« 前の記事 | トップページ | 次の記事 »

はじめてここを訪れてくださった方へ

はじめていらしてくださった方のために、簡単な案内を作りました。

1. メールマガジン案内
メールマガジン発行も不定期に行っています。ブログでは書ききれない時事ネタや、メルマガ連載、これから出る近刊の情報、年に数回行っているセミナーの先行予約情報などをお届けしています。


2. 過去記事の読み方
過去記事はここから見ることができます。

サイドバーの検索窓で気になるキーワードで検索をかけてもらったり、メディアに出たときの記録などのカテゴリーでの分類もあります。


3. メディア出演案内
こちらにまとめています。テレビレギュラーのみはこちらにまとめました。


4. 主な著作
主な著作は右のサイドバーに載せています。


5. RSSへの登録
このブログのRSSリーダーへの登録のタグはこちらです。RSSリーダーに登録することで、更新時にいち早く気づくことができます。

RSSリーダーは各種ありますが、私はGoogleリーダーがお薦めです。


6. オリジナル・オーディオブック案内
こちらに案内を書きましたが、直販で、思考力を育てて、「わかる」から「できる」になるためのオーディオブック講座を用意しています(OSはWindowsのみ対応)。

人生戦略や時間管理術、問題解決などを学びたい方は、ご活用ください。


7. 人生戦略手帳案内
こちらに案内を書きましたが、直販で、コツコツ、コツコツと一緒に人生の戦略目標を立てて、その実現をサポートするサービスを行っています。毎朝、6時に私からメールが届きます。


それでは是非、のんびりお楽しみください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30178/43504851

この記事へのトラックバック一覧です: はじめてここを訪れてくださった方へ:

» 勝間さんは、バーチャル上司? from 日々これ修行
勝間さんの人気で、ついにYahoo!ニュースのトップにも出てきました。 アラサー世代のバーチャル上司 勝間和代の「生き方」大ブーム 以前「勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワ... 続きを読む

受信: Dec 23, 2008 3:36:24 PM

» 成功への階段 from POPO
人間は自分ひとりでは 生きていけないのだから 社会に参加しなければならない 語り 続きを読む

受信: Dec 23, 2008 11:50:05 PM

» 勝間先生 from コーヒーブレイク
すっかり有名になってしまって、 みんなの心の師なのね・・・ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081223-00000000-jct-soci 勝間さんの本は面白いけど、 割と「浅く広く」なので、 勝間さんのすすめてくれるマニアックな本の方が深くて、面白いです。 「誘惑される意思」とか 「急に売れ始めるにはワケがある」とか もうほんと、最高に、面白い。 紹介してる本どれもこれも面白いから、 読んでる本の数が違うんだろうなー。と思う。 私も立派なカツマーな... 続きを読む

受信: Dec 24, 2008 11:58:46 AM

» 新・知的生産術とは from 7つの習慣を読んで家族のことを考える
ブックオフに勝間和代著「効率がアップする 新・知的生産術」があったので購入し、読んでみました。 「7つの習慣」についても触れられていましたが、本書は精神論ではない。ノートパソコンなど様々なイクイップメントを利用した効率的な生き方を述べています。オタクっぽい感じがあるが、私自身もパソコンや自転車を趣味にしており、更なる活用方法に共感できるところがあった。 特に、勝間氏は運動について述べているが、私も運動と頭の回転は関連があると常々思っていたことと自転車に乗っているということに大変共感を..... 続きを読む

受信: Jan 19, 2009 10:24:15 PM

» 勝間和代さんとオーディオブック from 21世紀徒然草
これまでなんとなく胡散臭さを感じて読んだことがなかったのですが、たまたま機会があって「ビジネス頭を創る7つのフレームワーク力 」という著書をオーディオブックのポータルFeBe(http://www.febe.jp/)で購入して聴きました。 感想は。。。目から鱗です。 ビジネスパー..... 続きを読む

受信: Jan 27, 2009 12:56:11 AM

» 勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力 ビジネス思考法の基本と実践 from sananchiの関心空間
フレームワーク思考について 続きを読む

受信: Jan 28, 2009 3:37:04 PM

» 勝間先生に:Web17 * Five-Seven-Five from Influence
575で遊んでみませんか(ニュース川柳、時事575。etc.) 続きを読む

受信: Jan 28, 2009 5:06:45 PM

» 勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力 from 21世紀徒然草
これまでなんとなく胡散臭さを感じて読んだことがなかったのですが、たまたま機会があって「ビジネス頭を創る7つのフレームワーク力 」という著書をオーディオブックのポータルFeBe(http://www.febe.jp/)で購入して聴きました。 勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレーム..... 続きを読む

受信: Feb 1, 2009 8:27:06 PM

» 勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力 from 21世紀徒然草
これまでなんとなく胡散臭さを感じて読んだことがなかったのですが、たまたま機会があって「ビジネス頭を創る7つのフレームワーク力 」という著書をオーディオブックのポータルFeBe(http://www.febe.jp/)で購入して聴きました。 勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレーム..... 続きを読む

受信: Feb 1, 2009 8:41:57 PM

» 勝間和代の無理なく続けられる 年収10倍アップ勉強法 from 21世紀徒然草
無理なく続けられる 年収10倍アップ勉強法を読みました。 正確にいうと、オーディオブックで「聴き」ました。 無理なく続けられる 年収10倍アップ勉強法著者:勝間和代価格:1575円(税込)時間:4時間18分51秒 この本の中では、丸っきり新しい手法が登場するというわけ..... 続きを読む

受信: Feb 3, 2009 12:40:14 AM

コメント

投稿者: 三浦智樹@Tomo (Dec 23, 2008 5:04:59 PM)

はじめまして
いつもはGoogleをメインに使っているのですが、久しぶりにYahoo!を
覗いて、この嬉しいサプライズに驚きました!今年春から勝間さんの本で
日々成長を続けている者です。近いうちに良い報告が出来るように
「正しく、的を得て」頑張ります。さてまた勉強頑張ろう!


投稿者: kaz (Dec 23, 2008 8:15:28 PM)

いつも、拝見させていただいています。

記事が出て、すぐ載せるあたりは、さすがですね。

勝間さんのメンタル筋力の強さを感じます。

今日、『起きていることはすべて正しい』

を読ませていただきました。

いい本をありがとうございます。

メンタル筋力を鍛える実践として

早速、私のBLOGに書評をアップさせて

いただきました。

また、次回作も楽しみにしています。


投稿者: オスカーちゃん (Dec 23, 2008 8:56:44 PM)

まさにアラサー世代の私ですが、「アラサー世代のバーチャル上司 」とはなかなか言いえて妙な?タイトルですねhappy01


投稿者: 石塚花梨 (Dec 23, 2008 9:26:35 PM)

こんにちは!
Yahoo!のポータルのトップページのトピックスでこちらへきました。
不景気で暗いニュースばかりでしたが、ほんのり明るい話題で嬉しくなりました。


投稿者: 動物魂 (Dec 24, 2008 11:07:07 AM)

効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法 を 読んで以来のファンです。

アラサー


投稿者: takaaki (Dec 24, 2008 8:35:08 PM)

初めまして。
普段はFeBeさんの公式ブログで書き込みをしています。
「7つのフレームワーク力」のオーディオブックと書籍を購入して活用しています。
今後もこちらのブログへお伺いさせて頂きますのでよろしくお願い致します。


投稿者: BK (Dec 25, 2008 7:40:26 PM)

かなり炎上していますが

大丈夫ですか?

http://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20081223-00000000-jct-soci&s=points&o=desc


投稿者: ぽぽ (Dec 25, 2008 10:07:48 PM)

「起きていることはすべて正しい―運を戦略的につかむ勝間式4つの技術」のP.182に記載してある「ストレングス・ファインダー」のパスワードが見当たりません。
これは正しいことなのでしょうか。
ダイアモンド社へメールしても返事がないのでこちらへ書き込みました。


投稿者: takaaki (Dec 25, 2008 11:56:34 PM)

パスワードは「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう」(日本経済新聞出版社)という書籍のカバー裏にあると思います。
ストレングス・ファインダーを利用するにはこの書籍を購入する必要があります。


投稿者: ぽぽ (Dec 26, 2008 7:21:28 AM)

このサイトの影の管理者である、takaaki さん、アドバイスありがとうございます。
P.182には「この本」とありましたので、
「この本」=「起きていることはすべて正しい―運を戦略的につかむ勝間式4つの技術」だと解釈していました。
言われて読み返してみると、takaaki さんのおっしゃるとおりのようですね。
「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう」を探してみます。
その本が役にたちそうなら購入して「ストレングス・ファインダー」を試してみます。


投稿者: ぽぽ (Dec 28, 2008 5:48:34 PM)

もう一度この土日に読み直して、私の誤解の原因が分かりました。
はじめに、の書き出しが「この本は」になっているためです。
ここが「本書は」で始まっていれば、P.182で私が誤解することはなかったと思います。
私の購入書籍の選び方とも関係しています。
私はまず、目次をみて、気になる用語を使ったページを調べ
そのあたりを速読して、購入するかどうか決めます。
そのとき、上記の誤解を生じたのです。
”おっ、この本は1冊で2度おいしいぞ!”と思ってしまったのですね。
ということで、全体に読み返してみると、メモ用紙に書いたものを出版物にしたときに校正というか、読み直しが十分行われていないんだなということも感じました。
P.269に「持ち歩かなければありません」となっているからです。
これは日本人がワープロ入力しているのではないな、”な”を”あ”と間違えたな、そうか、この本がメモ用紙に書き付けるように書かれたものを集めただけだな、と考えたわけです。今後のご参考に>勝間様。


投稿者: わか (Dec 28, 2008 6:55:49 PM)

こんばんは。
今日はじめてここを訪れました。
私は「お金は銀行に預けるな」を読んで勝間さんを知りました。
私はお金の知識がなく危機感を感じていたので
この本に出会えてとてもよかったです。
何度も繰り返し読んで勉強したいと思っています。
今日も「成功を呼ぶ7つの法則」買ってきました。
お正月はこれを読んで来年もチャレンジの年にしていきたいです。
ありがとうございました!!


投稿者: JUN (Jan 17, 2009 11:52:48 AM)

勝間様
はじめて投稿します。先日、「起きていることはすべて正しい」を読ませていただきました。具体論が多く、自己啓発本としては非常に分かりやすい部類なのではないかと思います。
じつは私(♂)、勝間さんにご支持をいただいてる、SW社でトレーニング・マネージャーをしておりまして、
弊社のジュエリーのファンだと知って、大変嬉しく思いました。また、投稿させていただきます。


投稿者: yoko (Jan 19, 2009 12:51:40 AM)

初めて書かせていただきます。
先日テレビの討論番組で勝間さんが「最近の若者は今ある環境の中で合理的に心地よく生きようとしている」というようなことをおっしゃっていて、妙に腑に落ちてしまいました。また、「日本を変えよう」を読ませていただき、大変勉強にもなりました。私もカスをつかんでしまったなあ、というクチですが、現在男児を二人育てていることもあり、この子たちをカスにしないための教育(家庭教育)の必要性を強く感じています。いくら保育園が充実しても、何もできない夫じゃあ、家事分担はできませんものね。いつか、家庭教育の充実についても書いていただけたらと思います。発信力のある方が社会を変える良い方向づけをしてくださるのは大変ありがたいと思います。私たちフツーの市民は「勝間さんが言ってたわよ!」というセリフを盾に、行動を起こすことができるからです。…なんて、情けない私で申し訳ありません…。でも、行動したいと思っているのは事実です。勝間さんのような方の言葉が背中を押してくれます。


投稿者: fcovey2008 (Jan 19, 2009 11:13:24 PM)

トラックバックさせていただきました。

私のブログは7つの習慣を実践するというものです。正確には実践するというより、実践できなくて反省を綴っているようなものではありますが(^_^;)

勝間さんのブログをこれからもチェックさせていただきたいと思います。


投稿者: まっぷ (Jan 24, 2009 5:00:35 PM)

はじめまして。どうしても、お礼が言いたくて、コメントしました。「起きていることはすべて正しい」を世に送り出していただいて、本当にありがとうございます!
たった3週間ぐらいですが、とにかく書いてあることを愚直に実行して、前向きに肯定的に、物事を捕らえる習慣がだんだん身に付いて来ました。今までより、ずっと幸せです。仕事で、クセのある上司に振り回されることも少なくなりました。仕事で成果がでるのは、やはりうれしいです。ほんのちょっと、考え方と行動を変えただけなのに!「三毒追放」てスゴイ!
これから、勝間さんの他の著作を読みます!ガンバルゾ!


投稿者: ぽぽ (Jan 24, 2009 7:57:24 PM)

ストレングスファインダー、やってみました。
すばらしく私のことを言い当てているなと感心しました。
また、P.186のマーティン・セリグマンの弁は、これから私の生き方で私が証明することになる私の生き方に、ひとつの革命を起こしたかも知れません。
ちなみに、私の5つの強みは、慎重さ、収集心、規律性、調和性、内省でした。


投稿者: 本間 孔介 (Jan 27, 2009 1:40:36 PM)

昨年からタイ国バンコクで起業致した物です。
3日前に「起きていることはすべて正しい」をバンコクの紀伊国屋さんで買わせて頂、早速ブログを立ち上げました。現在本の方は150ページまで読みましたあと3日以内に読みます(笑)大変のお忙しいと思いますがバンコクにお越しの再には御連絡下されば美味しいプーパッポンカリーのお店をご紹介させて頂きます。これからのご活躍を陰ながら勝手に応援させて頂きます(笑)突然失礼致しました。本間 孔介


投稿者: 下町の和代さん (Jan 27, 2009 3:28:40 PM)

はじめまして。TVタックルやサキヨミ、書籍など拝見しました。勝間さんは経済知識がとても豊富で、最新、高いレベルの内容を書かれたり、話されたりしていらっしゃいますよね。でも、元々は、今百年に一度と言われる金融危機で困難な状態にある、下町の工場ののご出身なのですから、そういう日本の中小企業や工場のことを専門に、話や本を書いて日本の経済危機に貢献してもらえたらと思います。


投稿者: ゆげゆげ (Jan 27, 2009 4:31:12 PM)

保育園も是非やっていただきたいのです。
そして私としましては
「公立小中高まで教育費0円」というのも
捨てがたいです。

これだけでもどれだけの人が助かるか・・・。
勝間さん、頑張って世論動かしてってください。


投稿者: Noriko (Jan 27, 2009 6:28:26 PM)

sunはじめまして。フリーで英語とタイ語の翻訳業をしております酒井です。
「起きていることはすべて正しい」「勝間和代のインディペンデントな生き方実践ガイド」を読ませていただきました。なんだか読んでる途中でふつふつとやる気と元気、学習欲が沸いてきて、本を読んでいたカフェで一人ニンマリしてしまいました。
一度しかない人生の限られた時間を有効に生かすためにもやるべきことを見極め、しっかり計画し、1つ1つ実践していこうと強く思いました。フリーで仕事をしてますと不安になったり、また日常生活のなかではちょっとした問題に遭遇するだけでマイナスの感情に翻弄されたり、優柔不断で決断できなかったりということが多々ありますが、そんな自分の弱さに言い訳ばかりしてました。思ったらすぐに行動し、メンタル筋力をつけて力強くもっと動ける自分になろうと誓いました。
「三毒追放」などは、私がモヤモヤしたときによく読むタイやスリランカの初期仏教の教えの中でも最も重要なことです。本とは何気に選んでいるようでいまの自分にまさに必要な内容が書いてあったり、別々の本を同時に読んでいても内容がつながっていたりということがよくありますね。良き人や本との出会いをたくさん持ち、得られたものを実践していけるよう心身ともに良い状態を保っていきたいと思います。
今後とも勝間さんの本を読み続けていきたいと思います!!


投稿者: ぬん (Jan 27, 2009 7:59:25 PM)

はじめまして。
勝間式「三毒追放」の「三毒」と、
仏教の「三毒」は
微妙に異なるものらしいですよ。


投稿者: カツトシ (Jan 27, 2009 9:07:06 PM)

こんばんは。昨日のTVタックル拝見しました。カツマー暦2ヶ月の新参者でいろいろ勉強してます。よろしくお願いします。

たけしさん、勝間さんというエポックメーキングな御二人が同じ画面に映っているのをみてうれしかったです。

あのオヤジ達とのやり取りのなかで、勝間さんのご意見に本やウェブやラジオでは感じることができなかったよい意味での湿り気を感じることができました。
日曜日、上野の福沢諭吉展にいってきました。社会とは人間交際。和気藹々議論活発のTVタックルでそれを感じました。


投稿者: みっち (Jan 28, 2009 1:05:11 PM)

勝間さんと同世代。しかし、子供もだんなも親もいない
働くOLです。勝間さんが社会に出られた頃は、今以上に[女性の力]を発揮する機会が 極すくなかった現実を知っているので、子育てしながら、さまざまな問題に取り組んでいらっしゃった勝間さんには本当に感服し、また私たちの心の声を代弁していただいているので、感謝しています。ただ、[子育てしながら働いている]方のかげに、結婚も子育てもせず、周りの人が次々育児休暇をとる中で働き続けている者の気持も考慮してほしいです。少子化対策が叫ばれていますが、どんなに政府の援助があっても、出会いがなければ出産もできません。保育園や産婦人科に援助したからといって、出会いが生まれるわけではありません。育児休暇の間に、フォローしながら、出会いにも恵まれず、癒してくれず伴侶も子供もおらず、がむしゃらに頑張っている人が多いこともわすれて欲しくないです。


投稿者: ちびねこ (Jan 28, 2009 9:26:37 PM)

 勝間さんの『起きていることはすべて正しい』を読みすっかり勝間さんにはまってしまいました。今日、ようやくブログを開くことができました。
 男女の雇用の平等や少子化に興味を持って変化に貢献できたらと思って社会にでましたが、気がついたら独身のアラフォーでした・・・
 体調や職場のことでいろいろ悩んでいますが、いろいろな本を読み、体験し、少しでも良くなるようにしていこうと思っています。


投稿者: MAI (Jan 30, 2009 12:43:45 AM)

こんにちは!!
最近レッツノート買いました!!!
勝間さん!!!
自己啓発の次は、勝間式ITについての本もぜひ書いてください!!
そうしたら、私、俄然やる気がでます!!!(笑)
お願いいたしたます!!


投稿者: 留美 (Jan 31, 2009 12:24:57 AM)

尊敬しています。
これからも体に気をつけて頑張って下さい。
私も今何から変えればいいか考えている主婦です


投稿者: 本間 孔介 (Jan 31, 2009 10:36:21 AM)

前回書きましたが勝間様の「起きていることはすべて正しい」を読ませて頂き、さっそくブログをはじめました。3日坊主で終わることなく楽しくブログを続けています。ただ、3毒追放は難しく私にとっての大きな壁ですが取り組んでいます・・・難しいですね笑。でも諦めず頑張ります。昨日もタイ人の社員を些細な事で怒ってしまいました駄目ですね笑。本間孔介


投稿者: TAKU (Jan 31, 2009 10:11:38 PM)

「起きてることはすべて正しい」読ませていただきました。
非常に興味深く、久々に何度も読みけせる本に巡り合えたことに感謝します。この本に書かれていることの一部でも実践していけたらと、勝間さんと出会える気がします。早いうちに、その機会が訪れることでしょう。他の著書や紹介されていた本も探して読んでみます。ありがとうございました。


投稿者: たに (Feb 1, 2009 5:15:59 AM)

私も影響を受け、ブログはじめました。
勝間さん、全然ダメダメって久米さんのTV、仰っていましたが、スムーズで面白かったですよ。
7つの習慣のオーディオブックかいました。


投稿者: mana3mi (Feb 10, 2009 12:03:00 AM)

 はじめまして。今日、「起きていることはすべて正しい」を読み終えました。
 自分がいかにネガティブ志向にはまっていたかを痛感しました。この本の内容で実践してゆきたいことはたくさんあるのですが、まず、「三毒追放」からはじめてゆきたいと思います。
 起きていること、毎日の生活から逃げないで、そこから最大限学び取ることを常に心がけること。それを自分のミッションにつなげるにはどうすればよいかを考えること。これをまず「愚直に」実践したいと思います。


投稿者: aki (Feb 21, 2009 10:15:37 PM)

女子の短大の教員をしています。新聞の広告で「起きていることはすべて正しい」というタイトルを見て購入しすぐ読みました。私も外資系の会社からの転進組なので自分の過去と重ね合わせながら楽しく読ましていただきました。その中に黒木瞳さん、和田裕美さんの話題が出てきてほくそ笑んでしまいました。というのは学校の授業で2人の本の紹介しており、つなっがているんだなあと改めて感じた次第です。来期は勝間さんの紹介も追加させていただくことでしょう。宜しくお願いします。


投稿者: 吉住宏 (Feb 24, 2009 1:04:04 PM)

初めて、投稿させて頂きます。
大分前になるのですが、
田原氏の「夜中討論の番組」で勝間さんが出演されていて、
コミックマンガのモーニングに書かれてます
老人が支配する国を垣間見た気がしました。
どういう事かと申しますと、その番組は当初、
男の年寄り共だけで、討論が繰り返されて、田原氏は
勝間さんを指名しない状態が続いていました。
居た堪れなく、私は局に電話を掛け勝間さんに発言をさせなさいとクレームをつけました。
電話を掛けるや否や、勝間さんの発言がやっと始まりました。
その話の中に、トヨタの話しになって、今アメリカの自動車業界は怠けているのであって、又、盛り返すと勝間さんが話したら、
怒ったように田原氏トヨタは負けないと一括されました。
本当に田原氏は経営と言うものを知らないなとつくづく感じました。
日本のためにも、若者のためにも、女性のためにも、政治のためにも、頑張って頂きたいと思います。


投稿者: とっぴ (Feb 24, 2009 11:01:17 PM)

はじめまして。
勝間さんの著書はまだ一冊しか読んでいませんが、その中にも書いてあったとおり、勝間さんの著書がきっかけで行動を起こせました。
ありがとうございます。

ちなみにその著書は「起きていることはすべてただしい」です。

インプットばかりでしたが、これからはアウトプットできる人になっていきたいと、まずこちらのブログを訪問、書き込みさせて頂きました。
記念すべき 私の一歩目です。


投稿者: 伴竹 (Feb 27, 2009 11:23:13 AM)

はじめまして、
勝間さんの”読書進化論”を拝読いたしました。
ビックリするほど活躍なさっておられ、自分も頑張らなくっちゃなあと思いながら
読み進めていくと段々、段々元気になって来るのが感じられました。
「要は、やったかやらなかったかの差なんですよ」の言葉はヒットしました。
息子に話したら、「だからいつもいってるじゃん」と言われました。
これから勝間さんの著書を少しずつ読ませていただきたいと思います。


投稿者: wao! (Mar 3, 2009 1:59:07 PM)

勝間さんの「効率が10倍アップする 新・知的生産術-自分をグーグル化する方法-」を拝読しました!
脳の、これまで流れていなかった箇所の血の巡りがよくなった(?)ような気がします!
今日から始めたマイブログに、勝間さんの書籍のリンクなどを貼り付けても良いものでしょうか?


投稿者: yoshiyoshi (Mar 8, 2009 10:07:58 AM)

勝間さんと同い年、準大手ゼネコンの企画部に勤務するサラリーマンです。技術系で入社するも社に求められるままゼネラリストの道を歩んで参りました。40歳になったとたん、残りのサラリーマン人生に思いを馳せるようになり何かに焦りを感じるようになりました。何者でもない自分。この先、自分がどうありたいのか。自問自答の末、先日、建設作業現場への異動希望を出しました。通常のゼネコンマンの成長過程と真逆なルートを辿りますが、初めて大義名分ではない自分の為の選択をした気がしています。社内でも出世組と思しき者が集中している企画部内では私の選択に対して、「ど、どうして?」という雰囲気です。勝間さんの「断る力」は、その後読んだのですが、これまでの自分=会社という発想から、ようやく自分は自分という考え方にスイッチできたのではないかと一人合点しています(笑)。一人一人が「コモディティ」から「スペシャリティ」へ、「大衆」から「インテリ」へと言い換えることもできるかもしれないと私は思っています。自分が、自分を含めた家庭が、企業が、そしてこの国が、仮に結果的な過ちを犯すことはあっても、正当な常識を失うことなく進んで行くことができる必要十分条件なのではないか、私も勝間さんと同意見なのです。


投稿者: taku (Mar 8, 2009 10:09:14 PM)

 「起きていることはすべて正しい」を今日読みました。
 仕事のことでいろいろなことを考えるようになり、最近は何かこう自分の中でもやもやしていて、それがどういうことなのかはっきりできませんでした。
 それが、この本を読んで驚いたのです。
 日頃自分が考えていたことやそれ以上に私がその正体を知りたいと思っていたことのヒントが書かれていて、読み終わった今、本当に興奮しています(笑)。そして今、いろいろなアイディアが頭に浮かんできていて、これをすぐにでもやらなければ!という思いに突き動かされています。
 自分自身に対しても、いろいろなことがまだまだ未熟で失敗も多いけれど、それを怖がることなく自分のやり方を信じてよいのだと勇気をもらったような気がしました。
 今まで、スキルアップのための本などはほとんど読んだことがなく、専ら小説ばかり手にとってきた自分が、なぜか今日、勝間さんのこの本を手にし、購入し、読んだということ、これが私にとってのまさに「セレンディピティ」でした。
 他の著書なども今後読ませていただきます。


投稿者: mcrmcr (Mar 13, 2009 8:44:23 PM)

はじめまして。 
いきなりですが,今年から大学に入学するにあたって将来のことを色々と考えるようになりました。
 学部が経済なのもあって公認会計士の資格をとろうと思っているのですが,大学2年生ぐらいで取得できるといいな と思っていたのですが色々調べてみると,実務経験がいることがわかりました。
 勝間さんは大学と会社勤めの両立はどうなさっていましたか?
 むしろ,根本的に不可能なことなのでしょうか?
 個人的には一発で合格できなかったことを考えるとできるだけ早く取得したいと考えているのですが・・・。


投稿者: ぴっぴ (Mar 22, 2009 2:14:09 AM)

しゃべり場を見て思ったこと。勝間さんは会社社会でもメール環境は有効だとおっしゃってました(メールでのコミュニケーションがテーマで)。ホントですか?一般企業の現実をあなたは体験した事があるのでしょうか?席が目の前で何十センチしか離れてない人と、メールで会話するのって正常でしょうか?公認会計士の資格をお持ちだそうで、一般企業のコミュニケーションなんて分からないと思いますが。それでもメール環境がコミュニケーションに有効だと思われるなら、それこそ、一企業の有効なステップアップが閉ざされると思います。私は一部上場の部長秘書をやったことがありますが、メールは秘書に任せ、自分の信頼関係は本人が行動して積み上げてました。なので、勝間さんの最初の発言は適切ではないなと思いました。残念です。


投稿者: 翻訳者 (Mar 25, 2009 6:48:16 PM)

勝間様

はじめまして、特許事務所に勤める30代の翻訳者です。
先日、「会社に人生を預けるな」を購入し、まだ読んでいる途中ですが、久しぶりに、社会に影響力のある人に気づいている人がいる事にうれしくなり、コメントを投稿しています。ありがとうございます。

自分は幼少の頃からアメリカ・カナダに12年以上在住しており、他の選択肢、終身雇用以外の雇用形態、社会構造の違いを身を以て経験しました。今でも、マイノリテイであり、色々自分で模索していますが、おっしゃった終身雇用起因の壁にぶつかっております(笑)。今は正規雇用ですが、非正規雇用も経験しています(就職氷河期世代です)。幸い日本式/欧米式の教育両方を受けており翻訳・通訳キャリア形成のため色々やってきており、それが実を結んでいます。不況で、システムの転換期を迎えたな〜と感じています。

尊敬する父のおかげで、今の自分があります。実は勝間さんの仰った事と似たような事を小さいときから聞かされており、今の自分があります。父は研究者で1978年に日本企業を捨て、アメリカに家族とともに渡りました。理由は様々ですが一番はおそらく日本企業では研究者が、あまりにも過少評価されるからと思われます。今は帰国し日本の大学の教授をしています。その勤めていた企業は某大手に1990年代に吸収合併されました。

身近にいいお手本が有り、不況に関係なく、常に自分本位で仕事しています。苦労していますが(笑)。

これからも、応援しています。(^0^)


投稿者: すてぃっち☆ (Mar 28, 2009 11:00:41 PM)

ビジネス頭を創る7つのフレームワーク力の行動力のところを読んでコメントしました。

人生を豊かにしたりビジネスで成果を上げる精神論みたいなことはいろいろな本に書いてありますが、具体的にどうしたらいいのか?実際どう行動したらいいのか ということが知りたかったので勝間さんの本はとても役に立っています。

自分のブログで書評しておりますので興味あれば見てください。


投稿者: 廣瀬 (Apr 2, 2009 9:35:06 AM)

初めまして。普通の主婦をしています。
旦那が勝間様のファンで本がそこらに積み上げられている為
暇を持て余す私が片っ端から読んでいます。
昨日届いた 断る力 も旦那より先に読み、付箋が沢山入っています。

さてその中で 『書評を載せて欲しい』と『何か1つ実践を』
を結びつけ、早速アマゾンにレビューを入れてみました。
(過去の悪評とこの本の内容が被っている点に笑えました)

このようにアウトプットを楽しめるのも勝間様の影響だと思います。

お忙しいと思いますがお体に気をつけてお健やかにお過ごしください。


投稿者: sakuradaruma (Apr 4, 2009 5:18:51 PM)

はじめまして。

「インディペンデントな生き方 実践ガイド」を何度も読み、
実践中です!

インディを目指して頑張っています。

「転勤妻」という、一見、夫の付属物のような位置にある私ですけれど、
いつか私も人のため世のため活躍できるよう勉強の日々です。


投稿者: きのこまる (Apr 5, 2009 12:20:10 AM)

はじめまして。
勝間さんの本は殆ど拝見させていただいております。
これまでもいろいろ日々の生活に示唆を与えていただける内容でしたが、読みすすめていくうちに、ちょっと違った捉え方をしてきている自分に気づきました。

世の中の歪みを冷静に分析し、歪みを矯正する方策を考え、実行してみて、鑑みる。

これまで自分のことばかり考えておりましたが、少しでも世の中に対して、自分も参画していこうと思います。


投稿者: ひろ (Apr 5, 2009 7:24:20 PM)

勝間さん、こんにちは。
初めて訪問させてもらいました。
「断る力」読みました!!
私は今年社会人3年目なのですが、「断れない」ことが欠点と感じていました。「断る力」の中で、ただ断れば良いのではなく、お互いのためによりよい方法として「断る」必要性を説かれていてとても共感できました。私自身、まだ人に嫌われることに恐れがありますが、皆に好かれようとはせず、中長期的により良い人間関係を築けるような人間になりたいと思います。自分の長所を延ばすためにも他者の評価にも耳を傾けていきたいです。
これからも勝間さんの著書、もっともっと読んでみたいと思います。
では失礼します。


投稿者: balance (Apr 18, 2009 2:08:48 PM)

はじめまして。
断り方がヘタな自分に悩んだ日、「断る力」を買いました。
どうしてうまく断れないのか、わかりました。
勝間さんの本を読むと、悩みごとで混乱していた頭の中がスッキリと片付いて、考えるための元気がでてくるんです。
今は「会社に人生を預けるな」を読んでいます。


投稿者: nakachan (Apr 19, 2009 4:53:13 PM)

はじめまして。
本日は晴天でとても気持ちのよい日曜日です。
nakachanと申します。

著書『...新・知的生産術...』はスゴイです。
なぜなら、実際に書かれていることが行動に移せるからです。

<nakachanが実行できたこと>
  1.レッツ・ノートパソコンを購入した
  2.転勤で途切れていたネットを再開
  3.ブログを開設!
  4.本代が跳ね上がった!(本を以前より読む)
  5.アルクの英語CDを聞くようになった
  6.週に1度は30分以上歩いている
            ・・・・・などなどです。 

この本を2009.3に手にとって以来、勝間さんの書かれたものを読み続けています。
また本の中で紹介されたものも読んでいます。

毎日とても楽しいです。
ありがとうございます。


投稿者: chika (Apr 21, 2009 9:30:45 PM)

最近皆様より、かなり遅れてしまいましたが、ようやく3冊読み終わり、今私の一番のお気に入り(翻訳をされた)『史上最強の人生戦略マニュアル』です。読み応えがあり、いかに負のスパイラルを自分に呼び寄せているのかがよくわかります。特に思い当たりがあり、大事なところは付箋を貼って読み返しています。苦しかったですが、これから新しい人生への出発です。自分の力で自信をつけていこうと思います。いつも様々な視点からアドバイス・情報を発信し、勇気づけてくださってありがとうございます。お礼を言いたくて、この場をお借りしました。


投稿者: 猿太郎 (Apr 26, 2009 11:23:04 PM)

26日のサキヨミを見ました。
勝間さんの経歴は、素晴らしいですね。
人生の成功者として大変もて
はやされて羨ましい限りです。

ただ、いつでも上から目線からの
発言は、いただけないですね。
嫌悪感をさえ覚えます。

勝間さんは、成功者であるがゆえ、
私のような出世もない、窓際族
の社員は、どう思ってますかね。

ばりばり、やろうとしたとき、
糖尿病で入院、復活し、またばりばり
やりだしたら、うつ病で長期欠勤
現在も抗鬱剤で治療中。


投稿者: mama (Apr 26, 2009 11:53:37 PM)

本当に感動しました。

自然に 心から力が 湧いてきました。

継続して 本を 読ませていただきます。

ありがとうございます。
mama


投稿者: tsk28 (May 1, 2009 3:29:16 PM)

 はじめまして。
 勝間さんの著書を通じて色々なことを学んでおり、大変感謝しております。一言御礼を申し上げたくコメントを書き込ませていただいています。
「起きていることは全て正しい」や「7つのフレームワーク力」、「断る力」などの勝間さんの著書、関連書籍から色々なことを吸収し、得た知識を実生活の中に落とし込めるように努めています
 ちょうど今、仕事でもプライベートでも色々なカベにぶつかっており、特に「断る力」がそれらを乗り越える上での指針となっています。
今後益々のご活躍を期待しています。

 


投稿者: 岩田千晴 (May 4, 2009 1:25:02 PM)

何冊か読ませていただいて、リアリストの目が大事と思いました。今此処ぬきには始まらないことを!!


投稿者: bucchi (May 10, 2009 4:19:50 PM)

はいじめまして。
以前からテレビのコメンテーターで勝間さんのコメントを聞いていて、大変共感できるお話が多く、感動していました。そして、書籍「会社に人生を預けるな」「断る力を」購読させていただき、ブログ拝見に参りました。
ぼくは今、理学療法士として病院勤務をしておりますが、近いうちにピラティスインストラクターの資格取得後、独立して働くことを考えております。
勝間さんが日本人はお金のことを知らなすぎる!とお話しているように、ぼくは日本人は身体のことを知らなすぎる!と思っており、ぜひ心身ともに健康的な身体作りの啓蒙活動をしていきたいと考えています。実は勝間さんの姿勢も立位や話すときに、少し頭が前で顎が上がり気味なので・・気になっちゃいます。ライフワークバランスとマッスルワークバランス・・大変類似すると考えております!もし今後出会える機会がありましたら最高です。これからもいろいろ参考にさせていただきます。ありがとうございました!


投稿者: まさとうちゃん (May 24, 2009 9:22:53 PM)

「起きていることはすべて正しい」を読みました。私は今大手電気メーカーにおいてイノベーション推進を担当しています。それは現在の急速な時代の変化に対し会社がそれに対応し切れていないという社長の危機感もあって設置されたものなのですが、どの社員も現在の業務に汲々としており職場の改革と言っても二の次、三の次となっており私達がやっているこの活動がなかなか職場に定着しないのが現状です。この本に出てくる多くのキーワードは日頃の私の活動の中で口にしているものですが、それらの意味をこれ程までに分かり易く、かつ説得力を持って書かれたものを読んだのは初めてです。もっと以前にこれを読んでいたら自分の活動もさらに充実したものになっていただろうにと感じます。本書を読んで職場に改革を起すためにまず自分が変わること、そして自分に同調し共に協力してくれる人を増やして行くことこれが活動を定着させる鍵だと思いました。私は既に52才。今から自分を変えると言っても簡単ではないかもしれませんがきっと変われると信じて、そしてこの本をいつも自分の手元に置いて、壁にぶつかった時はその都度ページを捲って確認したいと思います。本当に素晴らしい本、ありがとうございました。


投稿者: 和佐 (Jun 4, 2009 1:59:11 AM)

はじめまして。現在理学療法士として働いています和佐と申します。
勝間さんの「起きていることはすべて正しい」と書店の店頭で出会い、一度手に取りながらも買うのをやめようとしながら、書店を出る際に、やっぱり今欲しい!と戻って手に入れました。その後なかなか読めていなかったのですが、今は私の鞄に常備薬のように常に入っています。今の自分に足りないこと、もっと意識した方がいいのに、自分だけがこう思っている?自分の行動は間違っているのか、と疑問を抱いていた自分に本当に指針を頂きました。
特に、潜在意識の点では自分でも前から知っていたつもりでしたが、本当にわかりました。何回読んでも毎回違う学びが見いだせて、悩んでいる時こそすがるように読んでいます。その度に、その時私に必要なことが書かれていて、素直に体に入ってくる感じがします。
私の周りの兄を始めとする、ビジネス観念の強い人に勧めています。
私はまだ23歳、もう23歳。理学療法士として、また違った視点からも社会や人に貢献できることはないか模索中です。勝間さんのような女性になりたいと強く思っています。


投稿者: M (Jun 9, 2009 6:07:36 PM)

こんにちは。
Mといいます。
「起きていることはすべて正しい」「勝間和代のインディペンダントな生き方 実践ガイド」などを読み、勝間さんのようにインディに生きたいと強く思うようになりました。
 このたび、男女共同参画社会づくりの一環として、勝間和代さんを講師にお招きして「男女共同参画社会におけるワークライフバランス」について講演していただく、という講演会企画書をを千代田区に提出しました。
 今年11月から来年3月までのいずれかの土曜に、講演会講師をお引き受けいただけないでしょうか??
 どうかぜひ、ご検討をお願いいたします!!
 私はブログを開設していないのですが、たまに短歌を作っています。「カツマー短歌」を作ってみました。ご一読ください!
①「株に手を 出しちゃダメだと 思ってた 本を読んでも やっぱりこわいけど」
②「三毒を 追放しよう 妬まない 怒らない そして愚痴らないこと」
③「介護度が 3でも5でも 自律して 生きていけ るのか 生きていこうよ」


投稿者: jojo (Jun 10, 2009 5:24:16 AM)

Yahoo!Japan経由でmarie claireの『働く女性は日本を出たい?』という記事を拝読させて頂きました。
確かに国際化と時代の変化に伴い、日本女性が海外で活躍するチャンスも増えてきたかと思います。
しかし、アメリカで仕事をする日本女性のひとりとして言わせて頂くならば、国際結婚が増える昨今、日本を離れる女性が必ずしもキャリアアップを目指して海外へ出る訳ではありませんし、どんなに時代が進んでも女性が職場で認められ、一人前として働くには並大抵の事ではありません。外国人であるならば尚更の事です。
言葉はもちろんの事、移民法も厳しくなっていますから、そう簡単に海外で就職する事はできません。
夢を見る事が悪い訳ではありませんが、悪戯に「海外を目指せ!」的な発言は控えた方がよろしいかと思います。


投稿者: ken (Jun 12, 2009 2:07:35 PM)

お恥ずかしい話ですが・・・・

勝間さんの本にかなり影響された一人です。

昨今の厳しい状況の中、藁をもすがる思いでなけなしの金を果たして勝間さんのオーディオブックを購入しました。
コンプリートセット26,000円のものです。
っと同時にいつでもどこでもこれを聞けるようにipodクラッシック(約30,000円)も買いました・・・・・

ここまで書くと分かる方もいらっしゃると思います・・・

いま悪戦苦闘しながらipodに入れようにも入れらません。・・・勝間さんのサイトを行ったり来たりしてると、ipodは使えないと・・・・(涙)

もうipodは開封したので返品利かず・・・・・(涙)

給料も下がり、本当に数か月分の小遣いで買ったのに・・・・・。

可能な限りipodで聞こうと思ってたのに・・・(勝間さんはテキストも勧めていらっしゃいましたが、予算がなくて手が出ず・・・・)

何か良い方法はありませんか?(涙)

どなたか御助けを・・・・m(_ _)m

助けて下さい・・・・

お願いします・・・m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m


投稿者: グラッドウェル (Jun 13, 2009 1:49:40 AM)

>kenさんへ
勝間氏は高価(3万ぐらい)なイヤホンも薦めていますよ

ER-4Sというイヤホンです。

ipodでこれをつけて非圧縮で音楽を聞くと世界が変わります。びっくりするぐらい音が良いです。



投稿者: Happy (Jun 15, 2009 9:54:56 PM)

はじめまして。
私は、小学校のときに、父親から「女のくせに」と言われた一言と、母親の泣く姿を見て、「差別」を感じ取ってからというもの、人生の目標が「差別のなぞを解くこと」に集約されてしまいました。卒論も「母性保護論争」を扱い、高校時代からボーヴォワール「第2の性」(現在、女は女に生まれるのではない。女になるのだ、ではなく、男は男に生まれるのではない。男になるのだ。が正しいとわかりうれしく思っています。)、駒尺喜美、上野千鶴子といつも感動的な本に出会い、そういった出会いで、男性優位社会のなぞもわかってきました。しかし、まだメンタル筋力が弱く、職場で悪戦苦闘している日々です。是非メンタル筋力を高めたいと思っています。
私は結婚を経験した後、離婚し、現在は独身です。
このブログを通じて、「女性差別を再生産したくない女性たち」「職場の男社会から排除されやすい女達」に「そうだよねー」思っていらっしゃる方たちととコミュニケーションをとったり、出会える機会を願っています。
勝間さんの「日本を変えよう」「起きている事はすべて正しい」「効率が10倍アップする新・知的生産術」「断る力」を拝読いたしました。非常にワクワクし、元気付けられました。
「茂木健一郎」さんの本とともに、私の中で「前向きに生きる力」を頂きました。本当にありがとうございます。
今日は「スポーツジム」に行ってきました。気分は「Happy]です。また、インプットだけでなく、アウトプットしていきたいと思っています。女の子だから「大学はいらない。勉強よりお習い事」と今でも多くの母親の会話に出会います。母親が子供に差別の再生産をしている現状は色濃くあります。「日本を変えよう」…そう思っている女性たちと語り合いたいな…。と思っています。ご意見をいただければHappyです。


投稿者: 長谷川幸子 (Jun 21, 2009 1:57:26 AM)

はじめまして。
ブログと言うものに初めて書かせて頂きます。
「断る力」を同居している男性が購入して読んだようです。彼は、DVでして、暴力と自分を守る為の暴言は誰の手にも負えない人間です。本の中で、自分が有利に使えそうな部分にだけ、チェックがされていました。
彼にとっては、好都合な本の内容で、現在は、本通りに行動しています。私は、劣等感ばかりの人間ですかあら・・・読ませて頂いて、共感できる所はあまりありませんでした。
自分の足りない部分や、改善したい所を補い、人として成長して行く為に参考になれば良いのでしょうが・・・
計算だらけで行動しなければならいと思いました。
優しさとか、人情とか、古いのかもしれませんが、人ってもっと、自然で温かい物ではないのでしょうか?
この本によって、更に、本に従い彼はパワーアップし、好き放題になっている現状です。
良い面で生かされれば、勝間さんも本を書かれた意味は、あると思いますが、正直、本でとても迷惑しています。
私がこうしてメールを送らさせて頂いている事も。本の内容では、否定されるのでしょうか?
本を読んで、元気付けられた方、自信を持たれるようになった方は多くいらっしゃると思いますが、
私のように、本当に困っている者もいると言う事を お伝えしたく書かせて頂きました。



投稿者: a-tetu (Jun 21, 2009 11:50:23 PM)

はじめまして。
 初めてコメントをかきます。 コンサルタントが会社に来るとすぐに 
シートを書かされます。
 始めは、いやだと思っていたのですが 自分で改良したり 新たなシートを  作成して書き それをまた修正して行くと 漏れの少ない現状把握と 将来展望が得られるときがあります。 
 与えられたシートだけでは 面白くありませんが、自分の発想で作り書き込んで行けば 行動に移しやすくなるのではないでしょうか? 
 なぜを五回繰り返すのも シートに落とし込み 疑問 答え なぜ1 なぜ2等々として行くことにより シートを出すだけで 行えるのではないでしょうか?
 もっとシート化について 取り上げて頂きたいと思います。


投稿者: HIRO (Jun 26, 2009 9:42:05 PM)

あなたはなぜ日本を変えたいのですか?私はベトナムに居ますが、日本は良い国です。
いつも行く路上のカフェがあります。集まる人たちは大きく3つに分かれます。ベトナム人達、英語を話す人たち、そして私。世界の図式みたいでしょ。日本の何を変えたいのですか?
ベトナムでは日本のプロダクトは信頼されていて、誰に聞いても一番です。しかし日本人の評判はあまり良いものではありません。
ベトナムは世界で192番目の経済国家です。しかし、ベンツを現金で買う人が最近増えています。貧富の差は非常に激しいです。しかしみんな幸せそうな顔をしています。ベトナムに来てもっと日本が好きになりました。
私は日本人の良さをもっと海外の人に伝えたいと思います。


投稿者: 自由人 (Jun 28, 2009 9:14:02 PM)

勝間様 はじめまして。
自営業をしてます、自由人と申します。31才です。
「会社に人生を預けるな」を読みまして、感じたことは、リスクとは人生、商売において避けることのできないこと、避けていたり、迷信、思考停止に陥っていたら、とんでもないことになるということでした。
株だけではなく、私は商売全て常に変化しているもので、安定は存在しないと思っています。
商売はギャンブルであり、それにきづいているかどうかだけだと思います。リスク管理の大切さを再確認させていただいた本でした。


投稿者: 自由人 (Jun 28, 2009 9:29:22 PM)

続きです。商売は先読み力、十分な情報をもとにした
仮説をたて、それを行動におこし検証していくしかないと思います。例えば、このリスク管理理論は新商品の開発におけるリスクの見切り方につかえると思いました。
それと、組織の評価システムが制度疲弊していたら、良い人材を殺してしまうということにつながると感じました。今はモノ余りの時代です。そのような時代ではお客さんは気分で商品を購入されます。常に新商品を投入し、お客様の心を感動させていくしかないのですが、新商品にはリスクが伴います。そのリスク管理にとてもやくにたちます。ありがとうございました。


投稿者: 自由人 (Jun 29, 2009 10:11:24 AM)

勝間さま 昨日ブログに書かせて頂いた自由人です。
「断る力」を読まさせていただいて、この本も為になる本だと思いました。
面に、仕事のことで書かれた話だったと思います。
鬱になる人は考えこみすぎることが多いのでそういう人に対して解決策を授けていただいた本だと思いました。
ただこの本はもともとある程度のまじめな人向きですね。もともと横暴な人が悪用する可能性もあると感じました。
しかし全ての本は刀みたいなもので、使う人によって善にも悪にもなると感じました。


投稿者: 自由人 (Jun 29, 2009 10:41:25 AM)

続きです。
占いについて書かれていましたが、確かに統計学ではないと思います。
だだこれによって左右される人のいることも事実。
だからこれは方程式でいえば、@の部分マインドの部分だと思います。この心の部分は否定することはできないのですが、自分自身はとくに経営者の人は左右されてはいけないと思いました。というより自分の決定には使わないのが良いと思いました。決局答えは自分自身の心の奥底にあり、自分の思考を手放せば占いからも裏切られますから。


投稿者: tamami (Jun 29, 2009 11:36:51 PM)

勝間本を手に取り、自分的には劇的に時間の使い方、仕事の内容が変わってきている気がします。しかーし、先ほどテストを受けたら、「まだまだ意識がはっきりしていない・・」と再反省。しっかりしたいと思います。
頑張っていたら素敵なパートナーに出会えるだろうか?(゚▽゚*)


投稿者: スージー (Jul 5, 2009 2:55:23 AM)

 はじめまして。

 最近、メディアで活躍をされている様子を見ています。

 たった今、NHKの藤原先生との話をきいていました。

 たまたま、教育についての内容だったので、とても気になったことがあります。

 内容については、基礎・下支えが弱くなってきたことその通りだと思います。

 私の友人も今休職中ですが、復帰できるのかどうか
迷っているようです。

 それで、内容のことでなく、とても気になったのは、勝間さんの、話の聴き方。相づちを打ってきいておられましたが、「うん、うん。」といううなずき。とても耳障りでしたよ。しかも、子どもたちには「うん」という返事は教えていないはずです。

 「はい」とか、「ええ」とか、大衆を相手に仕事をしておられるので、それくらいの事は、気をつけていただきたいと思いました。
 感じたままにコメントさせていただきました。
 


投稿者: nouble1 (Jul 6, 2009 5:31:59 PM)

初めまして勝間様、ハンドルネームnouble1と申す者です。

昨日の勝研を興味深く拝聴致しました、
中でも、恰もカースト制のような状態に
日本とアメリカが移行しそうな勢いだとか、
嫌をなく危機感を啓発されました。

情報もあの番組でしか得られなかったものが多く
この点でも興味深いものでした。

ただ、非常に残念に思ったのが二点在ります。
1つめは、
 三段論法的な論理的推量の道筋が全く見えてこないと言うこと、

二つめは、
 問題が問題たらんとさせ続けている解決阻害要因について
全く考察を行おうとせず提言を行った点です

ご説明させて頂くと
一つめは、
詰まり現況の極一部、
針で突いて出来た穴に留まるダニの
その寄生体ほどもないデータを示しただけで
いきなり問題提起を行うなど
あり得ないと言うことです。

あの帰結を得る実際の段階では
確かに数限りないデータの集計結果を
検証されて、
更にその中から特徴的なデータを選択された結果が
あれだったのだと思いますが、

敢えて私が語るべくもなく
言葉や表現は伝わってなんぼですよね、

一例を挙げますが、
一人の天才が全く新しい言語を作り、
あろう事か誰にもレクチャーせず使い出したとします、
でもいくら奇談の天才と謳い賞されるに値する人物でも、
これではただのドン・キホーテですよね。

その言語が言語体系と表現プロトコル、その他の全てにおいて
現存するありとあらゆる言語よりさらに数段完成された、
洗練された状態まで昇華しており、
また、開発の原動力となった趣旨も
この上なく崇高なものであったとしても
やはりこれはただのドン・キホーテに
成り下がってしまいますよね。

本当に残念な話ですよね。


二つめについてですが、
これも例を挙げてお話しさせて下さい。

目の余り良くないAさんがいたとします、
Aさんにはとても強い不満があります、
それは彼氏がきちんと自分を見てくれないこと。
真っ直ぐ体をこちらに向けて2つの目で、
顔をチャンとこっちに向けて
話してくれないことです。

Aさんは勿論このことについての苦しい思いを
何度も何度も彼氏に話しました、
彼氏もこの話題の度に
本当に親身な真摯な態度で
その事を真正面から受け止めようという姿勢で
話を聞いてくれているように見えました。

然し何回話し合っても事態は変わりません。


ここでクイズです、
この彼氏は不誠実なのでしょうか?
評価に値しない屑なのでしょうか?

答えはNoです


実は彼にはその崇高な身分が故、
四六時中付き人がいて
顔を常に右に向けさせていたのです

彼には
「彼が正面切って話した女性は問答無用で
即刻死刑の対象とする」という
それは強い戒律があり、

彼は心からAさんを愛するが故、
正面を向いて話せないジレンマ
解決阻害要因を抱えていたのです。
なのでどんなことがあっても
自身が心揺らいだとしても
顔をよそに向け続けるように
付き人に御願いしていたのです。


ここでもう一度問題です、
この彼氏は戒律に縛られるしかない愚者でしょうか?

これも答えはNoです


既に起きてしまったバイオハザードによる人類撲滅を防ぐ救べく
彼は自ら進んで自らの体を差し出し
その体内に対抗天敵菌を宿し、散布し続けると言う
パンデミックの防止に献身することを志願した救世主なのです。

ただこの菌自体も物凄くヤバいもので、
彼はたまたま、発病せず菌の活性度を下げれる
本当に希有な特異体質なだけで

彼以外の大多数を占める保菌者となれない体質の人間は
彼のような保菌者が会話距離で正面向いて話しかけた場合、
即座に2次感染を起こし
結果、菌が変異体に変わって
現状のバイオハザードよりも数倍深刻な事態を引き起こす、
というものなのです。

これは確かにぐう話的な愚かな1例に過ぎませんが

現実はもっと奇妙奇天烈に
数段複雑に因果関係が絡み合っているのが普通なので、

問題点を指摘するだけで他力本願では
指摘された方は
「じゃあどうしたらいいの?
 私に何をしろというの?
 いや私に何が出来るというの?
 そもそも文句たれる位ならこれ何とかしてよ!
 そんな言葉有り難迷惑だわ」
となるのが落ちでしょう。

折角天才的に問題の入り口を見つけたとしても
これでは正にドンキホーテ
悲しいまでに本当に残念な話ですよね。

今後のご健勝をお祈りしています。


投稿者: nouble1 (Jul 13, 2009 12:56:07 AM)

勝間様
今週の勝研、楽しく拝見しました。

まだ問題点の炙り出しと
その解決阻害要因の掘り起こしが
甘く感じるので
そこから派生する論理的軌跡にも
問題を感じますが

子供を取り巻く問題は
大人が抱える問題が投影した結果だとのこと、

この帰結した結果については
とても共感致します。

ところで では、
その具体的内容ですが、
私は以下のような考えをもっています。

それは、
番組内でも触れられてましたが、
再就職が難しいと言う点
ここに現代社会における問題のエッセンスが
秘められていると私は思います。

今あぶれているフリーターを雇って
職務をやらしてみたら
能力を発揮し適合する
高い可能性があることを
みんな知ってるのに
なのに尚
そのリクスを取れず
雇い入れられない
と、言う現実

これかポイントだと思います。

話が少し逸れますが、
派遣の就労が今のように企業都合の首切り要員ではなく、
企業と就労者の「お見合い(お試しOJT)チャンス」として
本来の趣旨通りに機能していれば
回避できたことだと思うのですが…
残念ですね。

話を戻しますが、
此処で結論として私が考える問題点を先にいいますと、
「リスクが取れないことが社会構造化している」と、
いう点です。

更にこれを推進させている問題解決阻害要因は
「行き過ぎたコストカット意識」と
「正しいリスク分析を出来る人材の不足」
だと思います。

どう言うことかと言うと
今会社はコスト削減に躍起になってます
コストと見えるものは
実際には必要なゆとりであろうと、これを精査せず
見つけ出してカットすることが美徳なようにまで
言われていると思います

当然リスクもコスト要因ですので
削減対象になりますよね。
(※精査する必要なしとされるわけですから
 これに特化した人材も軽視されてしまいます)

更に、顕著な例として以下のようなことがあります。
勤め人に聞くと解ると思いますが
「目立つことは避ける」
というのが一般化しているようです。

詰まり

「目の前の問題に対する
解決策を持っていても、
特段指名されなければ
手を挙げると目立つので
リスクを嫌う勤め人は
あえてチャンスを捨てて
大人しくしている方が美徳で
黙っている」
と言うのが常識とされているようです。

これはもの凄くあらゆる意味で
勿体ない話ですよね。


これらについて、過去に目を向けると、
今の日本を支える大企業の殆どが
リスク配分など度外視で
アイディアを具現化できたからこそ
起業が成功し、今日を迎えられたという
史実がありますが

やはり今の企業体質では
リスクが正しく取れないわけですから
そこそこできる人は集められても、
やに眠る天才的アイディアや
人材を拾えず、
また例え優秀な人材を得れても、
その溢れんばかりの才能し
「不要」というレッテルを
貼ってしまうわけですから、

以前発生したような
マイクロコンピューターの元となるアイディアが
海外に流出したといった、
過去の災厄、悪夢が
いつ再燃しても不思議ではない状態ですので、

核心的なイノベーションもブレークスルーも
本来得れる量よりは
飛躍的に少なくなってるでしょうし、

加えて、
貧困層に埋もれる才能も
新たなチャンスを得ることもないですし、
無駄になります、

また、貧困層に限らず
全ての人員について
そのポテンシャルか発揮できない社会構造に
なりますし、(※既になってる)

第一リスクと言うものは
避け過ぎれば
上記のように「本来得られるものを逃す」などや、
他にも「相手を必要に疑う余りの
コミュニケーションプロトコルからの逸脱」などを初めとする、
様々な新たなリスクを生み、堂々巡りになりますから、

社会そのものか
疲弊から逃れられなくなるのは必定でしょう。


私は、
この問題解決の方向性として
ペイフォワードを拡大解釈して
行き過ぎたコストカット体制を
見直すことが必要だと思います。

で、
それには
積極的な政府介入
例えば税金などでの
具体的な利潤に繋がる
評価体制の拡充や、

社内でリスクを冒して献身的な行動を起こし、
結果、例えクビになっても生活に支障をきたさない、
無期限の生活最低保障と再就職/再教育支援プログラム。

加えて、
率先して問題に対処する姿勢「心意気」を評価する
労働意欲評価基準の
国家レベルでの策定と推進、
心意気をイキに感じれる体制作り。
(社会主義が崩壊したのはこの評価基準がなかった、
又は甘かったり矛盾を孕んでいたりしたせいだと考えます)

さらに、
美徳に対する教育改革などを施行すること。

などが、求められると思います。

他にも1つ、2つ、策を懐いているのですが、
それはまた後ほどとさせて下さい。

勝間様はこの点について
もっと素晴らしい御意見を
既にお持ちだと思います。

ご多忙を極められていて
私に割く時間など余りないかとも思いますが、
御意見を拝聴できれば幸いです。


投稿者: BizEmail.JP (Aug 7, 2009 1:02:40 AM)

年長者ですが、いつも勝間和代さんに元気づけられています。今回、わたしのブログで「断る力」を紹介させていただきましたので、お知らせします。


投稿者: 川崎秀夫 (Aug 10, 2009 10:41:38 PM)

今夜(10日)テレビタックルにてご尊顔を拝見しました。

初めてコメントさせて頂きます。
日経マネー6月号特別付録所持しております。
残念ながら内容は忘れてしまいましたが・・・。

現在の殺伐した社会を憂慮している者です。

中でも、非正規雇用の拡大、親の経済力が子供にまで影響を及ぼす格差社会、子が親を殺し、親が子供を殺す、無差別殺人は日常茶飯事、政治の世界は、与党と野党が醜い中傷合戦を繰り広げるサラリーマン政治家、他党より一歩でも先んじようと政党間の議論は対立ばかり、非難中傷合戦はもううんざり、これでは政治に信頼感は生まれない。
等々憂慮しております。

「人生意気に感ず」という爽やかな政治家が少ないのが悲しい。

強いリーダーシップを発揮できる政治家はいないのだろうかとも思う。

小選挙区制になって政治家が小粒になったといわれているが、それでは早かれ遅かれ日本は滅亡してしまうだろうと思う。


政治家が負う責任は大きい。

政治家は、全員一度初心に返って欲しいと思う。

非難中傷合戦は止めて頂きたいと思う。

今の日本はそんな状況に無いと思う。

マニフェストでも自らが政策を実行すると意思表示しているのだから、実行する前にあれこれいう権利は無いと思う。

早く衆院選が行われ、閉塞感が一日も早く解消できることを願っているところであります。

主権が侵され独立主権国家と考えるに苦痛を覚える位、本当にこの日本どうなってしまったのだろうかと思います。


政治家は国民のことよりも選挙のことばかり、官僚は官僚で既得権益を守ることに終始。

麻生首相の話しを聞いていても、中田横浜市長の話しを聞いていても空しさばかりつのります。

ならば、多くの意思を結集して、せめて「若者が将来に希望を持って生きられる社会」になればと日々願っているところです。


とりとめの無い文章となりましたがお許し下さい。

若し、ご回答をいただけるならお願いします。
回答頂けたらまたコメントします。


次のUTLは「日経ネットPLUS」です。

中田市長も出演されておりましたので、関係のものを参考添付します。
自分が投稿したものであります。

http://netplus.nikkei.co.jp/nikkei/news/seiji/seiji/___sei090728.html#CMT

自分自身への過信

中田市長にしろ、宮崎県の東国原知事にしろ地域住民より自分が一番可愛いのだ。なんら失策もなく任期途中に辞意を匂わすなどは、自分自身に対する過信に過ぎない。常に謙虚に住民のために何ができるか考えるべきだ。

自分が「日経ネットPLUS」に投稿したものです。
丁度今夜の当番組に中田氏が出演されていたので参考に添付します。

知事はその地方の絶対的な権限を持っているのに何が不足なのだろうか。選挙民は常に政治に関心を持って、機会あるごとに発言し行動しない限り、政治が私物化され、決して国民や地域住民の利益につながらないということを知るべきだと思う。そして、与えられた大切な「選挙権」という権利を放棄することのないように、大切に生かすべきだと思う。
• 投稿者:ホップひで
• 更新日:2009/08/03


投稿者: kogie (Aug 15, 2009 12:20:49 AM)

勝間さんの年収10倍アップに出会ってから約2年、大きな好影響を受けていると感謝をしています。
iPodでfebeで購入した「起きていることはすべて正しい」を聞いて、メンタル筋力という概念に感心をしているところです。

audibleで7 habitsを購入し、GlodWave5.52(5000程度で購入)でmp3に変換、changegearで2倍速への変換を試みていますが、file formatが認識できないとのことで、種類(Raw,Dialogic)、属性、レート(Hz)を指定しなさいとの警告がでて、先に進めません。もともとこういった機器に強くないのですが、最近同じような状況を克服した方がいらっしゃればご教授いただけませんか?
ここでの質問が妥当でなければ申し訳ございません。色々検索したのですが分からなくて・・・。


投稿者: 北摂タカ (Aug 22, 2009 5:11:39 PM)

本日8月22日朝日新聞コラムの「得意技を活かせば幸福になれる」はいい言葉ですね。
30年以上同じ会社に居たのですが次の路を探したいと感じたところですが方向性が見えなかった私には強いインパクトがありました。
これからも強みを磨いて次を模索していきます。


投稿者: 預言者(製造業) (Sep 12, 2009 5:59:08 AM)

勝間先生は数年後、日本初の女性総理大臣になられることでしょう。会社、経済、仕事、結婚、出産、育児 全て経験されており、発言に説得力があります。自民党、もしくは民主党は次回の選挙に勝間先生を使うことでしょう。一度、流れに乗れば、竹中さんの様に、一気に大臣となり、人気大臣となれば、総裁候補となることでしょう。がんばって日本を良くして下さい。


投稿者: 預言者(製造業) (Sep 12, 2009 6:15:27 AM)

ただ、日本という国は、天然資源、外国人との交渉能力、移民の受け入れ能力が非常に乏しく、世界最低レベルであるかもしれないという状況で、金融業の浮利に走り、本業をおろそかにしてはイギリスの様になってしまうのではと懸念されます。総理大臣になられた暁には、そういうことも念頭においてよろしくお願いします。それでは応援しております。海外赴任中の製造業サラリーマンより


投稿者: 名も無き男 (Oct 17, 2009 11:37:07 AM)

はじめまして、匿名で失礼します。勝間さんは自転車でよく移動されていらっしゃるそうですが、大体どれぐらいの距離を平均的に、自転車で通勤されるのでしょうか?

決まったオフィスに通勤されているわけではないので通勤圏内も不特定とはお見受けしますが。

なぜ こんなことを聞くの?と思われたでしょう。

はい。実は私は自転車で通勤したいからです。
正直毎朝 JR東日本にうんざりさせられているのです。私の仕事はコンピュータ関係でやはりプロジェクトによって通勤先が変わります。

よく、環7や環8などを走っている御仁を見ますがスポーツのためではなく移動で自転車を使うにもそれなりに”考えなくては”いけないと思っています。

初対面(?)でずうずうしくも、唐突に教えてくださいもないのですが”自転車で移動する”テーマについて本(講演でも)を書いていただけないでしょうか。 



投稿者: エドワード (Nov 19, 2009 8:13:48 PM)

勝間様、

はじめて投稿させていただきます。ご出版されている本はほとんど拝読させていただいてます。昨日は書店で「目立つ力」を見かけ(遅まきながら...)読みました。ご出版された著書はどれもとても読みやすく「まず、やってみること」の大切さを平易に、しかし強いメッセージ性をもって伝えていらっしゃるところがとても心に響きます。ITについてはド素人の私でしたが、「自立する力」を読んでブログを始めようと思います。
最初は手探りだと思いますが、何とか頑張りたいと思います。今後とも著書を通じてアドバイスをいただけることを期待しております。      


投稿者: ちほ (Nov 29, 2009 10:46:19 AM)

いつも勝間様より生きるヒントを頂いています^^
32才独身です(*^ ^*)
朝日新聞に書かれた"許しには力がある"という内容を読んで、かなり救われました。
母親に対して「許せない」、に近い気持ちがあってので、その記事を読んで気持ちの整理がつきました。
ありがとうございました。

話が変わるのですが、
勝間さんが作られた手帳の2009年版を今年使っていましたが、
すごく使いやすかったです♪月間ページの見開きの構成が、私にあっていたのだと思います。
勝間さんの手帳がよきパートナーとなって、当方を支えてくれました♪

ちょうど、もうちょっと軽い状態で持ち運びたいな、と思っていたので、
2010年用のバインダー式の手帳はすごくスマートで、いい形に進化されたのだな、と感じました。

ですが、値段が7000円近くで驚きました!
いつも使いやすいので、買いたいと思うのですが、
ちょっと高い買い物ですし・・・現物を見てから買いたいと思っています。

書店の手帳コーナーを見てもみつからず、
年末が近づいてしまい・・・、手帳難民になら無いようにしたいです^^;

おねがいですが、手帳の現物はここで見れます、的な紹介を
人生戦略手帳オフィシャルサイトに載せていただけませんでしょうか?

お忙しい中かと存じますが、
可能でしたら、お願いいたします☆゜.*:.。. .。.:*.゜☆゜


投稿者: シミズヒロシ (Dec 4, 2009 5:24:31 PM)

「断る力」を拝読しました。ベストセラー本ということであまり期待せずに読んだのですが、外資系企業で鍛えられた勝間さんの「自分の意見をはっきり言う」という姿勢が鮮明に説得力のある形で記述されており、「断る力」というタイトルがマイナスの印象を与えがちですが、「自分の意見を言わず陰で人の悪口を言う」タイプが多い日本人にとって参考にすべき好著です。間違った社会や間違った政治に対して「NO!」と言おうとのご提案は影響力のある勝間さんですから、是非いろいろな場でおっしゃって頂きたいと思います。ただ、ビートたけしをほめちぎっている箇所は賛同できません。記事が気に入らないからと徒党を組んでフライデーの編集部に殴りこみ、殴るけるの暴行を働いたという事実はなくならないのではないですか。人を評価するのでしたら、そういう点もキチンと押さえたうえで評価するべきではないでしょうか。


投稿者: レディ (Dec 15, 2009 4:53:04 PM)

10倍アップする新・知的生産術、年収10倍・・、
お金は銀行・・・、等など拝読。
起きていることは・・・これは、未読ですので、
是非読んでみたい、と思います。
これは、きっとポジな考え方の基本を仰っているのでしょうね。
このページには、この本の読後の感想を多くの方が書かれています。
それだけインパクトが強いのだと思います。


投稿者: 脳を開きつつある男 (Dec 16, 2009 7:14:22 PM)

 はじめて記入いたしました。和代さんなら何とかできるのではと思い書きます。2009.11.05のデフレ退治策ちょこっとネットで垣間見させていただきました。辛口ですが紙幣増刷ってのはどっかの国と変わらんような気がします。思うにまず誰かが犠牲にならなければいけないのなら、まず農地改革でしょう。農地国有地化だと思う。(3代で0円になるとかなんとか言われてるが実際は違う)何十年か前に実際に社会党が実行してます。(地主から小作が金持ちになった)調べれば解かると思いますわ。次にこめのくにの債券売却だと思います。今年売却失敗していますが、売却すべきでしょう。金刷りすぎるとハイパーインフレ来ると思うんですが、思い過ごしでしょうか?あと身障者の補助金調べてみたください。まじで腹立つことだらけですわ。働かずも健常者より所得多いってどういう事なんでしょうか。世の中理不尽な事だらけですね。金持ちってのもいいんですが、俺より所得下の人はどうしてあげればいいのか悩みます。いい答えあれば連絡ください。奉仕の心は持ってます。
PS・・・私は小さなお店をやってる自営業者です。零細ばっか潰れるのは・・・


投稿者: H.AKIRA (Dec 29, 2009 12:20:55 AM)

初めてのコメントです。
勝間先生の、テレビでの歯切れの良いコメントはとても気持ちよく、素敵です。
2009.12.28 pm11:20 テレビ番組で先生を拝見しました。「年金一元化」についてです。
以前から、メディア、解説者・評論家、政治家・・・みんな口を揃えて公務員「共済年金」の優遇?についてです。

私は、共済年金を受けています70歳。10年前に定年退職。勤務年数は、大卒後38年。退職時は管理職で、本給50.5万円(手当て抜き)でした。

年金振込み依頼にきた銀行2社、私の支給明細を見て、口を揃えて「えっ!?嘘でしょう」「調べてもらったら?」でした。
すぐに共済組合に問い合わせましたが「間違いありません」との回答。
その後、世論で年金問題が大きく取り上げられ(S大臣)100年安心の年金制度・・・と大きな話題になりました。
その時から、共済年金>厚生年金>国民年金・・・の構図が世間では当たり前となりました.
たまたま、同窓会の席で「年金の話題」。
「君はいいね~、公務員だから」と言われました。
そこで、私は恥ずかしながら、自身の年金額を言いました。
また「えっ!?嘘だろう?」・・・でした。聞いて見ると
個人事業の**さん以外は全員、私より年額で30-50万円多いことが解りました。
企業年金の上乗せの##君・++君に至っては、何と年額で約70-100万円も沢山の支給を受けていました。
「一回(2月分)で70万円超は当たり前」って言われてしまいました。
その後、3回、共済組合に質問しましたが「間違いなし」の返答です。

この10月、たまたま会った同級生(元金融機関勤務)と年金の話題になり、また「えっ!?嘘?」って言われました。
再度、共済組合に調査を依頼しました・・・「平均給料月額」の根拠となる私の過去の年月ごとの給与支給表まで同封され「間違いなし」との回答。

共済年金>厚生年金・・・一体、誰が、どれだけのデータの根拠で「決め付け」ておられるのか、全く、疑問です。
確かに私より10年も以前に退職された方は、月額30万円以上の方が沢山おられます。
ご主人の遺族年金が30万円以上の方も存じ上げています。
しかし、現在の公務員・・・そして「私・わたし・ワタシ」は、一体、何なのでしょうか。
勝間先生の調査力で解明していただければ嬉しいのですが。


投稿者: アロマ (Dec 29, 2009 11:57:26 PM)

はじめまして。朝日新聞がきっかけで本を読ませて頂くようになり、『目立つ力』を読んでブログを始めました。
「戦略レベルの差別化」を練る段階にはまだまだ程遠いのですがとにかく更新はしなくてはと実行中です。
ブログは「インディ」へ復活する為の第一歩でもあります。(離婚は今のところ未定ですが・・・余談でした)

勝間さんのおっしゃる事は私にとって大変「都合が良い」のでついつい気持ちがのりのりになってしまいます。経験に基づいた「美味しい話はないよ」というメッセージを感じながら学ばせて頂いております。


投稿者: リー (Jan 5, 2010 8:54:37 PM)

勝間先生、初めまして。勉強について聞きたいです。
勝間先生が若い時に猛勉強し、公認会計士に合格した時一日何時間勉強しましたか?


投稿者: まーちん (Jan 20, 2010 11:36:47 PM)

はじめまして。インディペンデントな生き方実践ガイドを読んでブログにきてみました☆
現在は病気療養中で無職ですが勝間さんの言葉を励みに勉強頑張ります!!また来ま~す(^^)


投稿者: ウツ休職中 (Feb 17, 2010 6:27:59 PM)

はじめまして。場違いであることを承知で、書かせて頂きます。
勝間さんと香山リカさんの対談本を見かけました。
購入できず、また一部の立ち読みでの感想です。
勝間さんは、外を見ている方、人を裁く方と印象を受けました。
私個人は勝間さんの人間モデルから外れていると確信を持ちました。
職場でおしゃべりの替わりにツイッターでコミュニケーション…相手の表現や声など言葉以外も人を知る上で大きいのではと思いました。
こうすべきや、社会が変われば、という表現には人に対して外側からの物言いと感じました。
病状が回復して、本を読めるようになったら熟読したいと思います。その時は感想が変わるかも知れませんが、今の感想をどうしても書きたかった。必死に働いてうつ病になった人間にも、勝間さんの本を目にする機会があるということ。
削除して頂いて構いません。
本を読めたら感想を出版社に送りたいと思っています。


投稿者: まつもと ようこ (Apr 3, 2010 2:36:13 PM)

勝間 和代さまへ   (いっぱんのふぁんレター1)

花が見頃を迎えています。多方面のご活躍お疲れ様です。
金スマを視聴して、『やればできる』『チェンジメーカー』を拝見しました。のろまでぐずないっぱんの主婦ですが、パート勤務を予定しておりましたので、『効率が10倍アップする知的生産術』も参考にして人並みのスピードで家事処理できる様、この春生活全般を見直し始めました。

勝間さんに一般的な主婦の声をお届けできればと思い、ツイッター登録を済ませたところです。私は高校卒業後
社会人になりましたが、童顔で声も甲高いため、職場や
地域でのコミュニケーションの説得力に欠ける諸条件が
揃い、平均的な身分・容姿の条件の方に比べて、これまでに忍耐を必要とする場面を経験することがありました。

男女平等を謳うワーキングウーマンについて私は、前述
の経験を持つため、社会通念上女性は男性に比べて説得力に欠けるのだから、黙々と仕事に専念するのが望ましいとこれまで考えていました。実際、女性ということで不利益を被る知り合いもいませんでした。

勝間さんが出演されるテレヤツ、金スマほか、『カツマー』目指し、いきいきと活躍を決意する女性の報道を視聴したり、数冊の著書を講読する中で、お蔭様で自分自身も社会復帰をわくわくしながら準備する様になりました。家事の能力が向上した結果、社会復帰が不必要になることもあるかもしれませんが、四つの力を身につけ生活を送りたいと思います。

ツイッター、チャットに不慣れなため、まずは勝間さんのオフィシャルサイトに投稿させて頂きます。役立つ情報のプレゼンと著書を有難うございました。
どうぞ、お体をお大事にますますご活躍ください。
2010年4月3日(土)(40代・家事マー)


投稿者: Roy (Apr 9, 2010 6:16:54 PM)

hi,

I've read two of your books recently, and I found them interesting and inspiring.

I am now using Google translate to read your blog ( although the function is not that powerful to make me understand all of your articles).

In one of your book, you mentioned you spend many money buying books every month ( i forget the exact number) which surprised me.

Would you post a picture of your bookshelf on your blog? I am very interested to know what does it looks like. =]

Best regards,
Roy


投稿者: student1991 (Apr 16, 2010 12:23:46 PM)

まず一言 ごめんなさい!!

効率が10倍アップする知的生産術を105円で買ってしまいました!!許してくださいね。

こんにちわ、勝間さん僕はアメリカの大学に進学を志す、19歳の専門学生です。上記の本を読ませていただきえるところがすごく大きく、今回ブログを開設したので、感謝の気持ちを伝えたくて、ここに書かせてもらってます。

まずはじめたばかりで、ぜんぜん人来てくれませんが、
いっぱい更新して、人気ブログにしたいと思っています。

ご多忙で大変かもしれませんが、一度来てくれるとうれしいです。

勝間さん、

     ありがとう!!


投稿者: goldandbouncy (Apr 23, 2010 3:43:57 PM)

はじめまして。

先日、勝間先生の『目立つ力』を読ませていただきました。
始めてもうすぐ2年程になるブログですが、改めてブログの目的、方法について考えさせられました。
何事も理論だてて考えることが重要だとはわかりつつも、なかなかうまく頭が働かず・・
訓練が必要ですね。

これからもさまざまな著書を読ませていただこうと思います!


投稿者: 野澤Kyouhei (May 5, 2010 7:37:41 PM)

欺いて、欺いて、押し付けて、押し付けて。孤独な人生ですね。否定するつもりはありませんが、幼稚にみえます。