« 前の記事 | トップページ | 次の記事 »

毎日何文字書いているか

今日は本田直之さんが主催される著者会でした。

いつものように、まったりとしたメンバーで話をしていましたが、ちょうど、和田秀樹さんと話をしていて、和田さん的にはやはり、「毎日、原稿用紙10枚以上、できれば20枚くらい書くのがプロである。最近はプロの著者が少ない」というご意見でした。

つらつらと、さて、自分はどのくらい書いてるかと考えました。まず、ふだん原稿用紙でかかないので、文字数で考えないといけません。10枚で4,000字、20枚で8,000字ですね。そうすると、月に12万字~24万字書けば、和田さんの基準に達します。

まずは定期連載を計算しましょう。1ヶ月分。

朝日新聞 700×4 = 2,800字
毎日新聞 700×2 = 1,400字
共同通信 700×2 = 1,400字
日経ビジネスアソシエ 2,500×2 = 5,000字
日経マネー 3,000字
マリクレール 1,000字
アマレーナ 4,000字

これで約2万字です。

さらに、不定期連載(日経ウーマンとか、文春とか、産経新聞とか)がはいって、これが平均月、6,000字くらいです。

あと、ブログが1日約1,000字くらいなので、1ヶ月で3万字。

ここまでで5.6万です。

本をだいたい、年に単著だけだと6冊出しますから、1つを10万字と考えて、1ヶ月平均は5万字です。

合計、10.6万字。ただし、これはできあがりであって、すべて推敲と試行錯誤が入りますから、さらに10~20%の上乗せがあるでしょう。

そうすると、ギリギリ12万字超、ということで何とか合格ラインでしょうか。

もっとも、私はフルタイムの職業作家でないので、昼間には金融の仕事や会計の仕事、企画会議や取締役会出ていますから、それを思えばOKということにしてもらいましょう。

逆に、パソコンがあるからこそ、できている文字数ですね。だから、定期的に打ちすぎで手首を痛めるルノかもしれません(苦笑)

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

コメント

投稿者: greenery (Sep 27, 2008 6:58:38 AM)

原稿用紙ですと改行のたびに空白が入るので、字数で考えると十分クリアされているのではないでしょうか。


投稿者: take (Sep 27, 2008 11:02:55 AM)

和田さんも精神科医をやりながらの執筆、
勝間さんも公認会計士をやりながらの執筆
それを考えると十分だと思います。


コメントを書く