« 前の記事 | トップページ | 次の記事 »

マドンをSPDペダルに戻して、快適です。

R0010608.JPG

手首の骨折が完治とはいいえませんが、もう経過観察でよくなり、自転車・バイクその他がお医者様から解禁になったので、無事マドンに再び乗り始めました。

1ヶ月半、空気をいれられなかったらフロントのチューブレスタイヤがぺしゃーーー、となっていたので、リムとの接着が不安だったので、こちらのホイールを買ったY'sRoad赤坂店さんに持ち込み。

ついでに、ペダルをSPD+フラットの両面にすることにしました。

そして、数ヶ月前からこちらのY's Roadさん、アウトレット館に生まれかわっていたのて、実は掘り出し物がたくさん。SPDやロード用シューズも40~70%オフだったので、いろいろ探して、自分のサイズ(39)にあった、デザインもなかなかよいものを定価の半額で購入できていい感じでした。

SPDでさっそく試運転。以前は長い間SPDだったのですが、街乗りにちまちま使うようになってフラットにしてしまったのですが、やはりロードはSPDが似合う。街乗りは、もう一台ある電動アシスト自転車などに任せればいいし。

まずは赤坂からうちまで戻り、そしてそのあと、サバティカルで日本に戻ってきている、シカゴ大学の社会学者の山口一男先生を囲む会がたまたま上野であったので、片道10キロなのでちょうどいい距離なので、自転車で往復してみました。
シカゴ大学の社会学部長、山口一男先生を囲んで

やはり、なかなかいい感じです。信号待ちの時にたちゴケしないよう、緊張しますが、それ以外はスムーズ。軽くふんでも時速26-28キロくらいは出ますし、力をいれれば時速32-34キロくらいになります。そしてなんといっても、疲れない。自転車との密着感が増すので、エネルギーロスがなくなる感じです。

そして、山口先生とその仲間たちとの会話もすばらしく、目から鱗がボロボロ。なお、自転車も軽車両ですから、当然、飲酒運転不可。自転車で行ったときには、ウーロン茶が飲み会の友です。

新しいマドンで、また、外出の楽しみが増えました。わくわくです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ