« 前の記事 | トップページ | 次の記事 »

批判は認められたい欲求の裏返しである - 勝間和代の人生を変えるコトバ - ビジネス・経済

先週の土曜日、朝日新聞に掲載されたコラムです。評判がよかったので、こちらにリンクを貼ります。私も、このコトバを聞いて、目から5枚くらい、鱗が落ちました。

すなわち、人への批判の裏側には、自己承認欲求がある、という話です。

リンク: asahi.com(朝日新聞社):批判は認められたい欲求の裏返しである - 勝間和代の人生を変えるコトバ - ビジネス・経済.

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

コメント

投稿者: おおさき (Nov 2, 2009 8:20:35 PM)

普通の時はやりすごせても、何かしらストレスがあるときに病状がでてきそうです(;´д`)勝間さんがご指摘の通り、ある程度は自覚、「ああ、批判的になっているな」とかいう認識で防げそうです。参考にさせていただきます(*_ _)


投稿者: y.kato-channel (Nov 2, 2009 9:27:42 PM)

ハイ、わかります!
ホントにそうですね。
批判ばかり言ってる人って、
いますね〜。
でも、
そういう人って、
誰にも好かれてませんよ・・・・。
悲しいくらい。


投稿者: tomoko (Nov 3, 2009 12:53:09 AM)

私も勝間さんと同じように、自己承認欲求に「うすうす気づいていた」のですが、この記事を読んで、とてもすっきりしました。分かりやすくまとめてくださり、ありがとうございます。
ブログの記事でも取り上げました!


投稿者: 外国語大好きおじさん (Nov 3, 2009 8:01:42 AM)

はじめまして!

今日の記事があまりにも素晴らしかったのでコメントさせていただくことにしました。

なるほど。批判というのは、自分のために謙虚に受けとめなさいとは、よく言われるのですが、相手が100%自分のためによかれと思って批判しているのかというと、そうでもないというのが本当のところなのでしょうね。

この記事を読んで、批判に対する見方が少し変わりました。

僕も他人を批判する時は、果たしてそれが建設的なものなのか、それとも自己顕示欲によるものなのかを、よく考えるようにしようと思います。

素晴らしい記事をありがとうございました!


投稿者: tadacchi (Nov 3, 2009 10:25:27 AM)

愚痴や批判ばかりしている人は、必ずどこにでもいますね。若い頃は「何~!」って思ってましたが、40歳間近にして思うことは「この人は寂しいだろうな」だれも慕っていきませんからね。
だから、承認要求が高まり→批判という負のループへと行くのでしょうか。
そのあたりを心得て、対処していきたいと思います


投稿者: nobly (Nov 3, 2009 3:46:10 PM)

「批判は認められたい欲求の裏返しである」確かに、同感です。


コメントを書く