« 前の記事 | トップページ | 次の記事 »

本日の男女共同参画会議の内容と発言趣旨

今日は、官邸で男女共同参画会議に出席してきました。麻生首相、河村官房長官、小渕少子化大臣をはじめ、大臣の方々と、有識者で構成し、男女共同参画に関わる政策について議論をする場になっています。

私は2009年1月から議員になっています。今日の議題は生活困難な男女について、どう政策的にサポートするか、という議論でした。

私は特に、子どもの貧困問題について、所得再配分前に比べて、所得再配分後の方が貧困が増えているのが問題だ、という指摘をさせていただきました。

詳しくはビデオブログをご覧ください。なお、うちのオカメインコや飼い猫がどうしても、いろいろと鳴いたり、走り回ったりしてノイズが入っていますが、ご容赦ください(笑)。

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30178/44475684

この記事へのトラックバック一覧です: 本日の男女共同参画会議の内容と発言趣旨:

コメント

投稿者: booby (Mar 26, 2009 11:10:45 PM)

ビデオブログ面白いですね。
長さもちょうど良いと思います。


投稿者: 齊藤 拓 (Mar 26, 2009 11:10:45 PM)

勝間サン、黒もお似合いですねー☆

いや、そういったことではなくて…(笑)。

今日のお話は、他のところでも聞いたことがある内容ではありましたが、具体的でわかりやすかったです。

特別出演のインコちゃんのリアルな演技も、よかったです(笑)。

こういった活動が、様々なブログでやられるようになり、それがリンクしていけば、大きな力を持つのではないか、と思います。

応援しています☆


投稿者: hiromi (Mar 26, 2009 11:38:09 PM)

イチゴちゃんのBGMよかったです。(^^)

普段うかがい知ることの出来ない会議の様子や
それを聞いた政府関係者の反応などのレポート、とても興味深く思います。
やっぱり、組織の上の人ほど
正しい情報やナマの意見って知らないんだなっていうのがなんか伝わってきました。
それぞれの立場から、きちんと声を上げていかないといけないなと思います。

お話の内容で、ひとつ懸念に思ったのは
例えば200万~400万以下の子供を持つ所得世帯には厚めに、という再分配をやるのならば、
その低所得の理由や養育環境をしっかりと調べて、
アメリカのように、ソーシャルワーカーなどによって
子供から搾取するような親からは、きちんと子供を
保護するようなシステムを同時に作り上げていかないと
ならないのでは?と感じました。

引き離すことがすべてよい選択とは思わないですが、
厚く再分配をするならば、そこもビシッと決めておかないとならないと思うのです。
ではないと、本当に手を差し伸べたい子供の方に
援助が行き届かないと思うので。

もしくは、子供への手当てをすると同時に
問題を抱えてしまった親にもサポート
(たとえば断酒会への参加や医療施設への入院、
 職業訓練施設への参加とか)を義務付けるとか。

単純に数字で運用していくとしても、
思ったとおりの効果を目指して機能するには
やはり人の目やサポートも同時に必要だと思います。

…ってことは、やっぱりそういう分野や、その人材育成にも手厚くしないと…ですね…

うーん、やっぱり問題が芋づるですね。
一歩一歩ですね。

でも、このビデオブログは確実に
画期的な一歩だと思います。

これからも楽しみにしています!


投稿者: カツマーライダー (Mar 26, 2009 11:47:31 PM)

勝間さん、こんばんは。
ビデオブログ、とても良いと思います。このブログを見るのが更に楽しみになりました。
内容に関してですが、今になってあの様な事を訴えていかねばならない現状がとても悲しく思えます。政府や各自治体等は何を考えているのでしょうか。
経済的に困窮している家庭には一日も早く支援の手を差し延べてあげて欲しいですね。
勝間さんには是非ともこの問題を早急に全国により強く訴えて頂きたいと願っております。頑張って下さい!
今度、勝間さんの飼っているペット達もビデオブログで紹介して下さい。(我が家でも猫を飼っておりますので、勝間さん家の猫ちゃんを是非とも拝見したいです。)



投稿者: 愛知のカツマー (Mar 26, 2009 11:56:13 PM)

勝間さんこんばんは。

ビデオブログとてもよいですね(^-^)v

勝間さん、滑舌すごくよくなりましたね。
以前から聞き取りやすいようにと気にされて
いましたが、どんどん成長してみえますね。

私も営業マンなので、話の仕方を日頃から意
識しています。
個人的には、ジャパネットたかたのテレビシ
ョッピングの方の話し方を参考にしています。

勝間さんが表現力をより高めて、より人気物
になって、日本を変えて下さることを期待し
ています。


投稿者: しゅーこ (Mar 27, 2009 12:24:31 AM)

いやあ、今夜も見てしまいました!

特に、インコちゃんの突拍子もない声と最後のガラガラドッターン、という音響効果、抜群でした(笑)

所得再配分後の子供の貧困、という話は、これまでになかった切り口だと思います。今日はとてもわかりやすくはなしていただき、ありがとうございました。

また、私も昔から税制に問題ありと思ってきましたが、社会学的アプローチしか出来ず、なかなか賛同が得られなくて、いつも、じれったく思っていました。

経済学を学べばよかったんですね。

他の方も指摘しておられましたが、経済的なことに加えて、社会的支援の方法なども必要になってくるでしょうから、色々な専門家にこの問題を考えてもらうことが大切だと思います。

これを読んだり聞いたりした人が、周りの人にどんどん話して議論の輪を広げていく、そうすれば、もっと、大きな声になって世の中を動かす力になって、山も動くと信じています。

どんどん問題提起して下さいね!


投稿者: カツマー99号 (Mar 27, 2009 12:33:19 AM)


毎日ブログを楽しく拝見しています。
子どもの貧困問題について思うのですが、
例えば児童手当は「お金」として世帯に入るわけで、そうなるとそれを「こどものために」使うのかそれ以外のことに使うのかは親によって違ってきますよね。ギャンブルに使う人もいる。となるとせっかくの児童手当も「ギャンブル」手当てになってしまうので、そうはできないようなシステムをとることで、児童の、教育の、支援の形になってほしいと思います。(証明書を出せば学費が半額になるなど・・・)
それと・・・少子化対策を進化論的な方向から考えると、単純に「産めよ増やせよ」という対策だけではなく、「どの層の子孫が残っていくのか」ということも踏まえて対策を考えてみるのも面白いかも、、と思います。ある層にかたよらずにたくさんの子孫を残したほうが未来の日本国民にとってはいいのじゃないかと思いますので。
ちなみにオカメインコが好きなので、いちごちゃんのBGMがとってもかわいかったです。


投稿者: おじい42 (Mar 27, 2009 5:00:40 AM)

 ビデオブログいいですね。テレビとはちょっと違い、直接お話し聞いているような気分になります。BGMがまた生活感があって、友人とおしゃべりしている感じです。私の家でもインコを2羽飼っていて、ブログを聞きながら後ろでさえずりあっていました。
 相対的(?)貧困問題ですか、実際子供を2人育てていて、最近の不景気の直撃を受け、どんどんサービス残業時間が増えて(会社は強制消灯のため、家でやらざるを得ない)子供の将来に不安を感じている身としては身につまされる内容です。
 日本で普通に働いていますので、絶対的貧困とは今のところ縁がないですが、これまでのような会社に頼るような生き方をしていては将来どうなるかわかったものではありませんね。
 最近はワークライフバランスをとりながら、いかに経済的に安定した生活をおくるかを以前に増して考えるようになりました。そういう意味では勝間さんはまさに伝道師的存在です。これからも頑張ってくださいね。


投稿者: わんわん (Mar 27, 2009 6:50:11 AM)

こんにちは。
ビデオブログですか。
いろんなことにチャレンジしていらっしゃいますね。
私もブログ頑張ってますよ。
勝間さんの本もかなり?紹介しています。
これからもどんどん紹介していきますのでよろしくお願いします。


投稿者: 夢と笑顔 (Mar 27, 2009 9:18:46 AM)

とても良かったです。
・判りやすい
・納得できました
・BGMが逆にリアリティーで安心
・ポイントが整理されている

次回も楽しみです。


投稿者: ひつじ (Mar 27, 2009 9:26:31 AM)

ビデオブログとても良いです。セミナーを受けているように判り易くて、スーゥっと入り込むのでその先いろいろと考えるようになります。背景もいろいろ変わり楽しめます。


投稿者: cannna (Mar 27, 2009 9:56:11 AM)

ビデオブログ、拝見しました。
勝間さんってビジュアルも良いですが、すごく艶のあるお声なのですね。
歌もうまそうです(笑)。

子供の貧困問題も深刻な問題になりつつあるので、そうならないうちに是正していければと思います。

母子家庭で年収200万程度、というのはよく見かけます。かなり教養もあり、能力もある方でも才能を発揮できる職に就ける機会が少ないことで十分な収入が得られなかったりしますので。

国の責務のひとつである弱者の保護、税の適正配分も重要です。
ただ、能力に見合った職に就ける機会が均等に与えられれば、かなり改善される部分もあるとも思います。


投稿者: アンティ (Mar 27, 2009 12:18:39 PM)

なるほど、税金を払った後の方が貧困問題が増えているなんて知りませんでした。現在私は、24歳ですが同年代の女の子で子どもを育てるために、風俗で働いている子がいます。

ここの書くのを迷いましたが、そうゆう現実もあります。
会議とか何を話しているか今まで知らなかったですが、
勝間さんがこうやって、問題点を会議で主調してくださって、なおかつ、私たちに、こうやって文章より言葉でわかりやすく伝えてくださることに、感動しました。

私も、一緒に考えていきたいです。


投稿者: Sakakibara (Mar 27, 2009 12:58:22 PM)

6回目です。榊原と申します。
 学生で、食費切り詰めで似たようなことをやっている自分を反省します。子供に元気がない、私がこのままの切り詰めぐせを子供にはさせないと言い切れるか、これはまずい、と感じました。
 アルバイト先で、お金が足りなくて帰れなくなった小2くらいの男の子に、お金を渡して返してあげた記憶が思い起こされます。
彼には、お母さんには内緒だよ、という約束だけ結んでもらい、行かせました。その後どうなっているかはわかりません。
 そんな子どもたちが、春休みで痩せている。
 自分は今、ゲーム感覚で世に言う数学を食い散らかしていますが、彼ら彼女たちには、熱中できる何かがあると良いですね。
 気持ちを新たに、、!お邪魔しました。


投稿者: mayumi (Mar 27, 2009 9:24:27 PM)

難しい問題ですね。
そこに目を向け、必死に訴えている勝間さんに感謝します。

ビデオブログの内容では、私の知らない事が多く、
驚く部分が多かった。。。会議がリアルに伝わり、自分出席をちょっとしちゃったかのような感情も感じられました。

いろいろな事を「数字で表現」するというのは、
以前は、抵抗があり「何でも数字じゃないよ!」と思っていたのですが、
勝間さんを知ってからは、「数字」というものが、
いかに「事実を裏付ける」ものかという考えに変わりました。
数字で現れてみると、リアルに「現実が見えて」きますね。

それにしても・・
「おかめインコのイチゴちゃんです。」と仰る、なんとも可愛らしい勝間さん。そのギャップがいいんですよね~^^
黒・私もお似合いだと思いました。
よくされてる素敵なネックレス・・すごく気になって同じようなものが欲しいと・・・(やっぱカツマー))


投稿者: テシ (Mar 27, 2009 11:34:17 PM)

自分は学生で、教育に興味があるのですが、これからの社会を作っていくのは子供だというのはその通りだと思います。

勝間さんの「子供はどこに生まれるのかは選べない」という言葉が印象的ですね。

これからも応援させていただきます。

神奈川県横浜市在住
日本体育大学体育学部体育学科2学年
勅使河原 隆


投稿者: ゆうこ (Mar 28, 2009 8:11:43 PM)

春休みになると痩せる子供がいる、という事実は衝撃的でした。

日本という国には、
本当に問題が山積しているのだと思います。
つい人のせいにしたくなりますが、
自分もこの国で選挙権を持つ成人である以上、
これらの問題に対して責任はあるのだと思います。


投稿者: けん (Mar 30, 2009 11:04:57 AM)

勝間さんもオカメインコと暮らしてらっしゃるのですね。
私もオカメを溺愛しているので、
いちごちゃんの声が気になって勝間さんの話に集中できませんでした、ごめんなさい(笑)。

こうして様々な方法を用いて自身の意見を表明していく勝間さんを本当に尊敬しています。

4月から新社会人になりますが、
勝間さんを見習って、
仕事だけではなく、自身のライフワークとしている分野の勉強も進めていきます。


投稿者: sayuri (Apr 8, 2009 9:16:29 PM)

すみません。先ほどコメントを書いていたら、途中で送信されてしまいました。失礼いたしました。
勝間和代さんの本に影響を受け、3月からブログを始めました。勝間さんの本は、問題を投げかけ、考え、行動させてくれます!私のブログでも、勝間さんの本をどんんどん紹介していきます。これからも、どんどん勝間さんに影響を受け、どんどん進化していけたらと思っています。応援しています!!


コメントを書く