« 前の記事 | トップページ | 次の記事 »

フラットハンドルにはやはり、エルゴングリップがいい!! ところで、この自転車のメインターゲットは誰?

P1030112.JPG

軽い電動アシスト自転車が欲しくて買った、チタンフラットロードEB、通称フロド君ですが、エントリーユーザーを意識してか、ロードバイクとうたっているのに、ハンドルはドロップではなく、フラットバーでした。その割には、前傾姿勢なので手にかかる負担が大きくなっています。

なので、オリジナルの設計でも、わざわざエルゴノミクス系のグリップがついていたのですが、私がどうも、このオリジナルのグリップの無骨さが受け入れられず、しばらく普通のロックオングリップに取り替えていました。

しかし、最近バネ指になったこともあり、なるべく原因をひとつひとつなくすため、この自転車もグリップをエルゴノミクスにしました。選んだのは、やはり定評あるエルゴングリップ。

そうしたら、おもしろいくらい、手への負担が減って、この自転車に乗るのが楽しくなりました。電動アシストの中では最軽量とはいえ、15キロ以上ありますから(電動アシストの稼働分と電池で、どうしても6キロはかかるため)、直線その他ではなかなかマドンのように軽やかにスピードは出ませんが、坂道で息を切らすこともないので、時速20キロ台前半でのんびりと街乗りをする分には、とても気持ちのよい自転車です。

タイヤも26×1.25HEなので、小回りも利くし、歩道を使わなければいけないところでも、危ない、という感じがしません。

ただ、私が未だによくわからないのが、この自転車のターゲット層。まず、定価がNinja250Rより高い。マドンとほぼ同じくらいです。1台目にこの自転車を選ぶ、というのは相当勇気がある人でしょう。

だからといって、2台目、3台目に持つには、ちょっと中途半端なスペック。

私はジェッターを姪にあげてしまったので、どちらかというとこれまでジェッターに乗るような街乗りの短めの距離(片道で3-5キロくらい)の場面で使っていますが、もしそれだったら、ジェッターがこの自転車より4キロ重いことを我慢すれば、値段が3分の1になります。

実際、ジェッターユーザーです、というのはけっこうTwitterその他で声をかけられましたが、この自転車は街でも、自分以外のものは一度もみたことがありません。やはり、値段が超ボトルネック?

航続距離は標準パターンで25キロとなっていますが、私はもう少しスピードをだすせいか、40キロくらいまではもつ感じです。でもだからといって、片道20キロのところにこの自転車を使うかと言われると、マドンにします。

一応、キーコンセプトは

「30分で10キロ先までいける自転車」

ということなので、東京を中心に10キロの輪がサイトにはあります。

しかし、起点を東京の中心にすると、正直、昼間は信号や車が多すぎて、30分ではなかなか10キロは無理です。時速の問題ではなく、信号待ちの車を抜ける手間や、信号の間隔の問題。

まぁ、疲れにくいのは本当で、近所の街乗り以外で、私が一番よくこの自転車を使うのは「少し遠い繁華街に夜間にいくとき」です。小回りが利くことと、夜に疲れて帰るときでも負担にならないからです。

まだ買って1年足らずなので、もう少し、乗り込んでみます。

そう、カタログではレッド×オレンジの色で選んだつもりなのに、どうみても私のフレームの色はブラウンなので、マットなオレンジの雰囲気があわず、そのうちペダルも黒に変えようかと思っています。
P1030111.JPG

いずれにしても、そんなこんなを、つらつらと考えることが、一番楽しいのかもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ