« 前の記事 | トップページ | 次の記事 »

オーストラリア3日目その1 カンガルー、ワニ、ラクダ。みんないただきました。

オーストラリアでさまざまな食事をいただいていますが、びっくりするくらい反響が大きかったのが、カンガルー、ワニ、ラクダを食べる話。オーストラリアでは、カンガルー、ワニ、ラクダ、みんな普通にお肉として、いただいています。

特にカンガルーはメジャーです。さっぱりとした牛肉みたいな風味です。ワニは白身魚、ラクダは豚肉みたいな風味でした。機会があったら、お試しを。

これはラクダ
オーストラリア3日目その1 カンガルー、ワニ、ラクダ。みんないただきました。

こちらはカンガルー
オーストラリア3日目その1 カンガルー、ワニ、ラクダ。みんないただきました。

左がカンガルー、右がワニ
オーストラリア3日目その1 カンガルー、ワニ、ラクダ。みんないただきました。
オーストラリア3日目その1 カンガルー、ワニ、ラクダ。みんないただきました。

こちらは、お昼に食べた、カンガルーのラップ
オーストラリア3日目その1 カンガルー、ワニ、ラクダ。みんないただきました。

みんなおいしいですよ!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

コメント

投稿者: hiMari (Apr 22, 2010 9:36:21 PM)

わぉ オーストラリア人はカンガルーを食べてるのか…sweat02


投稿者: yurijadeballet (Apr 22, 2010 11:13:47 PM)

ウチの子供はアトピーでお肉が食べられなかったので、自然食のお店でウサギ肉とか買ってました。その時カンガルーもワニも置いてあったけど、さすがに手が出ませんでした…。実はポピュラーなんですね。


投稿者: hirokids (Apr 22, 2010 11:15:43 PM)

実は日本ではかなり古くからカンガルー肉を輸入しています。ジンギンスカン焼肉のような名称の製品で結構売られています。私も小学生のころ、原料:カンガルーと記載されていて驚いた経験があります。多分マトンのつもりで知らずに食している人多いと思います。ちなみに輸出が先で、オーストラリアの方々が食べるようになったのは後からだと思います(確か禁止されてました)。


投稿者: とくさん (Apr 24, 2010 1:21:33 AM)

飲んで帰り、
ブログを見て、
おなかがすいてきました。。。
しまった。


投稿者: るー (Apr 24, 2010 11:29:31 AM)

オーストラリアのスーパーのお肉売り場でカンガルー肉を見たことがありましが、現地の人達は普段あまりは口にしないようですよ。観光客向けかもしれませんね。でも意外に美味しいらしいです。


投稿者: 川上行人 (Apr 25, 2010 2:32:29 PM)

カンガルーの肉は味はいかがでしたか?動物園やテレビで見るかわいいカンガルーからはちょっと敬遠気味ですが。世界の勝間さんのほんとうのお味はどうでしたか本音を聞かせて下さい。

川上行人


投稿者: 川上行人 (May 1, 2010 2:36:51 PM)

のピアニストグールドはいつもニューヨークのスタインウェイスタジオで録音をしていた。なぜならグールドの故郷とニューヨークは距離にして800Kと予想外に近い、アメリカで移動する時千キロは当たりまえ。それがまるで隣町にゆくごとくグールドはニューヨークへ出かけたわけである。グールドの英語はニューヨーク英語というよりキングズイングリシュに基本があるようだが実にトロントの文化をニューヨークに同化させている。グールドはドイツ語も堪能でドイツ人よりも麗しいドイツ語を話す。
トロントと隣町のニューヨークが生んだゴールドベルク変奏曲ともいえる1955年版は世紀の遺産、1981年版はデジタル化されかえってグールドのよさを失っている気もする。
トロントとニューヨークの近さが生んだ世界のグールド讃。

グールドは飛行機嫌いであったそうである。トロントからニューヨークまで汽車と船か自動車でいったのか
しかと知らぬが時代はもうジェット機の時代、時の流れに逆らってニューヨークまでの旅を楽しんだであろう
グールドが愛くるしい。グールドはJ.ディーンバリの優男でもあり車窓のグールドが似あう。
グールドは永遠の名優でもある。

川上行人
文化芸術東京
Culture Art Music Tokyo


コメントを書く