« 前の記事 | トップページ | 次の記事 »

なぜバイクが楽しいのか

なぜバイクが楽しいのか、考えてみました。

1. 圧倒的な加速度が体感できる
2. 自分の足が速くなったような錯覚が得られる

ということが基本なのですが、それ以上になんといっても、やはり、

3. 危険と背中合わせである

と言うことがあるのではないかと思います。

ジェットコースター的な感覚を日常的に得られる、みたいな感じでしょうか。

ちょっとでも操作を間違えると、転倒するし、エンストするし、ひかれるし、たいへんです。だからこそ、

「リスクに挑戦して、それを乗り越える感覚」

がなんか、しびれるのではないかと思います。

とはいえーーーー、私には、Ninja250Rでも、重すぎでもてあまし気味ですし(なんせ、Ninjaは160キロ、マドンは8キロ。20倍です)、でも、そうやってチャレンジが大きいから魅力があるのかもしれません。

スキーの初心者の頃を思い出します。もう少し、練習します!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ