« 前の記事 | トップページ | 次の記事 »

事業仕分け第三弾後半戦、初日参加の感想です。

無事、事業仕分けの後半戦、初日終了しました。前回は省庁レビューだけでしたので、本戦は初参加です。

てくてくと、五反田から歩いて約7分くらい、TOCビルの13階で仕分けは行われています。入場は登録なしで自由に入れます。

P1010696.JPG P1010697.JPG

チームはAとBに分かれていて、私はBに所属しています。そして、今日のワーキンググループBの仕分け対象事業は以下の通りです。

B-1: 国内観光関係事業   国土交通省
B-2: 国際観光関係事業   国土交通省
B-3: 実証等を主目的とする研究開発   経済産業省
B-4: 中小企業の経営支援   経済産業省
B-5: バイオ燃料の導入促進   環境省
B-6: 飼料穀物備蓄対策事業   農林水産省

資料:事業仕分け平成22年10月~11月 | 内閣府 行政刷新会議


P1010699.JPG P1010700.JPG

結論から言いますと、すべての6つ事業は廃止、見送り、または大幅削減となりました。

私は主に、数値面からの検証で

・国内旅行の振興効果の算定根拠は何か。それが1人当たり1泊5万円とは過剰ではないか
・中小企業支援センターには1日何件の問い合わせがあり、どんな人が担当で、いくらの人件費か
・飼料の備蓄先に天下りが多すぎないか。なぜ資産と負債を両建てにしているのか

などを指摘しました。

事業仕分けは、それぞれの事業目的については、事業目的そのものが必要なのか、不必要なのかを争うのではなく、

・その事業が本当に目的に即しているのか
・よりよいやり方はないか
・その事業が存在することで、他に必要なところに予算が不足していないか

ということをレビューします。

そして、説明者ものらりくらりと質問に答えない傾向があるので

・手許にあるのに、都合が悪いため、意図的に開示していない情報
・数値で掛け算、割り算で検証した場合に明らかに費用対効果があっていないもの
・天下り団体などを利しているもの

などを中心に、事業評価シートにヒントはあるけれども、直接は明示していないものをひたらす、

・計算
・検索
・分析

を手許のレッツノートでリアルタイムで行いながら、質問を繰り返すことを行いました。

P1010698.JPG

中継はリアルタイムで以下で行われています。

Ustrem→ http://www.ustream.tv/channel/shiwake2
ニコ動 → http://live.nicovideo.jp/watch/lv31908606

ぜひ、どのような根拠で私たちの税金が使われているのか、その用途は正しいのかどうか、一緒にチェックしていただければと思います。

火曜、水曜、木曜も丸一日続きます。できることをできる限り、行います。

数値がない議論、事実がない議論は空回りしますので、しっかりとした事実に基づいて、是々非々を議論し、そして、必要なものは単なる勧告ではなく、閣議決定など強制力ある手段までもっていくことによって、実効性を高めたいと考えます。

どうか、応援してください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ