距離を検索してみました。

私が知っている行き方だと3.2キロになりますが、ちゃんと最短距離で行くと、2.7キロになるようです。

三角形の二辺をいくような感じだったので。

パソコンのソフトの方が賢いと、ちょっと悔しいです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

ページの先頭へ

例の、私が出る5/27のトークショーですが、なぜ無料なんだろう、と思ったら、この主催者に会員登録しないといけないんですね。

なるほど、会員獲得コスト、だったのか。

こられるのは200人らしいけれども、何人くらい応募するんだろう。

今日の日経にもこのセミナーの広告が出ていました。

あとは協賛のベネッセがどの程度負担するかで、この会員獲得コストが変わるようなスキームですね。

200人も募集するのに、申し込みが5/10までとなっていますから、けっこう応募があるとおもっているのでしょうか。

おもしろいなぁ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

ページの先頭へ

日曜日の晩ご飯は、だいたいカレーかシチューです。なぜか。

・毎週火曜日に生協が届くので、日曜日は食材が少ない
・子どもたちがいやがらない
・汚れる皿数が少ない
・時間がかかるので、平日は作りにくい

で、あまり続けすぎると、特に食にうるさい長女なんかがいやがるようになります。

というわけで、今日もクリームシチューです。

| コメント (1) | トラックバック (0)

ページの先頭へ

自分の仕事ややっていることをひと言で表すとなんだろう、と思うと、やはり「メディア」というのが一番近い気がします。

・まずは取材。とにかく、自分の関わりある仕事のデータをとり、観察し、会社に訪問し、会社に電話し、専門家を訪ね、の繰り返しで情報収集。
・その情報収集の結果をレポートにまとめて、だいたい週に3-5通くらい、発信。(ブログは含んでいません)
・ひとつの情報を元にした発信が、数百名~数千人単位(システムからの自動配信、ボイスメールなど)に届く
・持っている情報への問い合わせに、一日少ないときで5人、多いときで15人くらい(それ以上になると、こちらの処理能力がパンクして答えられない)に答える。
・また一回りして、その情報に対して、メディアの取材が入ってそれが新聞、雑誌、テレビなどのマスメディアに流れていったりする。

ほとんどが本業の流れですが、ムギ畑等の「女性支援」や、CD/テープでやっているような「生涯学習」に近いネタについても、それなりの頻度でメディアの方から聞かれ、その結果が載ったり、流れたりします。

そして、この繰り返しが、結局なににつながるのかなぁ、と思いつつ、その流れに身を置いています。結局、情報がどんなに豊富でも、それを選択して、解釈して、流す、という作業はシステムでは代替できない部分が多いせいですね。

毎日、どうやったらもっと生産性が上がるのかなぁ、と悩んでいますが、まだまだ難しいです。一度、やはり情報処理の抜本的な勉強をどこかでしてみたいです。どこで学べばいいのか、ご存じの方がいたら、教えてください。

| コメント (0) | トラックバック (0)

ページの先頭へ

今朝からロードバイクで出勤しました。

だいたい20分が17分ですから、15%程度、時間短縮したことになります。

平均時速が感覚的に20-30%増しですから、信号の待ち時間等を含めると、ちょうど計算が合います。

とはいえ、未だにドロップハンドルのブレーキに慣れません。私の手の大きさだと、ちょっと手が疲れます。

まぁ、時速40キロ近く出しているときに、急ブレーキを踏むとひっくり返るおそれがあるので、車と同じく、ゆっくりとかける、ということに慣れないといけないのでしょうが。

もう少し乗りこなしてみて、だめそうだったら、ハンドルを取り替えることも検討します。

| コメント (0) | トラックバック (0)

ページの先頭へ

きのう放映された、NHKの「日本の、これから」ですが、ムギ畑も一部協力していましたので、興味深く放映を見ていました。

テーマは男女共同参画、です。

男女の分権も、社会デザインの中で決まってくることですから、それぞれの社会制度やテクノロジーの発展段階に応じて、いろいろな制度も変える必要があるのでしょう。

何はともあれ、柔軟性や流動性を保証するようなスキームに動かす必要があると感じました。

| コメント (0) | トラックバック (1)

ページの先頭へ

暇になると、やはり、何かやりたいことを見つけるのが人間のようで、

で、ほんとうはもっとめんどくさいやりたいこともあるのですが、とりあえず、掃除に今朝から走ってみました。

・インコの小屋2つを掃除
・自分と子ども3人のシーツと枕カバー取り替え
・トイレ掃除
・風呂掃除

といったところでしょうか。

掃除は、一種の現実逃避なのかもしれません。

| コメント (2) | トラックバック (0)

ページの先頭へ

というわけで、違う機種のOSを入れたのでスタンバイにならないR3ですが、ふと思いついて、休止状態にしてみたら、無事、こちらは動きました。

なので、短期間であれば、それなりに乗り切れそうです。

パソコンは奥が深いです。しみじみ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

ページの先頭へ

ネットワークを直すついでに、Firefoxのアドレス解決をしています・・・が長いのがうっとうしいので、原因を調べてみました。

すると、IPv6が優先して検索されるので、この機能を無効にしないといけないようです。

さっそく、about:configの中のnetwork.dns.disableIPv6をtrueにしてみました。

少しはさくさく動くようになりました。

Firefoxが遅いと悩んでいる方、お試しください。

| コメント (0) | トラックバック (0)

ページの先頭へ

今朝は、仕事で、都内のホテルでブレックファーストミーティングでした。今も、そのホテルのレストランからこのブログを書いてきます。

まぁ、見渡すと、外国人比率70%くらい。どこの国にいるんだろう、という感じです。

おそらく、たかだか朝ご飯に、サービス料をいれると2,000円を超えるので、日本人はホテルで食べないのでしょう。ちょっと外に出れば、500円くらいでおいしく食べられる方法はいくらでもありますから。

今日はお昼もミーティングなんですよね。食事をしながらのミーティングは1日1回まで、とかにしないと、なんか、食に対する意識が薄くなりそうです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

ページの先頭へ

昨日の夜、10時半頃に、夕刊のテレビ欄を読むとはなしに、ぼーーーっとみていました。

すると、突然、とある番組欄の中から、下記のような文字が目に飛び込んできました。

「東大卒エリートサラリーマンの地位を捨ててインターネットの野菜の通販会社を設立した社長」

私の知り合いにこんな人がいて、たぶん、こんな人は世の中に二人といないよなぁ、と思って、あわててテレビをつけてみると、やはりOISIXの高島さんがテレビに映っていました。

で、すごーーーい個人的に感動したのが、こういう、無意識から意識に情報を持っていくときのフックの強さ、です。

ほんと、文字通り、新聞をめくるついでに、テレビ欄はぼーーーっと眺めていただけ、なんですね(普段テレビを見ないので)。でも、ちゃんと、無意識の中で読んでいるんですよね。

子どもと無駄話をしながらリラックスしていたので、そういう頭の動かし方もそうだったのでしょう。

やはり、物事の認知の仕方はおもしろい、奥が深い、と実感した出来事でした。

| コメント (2) | トラックバック (0)

ページの先頭へ

少し前になりますが、水曜日の休日に、長女の学校の集まりに行ってきました。

毎年、その学校の校長である、高名な教育者の方が講演をしてくれるのが楽しみでいっています。

今年の講演もおもしろかったのですが、一番ほーーー、と思ったのが、

「早寝・早起き・朝ご飯」

の大事さ、です。

これは何かというと、要は文科省その他で情動、どのように心と体の動きはつながるのか、という研究成果として、顕著に出たものが朝ご飯の重要性だったと言うことです。

脳幹に栄養が行かなくなることで、不可逆な変化が起きるのだとか。その結果、キレる、という状態につながるようです。

早寝、早起き自体は逆に、朝ご飯を食べるための手段だと思ってください、とまでいっていました。

というわけで、今は子どもに朝ご飯、朝ご飯、とうるさくいっています。

| コメント (0) | トラックバック (0)

ページの先頭へ

毎日乗っていると、だんだんと自転車の行動範囲が広くなってきます。

今日は、家から10キロくらいのところまで往復してきました。だいたい、片道45-50分くらいでした。

もう少し速い自転車を買おうか、あるいは、もっと筋力をつけて、同じ自転車で早く走れるようにするのか、悩むところです。

もっとも、信号待ちもけっこうあるんで、都内だと、1キロ5分くらいがだいたいの限界なんですけれどもね。

ちなみに、引越先の家と、来年2月に会社が引っ越す先のビルの距離はだいたい6キロくらいです。そうすると、30分弱くらいでしょうか。これまでが15分だったので、それなりに体力増強になりそうです。

しかし、体重があまり減らないのはやはりその分食べているから???

| コメント (0) | トラックバック (0)

ページの先頭へ

反復運動過多損傷(RSI)の記事が、Hot Wired Japanに掲載されていました。

そう、そうなんです。実は私も右手の親指がこの症状に5月くらいから悩まされました。原因は、長年の携帯メールの打ちすぎでしょう。パソコンだけだったら、ずっと打っていましたので。

ちょうどそのころ、自転車でひどく転倒して、左手の小指を突き指したので、ついでに見てもらったら、「こちらの方が長引きますよ」と言われたのが、この症状でした。

対策は何ですか、と聞いたら「とりあえず、なるべく休ませることです」とのこと。

しばらくは携帯メールを休み、手書きも少なくしたら、半年たって、ずいぶん痛みは和らいできました。

というわけで、パソコン、携帯電話のキーの打ちすぎには気をつけましょう。

| コメント (3) | トラックバック (1)

ページの先頭へ

今回のWSJの件で、いろいろな方からお祝いをいただいて、とてもうれしい数日でした。ありがとうございました。

そして、個人的には、ニュースフローの伝達ルートというのを身をもって体験したのが、新鮮でした。

今回のニュースは、以下の4つのルートを使って伝達されたようです。

1. WSJそのものを読んだ人 ・・・ 1次利用
2. WSJの記事をメール等で流したものを読んだ人 ・・・ 1.5次利用
3. WSJの記事が別の大手メディアでニュースになったものを見たり、読んだ人 ・・・ 2次利用
4. WSJの記事が別の大手メディアでニュースになったものを、さらに伝聞で見た人 ・・・ 2.5次利用

おそらく、1の段階で気づいた人は、感覚的には5%くらいかと思います。私ですら、会社の広報の方が新聞を送ってきてくれて気づいたくらいですから(苦笑)。

そして、圧倒時にレバレッジがかかるなぁ、と思ったのは、実は
3. WSJの記事が別の大手メディアでニュースになったものを見たり、読んだ人 ・・・ 2次利用

の部分です。今回は特にYahoo Newsで取り上げたのは影響力が大きかったです。だいたい50%位の人は、ここできつい他、という感じでしょうか。

きっと、このニュースがまたもっと伝播力が強いものであれば、さらにレバレッジがかかるのでしょう。

こういう発見は大好きです。

| コメント (3) | トラックバック (1)

ページの先頭へ

サイクルコンピュータをつけて、自転車の時速がわかるようになりました。

どうも、今日は朝からスピードが出ないなぁ、なぜだろう、と思ってタイヤをチェックしたら、少し空気が抜けていました。

なるほど、数値化すると、人間の感覚よりも早く、信号を送ることができるようになるわけです。

おもしろい体験でした。

| コメント (0) | トラックバック (0)

ページの先頭へ

今日はあきる野の東京サマーランドまで行ってきたので、プリウスを借りて乗ってみました。

-確かに運転は静か
-いわれないとハイブリッドとは思わない

しかし、もう一度借りるか、というと、かりないでしょう。というのは

-どうも、安定性が悪い。ふわふわして、うちの子どもたちはみな、酔った
-ブレーキに癖がある

ということでした。

次回は、ETC付きのレンタカーというのがあるらしいので、それにチャレンジしてみます。

半日借りて、ガソリン代を含めてカローラ、プリウスクラスで8,000円くらいですむ、というのは便利なので、やみつきになりそうです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

ページの先頭へ

ドライブやパソコンが肩こりを起こすのは、同じ緊張した姿勢を続けるからだそうです。

特に、ドライブはアクセルを踏みっぱなしにするので、きもち右に傾くので、左の腰が痛くなるとか。

マッサージの先生から教わりました。

なるほど、です

| コメント (2) | トラックバック (0)

ページの先頭へ

夏に続いて、またレンタカーを借りて遠出をしてきました。

この前とは違う種類の車になって、けっこう楽しかったです。カーナビも最新版だったので、優秀でした。

前回、ガソリン代はキロ単位で現金で払っていい、ということも学んだし、いろいろとスムーズにできました。

また活用したいと思います。

| コメント (0) | トラックバック (0)

ページの先頭へ

今日は台風でしたが、自転車でないと行きにくい場所に行かなければならなかったので、朝のあまり降っていない頃、なんとなーーーく自転車で出てしまいました。折りたたみなので、まぁ、いざとなったら持ち運ぼう、という感じです。

その後、けっこう本格的な降りに。とりあえず、最寄り駅まで自転車で、と思ったのですが、ちょっとぬれてくると、だんだんもうどうでもよくなって、かなりぬれながら、結局会社まで4駅分くらい、自転車にのって帰ってしまいました。一応カッパは着ていましたが、まぁ、ついた頃にはとうぜん、特に下半身はかなり濡れていました。

だんだんわかってきたのが、これまで、自転車が濡れるのが嫌で雨の日は自転車に乗っていなかったのですが、自転車そのものを傘のように折りたたんで室内に入れることができるようになると、折りたたみ傘のように、折りたたみ自転車を使うようになるなぁ、ということです。

自転車自体の折りたたみにもだんだん慣れてきました。もっとも、慣れるまでにずいぶん無理なたたみ方をしてしまって、すっかりいろいろなところを傷つけてしまいましたが。

なかなか楽しいです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

ページの先頭へ

古い自転車が今手元にないので、昨日は娘の新品の自転車を借りて乗っていました。

古い自転車の方がスペックが高い自転車ですが、新しい自転車の方がスムーズに力が伝わるので、けっこう思ったよりものりやすく、目鱗でした。

やはり経年変化は気をつけないと、と思いました。

そう、どんな自転車を買うか、よりは、どれくらいちゃんと買った後にメンテナンスするか、の方が重要なのでしょう。

私の自転車もあと数年くらいで買い換えの時期になりますので、よくそのバランスを考えたいと思います。

| コメント (0) | トラックバック (0)

ページの先頭へ

最近は、先ほどのシクロサロンさんへの電話も含めて、ほとんどSkypeで電話をかけています。

履歴が残るので、あとからかけ直すときに便利だから、というのが最大の理由ですが、今日、あることに気づきました。

そう、Skypeは1分単位課金で2円55銭、一方、普通の市内通話は3分単位課金で8.5円なので、端数切り上げの関係から、だいたいSkypeで電話した方が、安いんです。

ほとんどの電話は1分ちょっとで終わるので、Skypeは5円ちょっとですが、市内通話だと8.5円かかるからです。長くても、同じですね。

ちなみに、Skypeの料金表はここにあります。

東京から東京都内にかけるよりも、ロンドンやロシア、香港にニューヨークの方が安い、というのがなにか間抜けでもあります。

| コメント (0) | トラックバック (0)

ページの先頭へ

さて、肝心のレンタカーの収支です。

・トヨタレンタカーにP3というカローラクラスの車を借りて、リロクラブの割引を使って、保険代1,000円・消費税込みで、24時間で8,600円くらい。
・駐車場代金が2,350円
・ガソリン代が180円
・高速が往復で1400円

合計、12,500円でした。

これだと、うちから8-9キロの場所だと、どうもタクシーで往復した方が安そうです。うーーーむ。

まぁ、うちの子どもたちに言わせると、「タクシーに家族4人で乗ると狭いので、レンタカーの方がいい」ということでしたが。

ちなみに、ガソリン代、18キロの走行で6.5リッターもガソリンが入ったので、900円くらいかかって、え、といってレンタカー屋さんで相談したら、とても良心的で、ちゃんと1キロ10円で計算し直して、700円くらい返してくれました。

ガソリンを入れない場合は、1キロ10円で精算するそうです。

なので、今度の野望は、近所の買い物に車を予約せずにぶらっと借りられるか、試すこと、です。タクシーとどちらが便利でしょうか?

ちなみに、年中ウィンカーを出そうとして、ワイパーを回してしまったのは困りました(理由は経験がある人はわかるはず)。

| コメント (0) | トラックバック (0)

ページの先頭へ

昨日はとりあえず、台風が去るのを待ってから、お台場まで行ってきました。

片道200キロのドライブの予定が、なぜか9キロ。まぁ、いいか、ということでせっかく車も借りたので遊んできました。

東京ジョイポリスでめいいっぱい遊び、トイザらスで買い物して帰ってきました。

午後一番くらいはさすがに台風あけで人が少なかったのですが、夜になるとだんだん混んできました。

車だと、まったく問題なく、楽しく遊べる場所でしたが、今度、では、またわざわざレンタカーをかりてまでいくか、ということや、ゆりかもめに都心から30分以上揺られていくか、と言うことについては微妙、ですね。

とりあえず、一応夏休みしてきました。

| コメント (0) | トラックバック (0)

ページの先頭へ

昼休みなので、最近発見した、会社のビルの中のカフェのホットスポットに来ています(どちらかというと、1年以上、このカフェに入っていることを知らなかった方が間抜けなのですが)。

で、ついでに、audible.comで買ったけれどもダウンロードしていないものをダウンロードしようとしました。

そうしたら、いやぁ、回線が早くても、audible.com側が重くて、ぜんぜんダウンロードできません。

あれ、どうしてだろう、と思ったら、そう、普段は夜にアクセスしていて、夜は向こうの昼だから、逆に軽いんですね。

時差というのはおもしろいです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

ページの先頭へ

ブログを以下のように分けてみるとおもしろいです。

1. 自分自身の悩みなど、かなりの部分、自分自身がコンテンツになっているもの
2. 自分の経験から、比較的、汎用的なまとめがコンテンツになっているもの
3. 他人の話やニュースをふまえて、自分の考え方を加えて、コンテンツになっているもの

私は個人的な趣味ですが、2の話が一番おもしろいと思って、他の人のブログを読んでいます。なぜなら、3は他のメディアから取ればいいのですが、2がまさしく、個人発信型メディアの真骨頂だと思っているからです。

ソースが自分か他者か
意味合いが自分よりか、他人よりか

という分類で、ほんとうは2×2で4種類に分かれるわけです。

もっとも、ソース他者×意味合い他人より、だと単なる記事のコピペとかなので、あまりブログにはなりにくいので、ここでは省きました。

とはいえ、自分で書くのは1が一番簡単なので悩ましいところ。1のコンテンツも、他人の悩みや日常を読むのは、それはそれでおもしろいんですけれどもねぇ、ドラマとして。

でも、恥ずかしいので、自分の美学としては避けたいところです、わはは。

| コメント (0) | トラックバック (0)

ページの先頭へ

相変わらず、仕事で外回りをしています。

だいたい、一日2-3カ所は回りますが、今日はたまたま、どちらも初めていく場所でした。

そうなると、モバイルパソコンが地図として大活躍。

乗り換え案内と地図と併せて、そばのホットスポット検索なんかすると、もう完璧です。

地図も、実際に現場に来てみないと、位置関係がよくわからないんですよね。

ただ、パソコン片手に地図を見ながら歩くのは、ちょっとまぬけです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

ページの先頭へ

パソコンが手元に今2台ありますが、なかなか便利です。

片方は録画した経済番組を流し、片方でこうやってブログを書く。

これまで、一家庭1台から、一人一台になり、そうして、こうやって、一人複数台になっていくのかもしれません。

すでに、パソコンは電話やテレビの代わりであり、完全に家電ですから。

| コメント (0) | トラックバック (0)

ページの先頭へ

タイトルの呪文のようなものは、無線LANの規格のことです。

古いパソコンはbしかなく、新しいパソコンはbとgの両方に対応しています。

違いは、bは11Mまで、gは54Mまでの転送速度があります。

古いパソコンのセットアップ中、ほんのちょっとしたスピードの違いですが、どうも明らかにネットの速度が体感速度として違うので、気になるので、測ってみました。

違うパソコンだとベンチマークにならないので、bしかないパソコンに、外付けのgを入れて、比べてみました。

結果、bだと3.7M、gだと11.5Mでした。

さすがに、3倍違うと、気づくようです。

というわけで、古いパソコンにはgのカードをさして使うことにします。

| コメント (0) | トラックバック (0)

ページの先頭へ

今日は、計4時間くらい、ホットスポットで仕事をしていました。

WiFiがあれば、ノートパソコンでオフィスにいるのと同じ感覚で仕事ができますし、仕事に必要な電話はそのまま、Skypeでかけます。

本当に、どこでも仕事ができる時代になったものです。

もっとも、私の仕事が物書きなのでできることなのかもしれませんが・・・。

| コメント (0) | トラックバック (0)

ページの先頭へ

私は一日少ない時で2カ所、多いときで5カ所くらい、仕事で場所を移動します。

なので、ポータブルノートパソコンは大事なのですが、エッジが中心でホットスポットはあまり使っていませんでした。なぜなら、契約していた頃の経験があまりよくなく、「使い物にならないう」]という印象があったためです。

ところが、最近はホットスポット数も増えていて、十分実用的です。なので、いつも移動の合間にはホットスポットのある場所を探すことになります。

今も、移動中に20分くらい間が開きました。さぁ、ホットスポットを探そう、と思ったときに、ん、まてよ、と。

そう、地下鉄の駅そのものが、ホットスポットなのです。なので、売店で缶コーヒーを買って、ベンチを確保すれば、もうそれでOK。

いい感じです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

ページの先頭へ

いま、この記事をホットスポットのあるカフェから書いています。

私の会社のそばには、両手で余るほどのカフェがあります。その中でも、今いるカフェを選んだのは、自分が契約している無線LANが接続できるから。

で、このカフェ、スタバとドトールに挟まれています。何が起きるか。当然がらがら、ですね。

でもおもしろいと思ったのが、今店の中に8人いますが、うち3人がパソコン使っています。どうみても、これはホットスポットねらいでしょう。

一応の集客効果は役に立っているようですが、それよりも斜め前にスタバと2件隣にドトールがある場所でカフェを開くのはいかがかとは思います。

とはいえ、ガラガラの中で高速通信をできるのはいいです。窓際が禁煙席なので、モバHOも良く入ります。お気に入りの場所にしようと思います。

なくならないといいなぁ・・・。

| コメント (2) | トラックバック (0)

ページの先頭へ

パソコンを変えたので、ついでにメーラーのウィルスソフトを入れ替えました。

メーラーはAl-MailからThunderbirdへ
ウィルスはノートンからマカフィーへ

そうしたら、どちらのソフトも、やたらとスパム対策が充実しています。

しばらく、どちらかのソフトが勝手に必要なメールをスパムと判定しないよう、注意が必要ですね。

| コメント (0) | トラックバック (0)

ページの先頭へ

予想通り、ビッグサイトからの帰りは道を間違えず、かつ途中で地図を見なかったので2/3の時間(40分)で着きました。

初めていく場所は、だいたいどんな交通手段でも、最適経路の1.5倍くらいを余裕で見ておいた方がよさそうですね。

| コメント (0) | トラックバック (0)

ページの先頭へ

今日は会社からビッグサイトまで、全部自転車でチャレンジしてみました。

だいたい8-10キロくらいだったので、35-40分くらいでこれるかと思ったら、1時間近くかかってしまいました。理由はシンプル。効率的な道がとれないからです。

地図をめいいっぱい頭に入れたつもりでも、途中道を2回くらい間違えますし、あと、地図上わたれるはずの道が、自転車ではふさがっていて、ぐるっと交差点を回り込まないといけないなど、いろいろありました。

ほんとうはレインボーブリッジを渡れるともっともっと早いのですが、残念ながら、レインボーブリッジは自転車は不可(自動車と徒歩のみ)、そのためぐるっと晴海~豊洲~有明と周りこむことになります。

でも、船で来た場所に今度自転車で来ることができるのも、なにか妙な感じです。

| コメント (2) | トラックバック (0)

ページの先頭へ

左小指を痛めてから、二日後ぐらいから、左肩がよく上がらなくなってきました。

ぶつけたわけではないのにおかしいなぁ、と思ってたら、接骨院の先生から説明を受けて、超納得。

「人間の体のバランスは微妙だから、小指を使わなくなるだけでバランスが崩れて、必要以上の力が肩にかかるからですよ。だから、指が治るまで治療しても無駄なので、あとしましょう。」

ということでした。

うーーーん、おもしろい、おもしろい。

| コメント (2) | トラックバック (0)

ページの先頭へ

今日は、おともだち達とお茶をするため、新宿に行きました。

自宅から電車で一本で行ける割には、なじみのない町です。

そうすると、おもしろいことが起きます。

そう、アクセスのためのコストが高いのです。

-行きは時間ギリギリだったのでタクシーを使い
-帰りも雨が降ってきたといったはタクシーを使い

なぜなら、新宿の町のマップが頭にないので、今自分がどこにいるか分からない。そして、自分が乗りたい地下鉄がどこにあるか分からない。

そのため、知らない町を、雨の中、子連れでデパートの紙袋を3つもって歩く元気はありませんでした。

だからついつい、小さい頃からよく行っていた、銀座や日本橋に行くのだなぁ、と妙な感心をした次第です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

ページの先頭へ

さっきから、食卓で、一番下の娘の食事を終わるのを待っています。

その周りに、姉2人と私。

みな、暇なので、食卓に自分のノートパソコンを持ってきて、無線LANを使って、ウェブサーフィンをしたり、私のようにブログを書いたり。

別に会話がないわけでもなく、学校の話をしたり、無駄口を叩きながら、パソコンいじったり、会話したり。

きっと、こんな光景がうちだけではなく、いろいろな家庭に増えていくのでしょうか。

まだちょっと奇妙な光景に見えます。

| コメント (0) | トラックバック (0)

ページの先頭へ

とはいえ、自転車には意外な効用があります。

健康にいいのはともかくとして、それは
お金を使う機会が減ること
です。

なぜなら
-コンビニにふらっと寄りにくい
-電車賃も使わないので、財布も開かない
-コーヒーを飲むには、暑すぎる
からではないかと。

というわけで、お昼がビジネスランチが続くときなど、よく数日に渡って、全くおサイフを開かなくなるわけです。

もっとも、自転車自体にお金をかけるので(サドルを変えたり、タイヤを替えたり、など)、あまり足し引きは変わらないかも。

| コメント (2) | トラックバック (0)

ページの先頭へ

今日は、雑誌の取材を受けていました。ビジネス向けの週刊誌(だったと思う)の雑誌です。写真撮影があって、慣れないなぁ、と思いながらがんばって笑おうとしていました。

私が困っていたら、「あれ、でも取材は慣れていませんか?」と記者さんに言われて、うーーーん、そういわれればメディア取材は日常的なのに、今日はなぜ慣れないんだろう、と感じていました。

で、分かったのが、私にとって、慣れている取材ネタ順、というのがあるんです。

1. 本業のコメント>2. 女性の働き方系のコメント>3. 最近なぜか増えてきた自己開発系

上記の順番で回数の頻度があがるので、今日の取材は3だから、引きつっていたんですねぇ、きっと。なんか気恥ずかしいわけです。

なぜなら、1はもともと閉ざされた世界ですし、話している方と聞いている方に圧倒的な知識差がありますから、知っていることを整理して話しているだけでもだいたいOK

2については、さすがに自分でも長い間やっているし、ムギ畑でかなりの分母の事例を見ているので、これもOK

ところが、3は自分自身がまだ模索していて、これだ、という感じでないものを、人に説明するのが気恥ずかしいのでしょう。

もう少し場数を踏まないとだめですね。また雑誌が販売になったらお知らせします。たしか6/21くらいのことを言っていました。

ちなみに内容はみてのお楽しみ、ということで。

| コメント (0) | トラックバック (0)

ページの先頭へ

先週、MTBのタイヤを細いものに交換してスピードが出るようになったので、自転車をかなり使うようになりました。

今日は家から会社と、あと丸の内と会社、日本橋と会社の往復に使って、計20キロ以上くらい走っていたのですが、途中で慣れてきたせいか、自転車の調子が良くなったのか、おそらく両方の理由でしょうが、自転車が軽く感じられるようになってきました。

また、最近ずっと使うのをさぼっていた手袋もちゃんとするようになったら、ハンドルが滑らなくなり、操作もしやすくなって、スピードが出るようになりました。

会社に行く道も、だんだんとあまり上り坂がない道も発掘してきたので、以前は徒歩の2/3くらいの時間がかかっていたのですが、今日は1/2くらい、タクシーとほとんど変わらない分数で着くことができました。

以前、東京メトロの人と、いかに地下鉄になれている人となれていない人で乗り換え時間を含めた所要時間が違うか、ということをディスカッションしたことがあったのですが、自転車も地下鉄と同じで、慣れるほど使い勝手が上がってくるのだと言うことをしみじみと実感した次第です。

もっとも、今日くらい日差しが良いと、かなり日焼けしそうですし、夏だと日射病に注意をした方がいいくらいになりますね。ヘルメットは処分してしまったのですが、日よけになりそうで、かつ頭の保護になりそうな帽子をちょっと探してみたいと思います。

| コメント (4) | トラックバック (0)

ページの先頭へ

どうも持ち歩いているノートパソコンが不穏な動きが多くなってきました。付属のCD、DVDはもう使えないし、HDDもエラーが多くなっています。

数か月に一度、My DocumnetだけはCDにバックアップを取っていますが、どうもめんどくさくて、あまりまめにやりません。

そこで、USBの外付けHDDを買うことにしました。これで、もう少しマメにバックアップをとることになると思います。

しかし、次にまた買い換えて、再構築するとなると、家の引っ越し並にめんどくさそうです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

ページの先頭へ

ここ最近、まじめにGREEを使い出しました。

これまで、ごくごく限られた人のメーラー兼ブログ更新のお知らせとしか使っていなかったのですが、最近新しいコミュニティに属したところ、その人達と連絡をするときに、いちいちメルアドを交換するよりは、GREEでリンクをしあった方が、よはほど便利だ、ということに初めて気づいた次第です。

そう、これって、ノリが昔懐かし「パソコン通信」なんですよね。日経MIXとか、Nifty-Serveとか(といっても、もう知らない方の方が多いと思いますが)。

メーラーがあって、プロフィールが充実していて、チャットもどきができて、コミュニティーがそこらじゅうにある。オフ会もある。

19歳から24歳くらいまで、インターネットができて乗り換える前は、毎日、毎日家に帰ると真っ先にパソコンからダイアルアップして、Niftyにつないでいた時代を思い出しました。

| コメント (4) | トラックバック (0)

ページの先頭へ

昼から雨が降ってきたので、コンビニで折りたたみ傘を買いました。

なるほど、カバーに入れて鞄に入れると、これは絶対に忘れない。

いい感じです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

ページの先頭へ

先ほど、おともだちと固定電話で1時間以上、長話をしていました。

それをみていた子どもたちが、「料金高いのでしょう?」と心配していました。

おそらく、先方も固定電話だと思うのですが、固定-固定の場合は3分7-10円です。固定電話で1時間、都内同士で話せば例えば140円。

ところが、子どもたちの電話料金というのは、携帯電話の料金のこと。しかも、私を含め、親から「高いのだから、長電話しないように」とずっと言われ続けています。なので、音声の時にはほとんど要件のみで互いに切ってしまう、ということです。

確かに、携帯電話で1時間話すと、だいたい1,200円くくらい。

そう、携帯電話しか知らない世代にとっては、音声電話の料金というのは私が子どものころにずっと習っていた「3分10円」ではなく、「3分60円-90円」なのです。

なぜ、日本全体として音声通話のボリュームが減っているのか、メールのせいなのか、という議論は多々ありますが、そのうちの一つの仮説として

「(感覚的に)値上がりしている」

ということではないかということではないかとつくづく思いました。

そして、結果として、

「長電話はしない」

というライフスタイルが、特に若い世代にどんどん増えているような気がします。

自分が中学・高校の頃は、家の電話を占領して長電話ばかりして、よく両親にしかられていました。

最近は携帯電話が普及している分、逆に料金を心配して、長電話はせず、メールチャットに流れているのかもしれません。

もう少し若年層を観察してみたいと思います。

| コメント (4) | トラックバック (0)

ページの先頭へ

そろそろ初夏で暑くなってきたので、ショートヘアにしてみました。

すると、前からよく似ていた三女(ショートボブ)に、ますます似るようになりました。3月に卒園式の写真で親子一組ずつ写す機会があったのですが、複数の親御さんから「ほんとうにそっくりですね」と言われたので、よほど似ているようです。

ちなみに、私も三女で性格がそっくり(大人に囲まれて育ったため、変に知識があるくせに依存心が強く、わがまま)。性格が似ると、顔立ちもよく似てくるのかもしれません。自分の小さいころの写真と、混ぜると区別がつかなくなりますので。

ショートヘア自体は長女には不評でした。

| コメント (0) | トラックバック (0)

ページの先頭へ

不運を幸運につなげる力を“serendipity”と呼びますが、ウェブで検索したところ、なんと“serendipity”の反対語は“japanity”だそうです。

“serendipity”は童話『セレンディップの3王子』に由来することばですが、“japanity”は当然、日本人の後追い風潮を揶揄したことばで、「誰もがやっていることを追いかけて、必然のところで発見する能力」だそうです。

もちろん、悪い意味ばかりではないのですが、なんとも複雑です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

ページの先頭へ

今の仕事をしているときに、元コンサルは珍しいので、よくへぇ、と言われます。

そう言えば、コンサルティング会社に行ったのは、その前の会社の状況があまりにも悪く、同業他社で仕事を探していたのだけれどもうまく決まらないまま、そのコンサルティング会社が決まってしまったので、最後の逃げ道的に就職したのを思い出しました。まさか、そのまま6年間もいると思いませんでしたが・・・。

人間、抜き差しならない選択をするときには
それが好ましい
というよりは

それしかない
くらいに追い込まれて決まってくるのかもしれません。

すべての物事は、偶発的なきっかけがすべて有機的に結びついて必然になっているような気がします。

| コメント (0) | トラックバック (0)

ページの先頭へ

仏教では、以下の3つのことを「三毒」と規定して、体にも心にも悪いこととして戒めています。

-怒る
-ねたむ
-ぐちる

私もこのことを聞いてから、しばらくワープロで下記のことを書いて、前の職場では3年間くらい、机に貼っていました。

-怒らない
-ねたまない
-ぐちらない

すると、下記のサイトに、なぜこの三毒が体に悪いのか、科学的に答えてくれるページがあったので、おもしろいのでリンクをさせていただきます。

「仏教の三毒とトラウマの関係性」

この三毒追放の紙は、この前転職したときにうっかり外したままになっていますので、また見えるところに貼るようにしようかなぁ、と思いました。

| コメント (5) | トラックバック (2)

ページの先頭へ

今、昼間に録画しておいたDVDをみているのですが、トピックが電力市場の自由化です。

いやぁ、電力のように、自分が知らない分野の話はこういうように聞こえるのか、と新鮮に感じて聞いているところです。

ふだん、自分の専門分野を話していると、聞いている方はこういう方に聞こえることもあるのだろうなぁ、と反省しました。

たまに、自分で録音して、確認した方がいいですね。

| コメント (0) | トラックバック (0)

ページの先頭へ

個人情報保護法が4/1から施行されます。

すごい、山のように確認書がいろいろなところから届きますね。きっと、関係者のみなさんはいま、とても忙しいのでしょう!!

学童保育や保育園の親は、クラス替えで忙しいと思います。

| コメント (10) | トラックバック (1)

ページの先頭へ

結局、一日特定のアドレス+数字の形で一日3通くらい迷惑メールが携帯に届くので、とうとうアドレス指定受信に切り替えました。

アドレスは常日頃確実にもらうとわかっている人しかいれていないので、メールが光っているときはそれなりのメールが来ているとき。

意外と便利でした。最初の設定の手間はめんどうですけれどもね。

| コメント (0) | トラックバック (0)

ページの先頭へ

午後一番のアポが先方の都合で翌日に延びたので、ゆっくりひとりでランチをとることにしました。

とりあえず何もない会社のビルから、街まで降りてきて、お目当てだったチェーン店のパスタやさん(客単価600-700円)に入ろうとすると、1時過ぎだというのに、まだお客さんが一杯で、待っている人もいて、入れません。

で、どうしてもパスタが食べたいので、その3件隣の客単価2,000円のレストランに入り直し(!)、いまこのブログ書いています。

客単価が高いと、店員のサービスも、お店の広さも、パスタの味も、さすがに段違いでした。3倍の価値があるかどうかは微妙なところですが、たまにはいいでしょう。

ちなみに、ふだんはコンビニ・ランチで単価400円と、ビジネスランチが主流なので、月のランチ代は1万円を超えない範囲なので、私にとって2,000円のランチはとてつもなく贅沢なのです。

そう、本代、電化製品代やAV代をもう少し食費に回した方がいいですね。

| コメント (0) | トラックバック (0)

ページの先頭へ

今朝、あることに突然気付きました。

そうか、「やること」ばかり定義するのではなく・・・

「やってはいけないこと」「今はやっているけれどもやめて時間を空けること」

を定義しないといけないのだ、と。

やらないこと、を定義しないと、やりたいこと、はいっこうに進まないのです。

| コメント (4) | トラックバック (0)

ページの先頭へ

ヘッドセット

電話のヘッドセットを会社で使うようにしました。

電話をしている間や、相手の返事を待っている間に、両手が使えてとても便利です。パソコンもいじることができるし、ものを書くこともできる。

ヘッドセットを使っていると、メールを書くよりは電話をする方が簡単なので、つい電話もしたくなります。

おもしろいです。

| コメント (2) | トラックバック (0)

ページの先頭へ

最近、HDDレコーダーやDVDに昼間にやっているテレビを録画して、隙間時間に見ています。

しかも、スポンサーにはもうしわけありませんが、CMスキップでほとんどCMは見ません。

この、国民全体で負担しているとも同じような、巨大な映像配信システム。ものすごいです。

今のお気に入りは「時代劇」

昼間にやっている再放送ものや、金曜日の華岡清州の妻、などです。

どうりで、みんながほしがるわけです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

ページの先頭へ

顧客経験のすごさについて、よく考えます。

私の生まれ育った街にはイトーヨーカドーがありました。小学校などは、気をつけないと、みんな同じヨーカドーの服を着ていたものです。

そのため、今イトーヨーカドーがあった街を離れ、車で6キロから10キロ離れたところにしかなくても、わざわざいきます。主な用途は子供服や学用品の購入です。近所に住んでいる私の姉もそうです。

他のスーパーでもいいのですが、どことなくものたりない。顧客経験の積み重ねによるスイッチング・コストほどすごいものはないですね。

と言うわけで、今日もヨーカドーに行ってきました。ハルタの子供靴を入学式用に買いました。うちだと銀座の方がよっぽど近いんですけれども(苦笑)。

| コメント (0) | トラックバック (0)

ページの先頭へ

ジーニアス・コードを受けて一番影響を受けたのが、「声」と言うものに対する関心でしょうか。

文字よりもここまで上手にいろいろなものを短時間に表現できるのだ、ということ感心して、お客様に何かを伝えるときにも、メールよりは電話を好むようになりました。

| コメント (0) | トラックバック (0)

ページの先頭へ

私にとってのパソコンとは、発想を助け、情報を整理する物のようです。

フランクリン手帳をパソコンに移し替えたとたんに、紙に書くよりもずっと饒舌に記入するようになりました。

おそらく、文字で書くよりもよほどタイプの方が早いからでしょう。

不思議です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

ページの先頭へ

今日もセミナーです。

以前、園先生のフォトリーディングに仲良しの某Lさんが私よりも早く出席していてびっくりしていたのですが、園先生に聞くと、そういうごく近しい人が互いに知らずに両方来るのは珍しいことではないそうです。

まぁ、嗜好や考え方が似ているから同じ環境にいるわけで、それは当たり前なのかも知りません。

あと、今回のセミナーは同業の人もいました。全国で数百人くらいしかいないはずなので、40人弱のセミナーに2人いるとは、偶然以上ですね。

とはいえ、今回は少ないですが、それなりに成功法則オタクの感じがする人がいないことはないです。でも、それが楽しければそれはそれでいいのかな、と思います。

今日も一日、楽しんできます。

| コメント (10) | トラックバック (0)

ページの先頭へ

今日は、日本にいたわりには、妙に英語で話していた時間が長かったので集計してみました。

お客様とのミーティング 60分
お客様との電話会議 90分
社内の同僚との打ち合わせ 15分
調子が悪くなったPCを見てもらう 10分

あれ、それでも合計したら、3時間くらいか。どうりで日本にいるとなかなかネイティブほどにはすらすらと英語が出ないわけです。

だって、残りの起きている時間の15時間は日本語を話して・考えているのですから。

| コメント (0) | トラックバック (0)

ページの先頭へ

口コミ系のブログで紹介していただいたようですが、題名に公認会計士、というのが強調されているのがちょっと新鮮でした。

コンサルタントの時も、お客様の会社で「ほら、あの会計士のコンサルタントの人」と呼ばれていたようで、記号としてわかりやすいのでしょう。

もっとも、会計士の仕事自体、累計で2年しかやっていないのであまり会計士を全面に出されても困るのですが・・・。

なぜ2年か、会計士補から会計士の試験を受けるときに、2年間の実務経験が必要なので、そこから逆算して最低限の商法監査と証取法監査を受け持っていたからです。

その時代も、70%はコンサルティングの仕事をしていたので、かけ算すると2年×30%で半年ちょっとですね。うーーーむ。

仕事先で会計士をしていない元会計士の人たちも会う機会が多いですが、みなさん割り切って、名刺に会計士の肩書きを書かない人も多いようです。書くと誤解されるのでめんどくさいとか。

というわけで、監査業務をしていない会計士も世の中にはたくさんいますので、みなさん、よろしくお願いします。

そういえば、会計士時代の先輩が最近参議院議員に当選しまして、けっこう話題になっていました。

| コメント (0) | トラックバック (0)

ページの先頭へ

7枚組のCDを1枚のHi-MD 1Gに録音して聞いてみました。

圧縮をありませずに256Kで入れてみたら、ふだんのMD LP4モードの66Kとは音の広がりが違ってちょっと感動しました。

PCMという、CDとおなじ音質を保てるモードもあるそうなので、今度機会があったらこちらもやってみます。

| コメント (0) | トラックバック (0)

ページの先頭へ

いま、お客様のところに訪問した後で、スタバでお茶を飲みながら一息ついています。

スタバでふと周りを見渡すと、1人で座っている人はほぼ100%、携帯を握っています。

そう、携帯の最大のアプリケーションは「暇つぶし」なのです。

暇の使い方がもっと上手になれば、違う商品が流行るのかもしれませんね。

| コメント (0) | トラックバック (0)

ページの先頭へ

しっかりとフランクリン・プランナーも更新をして、週の頭に一週間の予定を頭に立てられます。

プレゼントでも行っていますが、

-過去から学び
-現在を慈しみ
-将来にしっかりと計画を立てる

そんな簡単なことが生活を充実させるそうです。

少しずつでも、できるようにしたいと思います。

| コメント (0) | トラックバック (0)

ページの先頭へ

通算9年間もしていたコンサルタントを辞めて1年半になります。コンサルティング会社の特徴は人材育成にものすごい力とお金を使っていることです。

ところが、おもしろいことに、そういった会社を辞めてからこそ、かなり視野が広がったような気がします。

きっと、理由は二つ。
1.さまざまな本を読む時間ができた
2.「コンサルティング会社が教える価値観がすべて」という一神教的な世界から離れた

社内教育がしっかりしすぎている分、視野が狭く鋭くなりますが、広がらないというのはパラドクスですね。

もっとも、その分、自分自身が試行錯誤をしなければならない時間も多いわけで、一長一短ではあります。

| コメント (2) | トラックバック (0)

ページの先頭へ

とりあえず、通っているスポーツクラブのマッサージ・針の資格を持っている方に来てもらって、鍼を打って、いろいろ伸ばしてもらったので少しよくなりました。

やはり根本的な原因は姿勢の悪さと歩き方の悪さだそうです。歩き方のちょっとしたコツを教えてもらったので、少しはよくなるでしょうか。

歩行は人間の基本らしいので、みなさんもお気をつけください。

| コメント (0) | トラックバック (0)

ページの先頭へ

なぜか、広告がブログにないと殺風景なので、GoogleのAdsenseをここにも入れてみました。

オレンジで色をそろえて、ちょっとかわいくしてあります。

コンテンツに合わせて広告が変わるので、おもしろいです。

みなさんもお暇なときにポチっとクリックしてみてください。

| コメント (0) | トラックバック (0)

ページの先頭へ

最近ひしひしと感じているのが、専門家と言われる人たちと、その専門家からサービスを受ける人のギャップです。

専門家がおもしろい、と感じることと、サービスを受ける側が払いたい、と思うことは違うんですよね。

難しいのが、それぞれ性格があって、その価値観があるからこそ、専門家の側と、サービスを受ける側、という両方に回っているわけで、簡単に「相手の気持ちに立って」というのができないのが悩ましいです。

今日も専門家だけが集まる電話会議をしていたのですが、いやぁ、話が細かい、細かい。途中で気を失っていました。

とりあえず、その翻訳(=すなわちマーケティング)ができる人こそが、商業価値が出るのでしょう。

おっと、「日々の・・・」のような内容になってしまいました。

| コメント (0) | トラックバック (0)

ページの先頭へ

毎朝、メール届く神田昌典語録の中で、なるほど、がありました。


キーワード:
感情マーケティングの本質は、共感マーケティングである。

解説:
感情マーケティングは、煽りたてるマーケティングではない。
あくまでも相手の立場にたって悩みを一緒に考え、
共感を得て相手をねぎらうというスタンスに立ったマーケティングである。

共感、最近のキーワードですね。

私もちょっとあおり立てと間違えていたかも。反省。

| コメント (0) | トラックバック (0)

ページの先頭へ

ここにこつこついろいろ書いていることをエピソード記憶と呼びますが、何年するとそれは一般記憶にとけ込み、しばらくすると、まるで自分が書いたことではないように忘れてしまうのが頭の仕組みだそうです。

あと1年たったときに、またここを読むのが自分でも楽しみです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

ページの先頭へ

標準テンプレートをつかってみた感想です。

いじりまくってしまった他の2つのブログのテンプレートに比べて、デザインがすっきりしていていいですね。

やはり、過ぎたるは及ばざるがごとし、なのでしょうか。

多機能化とシンプル化のバランスが難しいです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

ページの先頭へ

このブログを作ろうと決めてから開設するまで、たったの30分でした。

-すでに領域があること
-他に開いているので開設の手順をほぼ学んでいること
-デザインにあまり手を加えていないこと

よく、何かのブームは、ある一定の水準を超えると突然始まると言いますが、ブログもこの簡単さが決め手なのでしょう。

とはいえ、作ったことがない人が作ろうとするとまだ1日以上かかるのも事実。

どうやってその差は埋めていくのか。ワープロとかが普及したときと同じで、互いに教え合うのかな?

| コメント (0) | トラックバック (0)

ページの先頭へ