« 前の記事 | トップページ | 次の記事 »

意外にすごいぞ、減圧鍋

まだ、毎日料理の研究をしています(笑)。

ここ最近チャレンジしているのは、減圧鍋。これです。

減圧鍋は、あまり有名でないので、まぁ、私が説明するよりも、こちらのリンクをみてください。
圧力鍋と減圧鍋の違いはなんですか? メリット、デメリットも合わせて教えてくださ... - Yahoo!知恵袋

要は、圧力鍋の逆で、鍋の中を減圧させて、適温でのとろ火料理を実現するものです。ネットサーフィンをしていたときに見つけて、さっそく買ってみました。特に野菜など、煮崩れしやすい煮物に最適、ということなので、カボチャの煮物を作ってみました。中火にかけて沸騰したら、弱火にして、そのまま10分加熱、そして火を消して放置、です。放置時間は10分~20分くらいでいいらしいですが、私はたまたま外に出ていたので、そのまま冷めるまで、放置していました。そうしたら、写真のような状態です。

これ、画面だけだと味がわかりにくいのですが、味、すごくおいしいです。煮崩れせず、でもちゃんと芯まで火が通って、煮汁が染みこんでいます。ちょっと失敗したのが、ほとんど対流しないので、お肉がばらけずに、入れた形のまんま、固まってしまっていること。

いずれにしても、いろいろな鍋やスチコンなどでカボチャの煮物を作ってきましたが、今のところ

減圧鍋>スチコン>はかせ鍋>ふつうの鍋>保温鍋>圧力鍋

という感じです。それぞれ、長所・短所があるのですが、減圧鍋は短所が少なく、長所が多い。野菜の煮物は、低温でじっくり煮ることと、適度に味が染みこむことが必要なのですが、確かに減圧鍋のしくみだと、その両方を達成できます。ぱちぱち。

先日、豚の角煮をこれで作ったときにも、なかなかいけたので、コトコト煮る系のものは得意そうです。値段も圧力鍋ほど高くないので、なかなかお手頃です。はかせ鍋とも違って、スカートの脱ぎ外しや外ブタのつけ外しがないので、朝の忙しい時間帯にもなかなかGOODです。

お料理好きのみなさん、よかったら、お試しください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: 意外にすごいぞ、減圧鍋: