« January 2017 | トップページ

全録のDIGAから、 iPhoneのパナソニックが作ったMedia Accessという、持ち歩き用のアプリに録画した番組を持ち出すのに、苦労しています。

マニュアル通りに操作すると、エラーが頻発に出て、コールセンターに電話しても解決が出来ませんでした。ひとつひとつチェックしましたが、セッティングやハードウェアに、大きな問題はないようです。

一方、 iPhoneのアプリをレビューを見ると、かなりの人がうまくいっていないようです。ネットワークその他の相性やタイミングの問題が大きいようです。

いろいろ試行錯誤してみましたが、

・ネットワーク関連がビジーだとエラーが出やすい
・録画がビジーだとエラーが出やすい

ということがわかったので

・とりあえずネットワーク関連をリセットするため、意味もなくDIGAから、ふつうのweb画面を立ち上げる→テレビに戻す

これでネットワークは一旦リセットされます。その上で

・通常のテレビ場面に戻ったら、素早くメニュー画面を立ち上げる

ということをすると、どうもCPUに余裕が出るのか、やっとこれで作ったVGAの持ち出し番組がダウンロード出来るようになります。

DIGAの電源は入っていないと、 iPhoneへの転送もうまくいかないようです。メニュー画面のまま、転送させてみてください。

他にもいい方法があるのかもしれませんが、とりあえず見つけたので共有します。

3/21 記事更新後付加

Media Accessはやはり難しいので、サードパーティのソフトを使った方がいいという推奨を受けて、とりあえず、こちらを使うことにしました。

iPhone、iPadでテレビ視聴!|DiXiM Digital TV for iOS http://www.digion.com/dtvi_j/

いまのところ、うまく動いています。

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

こんにちは、勝間和代です。

最近すっかり、ブログの更新をさぼっていました。毎日メルマガと、サポートメールに忙しくて、ブログまで手が伸びませんでした。

しかしこの2月に、とある「新ツール」を導入して、じゃじゃーーーん、状況がかわりました。さまざまな原稿やメールマガジンなどが、どんどん前倒しで終わるようになったのです。その新ツールとはもちろん表題にある

「音声入力」

になります。このブログももちろん、音声入力により作成しています。

状況はこんな感じです。

17309331_10206896555252482_42794969

ディスプレイは、どちらもタッチパネル式です。ここまでくるのには、結構時間かかっていまして、もともとこんな感じで少しずつ整備をしてきました。


>> 続きを読む...

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ