« 前の記事 | トップページ | 次の記事 »

被災した現地からの声を届けさせてください~避難所の方からのメールも追記しました

被災した現地からの声を届けさせてください。いただいたのは、下記の方です。

たけやん (TzwTks) on Twitter

こちら、たけやんこと、富沢さんからの私への、twitterのDirect MessageによるSOSです。ご本人の了解のもとに、公開しています。原文のままです。
(私は連絡先も個人名もいただいていますので、spamではないかと考え、ブログにあげています。)

ぜひ、関係者のみなさま、何ができるか、ご考慮ください。よろしくお願いします。JENと、民主党の窓口には、伝達しました。


---ここから引用

勝間さん、メルマガ読みました。こちらで報告お許しください。福島双葉町出身です。家族は皆被爆。親戚からは訃報相次ぐ。被爆者は、郡山市と二本松市の施設二箇所(のみ)に隔離。うちの家族は避難所にいたはずなのに被爆していた=福島は安全ではないから、勝間さんには行ってもらいたくない。

続き。仙台若林の友人の情報によると、遺体の数がすごい。ちなみに、福島県川俣の避難所(今は避難勧告30kに拡大したためないかも)では、配給おにぎり1個、寒さ厳しい、電気が昨日ついた、だそうです。欲しい情報はなんですか?いくらでも収集します。言って下さい。混乱、乱文ごめんなさい。

お返事ありがとうございます。まず、一つ目に双葉町・大熊町町民としては、街の状況を知りたいとのことです。メディア機関へお願いしていただけますか。震災時の映像や、ドキュメントはいらないから、とにかく、街の状況や、避難所の状況で少しでも情報を提供してほしいとのこと。

続2/支援物資に関してですが、福島県三春町の避難所関係者によると、①衛生用品(おむつや生理用品)②肌着、防寒具③子供服④『プラスチック製』の紙コップ(紙コップだと使い捨てでゴミが増える一方で正直困っているようです。)。また、岩手、宮城でも寒さが増してきているため、とにかく防寒具を

続3/送って欲しいとの事。勝間さんはスキーを嗜まれるから分かるでしょうが、東北の冬の寒さはすごいんです。本当に寒いんです。出来るだけ毛布や防寒具をお願いします。お忙しいでしょうに、被災地のことを気遣ってくれて、僕の声を聞いてくれてありがとうございます。よろしくお願いします。


ここから、お母さまからの追記

度々すみません。
今朝方まで避難所にいた母から、メールが届きました。
原文ままです。

ーーーーーーーーーーーー
昨夜のメール(通信手段がなかったため、こちらからtvの情報をメールで伝えていました)
医療側の立場から…一時の緊急性に対しては対応可能の様ですが『薬』が不足しています。
ストレスから夜中妄想したり咳が凄いので空気感染が恐いです。また、個人的には着の身着のままなので日用品を要望します。

携帯が通じず連絡や情報が分かりません。夕方の号外新聞で初めての原発周辺を知る事が出来ました。
避難場所を去れば食事にもありつけませんので役場の指示の元、方向性を模索していこうと思っています。又、情報お願いしますm(__)m


先ほどのメール(2011.3.15 17:21)
田村市や郡山市は比較的、配給物資は届いている様ですが川俣町総合体育館には菓子パンは2人に1個・ヤクルト製品の配給は乳幼児と老人が対象・毛布は3人に1枚・なんといっても紙コップや割り箸のリサイクル…燃料が2~3時間待ちの\2000迄と酷しい現実! だから移動手段に限りが有。

昨夜は号外新聞で浜通りを知る事が出来ました。早朝に川俣町を出たけど栃木県民の一部の優しさに涙が出そうでしたよ避難車に限り有料で満タンや弁当屋さんからは被災者と察すると豚汁付けてくれたよ
避難場所への配給に温度差が有りすぎますよネェ

ーーーーーーーーーーーー

原文ままで転送なので絵文字お許しください。
しかし、やっと弟の下宿先へ腰を下ろしたためか、文面にも絵文字が溢れ安心した様子が浮かびます。
こちらも参考になればと思います。

本当よろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ