« 前の記事 | トップページ | 次の記事 »

水没携帯の機種変更、アンドロイドにするか、ガラケーにするか・・・。そして結局ガラケーにしたわけ。

そして、水没携帯は電源が入っているうちにできる限りのデータを退避させ、ICカード系もサーバーにおけるものは戻して、そうして、携帯の機種変更に行きました。

もともとの携帯がN-04Bですが、これをN-05Cにしようか、N-06Cにしようか、迷いました。

・T9入力があること
・ある程度の時間、テザリングができるくらいの電池のもちがあること
・軽量でポケットに楽々入ること
・防水(!)であること

というのが要件だったので、はじめは、アンドロイドで、より軽いN-06Cに気持ちは傾いていたのですが、調べると、薄型を優先した余り電池が小さく、テザリングが2時間ももたないくらい、ということ。また、まだ動作も安定感に欠けるという意見を検索や、Twitterでいただいてうーーーん。

N-05Cの現物を見ると、N-06Cよりは20gくらい重いのですが、あつみがある分、縦横が小さいので、かえってポケットの中などにいれやすそうです。また、電池のもちも、スペックを見る限り、N-06Cの倍くらいある感じです。また、N-04Bのカメラはかなり気に入っているのですが、N-06Cだとよりスペックダウン、N-05Cだとよりスペックアップでした。

スマートフォンの定義は何か、と言うことが難しいですが、機能の高いガラケーはできることはほとんど、スマートフォンと変わりません。このことは、以前、夏野剛さんとデキビジで対談したときも、夏野さんが強調していました。

値段もほぼ同じだったのですが、やはり音声やメール端末として使うにはハードウェアキーボードが欲しい、ということで、N-05Cを選びました。

もっとも、一応液晶はタッチパネルにもなっていて、iPhoneなどに比べて完全にスムーズとは言えませんが、ふつうにタッチでクリックできるので、スライドをさせないで使っていると、まるでスマフォのようです。

いまはスマフォが前面に出ていますが、そのうち、「キーボード付き携帯の逆襲」もあるのかもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ