« 前の記事 | トップページ | 次の記事 »

HHKB(ハッピー・ハッキング・キーボード) Pro JPの悦楽!!

私はもの書きなので、毎日、数千字から2万字くらい、キーボードを打ちます。なので、どのようなキーボードを使うかは、まだパソコンがない頃に、作家たちがどの万年筆を使うか悩んだと思いますが、それに匹敵するくらい大事です。

そしてこれまで、いくつものキーボードを使って来ましたが、最近のお気に入りは間違いなく、このHappy Hacking Keyboard Professional JPです。このキーボード、何がいいというと、打っていて、ぱちぱち、ぱちぱち、ぱちぱちという感触が、気持ちいいのです。

ふだん私はこのキーボードを親指シフトで使っていますが、HHKB Proがあるとないとでは、打鍵のスピードが大きく変わります。私にとっては、親指シフトを使うときでも、親指シフト専用キーボードよりHHKB Proのほうが打ちやすいです。HHKBに親指ひゅんQとATOKで使っています。Proでない方の、HHKB Liteもそこそこ使いやすいのですが、やはり、HHKB Proのほうが圧倒的にお薦めです。

このキーボードは、実売価格が2万円前後と確かに高価なものですが、毎日何時間も使うものですから、例によって使用時間で割ってみると、さほど高価な買い物でないことがわかると思います。

実は、私、このキーボード、なぜかいま、6つももっています(うち、3つを使用中)。

もともと4つもっていたのですが(家に3つ、職場用に1つ)、そのうちの1つを、広瀬香美さんに貸し出していて、香美さんがご自身のHHKBを入手したので、貸し出したものが返却されてきたことに加えて、さらに、CTRLキーが赤のスペシャルバージョンを、PFUさんが白、墨の2つ送ってくださったので、いまでは計6つもあるのです。きっと、HHKB Proを個人でもっともたくさん持っているユーザーの一人ではないかと(笑)。

でも、スペアは海外に行くときなどにも、スーツケースにつれて、持ち歩いています。仕事場に置いてあるHHKBは金スマでもばっちり、安住アナに紹介されていました。

家では、こんな感じで、白バージョンは、書斎に置いている銀色のレッツノートW8につけて、使っています。

そして、黒バージョンは、食卓に置いている黒いレッツノートS8につけて、使っています。

私は結構こだわりがあるので、ちゃんとBlueのSnowballも、BOSEのスピーカーも、EIZOのモニターも、色を揃えているのがミソ。なので、HHKB Proはちゃんと白と、墨色(黒じゃないそうです)があって、うれしいです。

HHKB Proのお気に入りのところは、下記の通りです。

その1 キーが感触がいい。静電容量方式というそうです。パチパチパチパチと気持ちよく、反応します。

その2 CTRLキーが昔なつかし、左のまん中にある。これ、本当に便利です。レッツノート側も、CAPSとCTRLを交換して使うようになりました。

ちなみに、このCTRLキーが赤いのは、スペシャルバージョンで、店頭ではありません。すみません。

その3 カナが印刷されていないので、キーボードがスッキリ

その4 小さいので、机の上でじゃまになりません

その5 スペースキーが小さいので、親指シフトに最適


ただ、褒めてばかりだとなんなので、課題も少し、あげておきます。

その1 キーボードが小さい分、ファンクションキーがFnキーと同時打鍵か必要なので、多少面倒です。

その2 ページアップ・ダウンがちょっと特殊な場所にあって、見ないと打てません。

その3 右シフトキーがやや小さめです。ちょっと打つときに、慣れるまで、戸惑います。


もともとこのキーボードは、締め切りが迫っているときに、私が外付けキーボードのいいのはないかと探したとき、Twitterのみなさんが声を揃えて大お薦め、ということで購入したものです。大正解で、毎日、ぱちぱち、ぱちぱち、ぱちぱちと感触を楽しんでいます。

このキーボードを紹介した広瀬香美さんもお気に入りの様子で、Happy Hacking Keyboardにはまってます!☆☆☆というブログで紹介中です。

大きなパソコンショップなどで実物に触ることもできると思いますし、身のまわりに持っている人がいたら、借りてみてください。キーボードを気持ちいいものにすると、パソコン人生、変わりますよーーー。

p.s. Pro2ではなくて、日本語配列のJPのほうでした。記事を訂正しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

コメント

投稿者: norop (Apr 7, 2010 5:51:45 PM)

赤い CTRL キーがうらやましいです!


投稿者: ゆうじ (Apr 7, 2010 11:16:27 PM)

なるほどぉ~(^O^)
HHKBも使いやすそうで試してみたくなりました♪

ちなみに僕は、東プレというメーカーの
「Realforce」シリーズを使っています!
しかも、Justsystemバージョンなので
Escキーなど4つのキーが「赤」になっています(^O^)

僕のブログでも
弘法でなくても筆を選ぶ!
http://blog.goo.ne.jp/sysry/e/30e064b27dfbdba0e552fffb5fdd5c58
Myパソコン環境!
http://blog.goo.ne.jp/sysry/e/691fef198891cb98ce2fb9c554e734c9
で紹介していますので
ぜひ遊びにいらして下さいね♪


投稿者: uchika (Apr 9, 2010 9:53:47 AM)

内容も載ってる写真もpro jpのもののようですが、タイトルとメーカーへのリンクがpro2なのにはなにか意味があるんでしょうか?

メーカーの写真を見る限り、pro2はスペースキーが大きくて、親指シフト入力はやりにくそうに見えるんですが・・・pro2でも快適に親指シフト入力で出来るんでしょうか?
出来るなら、pro2の方の購入を検討しようと思います。


投稿者: tsubuyaki104 (Apr 11, 2010 11:56:54 AM)

そうなんですね。

CPU、HDD、ケース、モニター、、
なんかは変えても、キーボードは変えない。

もっとも近いところにあるから。


投稿者: 通りすがり (Apr 30, 2010 11:29:31 PM)

東プレのテンキー無い白バージョンオススメです。


投稿者: 相沢かえで (May 6, 2010 1:22:50 AM)

お疲れ様です。
 以下について、お忙しいようでしたら、無視していただいてかまいません。

 http://english-and-paso.seesaa.net/article/148507426.html#comment
を見ていて、ふと思った……のですが。
 「勝間和代の富士通キーボード」のようなものを、企画されたりはしないのでしょうか。
 親指シフトに「も」使いやすいカナ無刻印のコンパクトJISキーボードを、複数OSのエミュレータに関する説明紙付きにして、増田事務所の親指シフト教材込みで売り出す……とか、そういった商品について、機会がありましたら採算検討などをしていただけると嬉しいです。

 それと、おなじく機会がありましたら、「親指ひゅんQ」と同じように使えるエミュレータの、「やまぶき」について、お試しいただきたく。
 http://yamakey.seesaa.net/
 同時打鍵の判定方法に工夫があって、「親指ひゅんQ」とはシフトミスの出方が異なっています。
 実際に打って比較いただくことで、「勝間さん自身にとって、どちらが合うか」を、検証いただけると嬉しいです。
 #以前伺いました話から、おそらくは「やまぶき」導入によるメリットを、十分に感じ取っていただけるものと期待しています。


コメントを書く