« 前の記事 | トップページ | 次の記事 »

もうすぐ、朝生に行ってきます-帰宅後の補足

もうすぐ、朝生に出発です。議題はオバマ新大統領と日本です。

土曜日午前は、20世紀少年を子どもと見に行くので、ちょっと忙しいです。

<出演後の追補>
無事帰宅しました。3部構成で、1部がオバマの将来、2部がオバマの外交、3部が日本になぜオバマがいないか、です。

1部では2回、2部ではゼロ、3部では5回くらい、発言しています。

特に、3部でなぜ日本にオバマがいないか、というところは、コメントでも評価いただきましたが、

・日本は、特に政治は本当の意味で実力主義でない
・実際、宮澤さん以降の歴代の自民党の首相は世襲ばかり
・オバマを作ったような、インターネット献金やインターネット選挙の運動もない
・だから、私たちは政治家になりたいとも思わないし、政治への興味が薄れる
・実は経団連など、経営者も同じ。「シルバー資本主義」と呼んでいるが、若者が活躍できる基盤がない

ということを説明しました。あとで、司会の長野智子さんにも、聞いているときに手を叩いてしまいました、と声をかけられて、うれしかったです。

他の出演者の方々とも知り合いになることができ、有意義でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30178/43906762

この記事へのトラックバック一覧です: もうすぐ、朝生に行ってきます-帰宅後の補足:

» 第174話 手作り弁当3日で本一冊 from 進化する怪物たち
ガネーシャ 「今日は1日雨で どっこも        行けんかったわ。        おもろないなあ。なんかいい事ないかなあ。 私   「え? ほんまに 神様 予言者?      それじゃ おばさんといっしょやろ。      雨が降ったら どうも気がめいる・・・      それ おばさんの 発想やで ・・ ガ   「おばはんに おばさんって言われたないなあ。      そんなら おばはんは モチベーション高いんか?      今日みたいな日でも 楽しいにおれるか? 私   「まあ... 続きを読む

受信: Jan 30, 2009 11:35:13 PM

» Change from POPO
Changeと叫んだその日から  きみの勝利は決まっていた 時代が 待ち望んでい 続きを読む

受信: Jan 31, 2009 2:31:04 AM

» 政府方針は本当に「公」のためか-定額給付金から総選挙まで- from ブログ論壇
さらに厳しさ明らかになった景況感 世界同時不況はますます混迷の度合いを深め、アメリカのオバマ新大統領就任の ご祝儀相場は無いも同然の事態に陥っている。日本の雇用統計や企業の 決算発表では、数字の上でも非常に厳しい結果であることが明らかになってきた。 また、... 続きを読む

受信: Jan 31, 2009 4:08:06 PM

コメント

投稿者: ニューカツマー (Jan 30, 2009 10:51:50 PM)

夕刊のテレビ版を見てビックリ!
朝生の出演者欄に
アノ勝間さんの名が・・!!

ここでも引っ張りだこなのですね。
深夜帯ですが風邪などひかず頑張って下さい。

私はしっかり録画して(笑)
視させてもらいますね。


投稿者: ヤス (Jan 30, 2009 11:14:20 PM)

森永卓郎には負けないで下さい!
あと、朝生はおとなしくしていると一言も発言できずに終わってしまいますよ。
相手の話にどんどん割り込んでいくくらい図々しく行っちゃってください。


投稿者: イサ (Jan 30, 2009 11:40:48 PM)

いつも出演される番組を拝見させて頂いています。特に朝生は意見を言わないと取り残されているみたいに感じるのでガンガン
言ってください。応援しています。


投稿者: おぱちく (Jan 30, 2009 11:41:23 PM)

がんばってください


投稿者: MAI (Jan 31, 2009 12:04:07 AM)

勝間さんは、どんどん美しくなっていてうらやましいです!!!


投稿者: サリ (Jan 31, 2009 12:07:14 AM)

朝生楽しみにしています。

20世紀では??


投稿者: そっと (Jan 31, 2009 12:12:57 AM)

人気で本当にお忙しそうですね。テレビやマスコミは必ずしも思った通りのことが伝わらなかったり、マスコミに出ることで価値や評価が変わってしまうこともあるので気を付けて下さい。


投稿者: ぬん (Jan 31, 2009 12:15:17 AM)

テレビの受信状態(ラジオもなんです)が悪くて、実は1年近く自宅では視聴していなかったのです。テレビそのものも押し入れに入れたまんまです。が、なんとか調整して、(録画して)みてみます。
朝生自体も6年ぶりです。
勝間さんも存分に楽しんでくださいね。


投稿者: risaki (Jan 31, 2009 3:38:01 AM)

今朝生観ているところですが、
どうして日本にはオバマのような政治家が生まれないかという
田原さんの質問に勝間さんが一番的確に答えていらっしゃるのに田原さんの態度はひどいですね。
森永さんはどんな質問でも自分の主張さえ言えばいいみたいな卑しいところが覗けるのに、それが面白いのか田原さんにいじられていて話す時間が与えられておかしいですね。
勝間さんのトヨタの話、もっと詳しく伺いたかったです。
田原さんの反論は誰でも知っていることばかり。きっと勝間さんならばもっと裏の裏まで把握されているはず。
こんな深夜なのにとっても美しく映っています。
引き続きがんばってください!
取り急ぎ思ったことを書きました。失礼しました。


投稿者: keisuke4649 (Jan 31, 2009 4:40:58 AM)

普段は見ない番組ですが、勝間さんが出演なさるということで、ノートPCで内容をまとめながら放映前からTVにかじりつき、今ちょうど観終えました。


本・オーディオなど、テキストや音声ではとても身近な存在の勝間さんですが、TVといった映像で動いている勝間さんを見るのは、実は今回が初めてでした。(笑)


番組をみての感想を、手短にひとつ。

日本の政治には対立軸がない、という話のところで、、、

「自民党・民主党 vs 勝間・大前!」

・・・これでどうだ!!

ということです。


勝間さんが話されていたEnd of Career、シルバー資本主義の話、大いに賛同です。

出演者の中の発言で、勝間さんの話が僕たちの感じていることをもっとも直球でぶつけられている、と感じました!

今後の活動も楽しみにwatchさせていただきます☆ ありがとうございました。


投稿者: maboroshinosikakenin (Jan 31, 2009 9:57:22 AM)

19歳の息子となぜ 日本にはオバマ氏のような政治家がいない
のかと 話ました。日本の政治は 狭い満員電車の中
とりあえず乗っても手も足も動かせない 動くと批難で刺される。賢い人は 民間の企業の代表者になっていたり
勝間さんのように 直接国民の意識を変える努力をして
いるんじゃないという結論になりました。
国民と政治が まったく切り離されているような
錯覚を覚えるこのごろです。


投稿者: cat (Jan 31, 2009 10:40:04 AM)

私は、政治家になりたい!日本を変えていきたい!その牽引役になれれば・・・。と考えていますよ。
でも、世襲制でチャンスが巡ってこないのがくやしいです。
周囲に働きかけても、「親とか、親戚とかにいないでしょ。だから、ムリ!」って言われてガッカリしています。。。
それでも少しでもより良く、少しでも多くの人が幸せに暮らしていけるといいな、日々、自分の出来る範囲で活動しております。


投稿者: のりこ (Jan 31, 2009 11:02:15 AM)

朝生拝見しました。

勝間さんの発言は、またあのほぼオールシルバー世代の論各の中で異才を放っていましたね。

田原さんは、生粋のエンターテイナーなので、強引な話の振り方や見せ方を考えた切り返しは仕方ないと思いますが、勝間さんはうまくそれにのっておられるように見えました。
見ているほうはあまり気持ちのよくない部分もありましたが。

アメリカの車づくりに日本が追い越されるわけがないという反論が多勢でしたが、わたしは何いってんだ!?と思いました。

本気になったら米国に赤子の手をひねられるように追い抜かれますよ。

また余談ですが、個人的には姜尚中さんの声に癒されました。


投稿者: (Jan 31, 2009 12:03:13 PM)

初めてコメントさせていただきます。
昨夜の朝生を拝見しました。

大変に失礼ながら、今まで勝間さんのことにはあまり関心を持っておりませんでした。泡のように現れては消えていく、『コンビニ本』の著者のお一人だろうという程度の認識しか・・・(本当にすみません)

ところが、昨夜の放送をたまたま目にいたしまして、「日本にこんな女性がいたのか・・・!」と遅ればせながらも感心いたしました。

今後のご活躍を期待します。ご本もチェックしますね。


投稿者: 森沢公久 (Jan 31, 2009 3:32:27 PM)

はじめまして、勝間さん
のご活躍拝見させていた
だいています
朝生録画してゆっくり
何回も見ます
勝間さんの、考え方
とても共感が、もてます

是非、頑張ってください


投稿者: チロちゃん (Jan 31, 2009 5:06:23 PM)

マンネリ化が否めない「朝生」ですが、昨日は勝間さんが参加されるので、眠い目を擦って見ていましたが、
3時頃寝ました。
何故って勝間さんの発言機会があまりに少なくて、
面白くなくなったからです。

その後5回も発言されたとは知らなかった。残念!


投稿者: outsidervoice (Jan 31, 2009 10:39:23 PM)

今、雇用環境の急激な悪化を憂えている者です。非常に緊急の課題なので、自分なりに、すばやく広がることを優先に、不況あるいは解雇に多少なりともブレーキをかけるような情報を流そうとしています。

ぜひ、勝間さんの、不況好転、雇用好転のためのアイディアを発信していただきたいのですが・・・

よろしくお願いいたします。


投稿者: かなこ (Jan 31, 2009 11:54:05 PM)

トヨタの話の時、
勝間さん以外の人がほとんど、トヨタの技術はアメリカに抜かれないと思っていることに驚きました。
技術は別としても韓国などには日本の自動車産業は近い将来販売台数では抜かれるんじゃないかと思っています。
それにしても、勝間さんがおっしゃっていたパラダイムシフトにより全く新しい発想でアメリカが車を作るかもしれないということは今まで考えもしなかったので、これにはなるほどなァと思いました。


投稿者: lovegreentea (Feb 1, 2009 12:24:12 AM)

朝生動物園の猛獣使いと常連の男獣たちが居並ぶ闘技場にさわやかな新風を吹き込んでいただき、たいへん新鮮な気持ちで討論を観戦できました。
勝間さんが日本のオバマに一番近い存在ではないかと感じましたが。

日米の政治制度・慣行・意識が大きく異なる現実をまず
はっきり言語化することが大切だと考えています。
特に、勝間さんが指摘されたインターネットの使用が選挙時に大幅に制限されている現状を変える方法を具体的に考えないといけないなと確信しました。

ぜひまたのご出演を期待しております。



投稿者: タクロー (Feb 1, 2009 12:57:55 AM)

残念。見れなかったです。
田原さんは好き嫌い激しい人ですからね。しかも、態度にすぐ出る人ですよね。サンプロ見てもそうです。
勝間さんにはNHKの討論番組に出演してもらいたいです。


投稿者: Noriko (Feb 1, 2009 3:04:23 AM)

男性陣の中で女性一人しっかり発言されてる姿を見て改めてすごいなあと思いました。同世代のものとして尊敬いたします。日本の未来は明るいと感じましたよ。

また、モスグリーンのジャケットとても素敵でした~。



投稿者: ヤス (Feb 1, 2009 12:43:30 PM)

朝生見ました。
若年層を代表した意見に何度もテレビに向かって拍手しました(笑)。
ただ、「メリトクラシー」とか「モジュール化」とかいった専門用語は使わないほうがいいと思います。(勝間さんなら私ごときに言われなくても分かってると思いますが。)
勝間ファンとか池田さんのブログを読んでいるような知的関心の高い人ならすんなり理解できるでしょうが、池田さんもブログに書かれていたようにテレビの視聴者のマスは「高卒・50代・主婦」なので。
小学生でも分かるくらいの簡単な言葉で説明するようにしたほうがいいかと思います。

勝手に意見を述べましたが、これからのますますのご活躍をお祈りしています。


投稿者: よしだ (Feb 1, 2009 9:55:46 PM)

田原さんの姿勢は、わかりやすさとはっきりしている事。この姿勢ゆえ批判される事があります。

ただ、この姿勢は、「シルバー資本主義」の対極にあるものですね。古い体質の人は、やたら難しく解りにくい表現を使います。これには、本質を隠したまま、事をなそうとする。「安かろう悪かろう」の文化が残っている気がします。まさに今の麻生さんがこの体質ですね。
そういう意味では、田原さんは、出演者の中で一番若いポジションだったのかもしれません。


投稿者: 九州男児ですみません。 (Feb 4, 2009 9:02:15 PM)

はじめまして、勝間様の書籍「お金は銀行に預けるな」を去年2月くらいにたまたま購入し、それからファンになりました、S42年、アラフォー世代でして、私は所謂「カツマー」の一人です。
それからは「インディで行こう!」、「第1感」、「ハイ・コンゼプト」、「自助論」、神田昌典氏の書籍を読んだりして非常に影響を受けています。
これからも書籍、ワークライフ・バランスの提言、少子高齢化の問題など提言をお願いします。


コメントを書く