« 前の記事 | トップページ | 次の記事 »

ちょっとしたことで、行動が変わると言うこと~IHクッカー編

ここ最近はすっかり料理熱が上がっていますが、一時期あまり私が料理をしなくなったのは、引っ越した先のIHクッカーが古いビルトインで

-まず、全体のON/OFFのスイッチをおして
-次に、どのIHクッカーを使うか押して
-もう一度、そのIHクッカーの火加減を押す

という3つのボタンが必要だったからでした。そして、火加減をしようとするたび、いちいち、そのIHクッカーをまた指定して、+と-を押します。

料理をする人ならわかると思いますが、いろいろなものを並行してやっているときに、たかだか、加熱をするだけで、これだけのボタンを押すのがどれほど煩わしいことか!! タイマーもないので、ぜんぶ、また別のタイマーをつけて人間がOn/Offしないといけません。

そこで、ずっと電子レンジの買い換え以来、スチコンその他の電化製品調理にはまっていたのですが、ふと思って、こんなことをしてみました。

そう、もともとあったIHレンジ台の上に、市販の普通の卓上型クッカーをふたつ並べたのです。

結論から言うと、結果は上々。ボタンひとつ押した瞬間に、「火加減中」の加熱が始まりますし、ほとんどの火加減はそれで十分です。タイマーもあるから、そこで分数を指定すれば、あとは鍋から離れられます。

さっそく、今朝の料理に使いました。

ラタトゥイユは減圧鍋で。

参考
減圧鍋 - Nobita の チャッカヤーン

みそ汁ははかせ鍋で。
元祖!!保温調理鍋 ECOはかせなべ

とりあえず、そのうちビルトインのIHクッカーを何か新しいものに交換しようとは思いますが、それまではこんな運用でいこうかと思います。

ほんとうは、沸騰したら火加減をかってに緩めてくれるモードみたいなものがあると最高なんですけれどもねーーーーー。

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっとしたことで、行動が変わると言うこと~IHクッカー編: