« 前の記事 | トップページ | 次の記事 »

Facebook、Twitter、ブログの使い分けについての考察

Ws000001

Facebookでファンページを運用し始めてから、2週間がたちました。なんとなく、慣れてきたので、ここまでの学習内容をまとめておきます。

1. ブログ、Facebook(以下、FB)、Twitterの3つについて、伝えたいメッセージの内容と拡がりを考えて、どこに書くか選ぶことが必要

内容の濃さ及びコアファンの多さは

・ブログ>FB>Twitter

となりますし、書く方の手間の優位性や、リーチの大きさは逆に、

・Twitter>FB>ブログ

ですから、それぞれ、140文字以内につぶやく話なのか(Tw)、ちょっと気軽なリンクや写真をまとめたいのか(FB)、はたまた、しっかりと文章を書いて流したいのか(Blog)、という感じで、どこに書き込むか、決めます。


2. 濃い内容→気軽な内容のリンクはOKだが、逆はしない方がいい。

例えば、TwitterをすべてFBに流してしまうと、うっとおしいかもしれないです。これは薄い→濃い方向だから×。一方、ブログのRSSはTwにもFBにも流した方が便利ですね。

私もよくわからないうちは流し込んでいましたが、その原則は守るようにしています。

そして、FBには別タブでツイッターを表記させ、ブログにはサイドバーに、TwitterとFBを載せるようにしました。すなわち、それぞれのエントリーベースでは

ブログ→FB
ブログ→Twitter
FB→Tw

はありですが、逆はなし。

ただし、FBにはTwitterのタブを、ブログにはTwとFBの窓をサイドバーに載せています。なお、FBでタブの追加は個人ページでは最近できなくなっていますので、お気をつけください。ファンページのみ可能です。


3. 写真はやはり、キラーコンテンツ。どうやって手間暇かけずに編集するかがポイント

結局、どの3つに対しても、文字の他、結局、各種画像がやはり、雄弁に語ります。したがって、写真は多い方が楽しい。

ただ、いちいちカメラからカードを外したり、USBでつないだり、携帯から手作業でアップすると、まず続かないので、Eye-Fi+Flickrのような方法を使ったり、また、Flickrにアップされたあとも、それをExtentionその他で使い勝手よく、TwitterでもFBでもBlogでもクリック数少なく載せられるようにします。


4. 各種ソフトを使わないと、ウェブだけではまず、頭がパンクします

3つも管理をしようしたら、いちいちそれぞれのページにいったり、管理したりしていたら、時間がいくらあってもたりません。

なので、私の場合は、HootSuiteでTwとFBは一括管理、写真を投稿するときにはPixelPipeなどでどこに投稿するか判断、ココログのコメント欄は廃止して、TwitterとZenbackで連動、などの工夫をしています。


そのうち、時間が出来たら、この次はFacebookの自分のページをFBML(Face Book Markup Language)で書いてみようと思います。

もう少し、研究してみます。FBのファンページの登録者数(いいね、を押してくれた人)も、もうすぐ2,000人になりそうです。うれしいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ