« 前の記事 | トップページ | 次の記事 »

勝間和代の『誰でも出来る』日本支配計画~35歳独身限界説

リンク: 勝間和代の『誰でも出来る』日本支配計画 結婚のすすめ 35歳独身限界説.

以前から連載しているモーニングですが、今週号からは結婚の話になっています。4週間、お付き合いください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

コメント

投稿者: 山田一雄 (Nov 5, 2009 3:50:02 PM)

まったく読む気がしませんね。モーニングってコミック雑誌ですよね?
まぁコミックや雑誌など最近はほとんど読んでませんが。

人の人生や仕事の邪魔をする人間がいないこと。
無理矢理記事やざっを売りつけるような迷惑な人間がいないこと
これだけで私の人生は幸せです


投稿者: keiko (Nov 5, 2009 8:56:06 PM)

勝間さん、我々ワーキングマザーの心の声をよくぞ言って下さいました。

うちの職場にも、いるんです。
50歳の独身女性。本人は「理解ある上司」のつもりらしいが、ご本人の「しがみつき」や「私はやりたくてやっている。この仕事で死ねたら本望だ」という発言は、異常に不健全な職場の空気をつくっている。

そんな人には、管理職ではなく、ひとりでシコシコ自己完結できる仕事を与えて欲しい。
こっちは子どもがおなかすかせて待ってるのに、この上司、夜しか打ち合わせ時間取ってくれない。

あなたはいいけど、私の幸せまで壊さないで!


投稿者: はじめ (Nov 5, 2009 9:06:25 PM)

私の上司だった50代の独身女性は、とてもいい上司でした。日本の長時間労働の原因は、家に帰りたがらない男性上司たちの方が問題のように感じます。

家庭に居場所がいないパパに居場所を与えてあげてください。お母さん。


投稿者: hiro (Nov 5, 2009 9:08:21 PM)

この記事で勝間さんのおっしゃっていることよくわかります。
自らの経験でも、未婚化・晩婚化はなんとかしないとこの先仕組みがうまくいかなくなってしまいそうな危機感があります。
私も離婚を選びましたが、未婚の頃の自分と結婚経験後の自分の価値観は全く違います。未婚の頃の自分がいかに未熟で世間知らずだったかと痛感し、視野が広がり色々な人の立場を考えられるように少しは成長した気がします。
晩婚化のデメリットも実感しました。結婚した途端に生じる産めるかどうかのプレッシャーはこりゃ実際問題大変です!
結婚を若いうちにしたほうが、その点産めるかどうか切羽詰まって考える割合はいくらか減って、女性にとってメンタル的メリットがある気がしますが、仕事を一生懸命したりしてると、あっという間にそれなりの年齢になるわけで、それからだと色々大変で。
非嫡出子だから何か?という世の中になるなら、結婚はともあれ、子供を産みたいと思っている一人です。でもそうなったら結婚しない人が増えてそれこそ、制度が保てなくなるのでしょうか?世の中が混乱してしまうのか???


投稿者: よしこ (Nov 5, 2009 11:19:10 PM)

勝間さんの考え方はすごくいいし、鋭いです。しかし、あなたは社会的地位にも恵まれているからこういうふうに考えられるのではないですか?未婚晩婚は必ずしも悪い選択肢ではありませんよ。
勝間さん、確かによりよく社会をしないといけないと言いますが、今の日本に希望がもてますか?どうなるかわからない将来において、子供を産んで育てることのむずかしさ、私は、怖くてできません。
みんながみんな、勝間さん的な考えを持てないし、無理。


投稿者: 関屋 (Nov 5, 2009 11:53:04 PM)

あれ?モーニングでしたっけ?
ヤングジャンプではない??


投稿者: 通りすがり (Nov 6, 2009 11:27:10 AM)

未婚のアラサー女です。女ばかりの職場で働いていますが、独身でがつがつ働いている先輩には全く憧れを持てません(笑)
ぶっちゃけ愛されてない女性はひがみっぽいし、妬み満載な人も多いです。何のために仕事をしているのか?端から見ていてもわからないし、自分は会社に必要とか思い込んでる実は老害だったりすることに気づいてなかったり…するのかななんて。
主観しか考えてない、考えられない思考の方が多い気がします。人のふり見て我が振り直せですが。
もちろん素敵な方もいます。
私は最近焦りを感じ、絶対結婚は失敗してもいいからしよう、子供も作りたいと決意してます。


投稿者: CAN (Nov 6, 2009 6:19:57 PM)

最近、合コンに出る機会があったので、そのときのお話をします。

ところで、私は、あまり合コンに出たことがないのでよく分かりませんが、あれはもう、異性が徹底的に他の異性の気を引くことが目的なんですかね?とにかく1対1に持って行くことが目的なんですかね?

何か男女同数で、パ-ティみたいな感じがするし、初めて顔を合わせる機会が多いので、そんな気心触れた間柄でもないし、単なる親睦会くらいにしか感じないのですが。。。

しかし、私の回りの人間を見ていると、何か話もうまく伝えられず、愚痴っぽい人が多かったし、人間関係をうまく繋げていこう、という発想をする人は皆無でしたね。まさかその場で結婚まで行き着こうなんて、普通はありえないじゃないですか。まあ運良くそういう人に巡り会えたら相当運がいいわけで、ただ、その場ですぐどうこう、というのがものすごくあり得ない話で、しばらく付き合ってみて、それで、なら話はよく分かるのですが。そういうわけで、せっかくだから、みんなで仲良くなってその後情報交換したほうがよっぽど正しいような気がして仕方ないのですが、もうお金と時間を大量投入する人もいるんですよね。その場限りの人間関係が多いらしく、何というか、発想が貧困というか、悲しかったですね。

まあ前置きがすっかり長くなってしまいました。合コンなるものに数回参加し、そんな環境ばかりだったのですが、中で気になったセリフをピックアップ。

男35歳「うわ、オレ残業なかったら、その後何をしたらいいか分からないよ。」

女おそらく30代半ば「どこか週末などに一人っきりになれるバ-みたいなところ知りませんか?」

・・・・とりあえず、付き合って結婚を考えたりするような会なわけで、以上のセリフは痛々しすぎました。。

前者はワ-クライフバランス感覚めちゃくちゃ、後者はセルフィッシュ感満載の今時の女性という感じですかね。

とほほ・・・・・でありました。。。


投稿者: ポロ (Nov 6, 2009 10:06:20 PM)

理屈は正しいと思うのですが、どうしても受け入れがたいものがあります。
自分はもうすぐ35歳になる独身男ですが、何度か、勝間さんのような理屈を言われる上司や経営者に出会ったことがあります。
ただ、そのときの理屈は「だから結婚できないような男は無能。責任ある仕事を任せるわけにはいかない」というものでした。(ちなみに結婚してない女性は、もっとヒドイ言われようでした)。

勝間さんの意見は、「結婚にはこんなにもメリットがあります。だから結婚に躊躇せずにしてみようよ」というポジティブな意味だと私は解釈したのですが、受け取った側の人間は、どちらかというと、「ホラ、やっぱり結婚してない奴は、人間性に問題ありだよね。私たちは結婚している(または結婚する予定)だから、あいつらとは違う」という意見ととらえられていくように思われます。

私にとっては、影響力のある勝間さんがそういうことを言うのは、とても怖いです。

あっちは上等で、こっちは下等というのではなく、
どうか独身の人達にも既婚の人達にも暮らしやすい社会が来ることを祈ります。


投稿者: kannda (Nov 7, 2009 12:37:46 AM)

 結婚しなかった人々には、それぞれにそれぞれの事情があったものと思うのですが、それを十羽一絡げにマイナスイメージに括る文章に不快感を覚えました。
 同様に長時間労働についても、したくてやっているのではなく、せざるを得なかった人も多いのではないのでしょうか。無理な目標や計画を掲げる(だけの)経営者や管理職が多々おられます、サービス残業強要がまかり通っていた時代の弊害でしょうか。
 サービス残業強要への風当たりが強まるとともに、業務の効率化の掛け声が良く聞かれるようなりましたが、今更といった感があります。サービス残業回避のため、業務の無駄削減やコンピュータによる効率化は当たり前のことでした。手当付の付き合い残業、そろばん、電卓、紙、鉛筆で仕事が出来た牧歌的な時代とは違うのです。
 こういった事を考えている人間もいる、そんな社会の多様性に気づいて下さい。


投稿者: ameri (Nov 7, 2009 11:45:43 AM)

ご自分の矛盾にお気づきでしょうか?
「社会の多様性(ダイバーシティ)」を口に出すのであれば、このようなトピックには色々な考え方があり、個人が選択すべきものです。
また結婚などは相手があってできるもので、決して社会の生産性や国の少子化のために、ましてや会社の経営者のために、または自分の「メリット」のために○歳までにするものではないでしょう。

誰からお金をもらっているのか知りませんが、この狭量な考え方を振りまくことで、どれだけの人を傷つけているとお思いですか。もっといろんな考えがあることを受け入れる社会にすることが「ダイバーシティ」ではないですか。あなたのような古い人間がいるから日本の国際化は遅れているのではないですか?女性の地位は低いままです。
男社会であるゆえに、男が家事や育児をしないゆえに、非婚化・少子化が増えていると「デメリット」にはなぜ言及しないのですか。
子供を産まない女は年金を受け取る資格がないといった男尊女卑の森首相とあなたはどう違うのですか?

年齢、結婚しているかどうか、のようなプライベートな基準で他人の人格まで判断する狭量な考え方を押し付けないでください。

好きでもない人と一緒に暮らせば「自分の」成長ですか?相手にも心はあるのですよ。
たとえばあなたのような狭量な人と一緒に暮らすことが、自分の視野を広げるのに助かりますか?


投稿者: いつも読んでます (Nov 8, 2009 12:15:52 AM)

初めまして。36歳独身女性です。
今回の記事は思いの外ショックでした。記事を読んで涙が出てきました。生きていて申し訳なくなってきました。

勝間さんの本は何冊か読んで、こんな時の心の対処の仕方も心得たものですが、最近いろいろあったので少しきつかったです。

人や環境をどうこう言う前に、自分自身を変えて自分の環境を変えようと思います。
「自分も相手も過大評価も過小評価もしない」勝間さんから学びました。

これからも応援しています。ありがとうございました。


投稿者: なんだかなぁ (Mar 24, 2010 10:08:42 AM)

コメント拝見しましたが、彼女に噛み付いてる人はコンプレックスでも刺激されたんでしょうか、ちょっとヒステリックすぎませんか。
独身者が一人を満喫しようがそれは勝手ですが、結局のところ、そういった人は少数派であってもらわねばならないのですよ。
結婚しません、子供うみません日本は二百年後には絶滅ですを前提に社会が成り立ちますか?
独身者はすぐにそうやって「結婚なんていいことばかりじゃないじゃない!」と否定しますが、既婚者たちが仕事の合間をぬってそのいいことばかりじゃない境遇の中で必死で育ててきた子供たちの手を借りて老後は暮らすわけですよね。
もう少し謙虚になれませんか?
そんなに自分の生き方が王道だと認めてもらえないと許せませんか?
異を唱えられるのが腹立たしいのですか?
「すいません、マイナーです。我々の老後のためにも皆様にはどしどし結婚して子供をうんでもらいたいです。勝間さんGJです」くらいの余裕も持てませんか?
彼女の言うように最近の独身の方は狭量で視野が狭いと思いますよ。こういったブログですぐに「アタシの生き方否定しないでよ」とわめくところなんかみても。
そういう人に限って既婚者をつまらない人生だの子供をうんで体形が崩れただの、服装がださくなっただの、図太くなっただの平気な顔で貶めていたりするんですよね。
独身が男がいないから体型崩れるなんて言われようものなら蜂の巣つついたように大騒ぎするくせに。
人に過剰に配慮を求める人に限って、人への気持ちには無頓着だといういい例です。
いろんな生き方、考え方があるというのなら、なぜそんな鼻息荒く彼女の考えを否定してるんですか?
あなた方の言葉を借りるなら、そういう意見が結婚肯定派を傷つけてるとは思いませんか?


投稿者: miss (May 2, 2010 10:16:15 PM)

私の叔父は50代独男です。
中卒で肉体労働者、顔は不細工、顔つきも品がない、容姿も駄目、清潔感ナシ。口下手で寡黙な人です。

私の叔父は、生物学的に性的弱者の類に入ると思うんですね。
世間一般のキモイという部類で、話す前から異性から生理的に避けられるという感じです。相手にもされない。しかも、学歴なし低収入というおまけつきですから。

なんだかなー。
結婚云々・結婚の「け」の話ができるようならまだマシなほう。
女性とロクに会話もしたことない50代の独男もいるのです。
それが身内にいたら価値観が変わるんじゃないですか。

極端な話。
手足の無い人に向かって「こうだ!こう動くべきだ!」とお経を唱えてるように感じます。

この世に生を受けて後天的に多くを獲得できる人もいる。
でも、社会的地位・富・容姿・(誰からも好かれる)性格・学歴・他者を魅了する実力等・何も獲得できない人もいるのです。


コメントを書く