« 前の記事 | トップページ | 次の記事 »

大人のための、インフルエンザを早期発見する方法(個人的体験より)

この記事は、大人のための、インフルエンザを早期発見する方法(個人的体験より)です。実は最近の体調の悪さは、風邪ではなくて、インフルエンザA型でした。

熱を出して3日目になります。

初日は昼間に37度ちょっと越えてきて、でも咳や鼻水もほとんどなかったので、ああ、風邪のかかり始めかな、くらいに考えて、仕事に出かけました。そして、そのまま少しふらつきがあるくらいで、少し早めに寝れば直るだろう、くらいでした。

二日目、朝測ったら、37度ぴったりくらくいです。まだその時にも風邪だと信じていました。そして、その日の仕事は、堤幸彦監督のインタビューの仕事。この日しか日程がとれないと前々から言われていたので、37度ならなんとかなるだろうとの判断で行きました。

そして、午後くらいから、食欲もどんどんなくなってきて、頭ががんがんしてきます。明らかに熱が上がっている感じです。咳はほとんどありませんが、ひっきりなしに鼻水が出てきます。とにかく、早めに仕事を巻かせていただいて、夜の予定はキャンセル、家に戻って熱を測ったら、39度になっていました。

さすがに、39度ともなると、風邪よりも、インフルエンザの可能性を疑わざるを得ません。近くのクリニックに駆け込みました。徒歩15分のところたったのですが、そこまでも歩くのが辛くて、タクシーで行ったくらいです。39度あると言ったら、待合室ではなく、ベッドで寝かせて待たせてくれました。

最近はインフルエンザは即日検査ができます。鼻の中に検査のための器具で何かを採取して(これ、けっこう痛かった。涙がじーーーーんと流れました)、数分待つと、しっかりとA型のところに「陽性反応」で赤い線が出ました。

すぐに点滴を打ってもらい、タミフルや解熱剤を処方してもらいました。総額は薬代も含めて3割負担で3千円ちょっと。保険はほんとうにありがたいです。

先生に「明日、マスクをできなくて、穴を開けられない仕事があるのですが、どうしたらいいでしょうか」と尋ねたところ、「熱が下がっていて、かつ、咳や鼻水でウィルスを撒かないこと。発症からすでに3日目だし、タミフルと点滴投与から、ほぼ丸1日あるので、明日の昼には熱は下がっているでしょうから、なんとかなるとは思います」と言われました。

とにかく、行く前の熱が勝負だと思って、ずっと熱を測り続けましたが、なんとか出発前には37度を切るくらいになりました。インフルエンザだと分かった時点で、スタッフの方には継続して相談の電話を入れていたのですが、とにかく

・入りは最後に
・出は最初に
・至近距離に近づかないようにする
・本人はもちろんのこと、メイクさん、スタイリストさんなど、私と閉鎖空間で同室になる人はみなマスクをする

ということで、さまざまなお気遣いをいただいて、仕事が終了しました。おかげさまで、どんどん薬が効いてきたのか、ほとんど鼻水も咳も出ませんでした。熱も、いまも36度台です。

これを機に、インフルエンザについて少し勉強したのですが、まず、風邪との違いは下記のサイトによくまとまっていました。

生活習慣病と予防 インフルエンザと風邪の違い

そして、これでインフルエンザになるのは生涯で5度目くらいなのですが(卵アレルギーで、予防接種ができないため)、だいたい、このような経緯で進むイメージです。

1. 感染当日
悪寒と筋肉痛があったような気がします。でも、ちょっと暖めたりしているとなくなるので、気にしない、という感じです。どこで感染したかはまったく心当たりがありませんでした。

2. 感染数日間
発症のトリガーになるようなことがあると、発症するようです。おそらく、感染したけれども、発症しないときの方が多いのだと思います。今回は、スペシャル+その番宣の収録で、途中、わずかな休憩のみでほとんど飲食せず、5時間撮影を続けたのが引き金だったようです。乾燥と冷えが大敵です。

3. 発症日
まずは風邪かな、くらいな症状です。ただ、最も違うのは、やけに関節痛がすることです。背中や腕の節々が痛いです。そして、背筋がいつも寒い。いま、インフルエンザだとわかってから逆算すると、ということなので、その時にはまったくわからないのですが。そして、熱が出たり、引っ込んだりでした。

4. 発症日二日目
この日が一番、たいへんです。熱が一気に39度まで上がって、ようやく、風邪ではなくて、インフルエンザかもしれない、という疑いを持ちます。

やはり、大人で38度5分以上の熱が出たら、まず、インフルエンザを疑った方がいいと思います。風邪では、そこまで出ません。

5. 発祥三日目
4の時点で適切に処置をしないと、高熱がやはり続くようです。タミフル投与から24時間で、急激に熱が下がります。

いま、熱はないのですが、薬で抑えているだけらしく、だるくて、背筋も寒いです。ただ、熱があると、周りへの感染も強まるので、タミフルは自分だけではなくて、周りの感染予防にも有効ということでした。

とにかく、大人は
・38度5分以上の高熱
・関節痛
・頭痛
・その割には、咳が出ない
という条件があったときには、まよわず医師の診察を受けてください。これから、お正月になって、休日診療になっても、です。

私自身がインフルエンザで生死に関わることはありませんが、感染症に弱い方が、自分がキャリアになって、その結果として移したら、大変なことになりますので。

あと、卵アレルギーだとなぜ予防注射が受けられないかと言いますと、どこだかわからないのですが、ワクチンの培養に有精卵を使うそうなんです。なので、私は、予防注射をすると、腕全体に湿疹が出て、パンパンに腫れまして、1週間くらい、かゆくて使い物にならなくなりますし、ひょっとしたら、もっと重篤なアレルギー症状が出る可能性があるので、避けています。

何カ所かに、卵を使わないワクチンはないか聞いたのですが、今のところは巡り会えませんでした。

とにかく、すべては知識と安静と、周りの方の理解ですね。関係者の皆さま、いろいろと、本当に、ありがとうございました。そしてご迷惑をおかけしました。なるべく早く回復して、来年に備えます!!

追記
専門家の方から、ワクチンよりも、予防は手洗いの方がずっと効くそうです。なるほど。

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ