« 前の記事 | トップページ | 次の記事 »

そして、いつもの日常へ

スーダンから帰って2日目、すっかりいつもの日常に戻りました。

昼間は新潟の男女共同参画センターに講演に。行き帰りの新幹線は、日本ですから、ほとんど通信ができるので、仕事をしていました。

家に帰ってから、凍った玄米を電子レンジで温め、宇都宮の講演の時にいただいた冷凍餃子を焼いて、古いサラダは炒めて、こどもとご飯をいただきました。

でも、スーダンと違うところは、ざっとこの辺でしょうか

1. 公共交通の整備、特に新幹線
新潟まで、なんと二時間、しかもその間、揺れないし、仕事ができる。エアコンも効いていて、快適。当たり前ですが、車が泥でスタックすることもありません。

2. いつでも、どこでも、使える電子マネー、クレジットカード
東京駅まではSuicaで、東京駅から新潟はクレジットカードで切符を買っています。スーダンはすべて、現金精算です。

3. 通信の整備
スーダンはホテルのADSLですら、気が遠くなるほど遅く、もちろん、無線網はありません。東京で光ファイバーに比べて遅いと思っていたイーモバも、すごく早く感じるようになりました。

4. あたたかいお茶・お弁当
いつでも、どこでも、気軽な値段でお茶やお弁当があります。スーダンは衛生状況がよくないため、甘いつめたい飲み物が主流です。お弁当はほとんどみかけませんでした。

5. 飲める水でお皿を洗う???
家でぬるま湯で皿洗いをしながら、そもそもぬるま湯であることがすごい上、そうか、この水は飲めるんだよなぁ、と思うと驚きでした。

6. 冷蔵庫に電子レンジ
この2つも空気のようにあるので気になりませんでしたが、莫大な電気を必要とするため、ほとんどスーダンにはありません。そもそも、あんなに電圧が一定でないところでは、電子レンジはすぐに壊れそうです。

7. そして、エアコン
いつでも、どこでも快適な温度です。汗をかくことも、寒さに震えることも、特別な時間だけになりました。

とはいえ、なんか、日本、そして、東京の生活は肩が凝ります。開放感もゼロです。得るものもあれば失うものもあるわけですね。

しばらくは頭の中で、いろいろ比較が続きそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30178/43192679

この記事へのトラックバック一覧です: そして、いつもの日常へ:

» 人間らしく from POPO
合理的精神が奪っていくものがある  科学の進歩は伝統や慣習を排除する 専門分化で 続きを読む

受信: Nov 22, 2008 11:15:19 PM

» やはり首都移転3 from ぼちぼち頑張りましょう。
勝間さんより、大変よい投稿がありましたので、勝手に引用させて頂いて 「やはり首都移転」の3を投稿したいと思います。 >>>>>>>>>> スーダンから帰って2日目、すっかりいつもの日常に戻りました。 昼間は新潟の男女共同参画センターに講演に。行き帰りの新幹線は、日本ですから、ほとんど通信ができるので、仕事をしていました。 1. 公共交通の整備、特に新幹線 新潟まで、なんと二時間、しかもその間、揺れないし、仕事ができる。エアコ..... 続きを読む

受信: Nov 22, 2008 11:17:50 PM

» ADSL from けんじの日記
そして、いつもの日常へ ... 3. 通信の整備 スーダンはホテルのADSLで... 続きを読む

受信: Nov 23, 2008 11:28:22 AM

コメント

投稿者: りえ (Nov 22, 2008 8:47:28 PM)

当たり前が多すぎますよね。

水の出るありがたさ、電気が使える便利さ、快適に暮らせる環境、子供たちはそれが当たり前だと思っています。(いや、大人も・・・)

いくら資源には限りがあると言っていても、実際にその危機感は大人も含めて、実感としてはありません。
まだまだ恵まれない環境で生活する人々がいることと、
恵まれすぎて、窮屈で忙しい環境と・・・・

どちらが本当に幸せなのかな?と疑問を持つことがあります。
おそらくスーダンの子供たちはきっと生きることに一生懸命ではないでしょうか。
わが子や周りの子供を見ていると「ありがたい環境なのに・・・」と思うことがあります。

子供たちと30日のサキヨミの放送を一緒に見ようと思います。


投稿者: riri (Nov 22, 2008 9:23:35 PM)

逆にスーダンにあって、日本には無いモノがある。
これは建前抜きの人間関係と連帯。

日本の方がどれをとっても便利で快適なのだがメンタル面で陥没している側面がある。

全て良い部分を所有するというのは不可能に近く、何かを所有すると同時に失うものがある。

スーダンでの豊かさがあったはずです。言語化するのは困難でしょうが。


投稿者: のりこ (Nov 22, 2008 9:48:01 PM)

勝間さんおかえりなさい
無事にお戻りになられてよかったです。

勝間さんがスーダンで肌で感じられたこと、考えられたこと、わたしには想像することしかできませんが、何かお力になれればと思います。
実際は本を買わせていただくことくらいしかできないのですが…
これからも応援しています!
明日三田祭にいらっしゃるんですね!
わたしはラグビー早慶戦のほうに先約があり、行けないのが悲しいです。
代わりに弟が行きます!
よろしくお願いします!


投稿者: 八木澤久美子 (Nov 23, 2008 12:36:48 AM)

今日新潟市で勝間さんのワークライフバランスのご講演、
拝聴しました。スーダン帰りの疲れも微塵もなく
パワフルトークでしたね。圧倒されました。
私の周りには勝間さんのことを知っている人がほとんど
いないのですが今日の会場は280席すべてが満席でした。
さすがです。新潟の人はおとなしい人が多いのですが
質問される方もいて、これも驚きました。
また機会があったらどうぞいらっしゃってください。
お疲れ様でした。


投稿者: kazu (Nov 23, 2008 10:28:34 AM)

現代社会の普通の住宅地で、家屋が古かったことから火鉢の生活をしておったことございます。炭火で焼くお肉はとてもおいしゅうございました。また、炭火で沸かしたお湯で入れた珈琲も格段においしく御座いました。

今は高気密高断熱の家に建て替えたので、火鉢も石油ストーブも使えず、ガスの床暖房のお世話になっておる身ですが。

身体も髪も歯も塩で洗っています。それから、子どもや夫は電子レンジ使いますが、わたくしは冷やご飯をいただきます。

医薬品は漢方の煎じ薬で、煎じかすは、花壇の土に返しています。家庭菜園を再開するのが楽しみです。

神棚もようやく祀りはじめました。天照大神様を中心に、こちらは奈良で御座いますので春日大社様、そして、近所の守り神であられます氏神様をお祀り申し上げており、日々、お水とお米とお塩を供えさせていただいております。

勝間様の影響でOISIXをようやく利用はじめました。きめ細やかなサービスがありがたいです。地場のものの方が良いので、あるものは、近所のオーガニックのお店で取り寄せております。

まだまだ至らぬ拙いわたくしでは御座いますが、肩こりや便秘に悩まされていた昔の会社員時代とは違った開放感と安心感に包まれております。


投稿者: 佐藤歩 (Nov 24, 2008 5:17:27 PM)

新潟での講演会、拝聴させていただきました。
スーダンからの帰国直後でしたのに、素晴らしいお話をありがとうございました。勇気が出ました。
さらに私の質問にも、ずばっとお答えいただきありがとうございました。
機会がありましたら、またぜひ新潟にお越しください。

日本は他の先進国に比較しても、本当にインフラに恵まれた国だと思います。
時々、必要以上に恵まれているとも感じます。


投稿者: みりん (Nov 26, 2008 8:07:57 AM)

講演で新潟にいらしていたのですね。
もっと早く知っていれば、と悔しい思いです。
講演チェック魔になっていなくては。。。
著作もたくさん読ませていただいてます。本棚のこやしにならずに、何度も読み返してもいます。またすばらしい本を期待しています(^^


コメントを書く