« 前の記事 | トップページ | 次の記事 »

新刊「恋愛経済学」、目次を掲載します

新刊の目次を掲載します。内容の雰囲気がわかるはず。参考にしてください!!

はじめに

第1章 恋愛と経済学の深い関係
なぜ、恋愛という仕組みがあるのか? 
細身の女性を好む男性は淘汰される 
優秀な遺伝子を残すための様々な方策 
恋愛の効用は、結婚をピークに減価する 
効用関数から考える、恋愛の損得 
なぜ、恋愛は楽しくて結婚は重いのか? 
離婚率のピークは結婚4年目 
恋愛には確率的要素がある 
婚姻制度と少子化 
恋愛市場は「レモン市場」 
恋愛も経済も、みんなが一番幸せになるために 
イケメンもいいけど、イクメンのほうがいい 
恋愛は壮大なテーマ 

第2章 恋愛と社会の仕組み
「種もらい婚」が増えている 
目指してはいけない、スリムな巨乳 
男と女の効用関数 
1人ひとりの戦略が、人類を繁栄させる 
なぜ、女性は浮気をしないのか? 
男がこだわるヒエラルキー 
成功も失敗も戦略次第 
共依存の悲劇 
「すごーい」に弱い男、「生爪」がさびしい女 
同性愛と異性愛 
インターセックスを知ろう 
したくない 、アセクシャルの人 

第3章 恋愛と結婚制度
尽くし尽くされ、寿命が延びる 
美味しいご飯も、毎日食べれば飽きてくる 
なんだかんだいっても、お金が大事 
見合い結婚か、恋愛結婚か 
寝ないでおごらせるのが正統派 
結局、最後は色気と食い気 
結婚と子供を「アンバンドル」する 
どんな選択でも、社会が支える 
共働きは「規制緩和」のイメージ 
専業主婦モデルの崩壊 
子供を預けるコストが高過ぎる 
離婚の経済学は難しくない 
心労コストと経済コスト
シングルファザーの事情 
結婚制度をもっと自由に 

第4章 セックスの経済学
セックスの対価は、男と女で不平等 
セックスにお金を使う男、美容にお金を使う女 
誰に惹かれてしまうのか? 
すべては社会の仕組みの中に 
風俗に行くのもコミュニケーション 
愛人の経済学 
男と女、それぞれの希少資源 
深刻化するセックスレス 
セックスが嫌いになる男たち 
それでも男はオッパイが好き 

第5章 「モテ」の経済学
なぜ、モテは男性にとって重要か? 
過去の栄光にすがる男たち 
モテる秘訣はコンフィデンス(自信) 
「モテなきゃ」という気持ちが仇あだになる 
エロパワーこそ、経済発展の鍵 
なぜ、モテは女性にとって重要か? 
大切なのは、内面と外面のバランス 
人生はサバイバルだから 
美容整形の功罪 
ダイエットはなぜ続かないのか? 
恋愛とは究極のバイブルである 

第6章 幸せになるための恋愛経済学
社会の規範を疑ってみよう 
すべては自己責任 
恋愛は必需品か? 贅沢品か? 
自立型恋愛のすすめ 
いくつになっても恋愛できる社会に 

緊急対談 秋元康 VS 勝間和代 

おわりに 

Amazon.co.jp: 恋愛経済学: 勝間 和代: 本
楽天ブックス: 恋愛経済学 - 勝間和代 : 本
セブン&アイのセブンネットショッピング - 書籍 - 恋愛経済学 - 勝間和代/著

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ