« 前の記事 | トップページ | 次の記事 »

「坐・和民」 で開いた「監査と分析」の忘年会と、うれしいサプライズ

私の会社の名前は、「監査と分析」といいます。よく、なぜそんな固い名前なのですか、と聞かれるのですが、もともと、私の仕事や実証研究の延長で作った会社で、事業会社やヘッジファンド、金融機関、公的な機関などに向けた、戦略立案、業務監査や投資分析サービスを提供する会社としてスタートしたためです。設立当初は、まさかB2Cを行うことになるとは誰も想像もしていませんでした。

それがたまたま、2008年5月の情熱大陸出演をきっかけとて、少しずつニーズに応える形でB2Cサービスの提供をはじめて、現在に至っています。そしていまでも、B2Cだけではなく、B2Bとしての内部監査サービスやコンサルティングサービス、戦略立案サービス、業務トレーニングなどを並行して提供しています。

今日はその「監査と分析」の忘年会でした。常勤社員に、来年内定している新卒社員に加え、インターンの学生、業務委託を行っている担当社員の方々などを招いて、総勢12人ほどの忘年会でした。

せっかくなので、渡邉美樹さんとよくお会いしているので、忘年会は「坐・和民」 の浜松町店で開催させて頂きました。コース料理に飲み放題を加えたものです。

おいしいお刺身、大きな海老フライなど、質量ともに満点。さすが、和民さんです。
P1020181.JPG P1020184.JPG

しかも、本当は慰労会のはずなのに、いつの間にか、業務改善のための企画会議のようになっていまして、でも、酒の肴にしてしまうくらい、私たちは毎日、楽しく仕事をしているのだから、それはそれでいいのかなぁ、と考えています。

料理はまだまだ続きます。
P1020180.JPG P1020182.JPG

P1020183.JPG P1020185.JPG

そしてデザートで締めです。
P1020187.JPG

食べまくって、ふう、と、落ち着いていたところ、なんと、うれしいサプライズで、私のお誕生日デザートがやってきました。
P1020188.JPG

こちらは、社員の企画でして、渡邉美樹さんからの差し入れでした。本当に、ここにいるみんなに毎日を支えられて、業務が実行できているのだと、うるうるきてしまいました。

今年いただいたデザートの中で、いちばんおいしかったです。社員のみなさま、取引先のみなさま、2011年もベストを尽くしていきますので、どうか、引き続き、よろしくお願いします!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ