« 前の記事 | トップページ | 次の記事 »

週刊誌の記事への補足説明

こんにちは、勝間和代です。

昨日発売された週刊新潮にこのような記事が出てました。

【ワイド】雨に唄えば
(1)親戚が初めて明かした「松田聖子」再々婚夫の家族の捨て方
(2)嵐「櫻井翔」のパパが総務省「次の次官」大本命!
(3)赤旗まつりの客寄せパンダになった「八代亜紀」の資本論
(4)「井川意高の父」が訴える大王製紙幹部の「創価学会」含有率
(5)いつの間にか麻雀プロに転身という「勝間和代」の分裂傾向
(6)激昂「内田裕也」が書いて消した「樹木希林」への啖呵

最近、私がブログなどに詳しく麻雀の様子をアップしたり、最強戦という試合に出たことに基づくもので、内容を読みますと、ふつうに事実が淡々と書かれていますが、タイトルで誤解があるのが

「麻雀プロに転身」

については、もちろん、弊社の方で明確に否定しています。経済評論を引き続き行っていきますが、先日ブログにアップしたとおり、Maru-janでオンラインプロの認定をいただいたのは確かですし、来年も最強戦は出場したいと思っています。

また、最強戦や、モンド杯の解説のお仕事もいただいて、こちらも楽しく行わせていただいています。

これからも、麻雀は趣味のひとつとして、また、確率論や経営論の勉強のためのケーススタディとして、活用させていただきたいと思いますので、どうか、よろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ