« 前の記事 | トップページ | 次の記事 »

お薦めの本~「風邪の効用」

せっかく風邪引きなので、ちょっと変わった本の紹介です。

すなわち、風邪を引くこと自体、免疫上の意味がある、身体に無理が起きたときにそれを治そうとして風邪の症状が出るのが、無理に症状を抑えることはかえって良くない、という考え方です。

もちろん、この本の内容を鵜呑みにする必要はまったくありませんが、一つの考え方として参考になります。

さて、私もまた、ふとんに潜り込むことにします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ