« 前の記事 | トップページ | 次の記事 »

NY報告

NYでの活動の報告です。

ビデオブログに出てくる関連ウェブは下記の通りです。

天才! 成功する人々の法則
KIPP
Common Ground

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30178/44851962

この記事へのトラックバック一覧です: NY報告:

» ゴール from POPO
愛する人と 生きて 死にたい それだけで 十分すぎる ほどだけど できることなら 続きを読む

受信: May 2, 2009 6:42:26 PM

コメント

投稿者: 夏の雨 (May 1, 2009 8:28:44 AM)

勝間さん
おはようございます。
NYですか。マスクちゃんとして下さいね。
今日は、勝間さん推奨の『禁煙セラピー』の書評を書いたので、その報告です。その顛末を、blog「ほん☆たす」に書きましたので、時間があればのぞいて見てください。
http://hontasu.blog49.fc2.com/blog-entry-176.html
では、気をつけて。


投稿者: にゃん (May 1, 2009 9:01:52 AM)

ビデオ、拝見させて頂きました
とても充実したご様子に、こちらも元気が出ました
今日もよい一日でありますように
ご報告を心待ちにしております


投稿者: のりこ (May 1, 2009 10:29:08 AM)

勝間さん、ニューヨークのホテルとても素敵ですね。
マルコムグラッドウェルさんとの対談、楽しみにしています。

わたしも社会起業家になりたいひとりです。
勝間さんのご活躍、今後も楽しみにしています。


投稿者: わんわん (May 1, 2009 3:41:21 PM)

ビデオ拝見しました。
対談の内容を楽しみにしています。


投稿者: プリッツ (May 1, 2009 4:23:59 PM)

対談楽しみですねえ。
いつもながら、勝間さんのアウトプットのマメさに感動しています。
ご報告をお待ちしています♪


投稿者: エトワール (May 1, 2009 8:43:47 PM)

ビデオとても興味深く拝見しました。貧困層への生活支援や教育支援は、とても重要な今日的課題だと思います。自立支援のきっかけは、職業訓練や技術習得ではなく、本の少しの発想の転換なのではないかと思います。ちょっとしたキッカケで、数多くの貧困層の人々が救済されるようなシンプルで強い思想の出現を願っています。


投稿者: ラックちゃん (May 1, 2009 9:04:57 PM)

勝間さん。ビデオ拝見しました。
日本ですべき事についての助言をします。
第一に、労働基準法違反の企業に対して刑事罰を与えること。一時的に雇用は不安定になりますが、
リストラされた中高年(45歳以上75歳未満まで)と派遣切りされた44歳未満の若年層を共に救済するものです。
つまり、リストラされた中高年や派遣切りにあった者達の共通点は、経営者側の労働基準法違反、社会保険法(雇用保険、健康保険、厚生年金保険法)違反に該当する行為をした経営者(役員全て含む)達に対する労働基準監督署を警察庁と検察庁の管轄にして非常に厳しく取り締まることが必要です。
また、雇用については、全ての職種(正社員からアルバイトまで全部)について社会保険完備をしなければいけません。
同様に、現在の日本の派遣制度は全廃するような法改正必要です。
このような活動をして下さい。お願いします。


投稿者: luka (May 1, 2009 10:29:42 PM)

http://www.thirdage.com/books/outliers-by-malcolm-gladwell

昨年、書評を新聞で読んで、この本は読むまいと思ったのですが、翻訳されると、何かかわるでしょうか?

NYレポート、また楽しみにしています。


投稿者: akimoto toshiaki (May 2, 2009 6:03:52 AM)

おはようございます。相模原市のアキモト印刷 秋本敏明と申します。
友人のブログからたどり着き勝間さんのブログに初めて読ませていただき
自分の、勉強不足を反省しました。
 早速勝間さんの著書を読んで学びを深めていきます。

 勝間さんのビデオ見させていただき元気がでました。
またおじゃまします。


投稿者: akimoto toshiaki (May 2, 2009 6:10:28 AM)

おはようございます。相模原市のアキモト印刷
 秋本敏明です。友人のブログから勝間さんのブログにたどり着き、NYのビデオも見させていただきました。
 早速勝間さんの著書読ませていただきます。
またおじゃまします。


投稿者: HIDE (May 2, 2009 8:56:43 PM)

マルコム・グラッドウェルさんの対談、楽しみです。
英語の勉強も兼ねて、「BLINK」の原書を読んでいます。

お体にお気をつけて。


投稿者: ぱんだ (May 11, 2009 7:03:29 AM)

生身の身体を超えた観念体に過ぎない「法人」!

これが経済社会の中心である限り、

「個人」の貧困はなくならないよ。


コメントを書く