« 前の記事 | トップページ | 次の記事 »

ZENのキャンペーン、残りあと、15台になりました

こちらで告知した端末プレゼントキャンペーン、あと残り、15台なりました。

なくなり次第、終了させていただきますので、ご希望の方はぜひ、お早めに申し込みを!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30178/45674040

この記事へのトラックバック一覧です: ZENのキャンペーン、残りあと、15台になりました:

コメント

投稿者: のりこ (Jul 20, 2009 12:52:56 AM)

勝間さん、いつもブログ拝見して励まされています。
わたしは29歳でエアラインで働いてますが、アラサー女性対象の勉強会や読書会がまだまだ少ないようなので、ワークライフバランスを考える、新たな働く女性像を考える勉強会を友人と立ち上げました☆

今からわくわくです!
読書会からはじめようとしていて、第一回は勝間さんのインディペンデントな生き方実践ガイドを課題図書にして、議論しようと思います!

のりこ
みんなの夢が叶うブログ
http://blog.goo.ne.jp/norico0305/


投稿者: 渡辺 孝太郎 (Jul 20, 2009 3:28:26 PM)

社会全体の雇用状況は90年代後半以降低迷が続いており現在も厳しい情勢にあると思います。これまでの就業経験のなかで、正規雇用と非正規雇用の格差(特に所得に関すること)を感じました。また、公務員と民間(大企業除く)の格差は大きいと感じました。安定性や賃金制度(賞与や昇給)、福利厚生制度等です。民間の経済活動が活発で経済成長があるなら民間で働いていくのも希望がもてるでしょうが、現在の経済・雇用情勢をみていると明らかに官民の所得差が顕著だと思います。その結果5年10年と働いただけで貯蓄や財産(家)等の財産に大きな差が発生すると思いました。これは官民だけではありませんが。資本主義社会では格差はしかたのないことでしょうが、働いていて希望がみえないのはつらく不安になりつまらないものです。
失職後から公共職業安定所、新聞、求人誌、インターネット等により求職活動しておりますが、就業の実現は厳しいものがあると思います。また、格差が発生拡大する理由に、非正規で雇用された場合、短期の期間での採用となり(20年、30年、40年というような長期での雇用でない)、再度就職しなくてはならず、現在主流の年功序列型の成果賃金制では所得が少ない(増えない)ため、また、再就職活動中の生活費が発生するためだと考えます。そのため、社会保障である年金や健康保険に影響するのだと思います。(厚生労働省資料による2002年から2005年の国民健康保険の保険料滞納世帯数は500~600万人で推移、社会保険庁「社会保険事業の概況」による年齢別国民年金未納率(2002年)では55~59歳でも20%程度)雇用問題が改善すれば社会保障の問題も自ずと改善すると思います。
マスメディアの報道等をみておりますと、公金の使い方に関して国民が直接参加できるような(全部ではなくても一部実施)制度も必要なのではと思います。限りある財源ならその振り分け方を住民が審査監督するということです。
現在は豊かで過ごしやすいと私は思いますが、帰ってきて思うことは、例えば救急車の台数を増やした方がいいのではと思いました。     
なぜなら今後高齢化は進み救急体制の拡充が必要だと思います。また、今後情報社会が浸透すれば行政事務は個人で行える分、行政職の財源は抑えられます。また、地盤産業として、私個人としては大手による工場の立地は魅力だと思いますが、そうでない場合は公務員だと思います。例えば、大手企業が行っているように早期退職制度や一定の期間(例えば10年、20年、30年等)の就業及び一定所得を得れば他の人と交代するというのはどうでしょうか?官民格差は減り、行政監察もはかれ、所得の再分配が行われると思います。あるいは単純に賞与(民間では発生しない場合が多い)に関して現行の4.4倍を3倍、2倍に引き下げ、その分を不足している必要な財源に充てるのはどうでしょうか?(アメリカでは豊かになり過ぎた層に増税しそうでなかった層を減税するなど格差が是正される方向に政治が行われる)この案はあくまで例であり、極端だとは思いますが、現在の格差環境(雇用・所得)の改善は今安定のレールにいる者とそうでない者の仕切りを取り除かなくては解決しない状況にあると思います(そのレールに乗るために努力し、その結果でしょうが)。
これらをふまえた上で、行政職員や広域職員等において期間職員のような制度(公務員採用試験は要実施だと思いますが)があれば経済・雇用環境が厳しいときには効果を発揮するのではないかと思いました。それが地域環境を最大限に活用することだと思います。
今回は、私が現在思っていることを率直に書いたつもりですが、浅はかな部分も多々あり、失礼だったと思いますが、何も提言しないよりはましだと思い書きました。頭悪くてすいません。
私は日本が住みよい街であり、住んでいていいなと思えるような街であってほしいと思います。



コメントを書く