« 前の記事 | トップページ | 次の記事 »

変換キーと無変換キー

最近、レッツノートのキーボードの調子がいまいちで、特に無変換キーを押しても反応しづらくなっていました。

ずっと、無変換キーに問題があると思って、外したり、掃除をしたりしていたのですが、ふと見てみると、毎回ではないのですが、たまに、変換キー側が押すと押されっぱなしで、上に上がらなくなっていたのを発見しました。

そうなんです。問題は無変換キーが押せないことではなく、変換キーが押しっぱなしになって、無変換キーを押してもキーボードが反応しなくなっていたことだったのです。

へぇ、へぇ、と思いつつ、変換キーを直したら、問題も解決しました。

そう、問題は探している部分の枠内にあるとは限らない。いい勉強になりました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30178/42993311

この記事へのトラックバック一覧です: 変換キーと無変換キー:

コメント

投稿者: dotcom (Nov 3, 2008 4:45:22 PM)

以下のソフトでキー配置を変更されるのも手だとは思います。

http://www.forest.impress.co.jp/lib/sys/hardcust/keyboard/changekey.html

ちなみに勝手ながら、以下はmyblogです。

http://dotcom07.blog32.fc2.com/


コメントを書く