« 前の記事 | トップページ | 次の記事 »

勝間和代のケーススタディマラソン、お試し無料配布のお知らせ

勝間和代のケーススタディマラソンはオーディオブックで問題解決を学ぶ教材で、月に1回オーディオブックがお手元に配信され、多くの方が購読されています。

こちらから1か月分のテキストとオーディオブックが無料ダウンロードできます。
http://www.katsumaweb.com/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=38

効果としては、購読の方の企画力があがり昇進試験に合格した、転職に成功したなど、うれしいお知らせをいただいています。

「ロジカルシンキングの本を一通り読んでは見たが、結局、やっていない。」
「具体的に、仕事に使ってやってみようとしても、出来ない。」

これは、多くの方から、良く聞く話です。でもそれは当たり前で、書籍には、英語で言えば、「文法と単語」、将棋で言えば、「コマの動かし方とルール」が書いているわけで、それだけですぐはなせるようになったり、将棋が指せるようになるわけではないのと同じことです。

したがって、実際に英語を使う場を作ったり、将棋を指す道場に通って始めて、知識が、はじめて、実践に代わり、習慣化されることになります。

そこで、私がこれまで実践で培った手法を使って、ケーススタディを沢山作っています。

「銀行って、ほんとに儲かっているのだろうか?なるほどそういうことだったの
か。」
「結婚相手を探すのは、ほとんどマーケティングと同じじゃない!」
「転職はこういうフレームワークで考えればよいのでは?」
「スポーツクラブはあまりマーケティングが出来ていないな。なぜ、こうしない
のだろう。」

勝間が、ビジネス思考力の応用として、日々問題解決していることのエッセンスを演習形式で疑似体験していただくことで、楽に苦労なく習慣として、ビジネス思考力を身につけることを狙っています。

とにかく、実物を見ていただくのが、一番簡単だと思いますので、まだケーススタディマラソンに参加したことがない人のために、今回は1本まるまる無料サンプルを作りました。

スイミングスクールの経営戦略を考える、というテーマで非常に実践的なケーススタディをすきま時間に一緒にやってみませんか? 1時間の演習です。

こちらから1か月分のテキストとオーディオブックが無料ダウンロードできます。
http://www.katsumaweb.com/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=38

そして、3月12日(金)のカツマー集会onTwitterは、「ケーススタディマラソン」がテーマです。来週までに問題解決のケーススタディを一度体験してから参加すると学習効果が増すと思いますので、是非参加してみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

コメント

投稿者: fer (Mar 4, 2010 6:59:38 PM)

重箱の隅をつつくようで申し訳ないが、PDFを開いていきなり「を聴きならが」はあり得ないのではないでしょうか?


コメントを書く