« 前の記事 | トップページ | 次の記事 »

もうすぐ、Ninja 250Rがやってきます~250ccバイクのオーナーになるまでの、ひょんな道のり

もうすぐ、うちに、このバイク(カワサキのNinja 250Rの白)がやってきます。
11ex250kbfa_whtb

実は、自分がマニュアルの250ccのバイクに乗ることになるなど、1ヶ月前にはまったく想定していませんでした。まして、去年末までは、バイクの「バ」の字もほとんど、興味の外でしたので、自分でも驚きです。

その経緯はこんな感じでした。

・電気自動車に興味

・その箱庭バージョンとして、電動原付を購入

・原付のおもしろさと、危険性を察知

・普通二輪の電動バイクに買い換えようか検討

・教習所にAT限定普通二輪を申し込みに行ったところ、マニュアルの免許の方が、操作性もいいし、数時間しかかわらないから、こちらがいいですよと言われて、なんとなくそちらに

・クラッチ操作に慣れていないので、バイクをこかしまくり。でもなんとか、2回目の検定で普通二輪卒業

とにかく、3月の頭から教習所に通い始めて、途中、出張や震災で中断。両足のすねに、バイクを倒したときにできた傷をたくさんつけ、半クラッチでまがりなにりも小回りができるようになって、卒業させてもらえました。

ここまでの道のりは、下記のブログ

バイク(普通二輪)免許取得奮闘記- 勝間和代公式ブログ: 私的なことがらを記録しよう!!

によりくわしくあります。


以下、続きとして、

1. バイクに関して興味をもって驚いたこと
2. 買うバイクをどうやって決めたか

を、備忘録を兼ねて、まとめていきます。

まずは1つめのトピック、私は自転車も、自動車もふつうに乗りますが、バイクについて驚いたことが2つあります。

驚きその1 えーーー、バイクの市場はこんなに縮んでいたの!!

近所の教習所に電話をすると、「昔はあったんですが、最近は四輪しかないんです」というところばかり。「えーー、では、東京23区の西部から、一番近い二輪の教習所はどこですか?」と、近所の教習所の受付の方に尋ねたら、教えてくださったのがこちらの教習所です。

東京の自動車学校 コヤマドライビングスクール-二子玉川校

他は、もっと遠いか、合宿免許ばかりでした。なので、実はこちらでも、うちから電車でも自転車でも、片道1時間近くかかるのですが、とりあえず通うことにしました。

そして、こちらのスクールでも、四輪の免許取得者に比べると、かなり小規模で、5人の教官の方で、毎回生徒が4~7人くらいの予約でやっていました。

2010年の記事に、このようなものがありました。

asahi.com(朝日新聞社):二輪の国内生産、瀬戸際 09年、28年前の1割以下 - 経済を読む - ビジネス・経済

若者のバイク離れが大きいと言うことで、国内のバイク生産はピーク時の1/10とか。

なるほど、国内生産は減ったらしい。では、実際どのくらい、若者がバイク離れしているのかということで、このようなレポートを見てみます。

二輪車市場動向調査 日本自動車工業会

こちらを見る限りでは、原付の需要減少が著しいのですが、他の大きなバイクも、確かにかなり小さくなっています。

Ws000018

まず、メインの需要者である10代、20代の人口が減っていること、そして、その若年層の二輪免許取得意欲が低いことが、バイクの需要が縮んでいる要因のようです。さらに、女性もどんどん減っています。

こちらが年齢別の割合の推移です。
Ws000019

こちらちも、需要減について詳しい分析があります。
バイクの国内需要をグラフ化してみる:Garbagenews.com

年齢の変化に加えて、排ガス規制や駐車場規制が重なり、バイクを持つコストが上昇したということがあります。そのため、この需要が、軽自動車やあるいは自転車に散ってしまったようです。

驚きその2 実は、バイク好きな人はこんなにいるんだーーー

私の親しい友人では、バイクに日常的に乗っている人は数人しかいないので、あまりライダーのみなさんがたくさんいる、という印象がありませんでした。

しかし、今回のバイクの顛末をブログやtwitterで公開すると、現役ライダーの方も、昔ライダーだった方も、これからライダーになりたい方も、たくさん、たくさん、コメントやアドバイスを送ってくれます。

そして特徴として、語り出すと、みんな、止まらない、止まらない。バイクを愛していることが、よくわかります。私の自転車に対する愛情とほぼ同じ。

どんなバイクを買えばいいですか、という質問をしたところ、たくさんのアドバイスをいただきましたが、最後には多くの人が、「でもこれは、相性だから、感覚で決めてねーーー」といわれて、ああ、これ、私が自転車を買うときに人にアドバイスをするときとおなじだーーー、思いました。

あと、よく聞かれるのですが、バイクを買ったら自転車乗らないのですか、と。いえいえ、乗りますよ。徒歩・自転車・バイク・自動車・電車、それぞれ、天候と、距離と、駐輪場や駐車場の有無、荷物の量、行動のパターンなどを考えて、選ぶようになると思います。

これまでの徒歩・自転車・自動車・電車、という4択から、バイクが加わった、5択になったイメージです。


さて、ここからは二つ目のトピック、買うバイクを決めるまで、です。

せっかく免許が取れたので、何を買おうか、ということを、卒検の寸前くらいから悩みはじめました。

もともとは電動を買う予定で、車種も決めて見積もりも取っていたのですが、卒業に当たってそろそろ現実味が増してきたでいろいろと検索してみたところ、カタログスペックでフル充電で100キロと書いてあったもの、実際のウェブなどのレビューを見ると、どうも、持続可能走行距離がまだ、40-50キロのようです。

私はいま、自分の原付を乗っていてわかるのですが、私の電動原付はフル充電で25キロくらい走るのですが、途中充電できないと、片道は10キロちょっとのところしかいけない、ということなのです。

すると、新しい電動バイクも、片道20-25キロが限界になると、ちょっとこれは実用としてきつい。EV車系の充電スポットは、EV専用コンセントなので、電動バイクの家庭用のプラグは使えません。

そうすると、この大型電動スクーターは都内で使う分にはいいかもしれないけれども、片道20キロまでの距離だったら、私の電動アシスト自転車やマドンで十分かも。うーーーん、とうなってしまいました。

あと、せっかくマニュアル車の運転を覚えたのだから、こけるかもしれないけれども、忘れないようにそうしたら、マニュアル車を運転しよう。自転車系に比べるとCO2が多いけれども、自動車よりも遥かに少ないから、そうか、これまでだったら自動車で行っていたような場所に、バイクでいくようにしてみようか、と思ったわけです。

ほんと、電動バイクにのるためにAT限定をとりにいったつもりだったのに、いつの間にか、マニュアル免許で、マニュアル車を探していました。不思議。

なんせ、にわかライダーですから、オンロードとオフロードの区別もよくわからないし、カタログ見ても、????状態。ひとつだけよくわかったのは、私にとって一番大事なのは

「シートまでの高さ」

でした。なんせ、身長が158センチしかありませんから、「足つき」が悪い車は致命的です。だいたい、シートの高さが、教習車が75.5センチでつらかったのに、市販のバイクはほとんど、78~82センチくらい。

とにかくまたがってみないとわからないから、とアドバイスを受けて、バイクショップに行くことにしました。そうしたら、これがまた一苦労。なぜなら、検索しても、検索しても、なかなか、自分ちの近くにそこそこ品揃えのありそうなバイクショップが出てこない。自転車店との併売でちょっとだけスクーターを置いている店とか、輸入バイクの店とか、そんなのばかり。

うちの近所、スポーツ自転車のお店がこんなにいろいろあるのに、バイクの店、ほんとうにこんなに少ないんだ、これは教習所に続いての衝撃でした。

くじけて、バイクのメーカーのサイトに行って、販売店一覧の中からもう一度、自分の区と、隣の区を見直して、ようやく、大きなチェーン店の支店をうちから2キロくらいのところに見つけることができたので、そこに出かけることにしました。

飛び込みで行ったのですが、たいへんよく対応していただいて、いっしょに、2時間ほど、うんうんと店の中で悩みました。

まず、排気量は、125、250、400の三択。取り回しのしやすさ、パワー、重さから考えると、250ccを選択

次、どの車種にすればいいのか。250ccで女性だと、カワサキのエストレアかHONDAのVTRが多いそうです。どちらも店内に新しめの中古があったので、またがらせてもらいました。

エストレアは73センチちょっとですから、いちばん足つきがいい。VTRが75センチちょっとなので、これもなんとか、という感じです。どちらもいいバイクなのですが、私が自転車を買うときに、マドンを見て、心がぎゅーーーっとつかまれて、ずっとずっと悩んで、結局、買ってしまった、あの感覚がなかったんです。

実はこれまで、カタログをみて、心を奪われていたのは、Ninjaでした。でも、Ninjaは400しかないと思っていたし、大きいからあきらめていたのですが、お店の方に

「Ninja、250もありますよ。中古あるから、乗ってみますか?」

と言われて、びっくり。とりあえずまたがらせてもらって、シートの高さ77センチのNinjaでは、つま先がちょこんとつくくらい。さすがにちょっとこれでは辛いなぁ、やはり、エストレアかVTRにしないとだめかなぁ、と悶々と悩んでいたら、その様子を見て、お店の方がなんと、すばらしいアドバイス。

「Ninjaの純正のローダウンリンクありますから、これ使いますか? 2センチは下がりますよ」

私は「ローダウンリンク」という部品が何かも知らず、初めて聞いてびっくり。なんでも、車高を下げる部品で、私のような背の低い人の足つきをよくするものらしいです。

おーーーー、それだったら、私にもNinjaが乗れる!! お店には青の中古と、あと、Ninjaの特徴的な色であるライムグリーンの中古があったのですが、なんとなく、色にピンとこなくて、カタログをみせてもらったら、あの注文した白があったのです。

私、白と、グレー、赤の組み合わせ、なんか、好きなんです。そして、今回のNinja 250Rはどんぴしゃでした。

もともと、Facebookの方でも、カワサキに乗っている方も、カワサキで作っている方も、みなさん自信を持って自分たちのバイクをお薦めしていたので、なんとなく、メーカーもカワサキがいいなぁ、というのがありましたし。

というわけで、バイクは1週間ほどで到着しますが、ローダウンしたり、ナビ(方向音痴の私には必須。防水のものにします。)とETCをつけたりするのに多少時間がかかるので、納車は2週間後をめどに、ということでした。

けっこう、250では物足りなくなって400とか、大型に乗り換える人も多いということなのですが、私も本格的な自転車行動を始めてからマドンを買うまで、5年くらいかかりましたし、ロードバイクで転けなくなるのにも1年はかかったので、しばらくは白Ninjaくんと仲良くしようかなぁ、と思っています。

あと、Ninjaくんは、スポーツ系の自転車と同じく、ほとんど収納部分がありません。なので、背中にノートパソコンをくくりつけて走る生活は、まだまだ続きそうです。

電動の大型バイクも、まだあきらめていないので、試乗は行きたいですか、海外では100キロ以上、1回の充電で走ることができるタイプもあるみたいなので、個人輸入も考えたいと思います。

以前、ジム・ロジャーズの「インベストメント・バイカー」を読んで、世界をバイクで旅して回るなんてうらやましいなぁ、と思ったのですが、バイクの免許を取ったので、まずは日本をバイクで旅して回る、ということはできるかも、と思いました。

まずはバイクの腕を上げないと。そこからスタートです。ヘルメット、プロテクターはしっかりとつけてから乗るようにします。そして、安全運転を心がけます。

ライダーのみなさま、これからの仲間入り、どうかよろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ