« 前の記事 | トップページ | 次の記事 »

感動

今日は、福井にいっていて、往復の新幹線の時間があったので、なんと久々に

・朝日新聞の、勝間式自分ナビ宣言
・モーニングの、勝間和代の誰でもできる日本支配計画

の2つの週刊連載の原稿が、締め切り日前に終わりました。週明けが締め切り設定なのですが、まるで小学生の宿題のように、結局いつもギリギリになっちゃうんですよね。

でも、それがなんと、まだ何日も余裕があるうちに終わるとは!!

気持ちよく、明日の日曜日を迎えられそうです。

ちなみに、今、持っている連載を整理をすると、こんな感じです。テーマは経済、マネー、政策提言などです。

なにかお手元に身近な雑誌、新聞などありましたら、気にかけてみてください。

新聞
・朝日毎週土曜日
・毎日隔週日曜日
・共同通信配信隔週(地方紙へ配信)
・日経ITプラス毎月

週刊誌
・モーニング毎週木曜日
・アエラ毎週月曜日
・日経ビジネスアソシエ隔週月曜日

月刊誌
・日経マネー毎月
・アマレーナ毎月
・マリクレール毎月

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30178/44135476

この記事へのトラックバック一覧です: 感動:

» NOTE from POPO
そのとき出会った 一瞬の煌めきは 消えてしまうからこそ 輝きを増す せめて生きた 続きを読む

受信: Feb 22, 2009 9:24:40 AM

コメント

投稿者: ちょーくみ (Feb 22, 2009 1:12:13 AM)

勝間様

初コメントです。
本日ご講演を聴講させていただきました。
私にとっては正に目から鱗のお話で、とても勉強になりました。
本当に有難うございました。

私はフレームワークが苦手なので、本日の講演を聞いて何か一つでも身に付けて、一歩でも半歩でも前進できたら良いなと考えながら講演を聞いておりました。
フレームワークのことは勿論、自己啓発についても貴重なお話を聞かせて頂き有難うございます。

ご講演で目から鱗と感じた3点を上げます。
1つ目の目から鱗は、「フレームワークは料理のレシピ」です。
料理のレシピと考えば楽しめる。
学び方にも楽しさが大切だと感じました。
2つ目の目から鱗は、「三毒追放」です。
妬まない、怒らない、愚痴らない、ついつい日常生活でしがちな3つをやめること。
まずは3日間実行します。
3つ目の目から鱗は、「giveの5乗」です。
これは本当に的を得た意見だと感じました。

私事ですが、現在私は福井県立大学の経済学部に在籍しておりまして、現在4年生です。
4月からは証券会社に勤務する予定です。
実は最近、就職ブルーになっておりました。
実際に自分が行う仕事は、自分がやりたいと考えていることにつながるのであろうか、という不安があったからです。
しかし、本日のご講演で「三毒」を聞いて「やってみなきゃ分からない事を考える時間があれば、一歩前に踏み出すために必要な知識を得るための行動をした方がよい。」
と感じ不安に思うことをやめてみようと思いました。


本日は貴重で楽しいご講演を有難うございました。
コメントが長くなりまして申し訳ございません。

このコメントを見た皆様に、勝間さんの素晴らしさが伝わればいいなと思います。


投稿者: マーブルチョコ (Feb 22, 2009 2:11:06 AM)

仏教の三毒<妬む・怒る・愚痴る>を追放・・。俗人でも心掛けで随分と変わった感じがします。(変な上司・同僚を第三者的にじっくり観察して、怒りよりある面可哀そうと思ったり、憐れんだりする余裕が出来ましたね。)

今の方は学生の時から、MBAテクを身近に触れられて羨ましいですね・・。

初の福井講演、大成功ですね・・。沢山の感謝のコメントが寄せられていますね・・。

それにしても、沢山のレギュラー連載を抱えて大変ですね・・。テーマを被らないようにする管理だけで大変そう・・。でも、引出しが沢山あるからまだまだ・・。

特に、政策関連は無限にあるし・・。笑える話題がいくらでも・・。某首相、某大臣・・。

今後とも楽しませて頂きます。


投稿者: わんわん (Feb 22, 2009 5:13:39 AM)

 勝間さん。おはようございます。
今日も、いつもと同じように朝読書と朝ブログです。
最近では、仕事前の朝の日課となりました。これからも続けていこうと思います。
 本紹介のブログを初めて、まだ10日目です。勝間さんの新書出版のスピードには、なかなかついていけませんが『読書進化論』の感想を書かせて頂きましたので報告させて頂きます。では、失礼いたします!


投稿者: Mビューティー (Feb 22, 2009 1:53:21 PM)

初めまして。以前、大前研一さんの主催するAGORIAのブログに「やめることを決める」のお題で日記を書きました。「断る力」と大いに接点があり、読み直してみました。続けていることをたまには懐疑心を持って確認すると良いかも知れませんね。

「断る力」は新しい本にも係わらず、書評の数の多さに驚きました。共感と反感に大別できますね。お金を払う以上は何かを得ようと思っているのでしょう。どちらのコメントも真剣さが伝わってきます。私を含め皆、代わりの効く存在から抜け出すために必死ですね。頑張ろう。ありがとうございました。


投稿者: 銀河 (Feb 22, 2009 4:29:48 PM)

今度は ぜひ 松本市か安曇野市で講演していただけるとありがたいです。
長野市はちょっと遠いので・・笑

出来れば僕が企画したいくらい。
といっても まったくノウハウはありません。


投稿者: オスカーちゃん (Feb 22, 2009 9:43:30 PM)

す すごいラインナップ。

いろんなところに気にかけなきゃいけない(笑)
私の周りにもカツマー増えましたよ♪virgo


投稿者: 齊藤 拓 (Feb 23, 2009 7:00:35 AM)

勝間サン☆

「読売新聞」の朝刊にも、ぜひお書きになって下さい。

くれぐれも朝刊で、お願いします。

ぼくは、夕刊は取っていないので(笑)。


投稿者: maru (Feb 26, 2009 1:25:39 AM)

アマレーナってなんでしょう??


投稿者: waseda16 (Feb 27, 2009 1:44:26 AM)

モーニングのコラム、同感する部分多いです。

一方で他国との比較では老人に気の毒な部分も。

日本はいい仕事をしても、米国より自己利益確保がしづらい国。
短いとは言え、将来を考慮すると、リタイヤのタイミングも遅くなりがちですね。なるべく稼いでおこうとする・・・その分、極力保身に走るベクトルが強化され・・・という思考構造がありそうですね。

一気に稼ぐと言う構造を会社に取り入れて来なかったのは、良くも悪くも、ムラ社会だから?なのでしょうか。

著作物を拝見すれば、どこかで触れられてそうなので、今後勉強させていただきます。


コメントを書く