« 前の記事 | トップページ | 次の記事 »

小渕優子大臣のメッセージ

小渕のアクティブログで小渕大臣が、小渕ビジョンと共に、今回の「ゼロから考える少子化対策プロジェクトチーム」にかける想いをかたっていらっしゃいます。

ぜひ、ご一読ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30178/43549333

この記事へのトラックバック一覧です: 小渕優子大臣のメッセージ:

» 不健全で悪かったわね!〜柳沢のその? 少子化と格差社会〜 from マチダタイムス
厚労相「若者は子供持ちたいという健全な状況」  柳沢伯夫厚生労働相は6日、閣議後の記者会見で「若い人たちは結婚をしたい、子どもを2人以上持ちたいという極めて健全な状況にいる」と語った。少子化対策に関する質問に答えたもので、厚労省の意識調査などで、約9割の人が結婚を望み、平均2人以上の子どもを持ちたいと考えていることを説明した。 (13:02)  面と向かって不健全だと言われるとやっぱ腹立ちますね。てか、散々親に言われて辟易してることを他人のあんたに言われたかないわよ。ま、どのみち政府の考える... 続きを読む

受信: Jan 6, 2009 12:25:42 AM

コメント

投稿者: ユキエ@虫の目 (Dec 28, 2008 1:45:11 AM)

小渕さんのページ拝見しました。
「スピードを高めて精力的に議論」「腕まくりをして意見をぶつけ合いながら議論」というあたりに期待が膨らみます。
どうぞ良い実を結ばれますように。

グラフの図解が説得力を増していますね。
二つのグラフを,量と割合を同時に示せる「量率グラフ」にするともっと判りやすかったかも?


投稿者: オスカーちゃん (Dec 28, 2008 11:19:01 AM)

小渕優子さんのページを拝見しました
「子供に冷たい国」というのが数字として現れている資料、説得力があります。しかし、さほど日本がそういうイメージがもたれないのはなぜなのでしょうか??sign02bearing
小渕優子さん、私が大学生くらいのときに大臣になられた方です。さほど年齢も変わらず、多少の嫉妬もあってか私の周りの友人の間では「お嬢様議員」と揶揄する人もいました。wobbly
しかし、今やお子さんをご自身で育てながら、この現状を訴えて行かれる姿、私が言うのもおこがましいですが、とてもご立派だと思います。そして、今や「お母さん議員」としていい意味で小渕優子さんの知名度を生かしてご活躍されることを期待しますbell


投稿者: 星みゆきフラメンコ (Dec 28, 2008 11:35:47 AM)

こんにちは

すごく生意気な意見なんですがごめんなさい!

現状を申しますと少子化対策どころか多くの女性たちはそのもっと前の段階で苦しんでいるのが現状ではないでしょうか?

男性と女性はうつし鏡のような存在です

今はとても大変な時代のように感じます


投稿者: くぷぴ (Dec 28, 2008 12:01:31 PM)

応援してます!

少子化問題から、そこに内在する日本の社会の問題全体について
掘り下げて話して行けるといいですね。

本当に、子供のあるなしに関係なく、
緊急に話をしなければならない国民全体の問題ですよね。


投稿者: たいまま (Dec 28, 2008 1:12:42 PM)

私が大学を卒業するころ、新元号「平成」を国民の前で掲げられたのが「平成おじさん」こと故小渕恵三首相(当時は官房長官?)でした。20年後、その方のお嬢さんが少子化対策を真剣に訴えられる。なんだか時代の流れを思います。
私も小渕大臣については、失礼ながらただの2世議員としてしか見ておりませんでした。でもご本人の生れながらの恵まれた資質を活かして、お母さん議員として活躍できるという、チャンスに恵まれた方なのですね。どうぞ頑張って下さい、応援しています。


投稿者: 二代目龍魔天 (Dec 29, 2008 8:54:39 AM)

小渕大臣の言わんとすることは理解できます。
しかし 他国と比較したから どうなるというものでもないし 無意味です。とかく 論文というのは 「私の国では・・」という感じで始まるのが多いですね。
各国とも 置かれた状況は違うし このデーターをベースに議論しても 結果は出てこないと思います。
参考としてならいいかとは思いますが 日本独自の計画を作っていかれるようにお願いしたいものです。
 また 国民から見ると 「消費者庁」「少子化」とも
何も変わってないどころか かえって後退しているようにしか見えません。色々 事情もあるのでしょうが それを打破するために存在されているのであり 結局は手遅れだったというのでは 価値なしです。
日本という国は 危機管理の下手な国です。戦争だけでなく このような潜在的危機に 日本のトップリーダーの方達は もっと真剣に 命を賭けてやっていただきたいもんです。それが 選ばれた方達の責任かと思います。


投稿者: machi (Jan 6, 2009 12:24:13 AM)

小渕さんには全く期待してません。
麻生内閣のお飾り?
そういう扱いを
女性の側から怒るべきだと思いますよ。

「お金持ちの子女で大臣の傍ら、子育てをしてる
ような感じ」の彼女に出来るとも思いません。


コメントを書く