« 前の記事 | トップページ | 次の記事 »

Maru-Jan オンライン麻雀プロへの道 第4回 麻雀プロになる方法

(このコラムは、オンライン麻雀 Maru-Janの運営会社である、株式会社シグナルトークとの有償契約に基づき、執筆をしています。)

こんにちは、勝間和代です。

麻雀番組の解説に数回お伺いするようになって、少しずつ、私が麻雀をする、ということが広まってきたような気がします。ただ、麻雀番組、すみません、完全に解説内容について、賛否両論というか、否定が多いというかm(_ _)m。

私がいまいち、麻雀界のルールとか空気を読めていないので、気に障った皆様、本当に申し訳ないです。少しずつ勉強していきます。

さて、いくつかのところで公開していますが、私、来年の麻雀プロ試験を受けようかと思っています。受ける先は、最高位戦です。

最高位戦日本プロ麻雀協会

最初に社会人競技麻雀リーグで始めたときに習ったみなさんが、最高位戦のプロの方々でしたので、そのご縁から受けてみたいと思いました。

プロになるにはどうしたらいいかというと、年に2回の試験に

・ペーパー
・実技

で合格すればいいのですが、これがけっこう厳しく、合格率は10%未満です。ペーパーテストはこちらに過去問題があります。

最高位戦ニュース - 最高位戦日本プロ麻雀協会 -

実技の方は、腕はもちろんのこと、マナーがプロとして一人前かどうかを見ることになります。

で、すみません、私、どちらも全く自信ありません。未だに点数計算よく間違えるし、マナーも一つ一つ勉強しているところです。

点数計算は、ほら、Maru-Janなど、ネット麻雀では計算してくれるし、マナーもマウスのクリック以外関係ないし、ということではれほれはーーー、だったのですが、これだと全く合格がほど遠く、このままだといつ受かるかわかりません。

かといって、勉強する暇はないし、どうしようかなぁ、と思っていたら、よくお邪魔している競技ルールのお店麻雀コミュニティ レインボー
でいいものをご紹介いただきました。

それは、

「アカデミー」
最高位戦ニュース - 最高位戦日本プロ麻雀協会 -

です。まぁ、運転免許を鮫洲にいくと何回も落ちますが、教習所ですとひとつひとつていねいに教えてもらえるので、何とかなる、という形です。

アカデミーのカリキュラムはこんな感じ。
【日程・内容】
  
第1回 9/7(日) 「最高位戦のルール・マナーについて①」 
第2回 9/28(日) 「最高位戦のルール・マナーについて②」 
第3回 10/19(日) 「筆記問題の実践・解法①」
第4回 11/2(日) 「筆記問題の実践・解法②」 
第5回 11/23(日) 「復習・質問・勉強会方式実技」 
第6回 12/7(日) 講義・実技
第7回 12/21(日) 講義・実技
第8回 1/11(日) 最終試験 

仕事でどうしても、2回ほど休んでしまうのですが、それ以外は最優先で出席する予定です。そして、第8回がテストーーーー。これに受かれば、晴れてプロ資格を得ることができます。

もちろん、その道のプロと名乗るからには精進が必要ですし、また、マナーも徹していないといけないので、言い訳が効かない世界ですから、あと4ヶ月しかありませんが、コツコツと学んでいきたいと思います。

ところで、最近のMaru-Janの成績ですが、はかばかしくありません(苦笑)。リーグ戦もずっとキープしていたB1から、勢いよく、C2まで落ちています。

理由はいいわけになりすが、iPad版の導入で家の外でやることが多くなって、そうすると、途中で仕事が入ったり、電波が切れたりしてしまうためです。

なので、次回からはリーグ戦だけはちゃんとPCで向き合ってやろうかどうしようか、迷っています。真剣な試合だから、片手間ではダメですよねーーー。反省。一般戦はiPadで楽しんで、リーグ戦はしっかりと回戦の良いところで、時間がたっぷりあるときに参加して、がんばってまたBクラス、Aクラス復帰を目指したいと思います。

そんな話も、次回以降していきたいと思います。

また、Maru-Janでお会いしましょう。

オンライン麻雀 Maru-Jan 公式サイト | 麻雀の無料体験

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ