« 前の記事 | トップページ | 次の記事 »

こちらが答えです~EV車用の充電設備の工事でした

さて、これから何が始まるのでしょうか- 勝間和代公式ブログ: 私的なことがらを記録しよう!!
先ほど、ブログで質問したこちらの工事ですが、多くの方がご明察の通り、答えはそう、EV車用の充電設備の工事でした。

このように、無事、完成しました。工事費は約20万円。ふーーーーーーう。これは私がどのくらい使ったか、メーターなどをつけたためで、そういうものがなければ、12万円くらいですむそうです。
P1030063.JPG P1030065.JPG

EV車の充電には、200Vの容量が必要で、かつ、専用の形状のコンセントのため、専用工事が必要です。

そして、もっとも、もっとも大変だっだのは、工事自体ではなく、「工事の許可をマンションの管理組合から取ること取ること」でした。

なんせ、私が住んでいるのは共同住宅のマンションですから、共用設備に新しい工事をするときには、住民の3分の2の賛成が必要です。おまけに私は持ち主ではなく、賃貸居住者。

工事業者の方、管理会社、管理組合、そして住民のみなさんの多大な協力があって、2ヶ月以上かかって、ようやく規約変更やマンションの臨時総会を経て、工事が実現しました。ほんと、感無量です。

EV車導入の際に、この充電設備の導入は最も大きな障害の一つになるそうです。今回は本当にラッキーなことに、多くのみなさまが協力してくださったので実現にいたりましたが、マンション、特に賃貸設備で実現出来るのはまれなケースだそうです。

今後、多くの新築マンションにはEV設備が共用されるとのこと、また、高速のパーキングエリアや、コンビニエンスストアの駐車場などにも増えてきました。

もうすぐ納車です。月末には、EV車を使って旅行をしてみようと思っています。私は何度かEV車に試乗していますが、それだけの価値があると考えています。単に燃料費の問題だけではなく、静かだし、新しい可能性を大きく秘めているからです。

もちろん、節電に配慮し、充電は夜中に行うようにします。

納車はもうすぐです。またレポートします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ