« 前の記事 | トップページ | 次の記事 »

勝間式、映像コンテンツの楽しみ方

私はいろいろなところで「無駄にテレビを見ないこと」というのを推奨しているので、

・そんなおまえは、年中テレビに出ているじゃないか
・そういいつつ、おまえも映画やドラマについていろいろとつぶやいてるじゃないか
・それなのに、テレビを見るな、というのは変じゃないか

と言われることがあります。

これは、私の説明が舌足らずなせいで、「無駄に」という意味は、「目的意識なく」あるいは「時間つぶしのために」という意味で言っています。

映像コンテンツは、大変情報量が多く、感情に訴える疑似体験が可能であり、書籍やインターネットと同じく、適切な目的意識と使い方をもつことで、とても有用な活用ができると考えています。

そのため、私もふだん、地上波のテレビをつけっぱなしで見ることはほとんどないのですが、家にいるときには下記のような用途で、かなり長い時間、テレビ自体をモニターとして使ってよく見ています。

・録画をしたコンテンツの再生
-好きなのは映画や、海外ドラマです。
-スカパー!HDのスターチャンネル、FOX、ディスカヴァリー、ナショナルジオグラフィックなどをよく見ています
-地上波やBSも、キーワード録画をして楽しんでいます。

・ラジオとしての活用
-スターデジオで音楽を聞いています。

・買ったり、借りたりしたDVDやブルーレイの再生
-映画や、ドラマのDVD-BOXが中心です。

なので、部屋によって違いますが、どの部屋にも何らかのモニターは置いてあって、お風呂なども防水の無線で受信出来るモニターを使っています。

そして、HDDつきのブルーレイや、単なる再生専用のブルーレイ、リージョンフリーの再生ができるDVDなど、そのへんもけっこうな台数持っていて、モニターやネットにつながっています。スピーカーは、BOSEの5.1chを天井からつるしています。ほかも、BOSEの小さいものとか、何らかの外部スピーカーをつないでいます。

最近は映像もデジタル化をして、管理が本当に楽になりました。ぜひ、せっかくのデジタル化技術があるのですから、めい一杯、好きなものを好きなだけ見るように、たくさん、たくさん、映像を活用していきたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ