« 前の記事 | トップページ | 次の記事 »

再び、二輪に乗って初めて、四輪との違いがわかること

以前、二輪と四輪の違いについて、視界の広さの違いをブログに書きました。
ここ最近、二輪ばかり乗っていて、久しぶりに四輪に乗ったらびっくりしたことが・・・- 勝間和代公式ブログ: 私的なことがらを記録しよう!!

今日は一日雨だったので、ふだんは原付やNinjaで通っている教習所まで乗用車で往復してきました。

するとやはり、さまざまなおもしろい気づきが。以下、忘れないうちに書いておきます。

その1 四輪の方が、(私にとっては)道がわかりにくい

二輪だと、交差点名や建物の雰囲気がすぐにわかるので、ナビをつけていなくてもあまり道に迷いませんが、四輪だと視界が限られるため、意外と案内板を見逃したり、間違った交差点を曲がりそうになりました。

その2 四輪の方が、駐車場への駐車が大変

二輪で駐車をするときには、だいたい手で押しているし、あまり入れ替えることはありません。よく見えるし、スペースもたくさんあるので、切り返しせずともさくっと入ります。

ところが、今日、教習所の乗用車用の駐車場がかなり狭くて、前後左右、何度も切り返しながら、なんとかスペースに収めました。右も左も後ろも、もうすぐぶつかるかも、という「ピーピーピー」というアラーム音を鳴らすので、もう、ドキドキでした。もう一度は正直、やりたくないです。

その3 ウィンカーを戻さなくていいのは四輪の方が便利

二輪はなぜか、左右のウィンカーを手でキャンセルします。四輪は、自動で消えます。あと、二輪は左でウィンカーを操作しますが、四輪は国産車なので右側です。そして今日も、朝一番、左に曲がろうとしてウィンカーを出そうとしたら、うっかり左手を操作して、元気にワイパーが回りました。うーーーん、やはり混乱します。

その4 渋滞疲れは、圧倒的に四輪の方が楽

なんせ、四輪は自立しますから、渋滞があっても、アクセルとブレーキを交互に踏むだけ。ところが、二輪は年中足を着かなければいけないし、クラッチ操作は頻繁に出てくるし、イメージでいうと、四輪なら4キロくらいの渋滞は何ともありませんが、二輪だと1キロなくても、疲れたーーーー、という感じです。だからみんな、すり抜けとかしたくなるのでしょうね。


そうはいっても、やはり悪天候の時は二輪は滑って危険。なるべく、安全を心がけて、交通手段を選びたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ