« 前の記事 | トップページ | 次の記事 »

「地球が静止する日」のヒロインはジェニファー・コネリー

今日、子どもの誕生ケーキを取りに行くのに、予約をしていたケーキ屋さん(毎年、三が日でも営業をしてくれているありがたいお店)がヒルズのすぐそばだったので、ついでに三女と2人で映画を見てきました。

WALL・Eを見たばかりだったので、「地球が静止する日」を選びました。そして、主役がキアヌ・リーブスということばかり強調され、見始めるまで知らなかったのですが、この映画、実質的な主役はヒロインのジェニファー・コネリーだったのですね。

中学や高校の頃に、ジェニファー・コネリーが出ていたフェノミナもラビリンスも劇場で見ていたので、

あーーーー、あの美少女が立派な中年女性になって、まだ映画に出ているんだーーー

とちょっと衝撃でした。フェノミナが久し振りに見たくりました。とりあえず、ビューティフル・マインドはまだ見ていないので、DVDを注文しました。

映画自体は、画像を楽しむものとしては評価できますが、ちょっと席がスクリーンに近すぎたせいか、酔ってしまって苦しかったです。

人に是非見ましょう、と勧めるほどではありませんが、ジェニファー・コネリーを懐かしく見たい人にはお勧めです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30178/43629572

この記事へのトラックバック一覧です: 「地球が静止する日」のヒロインはジェニファー・コネリー:

» 地球が静止する日(2008年、米) from 富久亭日乗
 ★★★☆☆  1951年にRobert Wiseが監督した同名SFのリメーク。 原題は「The Day the Earth Stood Still 」。      ◇  ニューヨーク・セントラルパークに 突如現れた謎の球体。 米政府は生物学者Helen Benson (Jennifer Connelly )らに 解明を要請する。 軍隊が包囲する中、 球体の内部からKlaatuと名乗る男(Keanu Reeves )が現れる。 軍の発砲により負傷したKlaatuは、 手術を受け回復に向かい、 逃亡す... 続きを読む

受信: Jan 4, 2009 6:38:25 PM

コメント

投稿者: ひかる (Jan 4, 2009 12:48:37 AM)

こんばんわ!
NHKの討論拝見しました。
勝間さんの議論がもう少し発展されればよかったと感じました。

ありたい社会の姿も立場により違いますが、議論の場ではいかに詭弁や、すりかえをその場できちんと指摘できるかが重要だなと感じました。
勝間さんの目指したい政策は政治がどうなれば実現されるのでしょうか。中間派との評価もありましたが、中間派はやはり権力からは都合の良い有難い存在と思います。


投稿者: su (Jan 4, 2009 9:00:45 AM)

お嬢様のお誕生日おめでとうございます!
ご家族の日常の日記は、世知辛い社会の中でも
ホっとできる場だと読んでいてつくづく感じてしまいます。

そして、新年の討論会、拝見しました。
すぐにコメントすればよかった・・・とは後の祭りですね。
あの流れとしては、竹中氏が一番覚めてその場を仕切っていましたが(キャスター面目なし?)、あの方はやや自論優先?自分の発案を通そうとしているのが聞いていると気になります。
役割分担的に、リサさんが適当に仕切ってくれたらもう少しわかりやすい会ではなかったかな?と思いました。討論に参加している誰かが仕切っているのは筋が違ってきますから。

しかし、日本で議論というのは時間がかかるものですね。
見てみて改めて思ったのが、論点に関わる本来のあるべき会話はほぼ数%で、ほとんどが互いの計り合いのように見受けられました。どんなにいい案でも、人として認められなければ賛成できない・・・というわけで、お互いを推し量る会話がとても多い。
でも、それが「日本」なんですかね。

逆に言えば、人として認められれば何を言ってもOK、というか、参加者全員、実は納得のいく答えはみな通じていて、そこに行き着く過程に時間をかけている(思考する時間を確保している)ようにも見受けたのですが、実際に参加している勝間さんはいかがでしたでしょうか?
こんなコメントで水を差すようでしたら申し訳ないですが。。。

新年早々、世知辛いニュースも耳にしますが、
今年が回復に向けての良き1年となりますように!日々、邁進です。


投稿者: いしまり (Jan 4, 2009 12:26:54 PM)

「地球が静止する日」、私も上娘と甥っ子を引き連れて観てきました。
考えたら、毎年、お正月に夫実家にいっては、甥っ子と上娘と映画を観ています。

私が感慨深かったのは、キャシー・ベイツでしたね。
「ミザリー」のあの怖いオバさんが、ちゃんとハリウッドで生き残っている。
いい味がでていると思いました。
映画自体はB級でしたが、俳優を見るだけで、けっこう楽しめました。


投稿者: らら (Jan 5, 2009 12:01:53 AM)

うちは今日が娘の誕生日です。おまけに昨日、「地球が静止する日」見ました。
思わぬ偶然で、はじめてコメントしてみたくなりました。勝間さんの言葉には共感することが多く、働く女性として勇気付けられます。


投稿者: らら (Jan 5, 2009 12:04:12 AM)

↑ (上のコメント)なんていうことでしょう!!1分すぎてしまいました。どうでもいいことですが、娘の誕生日は1月4日です!仕事でこういうボケたことしないよう気をつけます。


投稿者: ぷぅまま (Jan 5, 2009 9:49:44 AM)

キアヌファンとしてはやっぱりキアヌに会えて嬉しい映画ですが
地球を大切にしよう,人間は変わることが出来る
というメッセージの映画であり
勝間さんが観られたということがまた嬉しく
先日のスーダンのレポートが連なって思い出されました
みんなで地球レベルで思い合って行けたらいいですね


投稿者: S222 (Jan 8, 2009 12:17:01 PM)

こんにちは。
実は認めたくないけど私は勝間さんと同い年。
(認めたくない程勝間さんはスゴすぎます><)
私も中学生の頃、フェノミナでジェニファー・コネリーをみて、あまりの美しさに衝撃を受けたことを思い出しました!
そんなことなら観て見ようかな…まだやってるかしら?

娘さん達のお誕生日、おめでとうございます^^
とっても“普通のおかあさん”でもいらっしゃる勝間さんの、娘さん達との普通の日常の記事がいつも楽しみです。
今年もさらなるご活躍をお祈り申し上げます!


コメントを書く