« 前の記事 | トップページ | 次の記事 »

マドンのちょっと変わったカスタマイズ、まとめ (1/10に追記あり)

よく、マドンによくそんなカスタマイズ思いつきますね、と笑われるのですが、ちょっとまとめておきます。
NEC_0526

マドンらしいカスタマイズ

1. チューブレスのタイヤに履き替えました。フルクラムです。

2. サドルも、Terryのジェル入りですが、ロード用のものです。

マドンらしくないカスタマイズ

3. 筆頭はやはりこれかな。スタンドがついています。買ったときに、ずいぶん反対されましたが、「どうしても必要なんです」と押し切りました。

4. ステム、シートポスト、シートクランプ、みんな水色ですが、MTB用のパーツです。私は背が低い(158センチ)なので、700cのバイクは本当はちょっとつらい。なので、ステムを短く、シートポストをまっすぐにして、かなり近づけています。シートポストも長すぎたので、少し切りました。

5. ペダルも昔はSPDちゃんとつけていたのですが、いかんせん、必ずSPD用のシューズをはかないといけない、というのが難しく、大きめのフラットペダル・ピン付に変えました。こちらもMTB用です。

6. Rixenのバッグをフロントにつけています。リムの方がいいのは確かなのですが、試してみたのですが、やはり不安定なので、フロントにしました。すごい、便利です。

7. ナビをつけています。電池はすぐにへたるので、エネループのUSB給電で補っています。

8. スピーカーをつけています。iPod専用のもので、信号待ちなどで鳴らしたくないときにはPause、道を走っているときで周りに迷惑がかからないときにOnにしています。

いろいろ、正当派の方から見ると「えーーーーっ」と思うこともあるようですが、私にとっては、試行錯誤の結果の、いちばんベストな組み合わせです。楽しく、何十キロも走っています!!

(1/10追記です)

自転車マニアの方が、なぜ、えーーーっというか、Twitterを通じて、理解を深めました。

要は、ロードの用途(軽く、早く)のため、強度その他を犠牲にしている部分があるから、そこを無理やり街乗り仕様にするのは美しくなく、安全性や運転性に問題が出るから、それだったら、初めからオーダーするか、クロスバイクにすべきでは、という観点でした。

私、愛読書が
「エイラ 地上の旅人」シリーズ

でして、これを読んでから、エイラが生き残るための工夫がすばらしく、それに感化されて、とりあえず、自分が持っているものはたまたま手に入ったのだから、最大限のカスタマイズをできるところまで、とやるくせがついていまして、そこが?、なのかもしれません。

できることしかできないし、今現在、ない理想(軽い街乗りに最適化されたデザインの市販自転車)を求めても仕方ないので、安全性に気を付けながら、乗りたいと思います。

Twitterでいろいろとおしえてくださったみなさま、ありがとうございます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ