« 前の記事 | トップページ | 次の記事 »

琵琶湖線と湖西線

今日は、たいへんな日でした。

AERAの取材で、比叡山まで、酒井大阿闍梨にお会いしにいくため、朝も6時半から新幹線に乗りました。

そして、無事、京都に8:45くらいについて、比叡山坂本駅をめざしました。駅で聞いたら

「2番線から出ますよ。2番線の電車だったら、何でも大丈夫ですよ」

ということなので、2番線に来た電車に元気に乗りました。

そして、15分たってもつかない・・・。

あれ、ということで見てみると、どうも、私は琵琶湖線に乗っているみたいです。乗りたかったのは、湖西線です。

そして、しかたなく、草津という駅で降りて、山科まで戻り、ホームを切り替え、再チャレンジ。

そして、来た電車に乗りました。ここから、11分くらいのはず。

でも、13分たってもつかない。いやーーーな予感がして、次の駅を見てみると

「南草津」

きゃーーーー、また琵琶湖線、乗っています。

あまりにもあせって、南草津の駅の改札に携帯は忘れるし(すぐにみつかりました)、大阿闍梨は45分も約束の時間をお待たせしてしまうし・・・。

ちなみにこの湖西線と琵琶湖線、地元の人も間違えるそうです。

しかし、2回も間違えたのは私だけでしょうか。

うーーーん、自分の注意力のなさを棚に上げると、こういうヒューマンエラーが出やすいところには、もっともっと、標記をしっかりして、注意書きをしてほしいと思いました。

うるうるうるうる。

ちなみに、酒井大阿闍梨のお話は、もちろん、すばらしかったです!!

今月末発売のAERAの本に掲載予定ですので、もう少し、お待ちください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30178/45256350

この記事へのトラックバック一覧です: 琵琶湖線と湖西線:

» おつかれさま from POPO
きょうは疲れちゃったね おつかれさま なにをやっても うまくいかない日ってあるよ 続きを読む

受信: Jun 7, 2009 12:12:57 AM

» ヒーリングスポット from スキマカフェ
あの方が酒井大阿闍梨に会うために、滋賀(京都)に来ているらしいですね。 大阿闍梨と言えば、千日回峰行。 修行の中でも一番過酷な修行と言われています。 千日回峰行は、十二年籠山行を終え、百日回峰行を終えた者の中から選ばれたものだけに許される行である。行者は途..... 続きを読む

受信: Jun 7, 2009 10:13:45 AM

コメント

投稿者: こなす (Jun 6, 2009 10:25:55 PM)

いつも楽しく読んでます。
本当によく間違えますよね。
私は乗る時に3回くらい確認して乗ります。急いで乗ると間違えるので必ず一本は見逃しています(笑)
勝間さんが2回も間違えられるとは・・・。
そういうおちゃめな人間くさいところが大好きですよ。


投稿者: やまみー (Jun 6, 2009 10:33:11 PM)

私も滋賀に住んでいた時何度か間違えました。到着の駅前が似てたりもするんです(>_<)その時はついでなのでぐるっと1周してしまいました。
今は湖西線も敦賀まで新快速が走るようになりましたので、大阪から乗る時も京都か山科で乗り換えないと琵琶湖線側には行けない時もあって更にややこしいです。
山科はホーム1つだけですし、間違えても仕方ないと思います。ただ、湖西線の電車は昔のディーゼルのような車両なことが多いです。でも、これで次からは大丈夫!?です。


投稿者: フジキセキ (Jun 6, 2009 10:49:49 PM)

私は湖西線も琵琶湖線も乗った事がありますが間違えた事はありません。やまみーさんのコメントをみると
新快速が湖西線を通るようになると間違いが起こりやすいなぁ~とは思います。

それから私はあまり乗り慣れていない地域の線に
乗る場合、駅員さんなどに確認の為とく目的地の駅への
行き先を聞きます。


投稿者: まゆっち (Jun 6, 2009 11:13:42 PM)

滋賀県で生まれ育った生粋の滋賀っ子ですが、
間違ったこと、2度あります。
日本でも有数の間違えやすい乗り換えだと思います。

多くの人が間違っているのですから、
電車がついて乗客が乗って、ドアが閉まる前に、
「この電車は、琵琶湖線です、湖西線ではありません~」
とか放送を流すくらいのサービスをして欲しいと
乗り間違ったときは、腹いせに思ったりしたものです。
それでこそキメ細やかな日本的サービスなのでは?!

勝間さん、今日は2度連続で間違ってしまうとは、
大変でしたね。


投稿者: まーみん (Jun 6, 2009 11:27:40 PM)

勝間さん、こんばんは。
勝間さんが滋賀に来られていたのも驚きましたが、
実は私も、今日はアクシデントであせりました。
私の会社は土日はセキュリティがしてあって、
暗証番号を押さないと中に入れません。
いつかこんな日が来ると、うすうす感じてはいたのですが、
ついにやって来ました。
外に出たのはいいのですが、暗証番号がどうしても思い出せない。
なんど押しても開かない。だんだん焦ってきて、メールで教えて
もらおうとうろうろしていたら、会社の人が帰ってきて、ようやく中に入れました。
やっぱり焦るとダメですね。
ちなみにもう東京に帰られたのですか…。


投稿者: 門野久義 (Jun 6, 2009 11:32:06 PM)

間違いよい路線です。
しかし、教えた駅員が不親切だと思います。
基本的には2番線は琵琶湖線、3番線が湖西線だ
思います。
時々2番線に湖西線が混じるので、表示をよく見て
いないと慣れているものも間違えます。
山科でも間違いやすいです。


投稿者: たなけん (Jun 6, 2009 11:50:16 PM)

湖西線と琵琶湖線は、見分け方はかなり難しいです。

たしか、同じホームにどちらも止まるので
電車の行き先で見分けないと間違ってしまいますよ。
それか、電車の型が古い方が湖西線ですね!


投稿者: 小川宗彦 (Jun 7, 2009 12:01:39 AM)

はじめて投稿させて頂きます。
琵琶湖線と湖西線は間違いやすい路線で、私の場合は琵琶湖線に乗車するべきところを湖西線に乗ってしまい、大津京駅で引き返すということがありました。
電車の色が明らかに違うなどの特徴があればいいのですが。。。
でも、これに懲りずに今後も滋賀にお立ち寄り下されば大変うれしいです。


投稿者: エトワール (Jun 7, 2009 12:04:24 AM)

比叡山の酒井大阿闍梨にインタビューされるのですか。この方は、少し謎な、よく分からないところがあります。普通の密教系のお坊様とは少し違うように思います。アエラのインタビュー記事は、楽しみにしています。


投稿者: とまと (Jun 7, 2009 12:12:12 AM)

湖西線!実家の沿線です。

はじめの駅員さんが大きな間違いですね。
湖西線は必ず京都駅の3番線から出ます、確か。
琵琶湖線は2番線です。

山科駅は同じホームから出るので、間違いやすいと思います。

湖西線に入る電車はしつこいくらい車内放送が入ります。特に大阪方面からの新快速などは「湖西線に入ります」と何回も言いますが、琵琶湖線の方はそんなアナウンスはなかったような。

湖西線の方が、本数が少ないので、琵琶湖線に行くつもりで湖西線に行っちゃうと大変なことになってしまうからではないかと、、、

湖西線は高架なので、眺めがいいのが特長です。夏場は進行方向、向かって右側に座って琵琶湖を、冬場は左側で雪景色を見るのがおすすめです。

比叡山坂本より、もっと北上してもらわないと楽しめないですが(笑)


投稿者: にゃん (Jun 7, 2009 7:50:47 AM)

昨日は、電車の乗り間違いで、大変な一日だったのですね
焦りますよね
そんなアクシデントもあって、作られる本、期待して待っています
その時
私は、朝日新聞で連載中の「勝間和代の人生を変えるコトバ」の、今週の言葉
「許しには、力がある」
を、ずっと考えていました  
この連載の言葉を実行することで、自分が好転していくのがわかるので、今週も実行してみましたが
「○○さんを許します」と、口にするのは、勇気がいりました
○○さん、と名前をいうのが、しんどかったです
しかし、一日たってみて
本当に許したかと言われると、違うんですけど
気持ちがすーっとして、バランスが整ってきました
明日はまた何か変わっていくのかな、と思っています


投稿者: あーこ (Jun 7, 2009 4:57:50 PM)

はじめまして、いつも拝見しています。延暦寺に行かれたんですね。私は4月初旬に会社の研修で延暦寺にお世話になりました。2泊3日でしたが修業体験と法話は私ににとって勝間さんの本と同じぐらい衝撃がありました。乗り違えでお疲れ様でした。またまた関西にも来て下さい。


投稿者: みかん (Jun 7, 2009 5:08:56 PM)

滋賀にいかれたんですね!

私も生まれてから3年前までずっと滋賀っ子でしたが、乗り間違えたことありますよ。

南草津に携帯忘れられたとのこと、大変でしたね。(すぐに見つかってよかった)

実家が南草津なので、勝間さんのブログで「南草津」の名前が出たのがうれしくて、初コメントさせてもらいました。

南草津周辺はここ数年人口が増加しているエリアで、住宅や商業施設がどんどん建設されています。
帰省するたびに何かしら新しいものができていて驚きます。

町が発展するのはうれしくもありますが、滋賀県ならではのゆったりした雰囲気と豊かな自然は、変わらないでいてほしいと思う今日この頃です。


投稿者: Aki (Jun 7, 2009 7:12:07 PM)

今、出張で唐崎に滞在中なのですが、私もつい先ほど(6月7日午後)、同じミスをやらかしました!
京都で旧友と昼食をとり、湖西線に乗ったのですが、あれ?、唐崎に着かない!…どうやら琵琶湖線に乗ってしまったようです。
あわてて山科まで戻り、湖西線に乗り換えました。

出張滞在先に戻り、香港出身の同僚と勝間さんの話になりました(勝間さんが香港に行ったらしい、という話から)。
で、勝間さんのブログを二人で開いたら、ビックリ!
私の一日前に、勝間さんが同じミスをしているではないですか。
すごい偶然だと思いました!


投稿者: ちえぽん (Jun 7, 2009 7:37:32 PM)

こんばんは!
勝間さんも、時にはこうぬけたところがあるんですね(^^)
ほのぼのさせられる日記でした。AERAの掲載も楽しみに待っています。(^^)


投稿者: GY (Jun 8, 2009 1:42:01 AM)

スーダン・台湾・NYに行かれたかと思えば、超ローカルな南草津という僕が住んでいる近くにお越しになってたんですね・・お会いしてはいないのですが何だかとても嬉しいです。勝間さんは完璧すぎて近寄りがたくて遠い存在の人のような印象もあったんですけど、うっかりなスキをみせてくれるのがまた魅力的だなぁと思いました。
にゃんさんの「気持ちがスーっとして、バランスがとれました」という感覚は僕も何度も感じた事があります。「許す」ことにプラス「感謝」の気持ちを持つとより強い前向きな気持ちになることがあります。なかなか難しいものですが、三毒追放の教えに感謝です。


投稿者: と (Jun 8, 2009 11:36:07 PM)

大僧正と勝間さんのお話、どのような展開になりますやら。楽しみにしております。

京都駅で「ながはら」行の乗り場を聞かれ、しつこいくらいに行き先を聞き返したことを思い出しました。
琵琶湖線に「ながはま」、湖西線に「ながはら」、京都からはどちらも「その駅行き」の電車が出ます。違う方に乗せたら大変と、教える側が戦々恐々でした。


投稿者: のりこ (Jun 9, 2009 2:15:56 AM)

それにしてもこの滋賀の鉄道、こんなに間違いやすいんですね!?
滋賀は土地勘がないのですが、皆さんの反響の多さにビックリしました(笑)

表示やアナウンスなどなんとかしてもらいたいですねぇ。

のりこ
みんなの夢が叶うブログ
http://blog.goo.ne.jp/norico0305/


コメントを書く