« March 2010 | トップページ | May 2010 »

P1070179

今回のオーストラリア取材のブログ投稿のまとめです。写真も豊富に投稿していますので、ぜひ、ご覧ください。

1. オーストラリア1日目 その1〜メルボルン到着 (2010/04/20)

2. オーストラリア1日目 その2〜メルボルン取材。トリム・カフェなど (2010/04/20)

3. オーストラリア2日目その1 メルボルンのマーケット、博物館など (2010/04/21)

4. オーストラリア2日目その2 アボリジニアート、カフェなど (2010/04/21)

5. オーストラリア3日目その1 カンガルー、ワニ、ラクダ。みんないただきました。 (2010/04/22)

6. オーストラリア3日目その2 オーストラリア3日目その2〜ウルル(エアーズロック)で夕日を見てきました。 (2010/04/22)

7. オーストラリア4日目その1 サンライズとアボリジニ体験 (2010/04/23)

8. オーストラリア4日目その2 〜 サウンド・オブ・サイレンスディナー (2010/04/23)

9. 初めてのアボリジニのドット・ペイント・アート、大公開です。じゃじゃーーーん (2010/04/24)

10. オーストラリア5日目その1 〜 砂漠の中のリゾートホテルと地平線 (2010/04/24)

11. オーストラリア5日目その2〜シドニーに戻りました (2010/04/25)

12. オーストラリア最終日 その1~Popcakeマシンほしい!! (2010/04/25)

13. オーストラリア最終日 その2〜シドニー市内、オペラハウスなど (2010/04/25)

| コメント (0)

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

ウルルはアボリジニの聖地のため、撮影には大変細かい決まりがあります。今回は、その決まりをまもり、レンジャーの方にチェックしてOKをいただいたもののみ、撮影に使用しています。

また、ウルルは上ることもできますが、こちらも推奨されていないということで、上っていません。それよりも、360度にわたるパノラマの青空、そして、それがだんだんと夕日になっていく様子がすばらしかったです。

オーストラリア3日目その2〜ウルル(エアーズロック)で夕日を見てきました
オーストラリア3日目その2〜ウルル(エアーズロック)で夕日を見てきました
オーストラリア3日目その2〜ウルル(エアーズロック)で夕日を見てきました
オーストラリア3日目その2〜ウルル(エアーズロック)で夕日を見てきました
オーストラリア3日目その2〜ウルル(エアーズロック)で夕日を見てきました
オーストラリア3日目その2〜ウルル(エアーズロック)で夕日を見てきました
オーストラリア3日目その2〜ウルル(エアーズロック)で夕日を見てきました
オーストラリア3日目その2〜ウルル(エアーズロック)で夕日を見てきました
オーストラリア3日目その2〜ウルル(エアーズロック)で夕日を見てきました
オーストラリア3日目その2〜ウルル(エアーズロック)で夕日を見てきました
オーストラリア3日目その2〜ウルル(エアーズロック)で夕日を見てきました

| コメント (5)

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

リンク: 日本人はなぜ市場競争が嫌いか~大竹文雄・大阪大学教授に聞く(上)|辻広雅文 プリズム+one|ダイヤモンド・オンライン.

大竹文雄さんは、行動経済学などで、現在起きている事象をわかりやすく整理し、私たちに伝えてくれる方です。今回の、日本人はなぜ市場競争が嫌いか、もすはらしいインタビューです。

なぜ、日本人は競争が嫌いなのか。要は、ほとんどの競争がフェアでないし、失敗した場合のセーフティーネットがしっかりしていないからだと私は考えてます。ちゃんとした競争に参加させてもらえないのです。

例えば、外国に行くたびに思うのは、なぜ、日本は外食がこんなにおいしくて安いか、ということを考えます。ミシュランの星もたくさんいただきましたね。

私の仮説は、日本で、個人の参入が自由な、ほんとうの自由市場は

「外食市場」
「お笑いの市場」
「野球、サッカー、将棋、囲碁、騎手、競輪選手などのプロ市場」

位しかないからだと考えています。だから、外食に、お笑いに、才能ある人が殺到しているからです。

これらの市場であれば、経歴も、学歴も関係なく、実力に応じて顧客がつき、人気が決まって、市場がうまく回ります。ほんとうの実力主義市場です。

日本は起業が難しく、既得権があるB2Bや規制系に行くと、苦労が多くなります。それよりは、B2Cのほうが小資本で参入できますし、結果も出やすいのです。

そうして、多くのやる気ある若者は外食やお笑いへと向かい、とても外食はおいしくなるけれども、なかなかGDP全体を増えるような産業は育たない、と言うことではないでしょうか?

| コメント (17)

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

リンク: 国民生活選好度調査 - 内閣府.

平成21年度国民生活選好度調査が発表になりました。

私が以前から言っている

・日本は他国に比べて相対的に低い
・男性が女性より低い
・30代をピークに、高齢になるほど低下する
・健康や所得が幸福度に影響する

などの結果が結果が出ています。

原本及び、関連ニュースを合わせてご覧ください。

リンク: asahi.com(朝日新聞社):日本人の幸福度は10点満点で「6.5」 内閣府調査 - 社会.

リンク: 時事ドットコム:日本人の幸福度、6.5=欧州主要各国下回る-内閣府調査.

リンク: 国民の「幸福度」、高齢ほど低下 内閣府が初の意識調査 - 47NEWS(よんななニュース).

| コメント (18)

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

昨日ちょうど、仲良しの広瀬香美さんが、Twitterでこんなつぶやきをしてくれました。

引用ここから

---
言葉は単に記号で、重要なのはその時込める気持だと。ただがんばれがんばれ と言われるとムッとするけど、「お身体に気を付けてがんばってね。」って、心をこめての「がんばれ」は、苦になりません。どうでしょうか。RT @gurasan0418「頑張れ!」て言うのが好きじゃないんです。
posted at 16:38:48

私の周りは幸運な事に、パワフル人間がたーくさんいます。その人達を観察してみると、誰もに共通しているところがあるようです。
posted at 16:40:41

パワフル人間の共通は、「明るく、元気」です。とにかく、前向き!笑っちゃうほど前向き!これが、特徴です。私の周りにはいっぱいいますが、藤巻幸夫さんや勝間和代さん孫さんもー。もう、笑っちゃいますね。あの人たち。ぎゃぁーーーーっはは。
posted at 16:44:03

さらにパワフル人間の共通は、他人を憎まない。足を引っ張らない。妬まない。皮肉らない。意地悪しない。です。彼らはむしろ、敵をも家族とみなし、良くなるように助けようとする。心にまったく悪意がないんですよ。
posted at 16:48:02

特に、仲よくさせてくれている@kazuyo_k 和代さんですが。和代さんは、それは賢く頭がよい人ですが、でも、私が和代さんを尊敬するところは、挑戦の数です。
posted at 16:50:05

和代さんは@kazuyo_k 私が1つ挑戦する時、5つ挑戦します。 打席数が多いんです。RPGの練習時間が多いんですよね。ですから和代さんだけが特別能力があり、どんどんびゅーんと人生の成功へ向けて駆け抜けているように見えるかもしれませんが、実はそうではないです。
posted at 16:53:28

和代さんは@kazuyo_k 成功への速度も速いですが、私より失敗=空振り三振の数も多いと言うこと。打席数が多いんです。
posted at 16:54:15

和代さんは@kazuyo_k ためらわずどんどん沢山挑戦するから、どんどん進む。私は、和代さんと出会って、その点が一番の衝撃で、感動した点です。私も見習おうと、どんどん挑戦するようになってきていると思います。ケタ違いの「化け物」と出会うことはとっても良いことですね。にゃははーー
posted at 16:58:57

人生まさに、本番まっただ中!他者を気にして、他者との距離を心配して足を引っ張っている場合じゃないですよね。与えられたステージで与えられた環境で自分らしくいかにRPGゲームを楽しむかだと、素晴らしい人たちに囲まれながら日々教わっています。
posted at 17:02:34
---

引用ここまで

Source : 広瀬香美さんの4/24のTwilog

うれしいことばでした。私はぶんぶん、振り回して、三振だらけですが、ほんの少し、ちゃんとヒットで飛ぶ打席があって、それで少しずつ、前に進んでいる気がします。

10000時間の法則ではありませんが、とにかく、何か行動を起こして、失敗しないと、前に進めないのです。

そうしたら、別の方から、どうやったら打席に立てるのですか、という質問がありましたので、以下の5つをあげさせていただきました。

打席に立つ方法。

1. リスクを取ることを恐れない。
2. 労力を惜しまない。
3. しつこく、しつこく、実行する。
4. 失敗しそうになっても、あきらめず、全力を尽くす。
5. 成功は復讐するので、同じことは繰り返さない。

posted at 19:44:31

Source : 4/24の私のTwilog

私はこれを、「じゃんけん、じゃんけん、またじゃんけん」という言い方をしていますが、ぜひ、失敗を怖がらずに、どんどん、新しいことにチャレンジする喜びをぜひ、味わっていただければと思います。

昨日はちょうど、このあと、私がシドニーからUSTREAMをして、そこに、香美さんがSkypeで音声でなんとか参加できないか、というジャンケンをしていました。初めのうちはハウリングして全然ダメだったのですが、ミキサーの存在を教えてもらって、うまくいくことができました。

毎日、ジャンケンを繰り返せば繰り返すほど、新しいことが手に入って、HPもMPも上がっていくと思います。どうか、生活をRPGのように楽しんでください。

| コメント (23)

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

二重投稿になってしまったので、こちらへどうぞ。

打席に立つための5つの方法-とにかく、打席に立つこと。三振してもいいじゃない。

| コメント (1)

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

シドニー市内をブラブラと散歩してきました。今回は1日足らずの滞在なので、細かいところは回れませんでしたが、次回はぜひ、いろいろと見てみたいと思います。

オペラハウスの写真は、気合いでセルフタイマーで自分で撮っていたら、通りがかりのお兄さんが見かねて、何枚かとってくれました。なので、セルフタイマーで撮った分と、ちゃんと撮ってもらった分が、混在しています。

もうすぐ、東京に向けて、出発です。さみしいです。

オーストラリア最終日 その2〜シドニー市内、オペラハウスなど
オーストラリア最終日 その2〜シドニー市内、オペラハウスなど
オーストラリア最終日 その2〜シドニー市内、オペラハウスなど
オーストラリア最終日 その2〜シドニー市内、オペラハウスなど
オーストラリア最終日 その2〜シドニー市内、オペラハウスなど
オーストラリア最終日 その2〜シドニー市内、オペラハウスなど
オーストラリア最終日 その2〜シドニー市内、オペラハウスなど
オーストラリア最終日 その2〜シドニー市内、オペラハウスなど
オーストラリア最終日 その2〜シドニー市内、オペラハウスなど
オーストラリア最終日 その2〜シドニー市内、オペラハウスなど
オーストラリア最終日 その2〜シドニー市内、オペラハウスなど
オーストラリア最終日 その2〜シドニー市内、オペラハウスなど

| コメント (4)

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

P1070254
P1070253

ラウンジに朝食にいったら、Popcakeという機械がありました。これ、パンケーキマシンです。スイッチを押すと、2枚、焼きたてのパンケーキが出てきます。

小さくて、あたたかく、いい感じです。かなり大きいマシンなので、家には置けませんが、それでもほしいなぁ、と思って、サイトを検索してみました。

本体、3,000ドルだそうです。さすがに買えないなぁ・・・。まぁ、業務用ですから。

気軽にパンケーキを焼く方法、これを機会に、ちょっと考えてみようと思います。粉もの大好きなので。

・・・って、アボリジニの人たちは、6つの道具だけで暮らしているのに、私はいったい、何を学んできたんだか・・・。反省。

| コメント (4)

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

これまでの写真と比べるとわかりますが、一気に大都会です。飛行機の中からは、赤茶けた大地がよくわかりました。機内食は、ココナツカレー。体重計が怖いです、日本で。次回は持ってこようかなぁ。

もうすぐ、日本に戻ります。

オーストラリア5日目その2〜シドニーに戻りました
オーストラリア5日目その2〜シドニーに戻りました
オーストラリア5日目その2〜シドニーに戻りました
オーストラリア5日目その2〜シドニーに戻りました
オーストラリア5日目その2〜シドニーに戻りました

| コメント (1)

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

もうすぐウルルを出発しますが、アボリジニの方に直々に習った、ドットペイントアートの初作品、大公開です。

アボリジニアートとは何か、私の絵にどういう意味があるかは、ぜひ、放送と書籍をお楽しみに。

初めてのアボリジニ、ペイントアート、大公開です。じゃじゃーーーん
初めてのアボリジニ、ペイントアート、大公開です。じゃじゃーーーん

| コメント (4)

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

私が書いたTwitter関連記事が少しばらばらしてしまったので、主な記事の、まとめのエントリーを作っておきます。

1: 勝間和代のTwitter初心者のための使いこなしの10ステップ

2: 勝間和代のTwitter初級者が中級者になるための使いこなし10ステップ

3: ディスカヴァー21主催「つながる力」、勝間和代Twitter講演会

4: HootSuite + Google Chrome + Fix HootSuiteがTwitterで最強の環境だと個人的には思います

5: Twitterと併用すると便利なサイト・ツール集まとめ

また、Twitterの使い方は、広瀬香美さんとの共著、「つながる力」という書籍にまとめましたので、こちらも合わせてご参照ください。

私のTwitterは

kazuyo_kです。よかったら、フォローしてみてください。

ではでは~~

| コメント (0)

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

ウルルは、砂漠のまん中にエアーズロックという空港を作って、そこからエアーズロックリゾートというリゾートを作って観光客を集めています。

私たちが泊まったのは、セイル・イン・デザート。文字通り、砂漠のまん中です。宿泊客のうち、半分は日本人です。どうしてかなぁ、と思ったら、ヨーロッパや米国だと、遠いんですよね、オーストラリア。昨日のドイツの夫婦も、香港で一泊してから来たと言っていました。

私たちがブラジルとか南アフリカに行く感じですから。これから、シドニー移動です。もう少しで、オーストラリアの旅も終わりです。

取材の内容は、テレビと本で再現しますので、ぜひ、よろしくお願いします。評判がよかったら、シリーズ化しますので、応援してください!!

オーストラリア5日目その1 〜 砂漠の中のリゾートホテルと地平線
オーストラリア5日目その1 〜 砂漠の中のリゾートホテルと地平線
オーストラリア5日目その1 〜 砂漠の中のリゾートホテルと地平線
オーストラリア5日目その1 〜 砂漠の中のリゾートホテルと地平線

| コメント (1)

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

本日のディナーは、サウンド・オブ・サイレンスといディナーで、大自然の中、満点の星空の下でディナーをいただくものです。一緒のテーブルは、オーストラリアから来た夫妻のほか、スイス、ドイツ、そして私たち日本とインターナショナルでした。

ハイライトは、メインとデザートの間に、ほとんどすべてのライトを消して行われる、星の解説。銀河や南十字星、オリオン座やベガやシリウスなどを、はっきり見たのはほんとうに久し振り。星好きな人にはたまらないと思います。

すべての灯りを消すと、逆に月や星の灯りだけで、こんなに空が明るいのかとびっくりすると思います。こちらも、機会があったら、お薦めです!!

オーストラリア4日目その2 〜 サウンド・オブ・サイレンスディナー
オーストラリア4日目その2 〜 サウンド・オブ・サイレンスディナー
オーストラリア4日目その2 〜 サウンド・オブ・サイレンスディナー
オーストラリア4日目その2 〜 サウンド・オブ・サイレンスディナー
オーストラリア4日目その2 〜 サウンド・オブ・サイレンスディナー

| コメント (4)

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

今日も元気にオーストラリア取材中です。早起きして、サンライズを見た後、アボリジニのシニアな方に案内をうけて、火おこしや接着剤作り、やり投げにペイントアートなどを体験してきました。

初作品は、BSフジの本放送にて公開します。夏頃の放送を予定。お楽しみに。

オーストラリア4日目その1 サンライズとアボリジニ体験
オーストラリア4日目その1 サンライズとアボリジニ体験
オーストラリア4日目その1 サンライズとアボリジニ体験
オーストラリア4日目その1 サンライズとアボリジニ体験
オーストラリア4日目その1 サンライズとアボリジニ体験
オーストラリア4日目その1 サンライズとアボリジニ体験
オーストラリア4日目その1 サンライズとアボリジニ体験
オーストラリア4日目その1 サンライズとアボリジニ体験
オーストラリア4日目その1 サンライズとアボリジニ体験
オーストラリア4日目その1 サンライズとアボリジニ体験

| コメント (8)

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

オーストラリアでさまざまな食事をいただいていますが、びっくりするくらい反響が大きかったのが、カンガルー、ワニ、ラクダを食べる話。オーストラリアでは、カンガルー、ワニ、ラクダ、みんな普通にお肉として、いただいています。

特にカンガルーはメジャーです。さっぱりとした牛肉みたいな風味です。ワニは白身魚、ラクダは豚肉みたいな風味でした。機会があったら、お試しを。

これはラクダ
オーストラリア3日目その1 カンガルー、ワニ、ラクダ。みんないただきました。

こちらはカンガルー
オーストラリア3日目その1 カンガルー、ワニ、ラクダ。みんないただきました。

左がカンガルー、右がワニ
オーストラリア3日目その1 カンガルー、ワニ、ラクダ。みんないただきました。
オーストラリア3日目その1 カンガルー、ワニ、ラクダ。みんないただきました。

こちらは、お昼に食べた、カンガルーのラップ
オーストラリア3日目その1 カンガルー、ワニ、ラクダ。みんないただきました。

みんなおいしいですよ!!

| コメント (7)

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

メルボルン在住のアートディレクター、内田さんのお宅でアボリジニアートを紹介いただいています。すばらしい作品たちにうっとり、です。ほしいけれども、置く場所がない・・・。

オーストラリア2日目その2 アボリジニアート、カフェなど
オーストラリア2日目その2 アボリジニアート、カフェなど
オーストラリア2日目その2 アボリジニアート、カフェなど
オーストラリア2日目その2 アボリジニアート、カフェなど
オーストラリア2日目その2 アボリジニアート、カフェなど
オーストラリア2日目その2 アボリジニアート、カフェなど

| コメント (3)

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

マーケットで5つの種類のリンゴを全部買って、食べ比べましたら、「Jack」が一番、おいしかったです!!

オーストラリア2日目その1 メルボルンのインタビュー、博物館など
オーストラリア2日目その1 メルボルンのインタビュー、博物館など
オーストラリア2日目その1 メルボルンのインタビュー、博物館など
オーストラリア2日目その1 メルボルンのインタビュー、博物館など
オーストラリア2日目その1 メルボルンのインタビュー、博物館など
オーストラリア2日目その1 メルボルンのインタビュー、博物館など
オーストラリア2日目その1 メルボルンのインタビュー、博物館など
オーストラリア2日目その1 メルボルンのインタビュー、博物館など
オーストラリア2日目その1 メルボルンのインタビュー、博物館など
オーストラリア2日目その1 メルボルンのインタビュー、博物館など
オーストラリア2日目その1 メルボルンのインタビュー、博物館など
オーストラリア2日目その1 メルボルンのインタビュー、博物館など
オーストラリア2日目その1 メルボルンのインタビュー、博物館など
オーストラリア2日目その1 メルボルンのインタビュー、博物館など

| コメント (1)

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

初日の取材も、順調に進んでいます。楽しいです。

オーストラリア1日目 その2〜メルボルン取材。トリム・カフェなど
オーストラリア1日目 その2〜メルボルン取材。トリム・カフェなど
オーストラリア1日目 その2〜メルボルン取材。トリム・カフェなど
オーストラリア1日目 その2〜メルボルン取材。トリム・カフェなど
オーストラリア1日目 その2〜メルボルン取材。トリム・カフェなど
オーストラリア1日目 その2〜メルボルン取材。トリム・カフェなど
オーストラリア1日目 その2〜メルボルン取材。トリム・カフェなど
オーストラリア1日目 その2〜メルボルン取材。トリム・カフェなど
オーストラリア1日目 その2〜メルボルン取材。トリム・カフェなど
オーストラリア1日目 その2〜メルボルン取材。トリム・カフェなど

| コメント (3)

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

オーストラリアに取材旅行に来ています。企画は扶桑社さん。本とテレビです。詳細は後日発表しますが、とてもいいところです。

今日はまず、成田→シドニー→メルボルンで、約16時間の旅でした。夕方から、再び取材開始です。一番の印
象は、なんといっても、空が広くてきれい。とてもきれいな国です。

また順次、報告を上げていきますね。

オーストラリア1日目 その1〜メルボルン到着
オーストラリア1日目 その1〜メルボルン到着
オーストラリア1日目 その1〜メルボルン到着
オーストラリア1日目 その1〜メルボルン到着
オーストラリア1日目 その1〜メルボルン到着
オーストラリア1日目 その1〜メルボルン到着
オーストラリア1日目 その1〜メルボルン到着
オーストラリア1日目 その1〜メルボルン到着
オーストラリア1日目 その1〜メルボルン到着
オーストラリア1日目 その1〜メルボルン到着
オーストラリア1日目 その1〜メルボルン到着
オーストラリア1日目 その1〜メルボルン到着
オーストラリア1日目 その1〜メルボルン到着

| コメント (12)

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

Ws000010

4月から、TBS系で「がっちりアカデミー」という番組が始まります。

こちらは、人気番組「がっちりマンデー」と同じく、加藤浩次さんが司会となって、小林麻耶さんと一緒に、がっちりマンデーと同じ製作チームで担当するもので、毎週金曜日、夜7-8時の枠です。初回はスペシャルで2時間放送しました。

内容は、さまざまな経済・社会の中から、知っているとお得な情報をお知らせするものです。私も森卓さんと同じく、専門家の一人として、今後、レギュラー出演することになりました。

出演の動機はただ一つで、「知らないと損をする、すなわち、情報格差が問題であるから、それを一つでも多く、さまざまな人と共有して、縮めたい」ということです。

情報が自然に入る人もいれば、問題解決について、インターネットを使いこなしている人もいます。しかし、さまざまな人は、そこまでの時間もなく、その結果として、せっかくあるいい制度や、アカデミックの知見を活用できないのです。

私が初回で紹介させていただいたのは、シカゴ大学の山口一男先生の研究です。

夫婦関係満足度とワーク・ライフ・バランス:少子化対策の欠かせない視点

こちらのPDFにある23ページめが、夫婦の会話が平日1日16分増えることは、月収10万円の満足度に相当するという研究結果ですが、このままですと、この研究があることをしっているとはまれですし、なかなか内容も読みづらいと思います。

しかし、テレビという形でわかりやすく説明することで、多くの人がそれを知ることができて、少子高齢化対策になるのです。

このような形で、コツコツとわかりやすく、さまざまな知見を伝えていく役割を担いたいと思っています。

また、がっちりアカデミーはTwitterアカウントもあります。

http://twitter.com/academy_tbs

小林麻耶さんがばっちりつぶやいていますので、ぜひ、番組と合わせてご覧ください。

そして、スペシャルのあと、レギュラーの第1回の収録があったのですが、その時に、くら寿司の田中邦彦社長がお隣でした。

くら寿司と言えば、回転寿司を世の中に広めて、いまでもいろいろとイノベーションをお寿司に持ち込んだ会社です。「わーーー、お寿司好きなんです。今度、お伺いします」とお話ししたら、すぐにたくさん、お食事券をくれました。なお、このお食事券、田中邦彦社長、自腹購入しているそうです。

都内だと、どこが良いですかと聞いたら、品川に大きなくら寿司があるとか。ちょうど収録の翌日、仲良しの広瀬香美さんと遊びにいく約束をしていたので、さっそく、二人でくら寿司までやってきました。

知らない場所だったので、二人でタクシーに乗ってきました。時間はちょうど、日曜日の12時のお昼時。香美さんがタクシーの中からくら寿司の入り口を見て、「あれ、37分待ちだって。どうする?」と尋ねるので、まぁ、とにかく、お店まで行ってみようと。

そして、近くまでいって、もっとびっくり、37組まちで、待ち時間はなんと、120分でした。

ひゃーーーーー、ということであきらめました。そうか、事前に田中社長にメールして予約していこう、と思った位なのですが、あとでそのことをTwitterでつぶやいたら、携帯から時間が予約できるそうです。なので、社長メール予約しなくても、ちゃんと大丈夫だということでした(笑)。

どうりで、番組の時に田中社長に「不況の影響ありますか」と尋ねたら、「うちはほとんどありません」とおっしゃっているわけでした。ちなみに、平均的な客単価は900円台(9皿くらい)だそうです。

そして、お腹をすかせて、品川の駅の方までもどって、今度はうどんすきで有名な美々卯にいこうとしたら、なんと、わざわざ月に1回しかないお休みに当たってしまいました。

もう一度別の店を探して、ようやくお昼を食べたのは、家を出て1時間半後。やはり、何を行動するのでも、ちゃんと事前のリサーチが大事ですね。

でもこうやって、番組を通じて新しい知見に触れられるのは最高です。香美さん、お付き合いいただいてありがとうございました。今度こそ、ちゃんとお寿司食べましょうね!!

| コメント (5)

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

男女共同参画会議関連ニュース

昨日の男女共同参画会議で、第3次基本計画の答申案が会議に提出されました。(私も議員の一人です。)

画期的なのは、なんといっても、選挙を含めたクォータ制導入推奨の明記と、特に女性に多い非正規雇用にも配慮した形での、同一価値労働同一賃金の推進です。

GEM(ジェンダーエンパワーメント指数)が全世界で57位の日本、少子高齢化の克服と経済成長期ためにはダイヴァーシティの推進が不可欠で、そのもっとも大きなものが女性活用だという位置づけとして解釈すべきだと思います。

選択的別姓とか、過度な性表現への問題など、一部の論点ばかり焦点が当たっていますが、基本としては、男性の加重労働を防ぎ、もっと働きたい女性がより働ける環境を作れるよう、どちらの性も幸せになれるように、ということが趣旨です。

私も、これからも、できる限りの活動をしていきたいねと思います。

| コメント (5)

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

「毎朝、6時に目覚ましがわりに自分を起こしてくれて、元気が出たり、ヒントになるようなメールが来て、そしてその積み重ねが自分の指針になるようなサービスが欲しい」

そんな動機で始めた人生戦略手帳で、毎日、サポートメールを送らせていただいています。

おかげさまで始めてから9ヶ月余りになりましたが、購読者の方からこちらでいただいたコメントを初めとして、

・目標が達成できるようになった
・昇格試験に合格した
・朝、起きるのが楽しくなった
・時間の使い方が効率的になった

など、うれしい反響をいただいています。

そして、これまでは、最初は手帳とセット販売を基本としていましたが、多くの方から

「手帳は今のものを使いたいけれども、まずはメールだけはほしい」

という声が集まってきたことをうけて、サポートメールのみのサービスも開始しました。最初の1ヶ月は無料で配信しますので、いい感じで続けたい、思ってくださいましたら、そのまま継続してくださると、うれしいです。

サポートメール1ヶ月無料体験はこちらから申し込みができます。

サポートメールの感想については、ツイッターの #katsuma でつぶやきあっていますので、よかったら、こちらにもご参加ください。

毎朝、みなさんとお会いできるのが楽しみです。

| コメント (8)

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

(埋もれてしまったので、再アップします)

ご好評いただいている携帯サイト、「勝間和代 脳力up」ですが、4/1からドコモユーザーは無料でお試しいただけるようになりました。すきま時間に頭を動かすのに、最適です。ぜひ、やってみてください。

Katsuma_brainpowrgif_2

QRコードを携帯で読み取って、アクセスしてみてください。うまくいかない方は、こちらのURLを携帯に直接入力してください。

http://katsu.kodansha.ne.jp/?f=katsuma

あるいは、携帯の検索エンジンから「勝間和代」と検索しても、いけます。

上記の「脳力アップ」は,毎日少しずつ、すきま時間にパズルを解くことで、脳を活性化させて、垂直思考、水平思考を養うものです。Why5回を身近に行う訓練としても有効です。

お試し問題は、Twitterの@nouryokuをフォローしていただいても、Twitterで1日1問、流れてきます。

毎日、一緒に訓練しましょう!!

| コメント (6)

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

4月13日に、民主党のデフレ脱却議連で講演をさせていただきました。

内容についてはぜひ、上記の動画サイトをご覧ください。

民主党の多くの議員の方々が、真剣にこの問題に取り組み、参院選のマニフェスト作成に向けて真剣に行動していただいていることについて、心から感謝と賛同を表明します。

引きつづき、物価水準がゆるやかなプラスになり、雇用が回復し、経済の好循環が回り出すまで、できる限り、私たちもできることをやっていきたいと思いますので、どうかよろしくお願いします。

| コメント (2)

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

こちらは、4/14水曜日に行われた、ディスカヴァー21社主催の、Twitterの書店様向け、勝間の講演です。

USTREAMで同時放送して、500人くらいのみなさまにも視聴いただきましたが、こちらはその録画です。

上のビデオは後半部分で、勝間の講演部分です。

前半部分は、書店さんの活用事例です。

ぜひ、合わせてご覧ください。

| コメント (3)

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

リンク: asahi.com(朝日新聞社):大多数の上司は無能である―ピーターの法則 - 勝間和代の人生を変える「法則」 - ビジネス・経済.

1年間連載していた朝日新聞の「人生を変えるコトバ」を終えて、今月からは「人生を変える法則」にコラムを変更しました。

こちらは、目から鱗が落ちるようなさまざまな社会科学系の実証研究を紹介していくものです。

ピーターの法則は第2回に紹介した法則ですが、大変な反響です。ぜひ、ご覧ください。

| コメント (5)

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

デフレ問題に果敢に挑戦し、大きな影響と業績を上げてきたエコノミスト岡田靖さんが昨日、急逝されました。

謹んで哀悼の意を表し、ご冥福を心から、お祈り申し上げます。

岡田靖さんは、岩田規久男先生とともに1990年代末からいち早くデフレの問題に着目し、活発な議論を行ってきた、まさにデフレ克服のパイオニアでした。

現在、活躍している飯田泰之さんや矢野浩一さんのような若手経済学者も、デフレ問題について岡田さんの活躍があったからこそ、大きく踏み込んだとお伺いしています。

私は岡田靖さんとは、直接面識はありませんでしたが、イェール大学の浜田宏一先生から、岡田さんの功績についてはいろいろと、お伺いしておりました。

今年はじめに脳梗塞に倒れられた後も、回復され、これから浜田先生の新しい研究へのサポートを行うと言うことを、浜田先生がうれしそうに話していたことを、思い出します。そんな中、昨日、悲報が届きました。

田中秀臣さんに伺いましたが、「リフレ」という言葉を作ったのは石橋湛山先生ですが、「リフレ派」という言葉を作ったのは岡田靖さんだったそうです。

岡田さんは悲願である日本のデフレ脱却を見ることなくこの世を去りました。さぞかし無念であったろうと思います。残された私たちは、全力で日本のデフレ克服に向けて力を合わせていきたいと思います。

| コメント (3)

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

USTREAM、まだまだ練習中です。

HDV接続まで成功しましたが、今度はどのレベルの画像を配信すればいいかということと、あと、ホワイトバランスの取り方に苦労していました。

まず、配信のレベルですが、意外なことに、たとえばProducer Proなら実験したところ、SD 16:9のLowestあたりが、いちばん、音声とのバランスがいいようです。

あまり大きくすると、Upload側にも、配信側にも負荷がかかり、音声が途切れます。なので、これで十分です。Twitterでお話しして、実験にみなさん、参加してくださって、フィードバックをいれていただきました。感謝。

あと、チャットですが、LimeChatというIRCのクライアントソフトをいれたら、ずいぶん使い勝手がよくなりました。これで、Twitterのストリームと両方、一度に追えるようになりました。

また、ホワイトバランスをとるために、18%のグレーのスクリーンをつかうなど、画像について知らないことをいろいろ学んでいます。あとは、室内ですと、照明をかなり明るくした上で、逆光補正が有効でした。

最後に、ホワイトボードを背景にしていたのですが、ちょっとコントラストがつよすぎるということで、撮影用のペーパーを教えてもらって、注文しました。今回注文した色は、薄いグレーです。

届き次第、これをホワイトボードに張るか、立てかけるかして、試してみます。

ひとつひとつ、コツコツ、コツコツです。

| コメント (5)

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

全国をTwitterのみなさんにサポートしていただくやりかたで、0円で旅をしていた土井雪江さんに昨日あって、旅の話を聞きました。おもしろく、楽しい話でした。勇気に拍手、です。ぱちぱち。

私のブログをみて、土井さんが、おみやげにはらドーナッツ、買ってきてくれました!!


今朝、早速いただきました。やさしい、なつかしい味でした。

土井さんのお話しも、人の善意を集めると、こんなにすごいんだ、と改めて感じました。50日ちょっとで、すべての都道府県、まわったそうです。

新しいチャレンジ、特に若い人のチャレンジは、応援したいです。

| コメント (16)

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ


P1060226.JPG
Originally uploaded by Kazuyo_K
私、実は、極度のドーナツ好きです。ドーナツが世の中になければ、きっと、あと3キロはやせていると思います。なので、都内の主要なドーナツ店の場所を覚えていたりします。

今日は、ミスドで100円セールをやっていたので、寄ってきました。キャンペーン中で、1,000円以上買うと、40周年記念の絵皿をもらえます。がんばって、10個買って、絵皿もらいました。

なぜこんなに、ドーナツ好きなのでしょうか。USTをやっていても、なんの話題でも、気付いたらドーナツの話題に戻っていて、笑われています。

なんか、ツボなんですよね~、ドーナツ。おいしいドーナツやさんがあったら、教えてください。

うわさのはらドーナツはまだ未体験なので、そのうちぜひ、買いにに行きたいと思います。クリームクリスピードーナツは食べました。焼きドーナツ、ミエルも好きです。

というわけで、今日もドーナツおなかいっぱいたべて、幸せです。

| コメント (14)

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

昨日4/7、カツケンの後継番組、「デキビジ」の製作発表会を開かせていただきました。テレ東系のBSチャンネルであるBSジャパンで毎週日曜日夜、龍馬伝の真裏です。貼り付けた動画は、毎日新聞さんの動画ニュースです。

USTもツイッターもばんばん使った、とんがった番組にしたいと思っています。ぜひ、お楽しみに!!

下記は、私が同時にUSTで流していた記者会見の様子です。

地上波テレビ局からUSTをするいうのも、なかなか画期的だったと思います。これからも、USTは活用して行く予定です。

4/25スタートです。ぜひ、お楽しみに。

| コメント (1)

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

私はもの書きなので、毎日、数千字から2万字くらい、キーボードを打ちます。なので、どのようなキーボードを使うかは、まだパソコンがない頃に、作家たちがどの万年筆を使うか悩んだと思いますが、それに匹敵するくらい大事です。

そしてこれまで、いくつものキーボードを使って来ましたが、最近のお気に入りは間違いなく、このHappy Hacking Keyboard Professional JPです。このキーボード、何がいいというと、打っていて、ぱちぱち、ぱちぱち、ぱちぱちという感触が、気持ちいいのです。

ふだん私はこのキーボードを親指シフトで使っていますが、HHKB Proがあるとないとでは、打鍵のスピードが大きく変わります。私にとっては、親指シフトを使うときでも、親指シフト専用キーボードよりHHKB Proのほうが打ちやすいです。HHKBに親指ひゅんQとATOKで使っています。Proでない方の、HHKB Liteもそこそこ使いやすいのですが、やはり、HHKB Proのほうが圧倒的にお薦めです。

このキーボードは、実売価格が2万円前後と確かに高価なものですが、毎日何時間も使うものですから、例によって使用時間で割ってみると、さほど高価な買い物でないことがわかると思います。

実は、私、このキーボード、なぜかいま、6つももっています(うち、3つを使用中)。

もともと4つもっていたのですが(家に3つ、職場用に1つ)、そのうちの1つを、広瀬香美さんに貸し出していて、香美さんがご自身のHHKBを入手したので、貸し出したものが返却されてきたことに加えて、さらに、CTRLキーが赤のスペシャルバージョンを、PFUさんが白、墨の2つ送ってくださったので、いまでは計6つもあるのです。きっと、HHKB Proを個人でもっともたくさん持っているユーザーの一人ではないかと(笑)。

でも、スペアは海外に行くときなどにも、スーツケースにつれて、持ち歩いています。仕事場に置いてあるHHKBは金スマでもばっちり、安住アナに紹介されていました。

家では、こんな感じで、白バージョンは、書斎に置いている銀色のレッツノートW8につけて、使っています。

そして、黒バージョンは、食卓に置いている黒いレッツノートS8につけて、使っています。

私は結構こだわりがあるので、ちゃんとBlueのSnowballも、BOSEのスピーカーも、EIZOのモニターも、色を揃えているのがミソ。なので、HHKB Proはちゃんと白と、墨色(黒じゃないそうです)があって、うれしいです。

HHKB Proのお気に入りのところは、下記の通りです。

その1 キーが感触がいい。静電容量方式というそうです。パチパチパチパチと気持ちよく、反応します。

その2 CTRLキーが昔なつかし、左のまん中にある。これ、本当に便利です。レッツノート側も、CAPSとCTRLを交換して使うようになりました。

ちなみに、このCTRLキーが赤いのは、スペシャルバージョンで、店頭ではありません。すみません。

その3 カナが印刷されていないので、キーボードがスッキリ

その4 小さいので、机の上でじゃまになりません

その5 スペースキーが小さいので、親指シフトに最適


ただ、褒めてばかりだとなんなので、課題も少し、あげておきます。

その1 キーボードが小さい分、ファンクションキーがFnキーと同時打鍵か必要なので、多少面倒です。

その2 ページアップ・ダウンがちょっと特殊な場所にあって、見ないと打てません。

その3 右シフトキーがやや小さめです。ちょっと打つときに、慣れるまで、戸惑います。


もともとこのキーボードは、締め切りが迫っているときに、私が外付けキーボードのいいのはないかと探したとき、Twitterのみなさんが声を揃えて大お薦め、ということで購入したものです。大正解で、毎日、ぱちぱち、ぱちぱち、ぱちぱちと感触を楽しんでいます。

このキーボードを紹介した広瀬香美さんもお気に入りの様子で、Happy Hacking Keyboardにはまってます!☆☆☆というブログで紹介中です。

大きなパソコンショップなどで実物に触ることもできると思いますし、身のまわりに持っている人がいたら、借りてみてください。キーボードを気持ちいいものにすると、パソコン人生、変わりますよーーー。

p.s. Pro2ではなくて、日本語配列のJPのほうでした。記事を訂正しました。

| コメント (6)

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

リンク: NHK教育仕事学のすすめ.

毎週木曜日、夜10:25~10:50で、1ヶ月ごとにさまざまなビジネスパーソンの仕事力を詳しく紹介する番組のトランスレーター(司会)を昨年から担当しています。

今月は、伊藤忠の社長・会長を務められた丹羽宇一郎さんです。バブル崩壊後の不良債権をどうやって処理して、前向きに乗り切ってきたのか、正直な情報を共有する経営の強さを詳しくお伺いしました。

5月は、AKB48で注目される、秋元康さんです。お楽しみに!!

| コメント (4)

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ