« 前の記事 | トップページ | 次の記事 »

白い、Ninja 250R、無事納車です。そして、さっそく転けました。

とうとう白ニンジャやってきました

白いNinja 250R、本日、無事、納車されました。

(なぜ私がNinjaを買うことになったかは、こちらをご覧ください。)

もうすぐ、Ninja 250Rがやってきます~250ccバイクのオーナーになるまでの、ひょんな道のり

そして発注してから2週間弱、ナビとETCをつけて、少しだけローダウンされたNinjaがお店で完成しました。

お店で小一時間、いろいろな解説をうけて、いざ、はっしーーーーん。無事、ガソリンスタンドでガソリンも入れて、家の方には着いたのですが、なんとなく、欲を出して、そうだ、会社まで行ってみようと都心に向けて、幹線道路を走り出したら、トラブル発生。

何かというと

困ったことその1-「教習車と違って、バイクが一度停止すると、ローギアになかなかならない」

ということです。これは新車なのでギアがこなれていないこと、教習車のHONDAはもともとストップしていてもギアが入りやすいのですが、他のメーカーはそうでもないこと、とダブルが原因だったようです。

あとからお店に教えてもらって、そういうときには車を前後に動かせばいいということだったのですが、その時は知らないので、幹線道路で、信号待ちの後、ローギアに入らず硬直!!

そして、当然、後ろの車からはあおられ、えいやーーーーと、たぶん、サードギアのまま発進。

そうしたら、当然ですがーーーー、エンストして、バランス崩して、転倒しました。スピードがまったくでていないし、左側への転倒だったので、それほど危なくはありませでした。また、フレームスライダーをつけておいたので、カウルにも傷がつかず、ほっとしました。

しかし、そして、次の課題発生。

困ったことその2-「バイクを持ち上げようとしたら、教習車と違って、バンパーがないので、どこをつかんでいいかわからない!!」

ほんと、教習車しか乗ったことがないので、ちょっとでも違うとなかなか、いろいろなことができません。悩んでいたら、バイクで配達中の親切な男性の方が、自分のバイクを止めて、起こしてくれました。

さらにそして、三番目の課題発生。

困ったことその3-「起こしたバイクが押しても動かない!!」

実は、ギアをニュートラルに入れないとロックがかかる設計になっていたのですが(よくバイクの構造を考えたら、当たり前)、私がそれがわからずやはり路肩で悩んでいたら、今度は日通の配達の方が、わざわざ車を止めて、

「僕もバイク乗りますから」

ということで動かし方を教えてくれました。そして

「シフトチェンジをする足のレバー、いまの転倒で内側入っちゃったので、バイクやさんで直してもらったほうがいいですよ」

とアドバイスをくれ、私の路肩から道路に戻る発進も、車がいないかどうか確かめて、誘導してくれました。

すみません、本当に初心者なので、みなさんの助けがあって、なんとか再びバイクやさんに戻り、レバーの角度を再調整してもらって、無事、家まで帰ることができました。

教訓がわかったので、バイクを止める前にギアは落とすようにして、それからは順調に、エンストも転倒もなく、走ることができるようになりました。

慣れてくると、ロードバイクでギアを上げたり下げたりする感覚と、マニュアルバイクでギアを変えたり、下げたりするタイミングはほとんど同じだということがわかってきました。

ロードバイクも、ギアを上げたまま停止すると、ギアを下げるのが停止中だと大変だし、下手するとチェーンが外れたりするので、信号の停止に向けて、ギアを調整しながら止まって、そして、発進したら、せっせとギアをスピードに応じて上げていくからです。

しばらくは、もう少し車の少ないところで、ギアの上げ下げの練習と、あと、転倒したバイクを一人で起こせるように、もう少し練習します。

家に戻って駐車をしたら、ちょうど私の駐車場は入り口からのスロープを下りたところなので車庫入れの時にバックで少し上がる必要があって、車だとなんともないちょっとした坂に対して、一度バイクを横向きにして、バックで車庫入れをするときに、なかなか坂が上がれずこちらも苦労しました。

たくさんのみなさんにお世話になって、ようやく帰ることができました。18歳の乗用車の免許取り立てのころも、こうやってたくさんの方に迷惑をかけ、お世話になったのだろうなぁ、と反省をしたところです。

とにかく、プロテクターとヘルメットを忘れずにつけて、練習に励みます!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ