« 前の記事 | トップページ | 次の記事 »

マスメディアの広告モデルが生き延びる道

マスメディアの広告モデルが生き延びる道というタイトルで、日経IT Plusの記事を更新しました。

かなり力が入っている記事ですので、ぜひ、ご覧ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30178/43935377

この記事へのトラックバック一覧です: マスメディアの広告モデルが生き延びる道:

» つまりそういうこと from Oh happy day !! ::::: 福武 忍 Official Weblog
今日更新された、IT+PLUSのコラムの締めくくりが興味深いです。日経 IT P 続きを読む

受信: Feb 2, 2009 8:02:06 PM

» 広告はどうなるのか勝間さんが語っている from 若だんなの新宿通信
ブログ巡回で見つけた話。 一読に値する、勝間和代さんから見た広告業界:mediologic/weblog >勝間さんが書いている「そのためにも、マス広告は... 続きを読む

受信: Feb 3, 2009 12:10:33 AM

» マスメディアの広告モデルが生き延びる道 from フォトリーディング読書メモ 
まさに今私が業務として取り組んでいる課題です!! 続きを読む

受信: Feb 3, 2009 12:22:23 PM

» 勝間さんのブログを読んで考えたこと(マスメディアの広告モデルが生き延びる道) from 広告わっつあっぷのブログ
最近、テレビによくでる勝間さんのブログをみはじめたところ、 ほっとなエントリーがあったので↓。 マスメディアの広告モデルが生き延びる道 非常に面白い(納得できるな)と思ったところがひとつと、 ちょっと残念ながらインターネット広告市場への理解が浅いな、 と個... 続きを読む

受信: Feb 4, 2009 6:20:07 PM

» ■放送業界リバイバル?サバイバル?  (2009年2月3日) from なおしブログ
勝間和代さんの執筆コラムでものすごい参考・勉強になる話があったので共有します。その衝撃コラムはこちら!↓↓↓記事本文へGO!テーマは「マスメディアの広告モデルが生き延びる道」という今や地上波の半分は赤字に転落というテレビ業界について言及しています。広告費...... 続きを読む

受信: Feb 4, 2009 6:54:05 PM

コメント

投稿者: キーカーカー (Feb 2, 2009 7:23:46 PM)

日経IT Plusの記事読みました。

>>いかに最近の誌面が広告を取るための誌面になっていて、読者が欲しがっているものの誌面から離れていったかと言うことです。

これは重要な事ですよね。毎月キャッシュは一応集まっていたから放置しといたけれども、キャッシュが無くなってきたので中を覗いたら読者寄りでは無かったという事ですよね。



投稿者: t104 (Feb 2, 2009 8:18:28 PM)

 私は勝間さんの記事がすばらしいと思うのは、きちんと根拠となる数字を出しているところです。
 今回も、各局のスポット収入が減っていること、広告費の減少、新聞の行為者の減少といったdataがあり、説得力があります。

 私が最後の段落を読んで思ったのは、数年前に発行されていたジーノという雑誌のことです。すぐにぽしゃってしまいましたが、
>読者と双方向通信を行いながら、読者にも知ることで価値が出るような広告情報をしっかりと提供する。
 という一文に一致するような感じがしました。


投稿者: マーブルチョコ (Feb 3, 2009 12:26:32 AM)

Y興業がTVを席巻し、バカタレを売り物にし、クイズで誤魔化し視聴率争いを勝ち取ろうとしている。結果、若い世代はネットに流れ、オジサン世代もTV離れする。(野球もやらなくなるし。悪循環。)

読書も良いが、旅行記や日本の匠、技術・芸術・工芸は目で見られるものをもっぱらBSで見ています。

大学教授による経済評論・政治評論も否定形ばかりで、では具体策は?と問われるとしどろもどろ・・。意見・自説がない。

外タレも別番組のパクリをまるで自説のように披露。その成否を判断できずに赤っ恥を掻き続け・・。

新聞社も、バカ政治を批判できず、逆にあおるばかり。中国ネタで日本の政治家の発言をちくりに行く愚策。

いったい、何を信じれば良いのかという、マスコミ全体の問題が視聴減、新聞読者数減につながり、CM広告が有効にならない・・。逆スパイラル・・。


大前研一氏は、確かシンガポールの顧問とかですが、大いなる実績が上がりました。
日本では、政治・経済の実績が政府から信頼・依頼されず、その点では大失敗・・。
その点、勝間さんは早くも少子化対策検討PTに取り組まれました。まずは少子化対策から始め、実績を積み上げ、更なる実績づくりに邁進ください・・。

日本を元気づける具体策をどんどん発表実施願います・・。勝間さんが最後の綱のような気がしています・・。(ちょっと心配症?)


投稿者: HIROyouko (Feb 3, 2009 12:05:54 PM)

面白かったです。
フムフムと納得しながら読める経済記事は有り難いです。

ただちょっと気づいたのが遅いのか、ノウテンキなのか25万出して「The Japan Times」に広告を出してわずか7,500円の効果だったのにも関わらず、懲りない私はまたもや30万出して某雑誌に広告掲載依頼してしまいました。

勝間さまとはスケールが違うのですが、収益で恵まれない子供たちに生き抜く杖になるような闇夜の一灯となるような本を贈る活動を続けているのでなにがなんでも売らねばならないのですが、方法が掴めていません。今のところ私個人の営業力頼りです。
もっとメジャーになるには+宣伝力が必要。

いろいろ勉強させていただいております。
ありがとうございます。


コメントを書く