« 前の記事 | トップページ | 次の記事 »

再び、バイクの足つき問題を考える

無事、家にMANA850がやってきました。

純正だと800mmのシート高、足がほとんどつかなかったものを、778mmまでローダウンしてもらって、両足だとちょん・ちょん・状態。片足だと、片方をステップにしっかり乗せればなんとか大丈夫、という感じです。

そして私の身長は157.5センチ、意識して止まるときには問題がないのですが、ぐらっと来たときにさっと止まろうとすると、たまにぐらっときます。

それでも、790mmのシート高+カウルがあったVFR1200Fよりは、778mm+ネイキッドのMANAのほうがずっと安定します。Ninjaはそのままでは775mmですが、20mmほど下げてもらっていて、755mmだと、私の身長でも、そこそこ安定しています。

ほんと、あと足が1センチでも長かったら、といつも信号の度に思ってしまいます。それでも、ないものはしかたない。せっせと運転して、慣れることにします。

あれほど高いと思っていた755mmのNinjaだって、いまでは775mmのままでもよかったかも、と思うようになったくらいですから。

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ