« 前の記事 | トップページ | 次の記事 »

ミツバチみたいな色になったフロド君

26×1.25のオレンジのタイヤが1種類しかなかったので、それを履いていましたが、やはりどうも、性能に難があるので、同じカラータイヤでも、使い慣れたPanasonicのものにしてみました。

あいにく、オレンジはないので、ピンクに近い赤か、黄色の二択。さすがにピンクはないだろうと思い、黄色にしたら、ハニービーのような色合いになりました。
P1020154.JPG

お店のひとによりますと、「カラータイヤに性能求めるのはきびしいですよ。確かに、今回のタイヤの方が、前のよりはずっといいですけれども。まぁ、この自転車は、マドンと違って、ファンライドだから、この辺で良いのでは?」ということでした。

せっかくお店に行ったので、もともとつけたかった、バーエンドもつけてもらいました。こちらはなかなか、調子良いです。直線の時に手が疲れにくくなります。
P1020155.JPG

こちらは、オレンジだった頃のフロド君。黄色とどっちがいいかなぁ。並べてみます。やはり、オレンジの方が統一感がありますね。残念。
P1010746.JPG P1020154.JPG

ちなみに、オリジナルはこんな感じの自転車です。私のフレームカラーは特注の色です。

大事なことは、いかに色を変えるかではなく、いかにたくさん日常的に乗るか、ですから、形ばかり凝って、余り乗らないといったような、本末転倒にしないようにしないと。

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ