« 前の記事 | トップページ | 次の記事 »

2年目のDiavelの北海道の旅は、多少余裕が出たかな?

7月に東京から北海道中標津までもってきたDiavelです。

参考記事
北海道ひとりツーリング・リアルタイムレポート 第3日午前~北見から中標津へ、そして全行程1350キロ片道終了!! | 勝間和代オフィシャルブログ

夏の間はずっと、北海道北見で知床などにツーリングしながら乗り回していましたが、そろそろ雪が降ってバイクに乗れなくなるので、ちょうど札幌で講演のお仕事をいただいたので、北見から十勝、そして、札幌と乗ってきて、フェリーに乗って帰ることにしました。

去年の夏にやってきたDiavel、去年秋にもやはり北海道にツーリングして、そして戻りましたが、今年は去年よりも、ずっと気持ちの余裕があるなぁ、と思いました。

なんといっても、さすがにもう、6000キロ乗っていますか、ギアチェンジや小回りに精神的な負担がほとんどなくなったことが大きいと思います。なので、どこにいっても、小回りの場所でも、坂道でも、ドキドキしなくなりました。

停止時の取り回しも、下りて取り回すと私の体重の5倍近くあるので、かなり厳しいので、難しい場所以外は、なるべく乗ったまま、蹴り蹴りするようにしたら、ほとんどドキっとすることがなくなりました。

もともと、このDiavelに無謀にも乗ろうと思ってとった大型バイクの免許、初心者の無謀さで選んでしまったバイクですが、走り出すとこれほど快適なバイクはないという感じの走りになり、長距離ツーリングにはほんとうによい相棒です。

ギアチェンジもまめにできるようになったので、燃費もかなりよくなって長距離走れるようになってきました。これほど難しいバイク(2気筒大排気量)だということを事前に知らずに買ってしまったが故に、せっせとライディングスクールに累計で10回以上通い、なんとか実用的に動けるようになって2年目、いまではすっかり、楽しくなりました。

ツーリングは帰るまでが旅、まだ苫小牧からフェリーに乗って、大洗から東京に戻るまで、まだまだ走りますので、油断しないよう、慎重に帰りたいと思います。

来年もまた、Diavelに乗って、北海道に戻ってきます!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: 2年目のDiavelの北海道の旅は、多少余裕が出たかな?: