« 前の記事 | トップページ | 次の記事 »

ソニーブックリーダー使用初日雑感~思ったよりかなりいいです

注文していたソニーのブックリーダーが届きました。ソニーストアから注文、2週間待ちでした。自分の名前入りです。文庫サイズの5型と新書サイズの6型がありますが、あまり重さが変わらないので6型にしました。
P1020440.JPG

そして、ざっと何冊か、ストアで買って読んでみましたが、初日の結論。
思ったよりも、かなりいい
でした。

比較の対象は、KindleにiPadにiPhone、それにKindle for PCなどの電子書籍たち。これらに比べても、私はこのソニーリーダーなら使い続けたいと思いました。

思ったよりいいと思った理由。

1. ページめくりが早かった。しゅん、と次のページに行きます。キーボードでも、手でもいいのがいい。

2. 立ち上がりや、読み込みも早い。ストレスほとんどありません。

3. 白黒なので、眼が疲れない。寝っ転がって、読めますし、紙と違っておもしろいと思ったのが、紙はめくった瞬間、眼をもう一度右にずらすのですが、電子書籍は同じ場所を見続けてもいいわけです。

4. そしてなんといっても、よかったのが「メモ機能」
ちょっと気になったところをマーカーしたり、ページをマークしたりして、あとでそこだけ一覧で読み返せるところ。
紙だと、いちいちペンを用意してまでやるのは面倒ですが、この端末だと、付属のペンでマーカー引いて、ページ折って、ちょっとしたメモつけるだけで、気になる要約のできあがり。これはいい。

とはいえ、手放しにいいかというと、改善も必要だな、と思ったことはいくつか。

1. 充電が、パソコンが原則。電源にUSBの口があるものでは充電できませんでした。いちおう、ACアダプターも別売り子ではあるようですが、めんどう。

2. これはいろいろな人が指摘していますが、WiFi/3G非対応。まぁ、充電のタイミングでやってしまえばいいので、慣れるといいのでしょうが、せめてWiFiは対応して欲しいところです。

3. USBコードがマイクロUSB。携帯とかに一部使われているタイプだと思いますが、充電や転送にUSBが必須なときに、新しいタイプのコードはめんどうです。また、持ち歩くコードが1種類、増えてしまいます。

4. ソニーストアが直感的にわかりにくい。しかも、Sony IDその他、けっこうちゃんと登録しないと、使えません。AppStoreの洗練した雰囲気に慣れていると、えーーーーっという感じでした。

5. 本の品揃えはこれから。PDFその他汎用ファイルも読めるので、当面は自炊でカバーすればいいのでしょうけれども、例えば私の本は、まだD21と扶桑社からでているものしか、ソニーストアでは買えません。

そうはいっても、では、買いか買いでないかと言われた、

「本好きは買い。特に、自炊をする覚悟がある人にはお勧め。そのうちにストアの充実をまとう」

というところだと思います。

もっともっと読みにくいかと思っていたのですが、1ページをぱぱっと読めるだけの読みやすさがあるのは、結構感動します。

これに何十冊もこれから本を入れて持ち歩けると思うと、わくわくしますね。しかも、家に置いているとなかなか読まない本も、端末に入れておけば、すきま時間にちょろちょろ読むようになると思いますし。

ちょっと最近、紙離れを私も起こしていたのですが、この端末でまた、自炊も含めて本に触れる機会が増えそうです。

ちなみに今回、テストで買って、非常におもしろかったのは
「本当は嘘つきな統計数値」 門倉貴史さん
です。

世の中の統計数値がどのような理由でどう歪んでいるのか、豊富な実例で最新のデータも踏まえて、教えてくれます。

私のインタディもプレインストールの1冊として、最初の方の章だけ入っていますので、端末を買ってみた方、合わせてご覧いただけると、うれしいです。

自炊の本がどのくらい読みやすいかどうかは、また後日、レポートします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ