« 前の記事 | トップページ | 次の記事 »

読書進化論、iTunesでも配信開始、です

読書進化論、iTunesでも配信開始、です

こちらからどうぞ(i-Tunesがダウンロードされている人でないと、うまく画面が出ません)

febeでも売っています。

3月には、起きていることはすべて正しい、も吹き込み予定です。お楽しみに!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30178/44201686

この記事へのトラックバック一覧です: 読書進化論、iTunesでも配信開始、です:

コメント

投稿者: 齊藤 拓 (Feb 28, 2009 9:49:20 PM)

「起きてる事は」のオーディオブック、とても楽しみです☆


投稿者: オレンジ☆ (Feb 28, 2009 10:23:31 PM)

ipod user&カツマーとして非常に助かります!
ありがとうございます。


投稿者: おひとよし (Mar 1, 2009 12:20:54 AM)

こんにちわ!勝間さん「断る力」読ませていただきました。大変参考になることが多い素晴らしい内容と思います。ただ、ひとつだけ。。
勝間さんはお付き合いされている著名人を無批判に持ち上げておりますが、私自身はCMのお仕事を通じ有名女優さんの言動を聞いておりますので感想を異にします。
人間の価値は、自分より下の人間や、立場の弱い人間に対する振る舞いや言動で評価されると思います。
某女優さんの現場での態度は、ここで言うのも恥ずかしいほど横柄なものです。
自分にプラスになる人たちへの態度とあまりに違う人間を評価することはできません。
彼女も、勝間さんとお付き合いするメリットを計算しているのではないでしょうか。
例が適当かはわかりませんが、アメリカ旅行して素晴らしい体験をした場合、「あーアメリカは素晴らしい」と
無批判に話すことは適当ではありません。

勝間さんの謙虚さに学び、私もそのような人間にならないよう自戒したいものです。


投稿者: love hair (Mar 1, 2009 1:01:29 PM)

はじめまして。
現在31歳主婦、2歳3か月になる男児の育児中です。

育児不参加、亭主関白の夫、過干渉で孫へのストーカーな夫の両親との関係に疲れ果て、心療内科に通い始めました。

勝間本に出会い、今の私に必要なのは、薬ではなくウェンディ→インディへの決断、なのではないか?と気づいたら、自分の中にある力を感じ始めました。

教師だった私の母親は、稼ぎの少ない、手伝わない夫にイライラし、娘の私にも八つ当たりで、いつも夫婦ケンカでした。
一度はそんな親の元から逃げ出し、看護師としてインディになったはずなのに、今の夫に出会い、幸せな家族を夢見て、寿退社してしまい、ウェンディになってしまい、後悔です。

私の母親含め、周囲は皆、離婚には反対しています。

現在、子供は私との分離不安があり、保育園も難しい状況です。

こんな私でも、インディをめざせますか?
インディをめざして、父親を失って、子供に悪影響はないですか?


投稿者: フルーツバスケット (Mar 1, 2009 7:32:22 PM)

勝間 様
今年還暦を迎えるカンレキカツマーです。
ご著書の中で三毒追放を推奨していらっしゃること、
興味深く拝読しました。観音様の教えですね。

私は昨年父を亡くし、アマゾンで購入した
゛日蓮宗在家勤行”のCDをかけながら、毎日
読経しているのですが、普門品(観音経)の中に
”勝彼世間音”(ショーヒーセーケンノン)
の言葉を見つけました。勝間さんの名前が入っている、
やはり縁があるのかしら、なんて思いました。

             フルーツバスケット


投稿者: kaeruyuko (Mar 1, 2009 9:51:59 PM)

勝間さんの書籍に出会ってから、
人生が変わった一人です。昨年の春、夏くらいから
読み始めたと思います。

「断る力」は、2月22日に羽田空港の書店で購入し、
飛行機は、目的地に到着できずに(雪のため)
引き返してきたのですが(友達に会えず、残念でしたが) 
「三毒追放」のおかげでいらいらせず、帰ってきました。
もちろん、飛行機の中ですべて読み終えました。

これからの自分が楽しみになってきていて、
毎日とても幸せです。

滞っていたブログも、おかげさまで
ちょこちょこ更新しています。
http://blog.goo.ne.jp/kaeruyuko/


投稿者: ryo (Mar 1, 2009 11:01:56 PM)

勝間さんのいつも新鮮でかつ共感を呼ぶ切り口に感動しています。
私は現在経営学部に通う大学二年生なのですが、活躍著しい勝間さんを見ていて気になるのが、世界や社会に対してどのような志や姿勢で向き合っているのかということです。
その基本的な考え方をぜひ何かの形で教えていただきたいです。
時間がありましたらよろしくお願いします。


投稿者: toshi (Mar 2, 2009 1:14:28 AM)

はじめまして
興味深くご活躍拝見しております。

私も自転車愛好してますが、一言申したくてメール書かせて頂きました。

固定のペダルは効率が良いといっても、それは理想的な道路をレース中においての話しであるのはご存知でしょうか?
走るのに全力をかけて勝負するとき、そこには安全性よりも、競技性が要求されるのはご存知かと思います。
(f1の車がスピードに対して効率性が研ぎ澄まされているからといってすぐ効率性だけを利点として日常に使用する平行移動的思考と一緒)

街、特に都心においては狭い道が多く、ましてや自転車専用道路がない日本においては競技用ペダルは、とっさの児童の飛び出しなどには反応しきれない危さを内包しています。
また競技用スパイク(特にロード)は通常のアスファルトではこけやすく、自転車を降りての歩行で大事故につながる可能性も排除できません。(歌手の忌野さんが実際転んで怪我をしたそうです)


安全はすべて優先しなくてはいけないというのは工事現場によくあるスローガンで、何も著名な先生方の本を開かなくても空気のようなものなのですが、合理的な思考ばかりにとらわれてしまうとついつい忘れがちになるのは最近のいろいろな事件を見ても思ってしまうのですがいかがでしょうか?

以上ご検討よろしくお願いいたします。


投稿者: dodogawanet (Mar 2, 2009 8:07:55 AM)

 三児の母である会計士の国際的活躍と人材啓発活動は、とてもおもしろく迫力に満ちています。

 私は、欠かさず勝間和代さんの大フアンになりましたが、ゴビ-「七つの習慣」のモノサシがぴったし現代流なのかもわかりません。これは、人もの金の現代から人間性の発露や自己啓発、幸せ発見「新個人主義」にとモノサシを置きかえれば、今の矛盾だらけの国家像「醜い日本の姿」が浮かび上がる。

 つまり、これから各人が社会にどうかかわるかは、自分の人生が人とのご縁でつながっていることに早く気が付けば、何でもうまくいく、成功する。自分のモノサシを変えてみることが自分を変え、人を変え、全体へとひろがっていく。

 そんな事を、教えてくれているような感じがしてなりません。御身体に無理をせず御自愛のほどを。勝間和代さんの一段のご発展、ご活躍を期待してやみません。


投稿者: takaaki (Mar 2, 2009 8:34:40 PM)

「起きていることはすべて正しい」のオーディオブック化も楽しみです。
FeBeさんのブログやホームページもチェックしておきます。


投稿者: マーズ (Mar 3, 2009 11:09:40 AM)

はじめまして。
去年の夏、初めて勝間さんの本と出会いました。それ以来立て続けに何冊も勝間本を読み、ずいぶん勝間さんの本に影響を受けています。もちろん良い方向にです。その間に勝間さんのテレビや雑誌への露出が増え、そのご活躍はいつも拝見しています。
インディでいこうと私なりの決心をしてから少しづつではあるけれど自分もまわりも変わってきているような気がしています。不思議です、自分の考え方がちょっと変わっただけなんですけどね。
勝間さんの影響を受け、年をとるほど素敵になっていこうと毎日を送っています。
これからも頑張ってください。応援しています。
オーディオブック化も楽しみです。


コメントを書く