« 前の記事 | トップページ | 次の記事 »

チタンフラットロードのフロド君は、期待以上!!

P1010707.JPG

チタン製電動ロードバイクのフロド君がとどいて3日目です。まだ50キロくらいしか乗っていませんが、期待以上にいいです。平地でしたら時速30キロ前後、坂でも時速15-20キロで走ることが出来ます。

まずびっくりしたのが、チタンフレームそのものの優秀さ。別に電動が走らなくても、ふつうにすーーーーっと加速します。ぶれないし、軽いし。カーボンよりいいかも。

次にうれしかったのが、サイズです。430mmで26cなので、158センチの私には使い回しがしやすく、よっこらしょ、という感じがまったくしません。

3つめ、アシストもおそらく、ジェッターよりも強い設計になっています。かなりのところまで、すーーーーっと押されます。

結果、マドンよりまだ時速で同じだけ踏んでも2キロくらいは遅い気がしますが、まだペダルやグリップを変えていない段階でそこまで出ていますので、合格です。ジェッターとはぜんぜん違います。

電池も、私の乗るペース(1日20-30キロ)だと、3-4日は大丈夫そうです。

課題はやはり、重さ。なんせ、本体が16キロ弱。マドンの倍です。

逆に、これだけ重いのに、アシストが切れた段階でもマドンに近いスピードが出るのは尊敬なのですが。20キロあるジェッターと違って、エレベータその他に乗せられますが、それでも、マドンの方が持ち歩くのは楽です。

あとは、まだデザインはマドンやジェッターのほうがいまのところ、かわいいです。色がバラバラで統一感がないので。

なので、これから、ステムやペダル、シートポストなどをコツコツと色を変えたり、軽量化を図る予定です。オレンジの部品が欲しいのですが、なかなかオレンジは少なくて、個人輸入と組み合わせようかと思っています。

ジェッター、マドン、フロド、毎日どれに乗ろうかなぁ、と考える楽しみが増えました。最終チューンが終わった段階で、またマドンとスピードを比べたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ