« 前の記事 | トップページ | 次の記事 »

リアル書店でも、「史上最強の人生戦略マニュアル」、すごい売れていました

アマゾンですごい売れている史上最強の人生戦略マニュアル、リアル書店でもすごい売れていました。

いつものように、1週間に1度はいくネイルサロン隣のリブロ青山店で調べてもらったら、陳列が1日遅く、棚面積もおそらく1/3くらいしかないはずの史上最強の人生戦略マニュアルが、日本を変えようとほぼ同じくらい、売れています。

前にも書きましたが、実はテスト販売の時も見間違いかと思うくらいの売れ方でした(3日で店頭に並べたうち80%くらいなくなる、みたいな)。

リブロ青山店さんとしてもダークホースだったそうです。私もある程度は売れるともちろん思っていましたが、まさかここまでとは・・・。

2刷りができるのが10月頭で、それまでは品薄状態が続きそうです。

日本を変えようももちろん、よく売れているのですが(今、アマゾンで11位)、ただ、あまりにもLife Strategiesがすごすぎて、かすんでいます。

びっくりです。

p.s.

今日の売上のデータが届きました。本当にとんでもなく、売れています。何がとんでもないかというと、あの配本数(初版1万)で、あの配置で、広告ゼロで、それで、あんなに売れるわけないのです。

よほど、多くの人が見た瞬間に、指名買いや、ジャケ買い、衝動買いをしているとしか思えません。

本当に、こればかりは市場に出してみないとわからないものです。しみじみ。

p.s.2

9/29未明、とうとう、アマゾンで1位になりました。しかも、画面を見た人の91%が実際に買っている、いったいどんなコンバージョンなんでしょう。

本当に、知らないことが起こります。分析の種ができて、わくわくします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30178/42623629

この記事へのトラックバック一覧です: リアル書店でも、「史上最強の人生戦略マニュアル」、すごい売れていました:

» 史上最強の人生戦略マニュアル(Life Strategies) from 35 Over
この書籍はアマゾン1位です。 勝間さんのようになりたい、近づきたい読者がこの書籍 続きを読む

受信: Sep 29, 2008 9:37:36 PM

» 史上最強の人生戦略マニュアル from コーヒーブレイク
この題にちょっとびびるけど(笑) 私の尊敬する勝間先生の新刊ラッシュなのですが、 (その感想もおいおい) これは訳本。 勝間さんが一番影響を受けた本だそうで、 絶版になったから自分で翻訳して再び世に出したいと 思ったほどの名著だそうだ。 読んでみて、本当によかった。 名著です。 「正しい」とか「間違っている」とかではなくて、 「事実」として世の中こーなってるんだよっていうことを、 すごい経験をいっぱい積んでいる著者(心理学の博士)が 力強く教えてくれるのね。 あまりにも力強くて、ちょっとが... 続きを読む

受信: Sep 29, 2008 11:44:29 PM

» 『史上最強の人生戦略マニュアル』オレ最強3つの法則 from 吉村堅樹公式ブログ 鶏頭日記
確かに史上最強かもしれない。 「良薬は口に苦し」というが、この本はなかなか苦い。 苦いということは本質をついているということだ。 はじめに プロローグ 第一章 問題がひとりでに解決することは、絶対にない 第二章 本当に生きるということ 人生の法則1 《ものがわかっ... 続きを読む

受信: Oct 5, 2008 6:54:15 PM

» 『史上最強の人生戦略マニュアル』読了 from りくらむのブログ
文字通り、現状を打破し人生をコントロールするためのマニュアル本なわけですが、読んで即効性を求める本ではありません。 「マニュアル」という言葉にお手軽に試せる方法論を期待するならお門違いです。 つか、 私が舐めてましたorz いつものよう... 続きを読む

受信: Oct 16, 2008 3:10:12 PM

コメント

投稿者: HIDE (Sep 28, 2008 8:20:39 PM)

勝間さん版「史上最強の人生戦略マニュアル」も
昨日、紀伊国屋で購入しました。
すごく分厚くて読み応えがありますね。

p.s
「日本を変えよう」の感想を勝間さんのブログに
のせてもらい、有難う御座います。


投稿者: まこ (Sep 28, 2008 9:53:05 PM)

勝間さん、こんにちは。
「史上最強の人生戦略マニュアル」売れているそうで
良かったですね。
実は私も小飼さんの書評を見て、即買した1人です。
いつもビジネス書(週2冊ペース)はリアル書店で見て買うのですが、この本は、このブログから小飼さんの書評にアクセスして思わず買いました!


投稿者: hana (Sep 28, 2008 10:18:06 PM)

わたしも先ほど予約していたアマゾンから届いてさっそく読もうとしているところでした。
今月、勝間さんの新刊が続々でたので
読書の秋には、うってつけです。
感想を書けるくらい読み込みたいと思います。


投稿者: td (Sep 28, 2008 11:34:12 PM)

忘れないうちに書かせていただきます。
P27の真ん中ほど、段落か句読点がおかしくなっている箇所があります。版が変わる際にはご確認を。


投稿者: mika (Sep 28, 2008 11:35:39 PM)

はじめまして。

すごくお忙しいだろう勝間さんが、
わざわざ御自分で翻訳されるのだから、
よっぽど、すごい本なのだろう!と感じました。
見た瞬間アマゾンの買い物かごにいれました(笑)

今日、到着したのでこれから読みます☆


投稿者: ヤギ (Sep 29, 2008 1:02:19 AM)

勝間さんの本は毎回感動して読み終えるのですが、
今回の「史上最強の人生戦略マニュアル」はページをめくるたびに感動してます。行動しなきゃ今の状況は変わらないのかなあと、ただぼんやり思いつつ、結局いつもどおりの行動をしながら安全圏にひきこもっていたところでこの本を読んで、ガツンとやられました。勝間さんも「はじめに」に書いている通り、自分も誤った思い込みが打ち砕かれました。
原題は「Life Strategies」なのに日本題は「史上最強」という修飾語がついていて、最初見たときはちょっと良く言いすぎだろうと思ったんですが、現実を正しく認識させることへのマグローさんの語りはとにかく強烈で、史上最強も嘘ではないと思うようになりました。


投稿者: greenery (Sep 29, 2008 2:20:16 PM)

原書からがんばって読もうかと思いましたが、小飼さんの書評を読んで、結局先に勝間さんバージョンを手にしました。
正直なところ、原書から削りたい部分もあったのではないでしょうか?そのまま日本語にすると、まわりくどくなるところがありますよね・・。

流し読みせず全部読むつもりですが、「問題が自然に解決することはない」で、いきなり、大きく頷かされました。
私も勝間さんが問題を抱えていた三十代前半。自分だけでなく、家族が抱えている問題にも頭を抱えています。
現状から逃げないよう、しっかり学ばせていただきます。


投稿者: smooth@マインドマップ的読書感想文 (Sep 29, 2008 5:21:32 PM)

今さらですが、フライングして告知した時点で、ウチとしてもかなりの数が出ております(汗)。
勝間さんの分析結果が楽しみです。


投稿者: 出雲の行政書士 (Sep 29, 2008 8:16:32 PM)

流通の関係か、地元の書店ではまだ並んでいませんでしたので、いつもの通りアマゾン頼みです。
書籍が届くのを、今かと待ち構えているところです。


投稿者: ニラ玉 (Sep 29, 2008 11:42:56 PM)

えぇえぇ、書店になかったはずです。
先週大型店舗では軒並み在庫切れでしたものね。
入荷時期も分からないといわれたので、Amazonで予約していたものが本日届きましたよー!
ついでに同じく本屋で入手できなかったスマイルズの「自助論」も。

勝間さんがインディ実践編でお勧めしていた厳選20冊の内、今日の時点でまだ5冊しか読み終わっていませんが、これだけでもものすごーーーーく気持ちが軽くなりました。
もっと若いときに読んでいたらとも思いますが、でも今でなければ間違いなく、人の言葉を吸収する心の力がなかったと思います。
自分のちょっとした考え方や受け止め方が変わってきて、今までとらなかった小さな行動に自分でも驚いています。
「小さな変化の積み重ね」で、自分がこれからどこに行くのかとても楽しみです!


投稿者: taka (Oct 1, 2008 2:21:36 AM)

211ページの「役不足」という言葉の使い方が誤っていますね。これでは意味が真逆になってしまいます。
詳しくは辞書をご覧ください。
勝間さんのような方でもこのようなミスを犯すとは意外でした。


投稿者: ぶん (Jun 24, 2009 5:57:11 PM)

はじめまして。

いまさらですが「史上最強の人生戦略マニュアル」
購入致しました。6刷です。

期待して「はじめに」から読み始めたのですが…
ちょっと校正ミスが多すぎるようです。
「はじめに」をざっと読んだだけで4か所はありました。
(あえてこの場で指摘は避けますが)
6刷なのに…。

本の序文は、読者を中身に誘う重要な文章であると
思いますが、これでは、中身を読む前に幻滅して
しまいます。本のタイトルが泣きます。
ブログではないのですから。
(というか、ブログでもこんな文章を載せますか?)
というか、これまで指摘はなかったのでしょうか?
編集者はなにをしているのでしょうか。

勝間さんともあろう方が、
たいへん残念な感じがしました。

いきなりの辛辣なコメントで申し訳ありません。
ただ、ご活躍の様子を拝見しておりますので、
あえて指摘させていただきました。
お気を悪くされないよう…。


投稿者: bebeto (Jun 25, 2009 6:34:24 AM)

rainぶん 様

  校正ミスの4箇所、確認しました。確かにみっともないですね。だらし無いぞ → 勝間さん。

  あえてここでは具体的な箇所をして探し指摘しない方が良いと思います。わかりにくい箇所なので、著者と出版社には少し苦労て欲しいものです。しかし、いつの版から訂正されるのでしょうかね。(^^)rain


コメントを書く