« 前の記事 | トップページ | 次の記事 »

GWはNYです

いま、NYにいます。5/1にマルコム・グラッドウェルのインタビューをするためです。

インフルエンザはこちらでは、まだそんなに警戒感はないようです。

でも、気をつけます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30178/44839257

この記事へのトラックバック一覧です: GWはNYです:

» [書籍]「天才! 成功する人々の法則」プルーフ(見本) from Nの世界
天才! 成功する人々の法則 作者: マルコム・グラッドウェル, 勝間和代 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2009/05/13 メディア: 単行本 こちらを見て【速報】勝間さんの翻訳するマルコム・グラッドウェルの新刊のプルーフ(見本)がもらえる件【ブロガー対象】:マインドマッ... 続きを読む

受信: Apr 30, 2009 5:23:18 AM

» 空の旅 from POPO
瞬く間に 小さくなった ビルの群れ 雲海に 忽然と現れる 白雪の富士 唸りを上げ 続きを読む

受信: Apr 30, 2009 6:27:16 AM

コメント

投稿者: 二宮 香里 (Apr 30, 2009 5:12:47 AM)

Outliersという著書をこれから読むところです。
彼の風貌も魅力的だと思います。
インタビューのご報告楽しみにしています。


投稿者: にゃん (Apr 30, 2009 7:58:31 AM)

またまた海外にいらしているのですね
どうぞ、お健やかにお過ごしください
よい、旅になりますように


投稿者: にゃんころもち (Apr 30, 2009 11:31:55 AM)

NY!

大好きな街です。
勝間さんはNYが似合いますね。
インフルエンザ、気をつけて無事帰国してくださいね。
また、レポート楽しみにしています。


投稿者: のりこ (Apr 30, 2009 12:39:31 PM)

マイケルグラッドウェルさんとの対談楽しみです。
ストレングスファインダーなどわたしも大変ためになり、仕事に生かせています。

切り口が斬新かつ読み口がさわやかな本を書かれますよね。
そして文章のとおりのイケメン☆
文章で人柄ってわかります。
勝間さん、どうぞお気をつけて!

のりこ
みんなの夢が叶うブログ
http://blog.goo.ne.jp/norico0305/


投稿者: のりこ (Apr 30, 2009 12:46:42 PM)

たびたびすみません。わたしすっかり勘違いしてました。お恥ずかしい。
マルコムグラッドウェルさんは、ティッピングポイントのほうの方でしたね…
間違えてました。申し訳ありません(*с*)

勝間さん、インタビュー楽しみです☆


投稿者: ひなぎく (Apr 30, 2009 2:09:05 PM)

インフルエンザ、気をつけてくださいね。
このあいだやっと、長い長い間滞っていたことに、小さな一歩を踏み出すことができました。
自分の性格って変えられないと思っていたけど、日々のささいな行動を変えることで、だいぶメンタル筋力のトレーニングになったみたいです。
勝間効果、です。おそるべし、です。


投稿者: マエムキ大吉 (Apr 30, 2009 3:00:10 PM)

!! モシャモシャアフロのマルコム。。

マルコムさん今読んでました!!

面白いです。。 実験系すきですよ。。

プライミングの話は、うまく使っていきたいです。。

完成したんですね? 訳の新作、、。 楽しみです。。


投稿者: オスカーちゃん (Apr 30, 2009 8:07:07 PM)

大忙しなGWですね。
お身体に気をつけて。。


投稿者: yomogi (Apr 30, 2009 10:24:55 PM)

勝間さん、こんにちは。
先日、Malcolm Gladwellさんの別の著書「blink」を原書で読んだばかりです。「Outliers」も是非読んでみたいと思っています。
私は今、アメリカのボストンに住んでいます。渡米して1年9ヶ月になります。最近ようやく英語を話す事に対する抵抗感が無くなってきました。英語については、20代後半から、基礎からやり直しました。31歳でアメリカへ来た時は、簡単なやりとりすら上手くできず苦労しました。
Malcolm Gladwellさんへのインタビューはもちろん英語でされるのですよね。勝間さんは海外在住経験は無いとおっしゃられていたと思うのですが、英語はどのようにして身に付けられたのでしょうか。


投稿者: エトワール (May 1, 2009 5:16:09 AM)

マイケルグラッドウェルのティッピング・ポイントという思想は、大変魅力的なもので、アメリカ全体のチェンジを象徴するような大きな思想潮流の起点になりうる可能性のあるものだと思います。セールスだけではなく、政治、教育、行政、マスメディア、カルチャー、アートなど広範な分野への応用が可能なものだと思います。マイケルグラッドウェルは、例えば、イチローなど日本人メジャーリーガーの動向などについてもユニークな見解を持たれているのではないかと思います。


コメントを書く